FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.06.28 (Fri)

タイトル回収

特大ラグホもいつの間にか終わって
PCの前に立つ必要もなくなった。

10時どころか9時前には
PCの電源を落として
布団でゴロゴロしながら
FF2,ニコニコご機嫌で
そのままグッスリ。

日本の電灯は明るすぎるって
会社の研修で話聞いてからは
一段消すようになったし,
家に帰ってからリハビリ
するようになった,ビリビリ。



深く伸脚できるようになったよ。
そんなん3歳児でもできるだろって
いわれそうだけど,ほんの
2,3ヶ月前はしゃがんだだけで
ズッ転んでそのまま亀みたいに
身動き取れなかったもの。

ベッドからトイレまでの
10歩もない距離で転倒するし,
トイレに着いたら着いたで
痛みのあまり立てなくなっちゃうしさ。

ぐあああって声が出たよ無意識に。
あーこんな漫画みたいな声って
ほんとに出るんだなーって後で思ったわ。
(そのときはそんな余裕はない)

いい年したオッサンが一人
トイレでシクシク泣いてるって
悲劇なのか喜劇なのかホラーなのか
視聴者のみなさんもジャンル認定に
困るんじゃないかと思うけど,
演者側も困惑してるっつうの!



それがいまではすっかり
元通りの生活,どころか
以前より明らかに
運動してて笑う。

やるじゃない現代医学,
やるじゃない人体。

いろいろあったけど
徐々に人間らしい生活を
手に入れつつあるのかな。

そう考えるとこのブログも,
人の道に外れた暮らしを
続けてきたネトゲ廃人が
痛い目見ながら更生していく
というトライアルアンドエラーの
記録だったのかもしれない。



わしはこれまで迷作として
忘れ去られたゲームや
趣味職として隅に追いやられた
連中の無念を晴らそうとして
ここに諸々書き殴ってきたけど,
そういう脳の暴走に,
肥大化した欲望に
押し潰されてきた
人間らしい生活こそが
わしにとっての埋もれた財宝
だったんだな。

ゲームの障害であるとして
軽視,ともすれば敵視してきた
仕事を,運動を,料理を,
食事を,掃除を,日々の暮らし,
その所作のひとつひとつを,
そしてなにより自分自身を
大切にすべきだったんだな。

激痛にのたうち回って
ゲームをする気力すら
萎え果てた後にこのことに
気がついたんだから,
人生何がどう転ぶか
分かったもんじゃないなあ。
わははは!

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

20:35  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.05.01 (Wed)

グッドゲーム

今日から令和かー。
まだ実感が湧かないけど
平成をまるごと生きてきたのかと
思うと感慨が…やっぱり湧かないな。

平成になったときには
旅行先のホテルに
ファミコンを持ち込んで
スーパーマリオ3を
やってたのだけは
覚えてるけど。



それはそうとGWだね!
みんなは楽しんで
精錬祭してるかな?

わしはぼちぼちリハビリしてるよ。
ようやくチャリンコで20キロ
くらい走れるようになった。

サドルを幅広のものに
買い替えたおかげで
座り心地がよくなって
よりいっそう漕ぐのが
楽しくなったよ。

2000円くらいで買えるなら
さっさと買い替えればよかった!

いい天気の日にチャリチャリ
漕いでるだけで気分がいいし,
できなかったことがまた
できるようになるのも嬉しい。
うーん生きてるって素晴らしい!

この調子で体を鍛えていくぞー。
骨と神経がダメになったなら
筋肉で補強だ!



ネトゲ廃人とかなんとか
自称してるわしだけども,
人間と関わるのを厭ってるだけ
体を動かすこと自体はそれほど
きらいじゃないんだよね,実は。

夜中,無人の道路を走ってると
気分が高揚してくる。

ここは死と静寂の世界だぜ…
生きてる人間はわしだけだぜ…
ふふふ,みたいな。

延々道が続いているだけの
土手なんかがあれば最高
なんだけど,残念ながら
住宅密集地なんだなあ。

あ,おまわりさん夜遅くまで
お疲れ様でございます。
すぐ帰ります。



運動なんて学生時代は部活で
イヤイヤやらされてた感が
非常に強かったけど,いまは
100%自分の意思によるものだし,
やり方について誰やかやに
とやかくいわれることもないし,
やればやるほど健康を
取り戻せるわけで
モチベーションが違うわ。

実際,(少なくともわしらが受けた)
学校教育というのはモチベーションを
失わせることに最適化されているというか,
何かを学んで新しいことを知ったり
体を動かしたりすること自体は
本来はとても楽しいのに,むりやり
やらされて嫌いになってしまった人間は
けっこういるのではないだろうか。

誰にも強制されずに自由な時間で
さあ体を思いっきり動かしてみよう!
ってなったらけっこうみんな
楽しんでやるんじゃないだろうか…。

ゆとり教育とかなんとかで
そのあたりは改善されたのかな。



なんとなれば階段の上り下りや
掃除みたいな日常の所作がそのまま
リハビリに繋がっているのもいい。

現実はとんだクソゲーだと
ばかり思っていたけど,なかなか
いいゲームデザインしてる。
見直した。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

21:02  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2019.04.13 (Sat)

弱くてニューゲーム

リハビリがてらチャリンコ漕いだら
10分くらいで息が上がって
びっくりしてしまった。
心肺機能まで落ちている!

割と本気でわしの目標は
早期リタイヤからのひねもす
引き篭もり生活だったんだけど,
そんなことしたら肉体的に
生活できなくなりそうだ。
別の目標立てなくちゃだな…。



でもさ,チャリンコ漕いだ瞬間に
それまで眠っていた腿の神経が
電気のスイッチ入れたみたいに
パリパリパリッと繋がって
血液がギュンッて流れてきて
パワー全開ッ! 覚醒ッ!
みたいな感覚になったのが
すっごい面白かった。

冷静に考えると割とひどい目に
あってるはずなんだけど,
なんかこういう新たな発見が
あるのが面白いわ。

赤ん坊のころからの成長過程を
高速再生しているというか,
レベル1ではぐれメタル狩って
一気にレベルアップしてる感ある。



そういや新たな発見といえば,
手術こそしなかったものの
検査で入院したんよ。

そしたら腕にバーコード
巻かれてびっくりした。

投薬とかの管理を
これでしてるみたいで。

そりゃたしかに病院なんて
意識不明で応答できない人とか
ボケちゃった人とかいるだろうし,
患者の取り違えみたいな
医療ミスを防ぐために
必要なのかもしれないけど,
人間をバーコードで管理する
という絵面があまりにも
ディストピア展開すぎて
出荷よーそんなーのAAが
頭から離れないのだった。

ホスピタリティ(歓待)に
端を発する医療の行末が
未来世紀ブラジルなのかと思うと
なんともいえないものがある。



とはいえそんな医療体制に
文句があるわけじゃなくて,
むしろその逆で。

医療の現場で働いている方は
ちゃんと人間らしい環境で
働けているのだろうか?
と心配になってしまった。

実際,外来診察のときとか
看護師さんは夕方になっても
まだお昼ご飯食べてないとか
なんとか言ってたし,お医者様も
1日48時間くらい働いてそうな
雰囲気だったし,しかも
それが平常運行だっていう。



面倒見る側に十分な
余裕があってはじめて
患者に細かな配慮が
できるようになるんじゃ
ないかって思うんよ。

だから,こういう
技術革新によって
現場で働く人が
楽になっていれば
いいんだけど。

医療費の削減とか
経済合理性の追求
という名目のもとに
面倒見る側も見られる側も
すり減らされているようにも
見えてね…。

もう少しお互いが
お互いのことを
大切にできる社会に
していけないかなってさ。

わし自身,今回は人の情けが
身に沁みたし,そろそろ
いい年なんで社会に何か
還元できないか考えないと
いけないころなのかもなー。



たまたまわしが行ったのが
人が集まる大病院だった
せいだからかもしれないけど,
普段はたまに歯医者に
行くくらいだったから,
医療の現場が,それも
最新鋭の施設でこんなことに
なっているなんて驚いたわ。

ある意味,我が身を省みたり
現実に目を向けるのには
いい機会だったのかもしれない。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

09:32  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2019.04.07 (Sun)

戻りました

お騒がせしました。
恥ずかしながら帰ってまいりました。

結局,手術はしなかったんよ。
といっても奇跡が起きて
よくなりました! とかいう
ハッピーエンドじゃなくて
肉が厚すぎて切るの危ない
というオチなんだけど。
ハハハハ。

とりあえずブロック注射とかいう
マジカルアイテムのおかげで
歩けるようにはなったんで
(どんな仕組みなんだ!?)
ぼちぼち普段の生活スタイルに
戻していけるといいなあって。
ここの更新も含めて。



しかし1ヶ月以上ほぼ寝たきりだと
普段の生活に戻ろうとしても
違和感がすごくて。

足腰の筋肉だけじゃなくて
脳みそもえらい勢いで
退化してるのが分かる。

なんか書きたいことが
いろいろあったはずなのに
頭の中に霞がかかったみたいに
言葉が出てこない。

こうやってモニタを見てても
あれ? こんなところに
住んでたっけな?
という気になってくる。

体はもちろんのこと
心のリハビリも必要なんだなあ。
はじめて知った。



それでもなんとか
やっていけてるのは
ほんとにケムリクサ
みんなのおかげだなって。

家族はいうまでもなく,
職場の人も病院の人も
いろいろと気にかけて
くれて嬉しいわ。

ここを見ているみんなだって
一度も会ったことのない
わしのことを心配してくれて
ほんとにありがとうな。

わしが考えていたよりも
世界は温かかった…。



まずは文字打つのに
慣れるところからやり直しだなー。
またよろしく!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

19:26  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2019.03.22 (Fri)

がんばれ外の人

なんか入院して手術する
とかいう話になってしまった…。
なんてこった。

もう痛みはそれほどでも
ないんだけど足が動かなくて。

歩く→膝のスイッチが切れる→
ドデーンを繰り返してしまう。

このキーレスポンスの悪さ,
初期のPSとかにありがちな
クソゲー感漂ってますよぉ!

誰が操作してるんだか知らないけど
もう少し気合い入れて操作してくださいよ
わしのプレイヤーさんよぉ!

キャラがバグってる?
申し訳ない。



いい年こいてなに
ブツブツ言っとんねんと
思われるかもしれないけど,
いくつになろうとはじめての
事態はそらビビりますわ。

お医者様も手術には
こんなリスクがあります
あんなリスクがありますって
えらい脅してくるしさぁ。

インフォームドコンセントだか
なんだかこのご時世いろいろ
あるんだろうけど,素人には
先生よろしくお願いします
としか言いようがないよぉ…。



気力が残っている今のうちに
コメント返ししておこう。

みなさんもお身体気をつけてね!

わしになにかあったら
HDDの破壊だけは頼んだぞ!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

19:07  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2019.03.13 (Wed)

続報

ごぶさたしております。
あいからわずほぼ
寝たきりの毎日ですが,
ブロック注射とかいうの
打ったらだいぶ痛みが
和らぎましたわ。
すごいね現代医学!

いろいろと励ましの
コメントを頂いていたようで
ありがたいことです。
返事はもう少し待ってね。



いやーそれにしても
びっくりしたよぉ。

2月の頭くらいから
腰がイテーイテーと
思ってはいたんだけど,
ある日突然電化製品の
スイッチを切るみたいに
バツンッと腰から下が
動かなくなっちゃってさあ。

完全に「承太郎に頭を
破壊されたDIO状態」で
頭からズデーンですわ。

自転車に乗ってるときだったら
そのまま轢かれて異世界転生
してたかもしれないと思うと
惜しいことをした。



それで1日中ゲームできるし
晴れてのニート生活ゲットだぜ!
と思ってたんだけど,
やっぱつれぇわ…。

痛みがひどいっていうのも
あったんだけど,なんかこう
生きる気力が失われていく。

前回はああ書いたけど
ROのこととかもどんどん
どうでもよくなっていって。

これならもう仕事してもいいですから
早く健康な生活に戻りたいよって
思ってしまったよ…わしが仕事
してもいいからなんて思うのは
よほどの事態ですよ!?

やっぱり自分で自分の生活を
コントロールできないというのは
よくないな。

健康の大切さを
今さらながらに痛感だよ。

元気になったらなにか
運動しようかな。

それじゃあまた寝てきます。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

15:06  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2019.03.02 (Sat)

ネトゲ廃人は二度死ぬ

おはようございます。
いま,文字どおり階段を這いずって
なんとかPCのある部屋にたどり着きました。

これから最後の力を振り絞って
我が身にふりかかった近況を
書き残したいと思います。

わしはROに飽きたわけでも
狩場報告が面倒になった
わけでもないのです。



ただ,

へる

にあ

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

07:30  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2019.01.18 (Fri)

2019年インタビューを読む

運営チームが語る「2019年のラグナロクオンライン」がゲームメディアで公開されました!



それでは予告どおり中身を
読んでいきたいと思います。

例によって一番内容が充実している
週刊ROチャレンジ! さんの記事を
中心に感想を書いていくね。



まずは2018年の振り返りとして
ドラムと育成サポートの話が。

ドラムね,はい。
これまでも初級育成の記事
なんかを書いたりしてきた
わしがなぜドラムについては
一切触れなかったのか,
理由は言うまでもないかとは
思うけど,ここ数年でこれほど
わしを怒らせ,失望させた
「事件」はなかったからな。

なんだこれは?
お前たちが遊んできた
15年には何の意味もない,
貧乏人は黙って
ドラムしてろってことか?

あれだけ多様な職型を
誇ったこのゲームを,
このゲーム最大の魅力を
わざわざ運営自らの手で
潰そうというのか?



初級者,復帰者のためだ?
彼らをこのゲームから遠ざけているのは
運営自身がばらまいている課金装備,
それがもたらす狂ったインフレではないか!

ドラムは問題の核心から目を背け,
臭いものに蓋をしただけに過ぎない。

短期的な収益だけを追い求め,
地道で基礎的な調整を怠ってきた過去に!

それはドラムに至らぬ数多くの職型の…
ユーザーの切り捨てに等しい。



騎士となってパーティを守る盾になりたい,
魔法使いになって活躍したいと思って
このゲームにたどり着いた人間が,
金がないなら猫をやれと言われて
どんな気持ちになるのか考えないのか?
何のためにこれだけの職があるんだ?

どんな職を選べば
いいのか分からない,
どこでレベル上げをすれば
いいのか分からない,
そんなユーザーの悩みには
どんなキャラでどこにいっても
楽しめるようにしてあるぞ!
と太鼓判を押すのが
運営の仕事ではないのか。



ドラムのおかげでエンドコンテンツに
触れられるようになったと評価する
ユーザーもいるだろう。

それならばそれでかまわない,
ここは見るべきではない。

だが彼らもやがて気づく,
自分がドラムという檻に
閉じ込められていた囚人
だったということに。

運営の怠慢によって
他の選択肢を奪われていた
だけだったということに。

そのときこそ運営の
真価が問われるだろう。
これまでの積み重ねが。



出だしから運営との距離感を
強く意識させるが,続いて。

3次職マスタープログラムは
今後毎月発売で2019年中に
全部揃うようだ。

繰り返すけど,他の選択肢が
きちんと機能しているなら,
つまりキャラメルを狩ったり
ゴブリンを狩ったりハーピーを
狩ったりとその辺フラフラしながら
そのマスタープログラムとやらと
同じだけ稼げるようになっているなら
文句は言わないよ。

ちゃんと初心者向けの
ガイドとして評価するよ。
なってるならね。

課金で転生前スキップに
ついては特に反対はないな。

対人専用に限定するなら
オーラキャラを高額で販売
してもいいんじゃないかと
思ってるくらい。

これも前に書いたけど,
エンドコンテンツメインの
ハイエンド層にレベリングを
させる必要はないというのが
わしの持論だからな。

それはハイエンド層だけでなく
それ以外の層も不幸にするから。



ワールド倉庫グダグダの原因は
結局露店の過負荷だったんかい。

O-157騒動のときのカイワレ大根並の
とばっちりを受けたブーチさん,
怒りの記者会見待ったなし!

ワールド倉庫の対象品拡大。
正直,消耗品の流通が
各ワールドの最後の「個性」って
いう気もするから,このままでも
いいかなっていう気もする。
解禁するなら解禁してもいいけど。

装備品とカードが移動できるように
なっただけでも流通の改善という目的は
達成できたといえるんじゃないかな。



ここまでボロクソ書いてきたし,
これ以降も書くつもりだけど,
イベント報酬をアカウント単位にした,
これだけは掛け値なしで運営を称賛する。
よくやった!

特にスタンプラリーや
靴下納品が顕著だけど,
ユーザーを不毛な作業に
縛り付けるのは誰にとっても
よいこととはいえない。

ここは見事にひび割れを塞いで
ユーザーをより快適なプレイへと
導いてくれたな。



イリュージョンダンジョンについては
自分で行けるようになってから判断する。

ティアマト攻城戦はテスターなので
参加できないが,耳に入る限りでは
大好評のようなのでなによりだ。

ユーザーであれば誰でも参加できて
みんなで協力できて経験値も金も稼げる,
これは素晴らしいコンテンツだな。
今後も末永く続くことを願っている。



公式ブログの更新頻度が落ちたのは
ツイッターでの情報発信に力を
入れるようになったからだと。

そりゃ公式ブログよりも
ツイッターの方が
発信力あるものね。

ROマストドンも5000人くらい
参加してるみたいだし。

これってアクティブユーザーの
大半が入ってるってことじゃない?
みんなゲーム外での交流に
興味があるんだなあ。

逆にいえば,こんな状況下なら
なおさら運営によるゲーム内の
ナビゲート…という名の管理は
必要ないだろう。

SNSで聞けば必要な情報は
すぐに手に入るだろうから。



対人戦の下りは読み飛ばす
つもりだったんだけど,
とんでもない発言が混じってたな。

対人戦は戦闘を楽しんでもらうために
やってるんで砦年金は想定外って…
いまさらかよ!!
この記事読んでて一番驚いたわ!

権益確保が大半だと思ってたんですが
わしの目が汚れていたんでしょうか。

もしROのユーザーが対人戦を
好きで好きでたまらないのなら
なぜPvルームはガラガラなのでしょうか…
おっと誰かきたようだ。



いずれにせよ訓練の間で
オリエルC帖みたいなプチレアを
ばらまきまくるのはやめてください
初級金策が死んでしまいます。

そういうのはそれこそ初級者が産出して
上級者に買い取ってもらうことで
経済が回っていたのに,上級者が
自分で産出しちゃったらダメでしょ!



Yggdrasillワールド。
MHがこちらに移行,ティアマト攻城戦も
毎週開催!? はすごいな。

テスターにもぜひ参加資格を
ください…とはいわんけど。

それくらいは正規ユーザーの
インセンティブとしてあって
しかるべきだよな。

わしもただでこのゲーム
遊びたいわけじゃなくて
運営とのRO性の違いから
ボイコットしてるだけだし,
ただで全部遊ばせろと
いうつもりはないよ。

顧客数が減るのも
厭わないような
顧客単価至上主義を
やめてくれって
言ってるだけで。



MHは全ワールドのユーザーが
集まるなら超上級なんかが
作られるのかな?

発想を変えて,初級を難易度は
そのままに定員を12人に絞って
1パーティで挑んでいく形式に
するのも面白いかも?
100マップくらい用意して。

入場エリアではPT募集チャットが
何十個も並ぶ,古の臨時広場が
復活するかもしれない。

いずれ,MMORPGらしい楽しさを
キチンと再現していくという
発言は心強い限りだ。



メインエピソードの話は来るまで
楽しみにしているとしよう。

ドラムや同性との結婚が可能に。
時代がようやくメタルマックスに
追いついたか。



新規カードの実装ねえ。
それやるときはぜひとも
マップ調整もしてもらいたい。

今回のフレイムヴァレーなんかは
この機に経験値を10倍にすべきだった。

どうせ140以上でないと入れないんだから
それくらいあっても全然問題なかった。

ついでにいうと,時の通路と
フレイムヴァレーの間に
「フレイムヴァレーへの道」
なんて名前のマップでも追加して
フレイム系のモブを腐るほど
配置すべきだった。



この先は同サイトならではの
突っ込んだ内容だね。

ティアマト攻城戦の裏話。
やっぱりこれ見ると当初は
ロビーワールド用の難易度を
そのままぶつけて,手調整で
修正していったっぽいなあ。

まあ絶望的な戦況でもナニクソって
食らいついていくようなユーザーって
いうのはそれほど多くはないんだろうね。

運営自身も以前対人戦について
話していたけど,ほどほどに苦戦して
ほどほどに勝ててほどほどにいいもの
もらえるくらいでいいのかもしれんね。

ここに全力投入してたんだなっていうのは
外から告知見てても分かったよ。
お疲れ様でした,お見事でした。



拳聖とソウルリンカーの上位職。
いつ来てもらってもいいけど,
ドラムみたいなすべてを過去に
するような調整だけはやめてくれよ。

なにより温もりだけは,
絶対に,絶対に潰してくれ!

あれほど火力の役割を奪い,
パーティ編成の自由度を失わせて
このゲームをつまらなくした狩は
なかったからな。

温もりが雇用を創出した
という向きもあるだろうけど,
あんなライン工みたいな作業しか
パーティプレイができなくなるなら
実際に工場で刺身の上に
タンポポ置いてる方が
金を稼げるだけましだわ。



ベースの上限解放とスキル調整。
スキル調整ついに来たか!!!

といっても韓国でも迷走してるっていうし
現段階では雲をつかむような話だな。

多様な職型が個性を発揮できるような
調整を期待しています,とだけいっておくよ。

でも2019年内に上限解放を
予定しているって…そんなに
175オーラがうじゃうじゃいるってこと?

わしが仮に正規ユーザーだったとしても
丸1年かけて1キャラが171か172に
なってるかも怪しいところだけど…。

亀地上でシコシコ狩ってたころと違って
いまは装備によって冗談抜きで
数十倍稼ぎが違ってきてるから,
バランスをとるのが非常に
難しくなってきているだろうし,
こういうレベルキャップ解放
ひとつ取ってみても早すぎても
遅すぎても大量の脱落者が
出るかもしれないな。
さて今回はどっちになるだろうか。



そんな疑念を抱いてるのは
わしだけじゃなかったのか,
割とピンポイントな質問があったな。

「イリュージョンダンジョンが実装されましたが、ラグ缶などで手に入る最上級の装備で固めたキャラでないと楽しめないと感じました。少人数パーティーやソロで遊ぶ人は、そういった豪華装備の人に“引率”してもらうか、既存の狩場で遊ぶしかないのですか?」

これ,既存のMD臨時でも
そうなんだけど,超強い人が
1人混じっただけで残りは完全に
金魚のフンと化すんだよね。

その状態はゲームとして健全なのか?
メンバーはゲームを楽しんでいるのか?
それともまさかあなたは強すぎて
面白くないから出ていってください
とでもいうのか?

運営は臨時の実態を把握しているのか?
15年前から問題になっていたのに,
解決する気はあったのか?



敵が強くて困るなら
衆を頼んで挑めばいい。
そりゃそのとおりだよ。

MMORPGの楽しみ方は
人それぞれですなんて
そんな当たり前のことを
聞きたいわけじゃない。

格差は断絶を生む。
組む相手がいなくなるんだよ。
楽しくパーティプレイできる相手が。

運営が課金装備をばら撒き,
インフレで格差を助長するほどに,
コミュニティはバラバラに分断されていく。

同じような強さ,ギリギリの戦いを
楽しめるにふさわしい同志を
見つけるのが難しくなる。

その責任を問うているわけ。
基礎的なバランス調整の重要性を
毎回口を酸っぱくして言ってるのは
そういう理由なわけ。



少なくともMMOらしさの
復権を望むのであれば,
「ソロの快適さを損なうことなく」
パーティプレイの価値を
引き上げなければならない。

強すぎる人間にも
弱すぎる人間にも
パーティプレイをするのに
十分な正当性を
与えなければならない。

MDの報酬を増やすためだけの
単なる数合わせではない,
有意義な役割を与えないといけない。
これはロールプレイングゲームなのだから。



歴史的な経緯をいうと,
R化前,特に転生実装前は
SGの氷割りとも絡めて
どんなキャラでも共闘ボーナスで
パーティに貢献することができた。

しかし転生以降はボス属性の
モブが増えていったのと弓での
範囲火力の台頭が相まって
氷割りという役割は失われ,
その後温もりが猛威を奮った
ことでアタッカーは限定され,
専門分化された個々の
役割に縛られるようになった…
それは鉄板職以外がパーティから
弾かれたことをも意味する。

この時点で共闘が
意識されていたのは
1匹1匹を丁寧に倒していく
生体3くらいになっていた。

さらには支援職から共闘を
入れるのが難しいという意見が
出たせいだといわれているが,
R化以降はパーティボーナスが
台頭することになった。

PTにいるだけで増える
パーティボーナスは
お座りと枠売の蔓延を招き,
業を煮やした運営は
それを潰した…2013年,
かの血の粛清の真っ只中に。



だがいまは事情が異なる。
三次職は全員が範囲攻撃持ちだし,
誰もが容易に共闘を入れられよう。

共闘を入れるまで倒すのを待つ…
殲滅に時間的猶予が生まれるとしたら
火力役の過剰なハードルに,
行き過ぎた火力偏重の傾向に
歯止めをかける効果も
期待できるだろう。

その間,敵の攻撃を耐える
必要があるとなればそれは
前衛の復権にも繋がる。

なによりどんなに弱い人間も
共闘を入れるという役割,
存在意義を手にすることができる。

強者のおこぼれに預かる
コバンザメではない,
自分が狩の成果に貢献
できるという自負心を持って
パーティに参加できるのだ。



全員がアタッカーとなりうる
三次職が主軸となった現在の
ROだからこそ,共闘によって
全員に最低限の役割を
与えることができる。

少なくとも,超火力で瞬殺するよりも
共闘を入れたほうが稼げるかな?
とユーザーが逡巡する程度には
共闘ボーナスを増やそう。

パーティ公平圏の拡大,
共闘ボーナスの拡充,
デスペナの廃止,
そして冒険の舞台となる
一般フィールドの見直し…
これらはパーティプレイの
復権に必要だからこそ
要求しているのだ。

MMORPGらしい楽しさをキチンと
再現していくというのが目標だと
いうのであれば,本気で取り組む
姿勢を見せてもらいたい。

課金装備なくんば経営が
成り立たないというのなら,
格差がある状態でも楽しい
パーティプレイが成り立つように
システム的に保証しておこうってこと!



総じていうと…うーん評価に困る。
Yggdrasillワールドを通じて
MMORPGの楽しさを甦らせるぞ!
という熱意に対しては素直に
応援したいし期待してるんだけど,
新職業や既存スキル調整に
ついてはこれまでの経緯が
あるだけに不安を拭いきれない。

特にスキル調整については
RR直後に弱スキル救済の方向で
即対応しておけばよかったものを,
逆に「出る杭は打つ」血の粛清予告で
ユーザーを半減させた上,
その減益を補うためクジパッケで
強化していくというメチャクチャな
手法をとってきたがゆえに,
そしてそれを改める様子を
まったく見せないどころか
よりひどくなってきているがゆえに,
ここまで歪に傾いた状況で
基礎的な調整ができるのか
(する気があるのか)
判断がつきかねるところだ。

そしてマップ調整のマの字も
出てこないあたりも気になる。

宣伝記事だし景気のいいこと
いっておきたいという気持ちが
あるのも理解できるけど,
わざわざゲームの運営チームの
インタビュー記事を読むのなんて
よほど熱心なユーザーだけだろうし,
むしろ詳細で具体的な方針を
出してくれたほうがよりよい
評価が得られるのでは。



インタビュー自体は運営の内情を
知りうる大変有意義なものだった。

期待と不安が入り混じりつつも,
今後の動向を注視していきたい。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

22:29  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2019.01.15 (Tue)

二足歩行の代償

きました,腰痛であります。
静養を必要とするのであります。

でもね,わしには理解(わかる)。
これはヘルニアの痛みではない。
気圧が下がったせいだ。

雨が降ると古傷が痛む
とかよくいうじゃない?
うそこけーとか思うじゃない?
ほんとなんよこれ…。

進歩だ文明だ機械だなんだ
いうても人間はしょせん動物
なんだなあってこういうとき思うわ。

気圧が下がると腰に来る。
悲しいけどわしって
脊椎動物なのよねー。



ROはなんか新カードと凶悪な搾取が
まとめて来てるみたいだね。

2019年のインタビューが発表されたら
まとめて見てみようかな。

バランスブレイカー筆頭の
執行靴をさらに強化してる一方,
フレイムヴァレーのモブに
カード実装という最高の機会に
マップ調整をしてないあたりで
何をか言わんやって感じだけど。



そういや動物といえば
いまさらながらに
けものフレンズを見ている,
いつの間にかアマプラに
降りてきていたので。

いやーこれは大人気になるはずだわ。
見てるとほんとにワクワクしてくる,
なんか生物としての根源的な
好奇心をくすぐられる。

次はどんな動物が
出てくるんだろうって。

途中で挿入される
解説もいい味してる。

わくわく動物ランドとか
どうぶつ奇想天外とか
思い出すわ。

テレビはそれほど
見た記憶がないけど,
この手の動物の
生態に迫る番組と
世界まる見えと
世界ふしぎ発見と
木~日の洋画劇場だけは
見てたんだよなあ。

特にあの洋画劇場コンボを
名作駄作問わずひたすら
見続けたのは人格形成に
何らかの影響を与えた気がする。

でもその流れがいつの間にか
おもんない邦画ばかり
やるようになってテレビ自体
見なくなってしまったな。



話をけものフレンズに戻すけど,
キャラクター同士のさりげない
やりとりも楽しいね。

脳天気なサーバルですら
トキへの対応に苦慮して
慎重に言葉選んでる感じなのが
大笑いしてしまった。

世界観にも引き込まれる。
エンディングの背景からして
「人類が滅んだ遠い未来で
残されたテーマパークを
散策してるんだろうなあ感」
がバリバリしてるんだけど,
実際に遺跡が出てきたりして
テンションが上がりまくる。

この手の話はSFの鉄板だけど,
やはりグッと来るものがある。

我らのROも本来の設定は
この系譜だしね。



これ見てると昔DSで
幻霧ノ塔ト剣ノ掟という
ゲームがあったのを思い出す。

あれもテキストとフレーバーが
秀逸なゲームだった。

いや,それだけでなくてBGMも
敵のグラフィックも独特で
数あるWIZフォロワーの中でも
唯一無二の地位を確立していた。

塔の中なのにフロアによって
まったく異なる様相を呈するという
事態にきっちり世界観からの
説明がなされていたし。

Aボタン連打を強要するUI回りと
ティルトウェイト必須の後半戦の
戦闘バランスと致命的なバグを
除けばすごいいいゲームだと思う。

ACが出てくるのにそれが何なのか
ゲーム内にも説明書にもどこにも
説明がないあたり,分かる人だけ
分かれ感漂ってるが!



しかしいまはまだアライさんの
活躍を笑ってられるけど,そのうち
衝撃の展開が待っていそうで
どうなることやら。

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

21:29  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2018.08.10 (Fri)

未知との遭遇

また新しいスマホ版のROが出るんだって?
しかも世界一のパブリッシャで
あるところのテンセントからリリースか。

グラフィックは先行するXD版より
さらに洗練されてる感じだなあ。
こっちは重力自身が作ってるらしいけど。

もともとアジア圏ではかなりの
勢力を誇っていたゲームとはいえ
ほぼ同時期に2ラインの展開とは
ずいぶん強気だねえ。

ガンホーも日本展開を考えているとか
いないとかなんとかいってたような
気がしないでもないけど,
はたしてどちらがくるのやら。



どちらが来たとしても,
TOSなんかよりもよほどRO(旧)に
致命傷を与えるかもしれないな。

わりとROを殺せるのはROだけ
みたいなところがあるしね。

壮絶に爆死なさったRO2なんかと
違ってこっちはガチにROっぽいし。

ユーザー側のトレンドから見ても
そういう面があるだろうし,
逆に開発側の視点からしても
売上規模を考えたら重力の
開発力はスマホ版に集中させて
PC版は凍結か下手すりゃ終了
なんて選択肢も出てくるかも?

ふつうに考えて15年前の
ガタガタのプログラム
(中枢はブラックボックス)を
だましだまし使っていくよりも
1から作ったほうが楽だろうしなあ。



スマホ版の先行実験モデルとして
PC版も生かしつつ,気を利かせて
PC版とスマホ版の連動システムでも
作ってくれるならいうことはないけれど
はたしてどうなることやら。
重力のマンパワーに余力はあるのかな?

あるいはROの遺伝子がスマホ版に
残るならそれでよしとすべきか…
今後の動向に注目だ。



話は変わって。
最近寝不足で頭が痛い。
というのも夜通しこれを
読んでいたからだ。



「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者
パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい




噂に名高い「小説家になろう」作品だ。
同サイトも主に揶揄される文脈で
語られるのを耳にしたことがあるだけで
実際に読むのははじめて…というか
ファンタジーライトノベルなんて
読むのはロードス島戦記以来だよ。

どういう経緯でここに
たどり着いたんだったかなあ
なんかのまとめサイトの
コメントだったかな。

寄る辺ない美少女2人の
ラブラブ逃避行…と思いきや
向かった先がラクーンシティでした
みたいな超展開にクラクラする。

タイトルに反して全然気まま
じゃないんですがこれは…。



主人公の女の子の自他の肉体に
対する執着の薄さが凄まじいというか
自分の身体を弾丸にして撃ち出すとか
葉隠覚悟もびっくりだ。

つい先日までただの村娘だったとは
思えないほどの殺伐ぶりにヒエってなるわ。

敵対する連中もサイレントヒルや
バロックなんかから抜け出てきたのか
っていうくらいグロテスクだし,
性格破綻者がゾロゾロ出てくるし
いい人は大抵死ぬし(登場すること
自体がすでに死亡フラグ),
とてもじゃないけど万人におすすめ
できるとはいい難いんだけど,
エーッこれどうなっちゃうの!?
って続きが気になって
一気読みしてしまった。

この次回に引張る力の凄さよ。
まるで週間連載の少年漫画みたいだ。
デイリーランキングなんてのがあれば
そりゃジャンプのアンケートみたいな
過酷な競争になるだろうしそうなるのも当然か。

たまにスカウターみたいなの出てくるし
途中に出てきたチルドレンとかいう
敵もARMSを彷彿とさせたなあ。



こういう作品が何十万とあるのだから
この小説家になろうというのは
すごいところだね。

近所の本屋さんの一角がそれらしき
ライトノベルで埋め尽くされてて
いったいこれはなにごとだと
驚いてはいたものの,こんだけ
活気があればそりゃあの勢いも頷ける。
書く側も読む側も大したエネルギーだわ。

小説家になろうというとトラックに
轢かれて異世界に転生して
なぜかとんでもなく強くなってて
それで俺TUEEEして原住民から
神のごとく崇められてついでに
ハーレムも作って云々みたいな
イメージしかななかったけど,
そういうのはほんの上澄みに
過ぎないということが分かり
大変に有意義でした。

その先はその筋のプロに任せて
まったり勢であるところのわしは
引き続き農業とモンスター捕獲に
勤しむ所存です。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

23:54  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT