FC2ブログ
2014年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2014.02.07 (Fri)

無料ワールド民慟哭す

ええっと,次は騎士団の話を書くんだっけ?
なかなかにエキサイティングな狩場だよ。
1841.jpg
ただ,12人で暴れるにはちょっと手狭かな。



とにかく!
臨時が楽しすぎてこんなの書いてる場合じゃねェのよ!
ROてこんなにおもしろいゲームだったっけ!

募集開始するとワラワラ人が集まってきて
15分くらいでPTがいっぱいになるんだわ。
この時点で泣けてくる。
誰にでも募集に応じるプレイヤーがこれだけいるっていうだけで楽園だ。
1842.jpg
そうです,あれです。

金もない,装備もない,狩場に行ったことすらない連中が寄り集まって
1時間どうやって生き延びるかというこのサバイバルゲームがね。
どれだけ血沸き肉踊るかっていうのがさ!
ぜひとも体験してもらいたい。
わしは人に物を勧めることなんざまずないけど,これだけはガチ。



クラスのみんなには内緒だけど,
実は支援がいるよりいないときのほうが楽しいゾ。
豊富な積載量を誇る商人系も生きるし。
みんなテンション上がってきて祭り状態になる。

支援がいないと狩れないと思っている人は
本当に狩れないか試してみたか?
死や全滅がつまらないものだと思ってないか?
このご時世でもまだ最高効率が出ないとお気に召さないか?
ものは試しで驚きの結果が出るかもしれないぞ。



そんなわけでわしは沈没船2を推す。
ひたすらに推す。
1843.jpg

索敵の必要がなく,車掌も存在しえず,
敵は即湧き,しかもタフで叩きがいがあって,
個々の攻撃力は低いので慎重に進めば中レベルからでも狩れ,
かといってハゲとド級MHのおかげで高レベルでも全滅のスリルがあり,
カプラが目の前にあって補給も楽で,
ゴスリンを筆頭にM級カードのレアの夢もある。
ここをキングオブRR狩場に認定したい!

にく魚イグ葉をしこたま積んでここに
プリなし12人PTで突撃してみなよって。
激アツだよ。



低ATKと膨大なHPを誇るRR特有のモブを見たときから,
12人PTフルボッコ祭りしたら楽しそうだなとはずっと思っていた。
それこそがRRの提供する新しいプレイスタイルだろうと。

しかし,強大な火力を有する三次職はパーティを必要としなかったし,
過疎と身内化が極限まで進んだ本ワールドではもはや臨時という文化が消滅していた。
わしは網タイツのソロ狩それ自体を心ゆくまで楽しめたが,一方で
ASS影葱はそんな妄念を1人で体現しようとした,悲しい依代でもあった。

それがガンホーによって本ワールドを追い出されたことで
こうして理想のワールドに出会えたんだから,人生何がどう転ぶかわからないもんだ。



このコミュニティの維持のためになるというんだったら
金はいくら落としてもいいよほんとに。
ブレイザブリクこそ無料で遊ばせてもらうのが申し訳ないわ。

だから電話認証,というか個人情報の登録のような
客に手間ひまかける手続きはさっさとやめてもらったうえで,
ゲームの寿命を縮めないような課金システムをガンガン作ってくれないものかね。

わしがクジパッケを蛇蝎のごとく忌み嫌うのは,
現行のそれがゲーム内のレアを潰し,市場を崩壊させ,
狩の楽しみを損ない,ひいてはゲームの寿命を縮めるからで,
ハイブリッド課金システム自体に文句をいう気はないんだ。
むしろMMO運営の大手,老舗でもあるガンホーには,
射幸心を煽らず,社会的に承認された,「適正な」
課金システムをどこまでも積極的に模索していってほしい。
ゲーム業界存続のために。



コンシューマーゲーム全盛時代,ファミコン黄金時代に生きた我々(誰だよ)の中には,
DLCやROのクジパッケといった新たなビジネスモデルに抵抗を覚える者も少なくないだろう。
昔はオールインワン,ゲームソフトはそれ1本で完結していて
あとからあとから金を取られることはなかったのに,ゲームという
夢とロマンの世界にまで経済原理を持ち込みやがってこの金の亡者どもが! という具合に。

しかし,多様化するライフスタイル言い換えれば競合するエンターテインメントの台頭,
開発費の高騰,顧客数の減少,蔓延する違法コピー等々…時代は確実に変化してきており,
数人のプログラマが適当に打ち込んだソフトが何十万本も売れた20年前30年前とは
同じままではいられないという現実は認めないわけにはいかないのではないだろうか?

もちろん,すでに社会問題化したコンプガチャを始め,
法律その他によって規制,修正すべき手法はいくらでもあるだろう。
しかし,時代の変化に適応し,生き残ろうとするゲーム業界の決死の挑戦を
頭ごなしに否定し続けてしまって本当によいのだろうか?
それが,ゲームとともに生まれ,ゲームとともに生き,ゲームとともに死ぬ
我々(誰だよ)にとってふさわしい態度だろうか?
金銭的な余裕ができた今こそ,ゲームに恩返しするときじゃあないのか?



だからこそいま,「適正」が求められている。
我々の目から見て,これに金に出してもよいと思えるような商品
-それは十分に魅力的であるのみならず,ユーザーから反感を買わない,
社会から承認された手法で販売される必要がある- が求められている。

「買う客がいるんだからどんな売り方をしようが勝手だろう」という
倫理なき,短期的,破滅的なビジネスモデルは淘汰されなければならない。
業界がゲームという「非現実」に経済原理という「現実」を持ち込み,
「社会化」しようというのなら,それに見合った「社会的な相当性」を求められるようになる。
当然の話だ。



業界全体としては,今は移行期であろう。
5~10年ほど前から始まったこの種々のビジネスモデルのうち,
最終的にどのようなものが残るのかは分からない。

しかし,どこまでが許されてどこまでが許されないのか,
ガンホーなら必ず「適正」の道を見つけることができるはずだ。
10年以上にわたり癌畜の血肉を貪り続け…じゃなくて
多種多様なビジネスモデルのノウハウを蓄積してきたガンホーなら。



わしは待っている。
何も傷つけることがない,
誰もが幸せになれるビジネスモデルの確立を。
[衣装]網タイツの発売を…!
1844.jpg

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

21:34  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)
 | HOME |