2014年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.09.29 (Mon)

9月まとめ

んじゃラストー。
向かったのはポートマラヤの病院。
の前に,クエストで必要になる腐った包帯をピラで集める。
2030.jpg
なぜ今ごろになって出た。



2031.jpg
腐った包帯で手当てするなよーと思っていたら,それが伏線だったとは。
こいつぁ一本取られたね。
最近のクエストはまったく手を付けていなかったけど,
遊んでみたら面白いかもしれないなあ。



2032.jpg
長い髪なびかせて 悩ましげなボディ~
1個数億円の青ジェムを投げて戦ったりするのだろうか。
ほんのチョイ役なのに2人ともやけにそそられる,これがナース補正か。



2033.jpg
さて狩場の話。
ここ病院のモブはこの前の調整でかなり弱体化されたようだ。
常時ストーンスキン状態なのも相まって,
このように110代で最低限装備のWLのChL1発で沈む。

病院のモブといえばバリアチェンジだけれども,
ことWLに関しては三次職魔法を使っている限り
チェンジすることはないため,気兼ねなく大魔法をぶっ放そう。
メテオはダメ絶対。



2034.jpg
クエストをこなすと進める2階では,悪夢の~シリーズが登場。
ストーンスキンはあいかわらずだがHPとMDEFが強化されており,そのまま戦うと
かなりタフなので,こちらでは敵のバリアチェンジを有効に使っていきたい。
敵が単体ならFDで水にしてChL,複数ならHDで地にしてCrRか
ナパーム(ストレッチ)で念にしてSOE連打かな。
TSで風にしてもいいけど,EStはソウルドレインできないのが難点だ。
横文字使いすぎてルー大柴になった気分だ。

敵の直接攻撃はかなり痛いがFWでマジ狩りできるのでソロも十分視野に入るだろう。
1Fなら回避が310もあればかなり安定する。
ただ,いずれの階も闇魔法が飛んでくるので婆鎧必須。

物理火力にとってのセンチ,アビスにあたる魔法職の中級狩場といった印象を受けた。
クエストも10分かからずに終わるし,魔法職なら入れるようにしておいて損はないだろう。
そこのABさん,一緒に行きましょうよォー。
MEでソロしたほうが稼げるなんて,寂しいこといわないでェー。



そしてトリを努めますのはこちら。
2035.jpg
ニブル村!
ソロで行くようなところじゃないだろうと思っていたら,結構楽しく狩れたので報告。

現状でジビットがChL2発,ディスガイズがAMPCrR2発,デュラハンが同3発と,
HPが下がったおかげで普通に倒せるレベルになっていた。
デュラハンが一番タフなところにやや違和感があるが。

デュラハン込みのMHならSW,それ以外はFW,
攻撃もChLとCrRを使い分けるので狩っていて飽きがこない。
経験値単価もかなりあるので,思ったよりも稼げる。

敵の数に実装当初の勢いはないので,
前衛なんかと組んでペアで狩っても面白いかもしれない。
バリオの大人数PTばかりで飽きたという人は,
たまにはここで少人数で暴れるのもいいかもね。



というところで今月のまとめ。

・ 調整があった狩場は,それぞれのマップの特色を維持しつつも
  強さや経験値単価がある程度横並びになるよう設定されており,
  狩場の選択肢が増えるよう綿密に検討されているようだ

・ わしが1ヶ月に上げられるレベルは115辺りが限界 

・ 中級狩場では回避が310程度あると楽

こんなところか。
ビフ以外は一通り見てきたが,マップ調整はいずれも素晴らしい!
中級PT狩場としてのバリオの旨さはやや突出している感もあるが,
実際のところ伊豆やアビスや病院が後塵を拝しているのは
クエストも含めた狩場へのアクセスの差という面が大きい気がしないでもない。
混んでいるバリオがいやならばこれらのマップに行けばいいわけで,
棲み分けという意味では今のままでもいいのかもしれない。
もちろん,狩場へのポタ直行が解禁されるに越したことはないが。



ガンホーの目論見通り,130まではこれで十分だろう。
じゃあそれ以降はどうするのっていうのが次の課題かな。
ガンホーのロードマップを見る限り,130以降はGHMD,
140以降はフェイスワームで金策とレベリングを兼ねて
がんばってもらいたいという意向のようだけれども,
これらは前提となる知識,職,装備の縛りがかなりあるから
誰でも気軽に参加できるというわけではないだろうし,
そもそもずっと同じマップだと飽きるだろうと。

臨時で上げるにしても,上級PT狩場であるビフ,ブワヤは
(ブレイザブリクですら)ガチガチの職編成縛りがなされているし,
これらに漏れたユーザーの受け皿になるような上級狩場の実装が待たれるところだ。
そうでないと,昔のように中級狩場で延々ソロする難民が出てくるだろうからネ。

とはいえ,この点もそれほど心配していない。
おそらく,覚醒前に99-114の辺りでたむろっていた層を
ユーザーのボリュームゾーンと見定めて,彼らのレベルアップに合わせて
中級狩場からテコ入れしている最中なのだろう。
ガンホーが本気を出せばここまでの調整ができることは実証されているし,
このまま時間が経てば上級狩場も調整が入るにちがいない。

ただ,現状のガチ編成のビフ,ブワヤより稼げる必要はないんじゃないかという気もするので,
(ガンホーもそう考えているから上級狩場にテコ入れしないのかもしれないし)
それらに「かなわない」程度でかつ「バリオよりは上」という前提で考えるなら,
そこら辺のバランス取りは難しいかもしれない。

GH最下層にいるアクラウスさんのHPを4~5割くらいにして配置数を3倍にしたら
それなりに人気出るかも,95%回避と必中ヒットは高めだけど攻撃そんなに痛くないし。
ごつミノの配置数を倍にしたり,深淵の経験値と配置数を倍にしたりでもいい。
とにかく,GHこそ上級狩場の名にふさわしいの!
頼むでホンマ!



この一ヶ月はマップの様子が見られて実に満足した。
やはりガンホーはやればできる子だった。
さて来月はどうするかな。



2036.jpg
長月道士はお勤めご苦労様でした。
ルドン高原で安らかな余生をお過ごしください。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

00:17  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2014.09.27 (Sat)

お一人様異世界ぶらり旅

時計塔ナイトメア実装おめでとうございます。
聞くところによれば,元々の時計と同じく魔法職の楽園だとか。
よかったよかった。

しかし,ディフェンダーだのストーンスキンだのでムリヤリ魔法の出番を作らない限り,
アロストの圧倒的な優位はまったく揺らがないというところがまた。
WLはほぼソロ完結体で少人数PTの火力担当,
レンジャーは多数のバッファーを擁する大人数PTの火力担当,
という位置づけのようだから,DPSの差にそこまでの意味はないのかもしれないが。

ただ,パーティの命運はウィズが,SGが握る,という時代を知っている人間に対して,
寂寥感を覚えるなというのもまた難しい話だろうなあ。
これまでもSG(転生前)→♯(棚)→AMPSG(名無し)→(温もり→)アロスト(今ここ)と
流行りの火力は交互に入れ替わってるから,いつかまた
WLに春の時代がやってくることを願って待ち続けよう。
あるいは,この時計塔ナイトメアがそうなのか?

個人的には,ウィズ系はSWとヒール,QMを駆使しながら,
AGIパッシブなんかと組んで「支援として」動くと楽しいんだよね結構。
一度でいいから珍さんあたりとトール3でペアしてみたいなー激アツだろうなー。



さあ本題だ。
高レベル狩場に縁がないわしは狩場をめぐる旅を続ける。
今日は異世界関連だ。
ここはクエスト必須だし,臨時広場で募集するのは難しいだろうと見てソロで回ることにした。



2024.jpg
まずはカミダルトンネル。
ここにいるスカラバはみんなノンアクなので,時計2辺りの要領でまったり狩れる。
弓手ならここに来られるようになってからずっと,魔職なら三次職直後から。
三次のジョブ30あたりでメインスキルを取得するまで,かなり役立ちそう!
卵を巻き込むと即孵化してくる点だけ注意,もちろん狙って巻き込んでもいいだろう。



2025.jpg
その先のスカラバホールは敵の攻撃がクッソ痛いうえに,
強力なソロ職がドッカンバッカン狩っていて四方八方から横沸きするので,
少なくとも安定して狩れるようになるまでは支援職とのペア推奨。
ただ,ペアで狩るには少々敵の経験値単価が低いので,やはりここはソロ職の聖地か。
100代でもAMPCrRで1確が容易なのが唯一の救い。



2026.jpg
マヌクの長いトンネルを抜けると雪国であった。
蟲の聖地ことカミダル山麓01。
配置変更で子センチ2:親センチ1くらいの比率になった。

ここもおそらくは範囲火力職のソロ用マップという位置づけだろうが,
すごく足の早い赤芋峠のつもりでWLがソロすることも不可能ではない。
不可能ではないというか,むしろここのソロは面白い!

子センチはTI1のSOE,親センチはChLないしはCrRで吹き飛ばす。
防御は敵がバラバラにいればSW,ただし親センチは
ガンバンを使うのでFWで距離を取ることも視野に入れる。
ハエで飛んだ瞬間に敵の数と位置関係を見極めて,
立ち位置と使用スキルを決めるという高度な判断力が必要とされるだろう。
マジ狩りの復活だ!

そこまで稼げるというわけではないが,子センチが3カラダイヤを落とすので
それだけでも拾っておけば青石で赤字になることもあるまい。
なんとなればエルディスカスの光で復帰も容易だ。
腕が鈍っていないか,ここで試してみるのも悪くないんじゃないか?
回避が300↑あれば,それなりに楽になるだろう。



さらにその南,カミダル山麓02。
調整で超ATKに戻ったドロメデスさんがひしめくマップだ。
95%回避が553,ATK5k↑と,死ぬがよいと言わんばかりのステータスにはヨダレが出てくる。
たまらねえ。

触れたら即死確定なので,触れないように狩ると。
敵は水3でFWが効かないので,周囲が無人なのを確認した上でIW1枚ハメ。
2027.jpg
HPは低いのでChL1発で倒せる。



2028.jpg
いちおう,慣れればこのように2匹同時に1枚ハメなどという芸当もできるが,
基本は単体殲滅の上に横沸きでコロッと逝けるので神経を使う割に稼ぎはイマイチ。
経験値を稼ぎつつIWハメの練習をするにはいいかもしれない。
練習してどこで使うんだって?
せ,生体とか…。

ジョブが高めなので,三次転職直後にジョブを稼ぐときには使えるかな。
雷光修羅様がおいでになったら邪魔にならないように立ち去ろう。



ガンホーのオススメどおり,ここらはどこもソロで狩るのが一番よさそうだ。
正直,WL向きとはいいづらい面もあるけど,他にキャラがいなかったんでなあ。
PT向けのマップに比べれば経験値単価こそそれほど多くはないものの,
ソロの,それも範囲火力スキルで狩るならあれくらいがいい塩梅なのかもしれない。
ホールなんかはかつての地位を取り戻した感ある。
悲しい日々は去った! RK!





おまけ。
2029.jpg
ああ,MHで一緒したABさんよ。
残念だが長月道士のMHはここまでだ。
わしに代わってD1を勝利に導いておくれ。
イカ足にもよろしく。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

00:45  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2014.09.24 (Wed)

竜の巣ふたたび

いよいよ本命だよ本命。
わしが待ち望んだPT狩場はここだ!
2021.jpg
アビスレイク!!

見てくれよこの惨状を!
くうーたまらんね!



じゃあ紹介だ。
今回は様子見を兼ねて1階から3階まで歩いたんだ。

まず,彼らの住む階が変わってた。
1階が緑>>青,2階が青>>緑,3階が金>赤。
データル,ハイドラは健在。
赤が1階からいなくなっててビビったわ。

ペロス,オシドスはみんな強化!
HPとATKがグッと上がっていい塩梅に。
ただINTが微減,VITが激減しているので搦手で攻めやすくなっている。
シレンやHF,そしてメテオが猛威をふるうことになりそうだ。

強化に合わせて,いやそれ以上にEXPも増加。
金オシなんか空デリが取り巻きについたおかげで
バリオの連中と比べても遜色ない旨さではないか。

また,従来のオシドス>ペロスという上下関係が崩れて,
緑,青,赤,金と強さが入り乱れるようになったのも面白い。
赤ペロさんの出世は悪意のあるペロスネタを拾ったのだろうか(今さら)。
実際狩ったときには瞬殺していたので,全種それほど強くなったイメージはなかったな。
なんだかんだいってHP50k前後だからなあ。

配置場所の変更こそあったものの配置総数にはほとんど変化がなく。
つまり,あの敵がウジャウジャ襲ってくるアビスはいまだ健在,
むしろ取り巻きが増えたおかげでボリューム増。
3階なんかフェイントボマーがドッカンバッカン爆破してるもんだから
倒したそばから四方八方湧いてきて非常に熱い。



火力の柱がレンジャーなのはいうまでもないが,WLもここでは活躍するぞ!
1階,2階ではクリムゾンを主砲に置いたメインウェポンとして,
3階でもAMPSGでベース防御と削りを兼ねたいぶし銀的な役割を務められよう。
2022.jpg
金オシに2500当たってるのがSGだ。
かつての絶望的なMDEFが緩和されたおかげで,
魔法でも想像以上にダメージが当たるようになっていたのだ。

ストライエクスピブラギアロストで瞬殺しろってのは正論さ…
                RO 狩り
だがそんなもじゃねぇだろ漢の闘ってのはよ!



なぜここが流行っていない!?
みんなの大好きなニヨが使えることを考えたら経験値も
バリオに比べてそこまで劣っているとも思えないし,金銭は圧倒的にこちらが上,
そして大量の敵を一気に吹き飛ばす爽快感はバリオの比ではないぞ!(個人の感想です)

MVPが恐ろしいのか?
別に3階で狩る必要はないんだぞ!
なるほど敵の経験値単価こそ3>2>1だが,配置数なら1>2>3だ。
つまりどの階で狩っても構わんのだ!
これこそがアビスの配置の妙味といえよう。

ここまで綿密にパーティ用狩場としてお膳立てされているマップを
高レベルソロの専横に任せておくなど,なんとももったいない話ではないか。
たとい90-100代のパーティでもボスにさえ出会わなければ十二分に戦えるのだ,
臆することはない,さあ立ち上がれ戦士たちよ!
行こう竜の巣へ!



2023.jpg
なお,ご利用の際には火鎧の着用をお勧めいたします。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

00:30  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.09.22 (Mon)

解けて流れてイカの餌 イズルード海底都市

実はひっそりモンスターハウスにも参加していたのだ。
2015.jpg
三次職も解禁されているだけあって,ブレイザブリク専用イベントだったときより
ずいぶんと敵が強化されていたなあ。
TEADのモブとかはじめて見たよ。

あと,エリア突破時に死亡して場外にいたキャラもポイントがもらえるようになっていたり,
戦場の復帰ポイントが選べるようになっていたりと細かい修正も入っていたのに驚き。
着実に改良が重ねされているようでよかったよかった。

今週はいよいよ上級がオープンということで,
パワーバランスがどう動いていくのか興味があるところだ。



とりあえず現時点では,1回通してクリアすると
うんたらポイントが300くらいもらえるのかな?
すかさず武器防具を揃えてひととおりの完成を見た。
2016.jpg

はっきりいって,WLはSODとオルレアン制服がそろった時点で完成宣言。
あとはThe Signか,この前のパズドラ島の属性ドロップがあればいいかなというくらい。
これ以上の火力を求めようとすると,途端に数百Mという
目の玉が飛び出るような金が必要になってくるからなあ。
これを強化の費用対効果悪すぎと見るか,初期投資費用安すぎと見るか?

なんにせよ,2,3回モンスターハウスに通うだけで
ここまで装備が整うんだからいやはや大したもんだ。
ホンマ公共事業だなこれは。
あまりにも新規ユーザーに優しくて泣けてくる。



ほいじゃー後顧の憂いも断ったことだし,臨時ライフの始まりだ。
2017.jpg
今日は引き続き伊豆,の6Fこと海底都市。

廃人御用達の金策狩場で一般人からは疎遠なイメージも持たれているこのマップ。
まず目につくのは…ってなにも目につかないんだなこれが。
ここの敵はシャイでみんな隠れてるもんで。
おまけにこの前の調整でキングドラモさんまでノンアク/リンクになったせいで,
向こうから突っ込んでくるのはイカ娘と新顔のタクンくらいに。



そんな都市の平和を乱すのは我々ですこんにちは。
ルアフサイトで敵を燻り出して叩く,叩く。
メインモブのHPが50k前後になっているので,イメージより相当早く落ちる。
2018.jpg
タクン,アンカーはHP300k,200kとそれなりに強敵のようだが,
WL2,術朧1の電撃体制で臨んだので瞬殺。
強いのか弱いのかよく分からなかった,ただ数は多くなかった。



ではこのマップは楽勝でしょうか,いいえ違います。
さっくり落ちる代わりに敵の攻撃が非常に厄介。
双方防御を無視したハードパンチの応酬がこのマップの魅力なのだ(たぶん)。

2019.jpg
一番やばいのはイカ娘のアイスブレスで,対策をしておかないと凍る凍る。
それ以前に100代のWLでは,2,3発もらうとダメージの方で死にかねない。
おそらくセドラのアイスブレスの挙動はカーサのファイアブレスと同一なので,
前衛は敵が後衛陣の方を向かないよう位置調整&
後衛は敵の位置が固定されるまで攻撃しない,
というように動けば被害は最小限にできるかもしれない。
つまり,トール1での狩りのように。

もっとも,ユーザー間の情報格差が著しいブレイザブリクの臨時パーティで
こういう動きを求めると逆に余計なトラブルが起きそうな気がしないでもない。
この辺がMMOの難しく,そして楽しい点でもある。
ひたすら最適化を繰り返して無人の荒野と化した臨時広場の歴史を知っているだけに,
とりあえず全滅しない限りは好きにやっていたほうがいいとも思うが,
知識が断絶してしまうのもまた寂しいのでここに記す。

あとはスロフォのJTが完全に即死コースですありがとうございました。
それと伊豆6といえば武器破壊と頭脱衣だけど,今回は食らってる様子はなかったな。
瞬殺していたので出す暇がなかったか,いつの間にか削除されていたのか。

結局,アンフロ風鎧に吸収装備で固めないといけないかというとそんなこともなく。
パーティで行く分にはそういう必須クラスの装備がなくとも普通に狩れた。
繰り返す,伊豆6は別に廃人専用狩場ではない!
もちろん100代そこそこで装備もなけりゃあガンガン死ぬがな!

経験値もテコ入れがあったおかげで,それなりに稼げていたようだ。
SOP掘りと観光を兼ねて,遊びにいくのも悪くないんじゃないかな。
さっき名前を出したが,奇しくも水版トール1といった風情だった。



2020.jpg
ただし,このアナウンスが流れたらご注意を…。
(このあとスタッフがおいしくいただかれました。)

ROのクラーケンはFF1のと違って状態異常の鬼だから困る。
出会った瞬間に状態異常で行動不能にされて貪られるというこの恐怖。
イスタンコさんはこれをソロで倒そうというのか。
しかも80階まで並み居る強敵をなぎ倒したあとで。
どっちも怪物だな。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

00:21  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.09.20 (Sat)

知られざる異世界ツアーズ

ところで,配置変更があったマップには異世界がかなり含まれているようだ。
またあのクエストやるのか面倒だなーと思っていたら
2005.jpg
ひっそりと開催されていた異世界ツアーズ。

いやこれ便利だねー。
蝶の羽持ってクエストNPCと猫の手職員に交互に話しかけるだけで
あっという間に異世界クエストが終わってしまった。

もうここまでやるくらいならいっそ進入クエスト自体
撤廃しちゃえばいいのにね,と思ったアナタはまっとうな人。
ガンホーとグラヴィティの殴り合いの痕跡からパブリッシャーの悲哀を感じ取って,
よくぞここまでねじ込んだものだとニヤニヤしているアナタはROマニアの人。

異世界ツアーズでは途中でラヘルとリヒタルゼンに寄るので,
このときついでにふれあい神殿と生体工学研究所に
入れるようにしておくと一石二鳥かなと思いました,まる。
新たな世界への取っ掛かりになる重要なクエストだし,
このツアーは常設してくれると助かるなあ。
時空の狭間にも直行できるし。
プロの復帰地点近くにいる猫の手職員と入れ替えで,
転送費用10kくらいで常設するのはどないだ。



あとは追い込みだーということで,どこに行こうか迷ったんだけど
2006.jpg
懐かしの騎士団1にした。
レイドリックの足が早く,アーチャーが経験値の割に異常に強い(特にDSが痛い)ので
気は抜けないが,その分スリルがあって狩っていて楽しいマップだ。
経験値もそれなりに稼げるし,レアもあるし。



話は飛ぶけど,今回は普段取らないであろうLoVを取って存分に楽しませてもらった。
ゲーム内でも1,2を争う美しいエフェクト,しょっぱすぎる威力,
クソ長いディレイと三拍子揃った逸品であります。
重ね置き無効だからブラギの恩恵も薄く,一次職魔法のTSにも劣るDPS。
あるのは夢とロマンだけ,ルーンミッドガッツの特殊兵装を自負する
ウィザードにもっともふさわしい,キング・オブ・大魔法それがLoV!!
2007.jpg
うつくしいぃー!!

いちおうフォローしておくと,他の大魔法に比べて出が早く,
範囲内であればどこも均等にダメージが当たるので,
HP5000~10000程度の敵をまとめて始末するのにはそれなりに便利ではある。
つまり未転生ならアラーム,転生後ならレイドだ。
この2つだけで光れるんだから,遠慮なく取ってもいいのよ。



無事に転職。
2008.jpg



お祝いにタバコをもらう。
2009.jpg



バリオで軽くレベリングして基礎スキルを取り。
2010.jpg
毎回バリオで飽きるかもしれないが,
誰でも募集で人を呼ぶと珍しい職が来るから面白いぞ。
バリオこそ職不問誰でも募集すべき。



というわけで準備万端。
いざゆかんゲフェン魔法大会!



2011.jpg
どうだ見たか!
誰がてめぇなんか,てめぇなんか怖かねぇ!

回復はうさ耳ニンジンパワーに任せ,ChL連打でイナフ。
期間限定とはいえ,すごい効果だなあこれ。
こういう狩りを後押ししてくれるイベントは大歓迎!
わしのような貧乏人には特にありがたい。
裸一貫のキャラでもガッツリ前衛できるようになるし,
一ヶ月間まるごとやってくれたおかげですんごい助かったわ。



2012.jpg
ブルート・ハゼも回復はうさ耳ニンジンパワーに任せ(略
盾投げが痛いが,万が一接近しててGXをかわし損ねると
即死コースだろうから,この方が安全かな,今のレベルでは。



2013.jpg
黒魔は距離取るとSPドレインしてくるのか,はじめて知った。
最初に食らったときは驚いたが,逆にいえばそれくらいしか
遠距離攻撃がないので,焚き火にあたってSPを回復しながら倒す。



2014.jpg
イフォドスに槍を投げさせてはならない(戒め)。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

09:23  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2014.09.18 (Thu)

泡沫の夢に包まれて イズルード海底神殿

いよいよ露店がパワーアップしたねー。
1999.jpg
こいつぁ見やすい。

この十数年,毎回スクロールバーを上げ下げするたびにイラッとしてたからなあ。
よくぞ直してくれた。
ひょっとして(βテストのころから残っている)
詠唱中に叩かれると硬直するバグも直せるんじゃないか?
よろしく頼むワ。

しかし,露店の上限額が上がったせいで
2000.jpg
見たこともないような品が並び出したなー。
誰が買うんだろうこんなの。
金ってのはあるところにはあるもんだな。

なんにせよ大変によろしい具合でございました。
すんばらしい。



というわけで本日の狩場探訪は
2001.jpg
伊豆5こと海底神殿へお邪魔しています。
うーんとってもロマンティック。

突然の私事で恐縮だけど,わしはFF1の海底神殿が
FFシリーズのダンジョンの中でも1,2を争うほど好きなんだ。
まず,BGMが圧倒的に美しいんだよね。
特にGBA版はあの貧弱な機体の性能にもかかわらず,
よくここまでの音色が出せたなと驚かされる。
後のFF4~6アドバンスと比べると特に。

クラーケンの影に怯え,最上階でひっそりと暮らす人魚たちの
「このまま海の光を取り戻せずに水の泡になってしまうのかしら」
という儚げなセリフもなんとも印象的だった。
どことなく他人事というか,なんかもう諦めてるんだよ。
200年経ってもクラーケンを追い出せないし,もう無理だろうみたいな。

一方そのクラーケンもいかしてるんだこれが。
前口上が「光届かぬ深海で眠るがよい」だもんな。
デケェ図体に似合わず詩人だなクラーケンさんよ!

ゲーム攻略的に見ても,ロゼッタ石のような重要なキーアイテム,
リボン,ダイヤのうでわといった強力な装備品が
無造作に転がっているところが魅力的でさ。
海底に没する前の神殿の壮麗さというか,
オンラクの町のかつての隆盛が透けて見えるような気がしてね。
固定ホワイトシャークでいくらでもレベリングできるところもよかった。

そんなわけでわしは海底神殿が,伊豆が大好きなんだよ!
βテストのころはずっと伊豆2でカエル叩いてたんだ!!
わかったか!!!



それじゃあ伊豆5の案内を。
ここのメインモブであるマーマン,クラーケンベイビー,セイレーン,ポセイドンは
この前の配置変更で経験値が5~8倍という猛烈な伸びを見せたようだ。
取り巻きの経験値を含めれば,EXP/HP比率は全種余裕でバリオの面々と互角以上。

かといって敵の攻撃が強力かといえばそれほどでもなく。
少なくとも,支援が1人でもいればやりくりできる範囲のようだった。
とはいえ,唯一悩ましいのが
2002.jpg
この凍結。

誰が何をやってるんだかよく分からなかったが,
けっこうな広範囲に凍結が飛んでくるので
何らかの対策が必要そうだった。
前衛は殴られてればそのまま割れるだろうけど,
後衛は前衛から距離を取ったほうがいいかもしれない。
攻撃魔法などよりもよほど厄介だった。
以前ASS影葱で行ったときは不死鎧だったんで気づかなかったな。

あとは沈黙も飛んできてたかな。
交戦中にそれなりの頻度で取り巻きの再召喚があるので,
範囲火力があるといいだろう…それなしでここにくることはないだろうが。

一方,ここのメインモブは意外にもボス属性ではないので,
掟破りの逆状態異常で攻めるのも手か。



実際のところ,メインの敵の数がそれほどでもないので(今の倍はいてもいい),
稼ぎはそこそこのラインで落ち着く…おそらくGH下水のブリライトよりはましな程度…
だろうが,この狩場のメリットは金銭と経験値がバランスよく稼げるところにある。
メインの敵は取り巻き込みでゴッチャリ収集品を落とすし,
高額Cを持つマルクが多数配置されているので一攫千金も狙える。
金も稼げる伊豆の伝統を踏襲した,いい調整ではあるまいか。

狩ってみた印象では,三次職を狙う転生パーティ,
LK,HP,HWといったクラシカルな編成で行ったら面白そうだった。
もちろん範囲火力を持つ三次職がソロしてもいいだろうが。

みなが十分強くなってしまうまでのほんの僅かなひとときだけ
淡く輝く泡沫の狩場,などと表現したらちょいと詩的に過ぎるかね。
クラーケンのせいかな。





おまけ。
2003.jpg
イエーイ ガンホー見てるー?
衣装網タイツの発売まだー
需要はあるわけですよ,これは機会損失としかいいようがない。

魔法大会ね。
もうサラで結構いいところまでいったし,
今回はスルーしようかと思ってたけど
そこまでいわれたらしかたない。





2004.jpg
WLになったら焼き土下座させるからな!
覚えてなさいよ!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

00:42  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.09.15 (Mon)

おいでよバリオの森

さてと本題だ。
今月のテーマはズバリ「配置変更のあった狩場の確認」これ。
9月はうまいこと大きなイベントもなさそうだし,臨時を動かすにはもってこいだ。



覚醒パッチ以降,具体的にはどこがいじられたのかといえば

3月がビフ,ニブル

4月がアビス,マラヤ

5月がゲフェン魔法大会

6月が時計,おもちゃ

7月がまにゃん島

8月が伊豆,異世界そしてパズドラ島

といったところか。
こうして並べてみると,R末期を彷彿とさせる怒涛の攻勢だな。
バカな,あの瀕死の運営チームのどこにこんな力が!?
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

えーと,このうちニブル,ゲフェン魔法大会,時計はもう行ったな。
まにゃん島とパズドラ島は来年をお楽しみにで,
おもちゃはレベル帯と職からみてあまり縁がなさそうだ。
したら今回のターゲットはビフ,アビス,マラヤ,伊豆,異世界あたりか。
よしよし。
ビフまで行けるかは分からないが,目指すだけは目指そう。



ほいじゃあまずは光らせないといけんねーということで,
いまやブレイザブリクでもっとも勢いがあるバリオ・フォレスト通称森臨時へ。



1994.jpg
ながつきどうしさんは,83レベル0パーセントのウィザードです。
あるひ,ともだち11にんといっしょにバリオ・フォレストにあそびにいきました。
1じかんご,ながつきどうしさんは97レベル35パーセントになっていました。
バリオ・フォレストのけいけんちじきゅうはいくらでしょう。

こたえ              M/h



流行るわけだわ。
まさにバリおk(レベリングはバリオだけで十分でしょという現実を
端的に表現した投げやりなキャッチフレーズ)だな。

QM5込みでも回避が300以上必要になる点,
けっこうな頻度でスタン攻撃が飛んでくる点,
キーピング状態になりやすく釣りに手間がかかる点,
逆に一度後衛がタゲられると剥がしにくい点などにおいて
それなりに対策が求められるが,敵の強さに比して経験値が激烈にうまい。
クエストも不要,ポタで直行できるし,弓手も魔職も火力になれる(重要),
まさに理想的な狩場じゃあないの。
なんか同じようなことを以前も書いた気がしないでもないが。

金銭だけはお察しだが,とりあえず三次職になるまではここでよいんじゃないかな。
未転生70-80代くらいでも12人PTなら狩りになるし,
たまに決壊して全滅するのも一興,むしろこれが楽しい。
ガンホーもいいマップに目をつけてくれた。
完全に一強すぎて他の経験値狩場が死んでる問題は…これからに期待しよう。



残るオーラロードは時計3に篭ってひたすらオリの発掘。
1995.jpg
なんとか光るまでに30個ほど集まったので,めでたく転生。



2周目は遠慮なく名物のぽみせ臨時を利用。
1996.jpg
20分でハイウィザードに。
平然と保護者を募集している様子に最初は度肝を抜かれたが,
これもブレイザブリクの文化の勝利といえよう。




1997.jpg
ここからが冒険の始まりだ!





おまけ。
1998.jpg
うーんこの脅威の捕捉率。
さすがRO最盛ワールド。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

20:33  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2014.09.12 (Fri)

またタイトル入れ忘れた

DI忘却感染JFは不具合だったのか。
影葱使いとはいえ,対人スキルは微塵も使ったことなかったから知らんかったな。
スキル説明を見たら,確かに
「使用者が近接物理攻撃をするか、使用者を近接物理攻撃する対象に対して」
と書いてあった,どうみても不具合です本当にありがとうございました。
このスキル全盛のご時世に,全スキル完封してたらそりゃもう対人戦とはいえないわな。
無双していた影葱のみんなは残念だったかもしれないけど,太っ腹にも
全キャラにスキル,ステータスリセット権がつくみたいだしよかったじゃないの。



しかし,最近のRO運営チームの働きぶりは実に見事だなあ。
この前のまにゃん島みたいな大々的なイベントのみならず,
このスキル修正に対する対応といい,次に来る露店システム改修といい,
露店取引情報といい,突撃MHのアップデート,矢作成の修正,狩場調整といった
地味で直接儲けに寄与しないコンテンツに力を入れているところが特に。
去年のアレで懲りたのか,およそユーザーのやる気を削ぐ仕様変更がない点もそうだ。
C-codeを中止にしたのも英断だった。
以前よりはマシになった気がする。

これは運営チームの中身が入れ替わったか?
などという冗談はさておき,パズドラマネーが逆流してきて
チームに余力が出てきたのかもしれない。
なんにせよ,PCのMMOなんて斜陽部門に
まだここまで投資してくれてるんだからありがたい話だ。

こういう地味な修正こそ,ユーザーが声を上げて評価していこうじゃないの。
そうすれば,運営チーム側だって今後も同様の修正を
発案しやすくなるし,予算もつけやすくなる。
翻って我々ユーザーの利益にもなるからだ。
だから声を大にしていうぞ,ガンホーよくやった!

あとは個人情報登録の撤廃,公平圏の拡大,ログアウト露店実装,
PT募集掲示板システムのフリーチャット化で完璧だ。
この調子でよろしく頼む!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

02:13  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.09.10 (Wed)

長月道士と25の輝石

たま,たまぁ!(いつになったらThudrに帰れるの?)(挨拶)



暑さも少し和らいできて,ようやくパソコンの前に座っていられるだけの体力を取り戻した
ここ2,3年は本当に気力体力の衰えを感じ…ってんなこたぁどうでもいいんだ。
また一月難民プレイの始まりだよ。



ただね,こうやって何度も作り直してると,さすがに来るものがあるんですよ。
なにかっていうと露店商の作りなおし,これ。
ぽみせ臨時(ブレイザブリク特有の促成栽培臨時)に
乗せちゃえば楽なんだろうけど,それにしてもねえ。
というわけで,なるべく初期に煩わしい手間ひまかけないで遊べないものかなと。



ここに生まれたてのノビがおるじゃろ?1981.jpg



パイオツカイデーのチャンネーから気になるあの子①の依頼を受けるじゃろ?
1982.jpg



プロ中央の噴水の左上にいる男に牛乳渡してイグ葉をもらうじゃろ?
もらったイグ葉は倉庫に突っ込むじゃろ?
1983.jpg




(250年後)



1984.jpg
先帝の無念を晴らす!!(ジャキン

イグ葉錬金でここまで稼ぐ必要はまったくないし,
ふつうに商人作るのとどっちが楽かは分からないが,
とりあえず初期装備を買えるだけの金は貯まる。

ぶっちゃけ5,6回でいいんだ。
そんだけやったらアカデミーとプロの商店街で
ロッド(50z)とスタッフ(9500z)とエンベルタコン6個(1000z*6)を買う。
ついでにハエの羽も100個(50z前後*100)ほど。
回復は初心者用赤ポーションでいい。

その辺のポリンを潰して12レベルまで上げたら
町の中央にいるホルグレンに頼んでスタッフを+6まで鍛えてもらう。
1985.jpg
ここから狩り開始。



まず,プロンテラから→↑にいくとマンドラゴラが生えてるから,
遠くからファイアボルトを落として倒す。
1986.jpg
ここでファイアボルトを4~5レベルまで覚える。



次にさらに上のマップに行くとフローラが生えてるから(略
1987.jpg
ここでサイト1,ファイアボール5,ファイアウォール10まで覚える。



いったん蝶の羽でプロンテラに戻り,町の買い取り露店に
茎だの花だのを買い取ってもらい路銀を確保。
余裕があればウィザードハット,ブリーフ,
ランニングシャツ(いずれも30000z前後)を買っておく。
そろそろリッチになったので回復剤を牛乳(20z前後)にしてもいい。
カプラ転送でオークダンジョン前に飛ぶ(1700z)。

そこらじゅうのオークをかき集めてファイアウォールで食い止めて
ファイアボールを打ち込んで倒す。
ファイアウォールの使い方は「縦置きFW」でググれ。
1988.jpg



ここでファイアボール10,SP回復向上10を覚える。
大量に手に入るオーク戦士の証は,たまに
買取露店が立つので花屋には売らずにとっておこう。
1989.jpg




またプロンテラに戻り,カプラ転送でアルデバラン(2000z)へ。
ここでセーブ。

3階に移動し,そこらじゅうのアラームをかき集めて(略
1990.jpg
あっという間にジョブ50になるだろう。
ここではライトニングボルト4,サンダーストーム1,コールドボルト5,
フロストダイバー1,ナパームビート1,ストーンカース1を覚える。



街に戻って,カプラ転送でゲフェンに飛び(1200z),中央塔の最上階で試験を受けて転職。
試験で困ったら「マジスレテンプレ」。
1991.jpg
とても強力な魔法が使える,か。
10年前はそうだったな…。



この先はひたすらアラームを焼く。
1992.jpg
オリデオコンを集めて転生費用1285000zを貯めるのだ。

スキルはこれだけあれば困らないだろう。
ステータスはINT90~99→AGI30→DEX70その先はご自由に。
1993.jpg
誕生2日目,97レベルでこんなもん。
初期投資不要のマジ娘とってもがんばりやさんだよぉくんかくんか!

おっと,今月のテーマを書いてなかったな。
また次回だ。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

00:27  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2014.09.05 (Fri)

FFTA2のお話⑪ ユトランドの隣人たち

ヤンジャンに載ってたサムライうさぎの人の読み切り破壊力すごかったな。
こんな漫画描く人だったのか。
ジャンプに連載していたころは,「せっかくのほんわかストーリーなのに
編集からバトル展開押し付けられてかわいそう」とか思っていたけど,
むしろ「よく自分の性癖を爆発させなかったな」と褒めるべきだった。
どちらにしろ週間少年誌にはいられない人だったんだな…。



さてFFTA2の続きだ。
前回このゲームにストーリーなどないと言いきったけど,代わりに
やたらと濃い味付けがなされているのが冒険の舞台であるユトランドの住人たち。
今日はそんな彼らのことを紹介したい。



Mr.スター
トリックスターだけで構成されたクラン。
Mr.スターことギャラクティカ以外はバックダンサーなのかもしれない。
韓流スターならぬバンガ流スターといったところか。

クエストでエンゲージすることもあり,倒すと同名ジョブが解禁される。
オークションにも顔を出すが,こちらを追い抜こうと躍起になってくるのでかなり厄介。
エリアチャンプになってトークンを購入できるようになれば,
逆に敵のトークンを消耗させて潰す作戦も採れる。



イーストランド
ユトランド地方のクランの強さを確かめるため,わざわざ極東からやってきた戦闘クラン。
(イヴァリースの極東がどんな地域かは知らないが,源氏がいることは間違いないだろう)
用心棒,忍者,アサシンなどのバリバリ戦闘職で構成されている。
クエストで倒すと用心棒が解禁される。
後にユトランドカップにも登場。
出くわしたら源氏シリーズと忍び足袋をひっぺがしておこう。



ヴェルガー海賊団
致命的な記憶力を持つグレール様を頭に戴く海賊団。
シーク雑魚説を人口に膾炙させるべく広報活動を続ける第一人者である。
いろいろと難癖をつけては莫大な慰謝料をむしりとろうと襲いかかってくるが,
逆に主人公らガリークランに金のアミュレットを奪われてボコにされる日々を過ごす。
魔攻,魔防が10も上がるからなかなかいいアクセなんだよね,金のアミュレット。



カームカンパニー,カミュジャ
貴方のクリアランスにはこの情報は開示されていません。



ガストオブカモア
カモアの町を根城にする無頼の徒。
オークションでも執拗にカモアの町を狙い,
負けると腹いせにエンゲージを挑んでくる。

一方で,カモアの町が怪物に襲われたときは,
俺たちのシマで好き勝手はさせねえとばかりに
颯爽と登場し,主人公たちと共闘するという展開も。
古くからの侠客然としたその生き様に好感を覚えたプレイヤーも多いことだろう。



ガリークラン
主人公ルッソ少年が所属するクラン。
名前は好きに変えられる。
リーダーはシドなのだが,行動方針はルッソ少年が好き勝手決めているようだ。
たとえオークションで全エリアのチャンプになっても,
全地域のクラントーナメントを制覇しても,無名と評されたまま。
カミュジャ以上に謎に包まれた集団である。



ガルミア・ペペ
イヴァリースでも有数のファッションブランド。
ユトランドではフロージスの町を活動の拠点にしている。
同社のスメアリボンは偽物も出まわるほどの人気で,
その密造工場を潰しにいくようなクエストもある。
このゲーム,本編はあっさりしているが,
こういうサブクエストはいやにリアルだったりするのだ。
「どうせ客には本物と偽物の区別なんかつかないだろ」みたいなセリフとか。

また,本物のスメアリボンの原材料を取りにいくクエストもあるが,
なんとその原材料はキャシーなる「リボンを着けたモルボル」なのである。
無対策で突っ込むとチャームとHP回復の嵐で無限地獄に。
真実を知ってしまった女性キャラが
「乙女の夢か。 仕事しよ」
と事務モードに入るのがなんとも印象的。
グリア嬢は淡々としていてこういうとき面白い。



黄色の翼
ゲーム序盤で街道を封鎖している盗賊団。
主人公らによって捕らえられプリズン送りになったはずだが,いつの間にか出獄し,
ちゃっかりとオークションやクラントーナメントにまで出場している。
ユトランドの懐の深さが伺えるエピソードである(ほんとか?)。

後に彼らは貴族の財宝に手を出し,賞金稼ぎに追われることになる。
そこで,一度は黄色の翼と敵対したガリークランが,クエストで彼らを助けにいく…
そして貴族に雇われた追手であるバウエン一家と対峙するという面白い展開に。
このように,必ずしも正義の存在というわけでもない,さりとて忌み嫌われるだけともいえない,
クランという存在の立ち位置の絶妙さがこのゲームの醍醐味ではなかろうか。



クシリ砂漠調査団
その名のとおり,クシリ砂漠に埋没した遺跡の発掘調査を行う集団。
にしては,通りがかったクランに金をせびったりとろくなことをしていないと思ったら,
やっぱり裏では未許可遺跡の盗掘を行う盗賊団でしたアッー!
ガリークランとバウエン一家の共闘により一味は壊滅,
後にフリーペーパーで事の顛末が流される。

誰がバウエン一家を雇ったのかは不明だが,他のクエスト群をクリアした後だと
「クシリ砂漠調査団の取引相手が,真相を隠し切れないとみて口封じしたのではないか?」
などという邪推もしたくなってくる。



グラス海運
ガストオブカモアが陸の侠客なら,グラス海運は海の侠客。
オークションで彼らの牙城であるグラスの町にちょっかいを出すと怒って襲いかかってくる。
男所帯なせいか,リア充に対する怨嗟がすごい。
ヴェルガー海賊団との関係は語られないが,犬猿の仲なのだろうか。
「グラス海運とヴェルガー海賊団が喧嘩してるんでどちらも取り押さえてください」
みたいなクエストがあったら面白かったかも。
カミュジャもいるし,えらい物騒な街だなグラスは。



グルメハント団
その名のとおり,究極の美食を求めてさすらうクラン。
たまに彼ら主催のクエストが出る。
似たような集団である鉄の胃袋と異なるのは,
自分で料理を食べるのではなく,作った料理を
味わってもらうためにクエストを出していること。
材料(つまりエンゲージで倒したモンスターだ)を持っていくと
それを調理してこちらに振る舞ってくれるのだ。
ここで得られるアイテムは貴重な掘り出し物の材料になる。



月刊ボンガ編集部
名所,芸能,はたまた裏社会の情報など,
あらゆるジャンルのネタを提供する総合情報誌「月刊ボンガ」。
その記事のネタは,不運な下請けクランの体当たり取材によって作られていた!

毎月発行される月刊ボンガの取材クエストは,
ガルミア・ペペへの突撃インタビュー(他社との場外乱闘あり),
1日店長(無許可),荒野での宝探し,来年の抱負の街頭聴きこみ,
心霊スポット調査,マフィアへの直接(攻撃)インタビュー等々,実に多彩な内容を誇る。
一瞬何のゲームをしているんだか忘れるほどに。

それ以上に特筆すべきは,これらを押し付けてくる自由奔放な編集長の存在感だ。
インタビューの相手を怒らせて取材拒否されるのは朝飯前,
財宝探しをしていて自分が掘った穴に落ちたり
アイドルに忍び寄って病院送りにされたりと
まともに仕上がった記事などひとつもないにもかかわらず,
クビになることもなく相も変わらぬ姿勢で取材に臨む彼をみて
社会人プレイヤーはこう思うに違いない。
自分もこんなサラリーマンになりたいと。



ゴーグモーグ社
その名のとおり,機工都市ゴーグにある銃器メーカー。
社員は100%モーグリのようである。

本社の依頼で銃の性能テストをしていたメンバーの様子を見にいくクエストでは,
産業スパイに間違われて四方八方から蜂の巣にされるというひどい目にあう。
このとき銃の性能はいやというほど分かるので,
ある意味ゴーグモーグ社の宣伝活動だったのかもしれない。

オークションでも登場,当然ゴーグの町を再優先で狙ってくる。



コモドポーション
弱小製薬会社。
たまにオークションにも出てくる。
ここの社員の商品輸送を手助けするクエストが何度かあり,
会社そのものよりもむしろコモド社員の方が記憶に残る。
妹との背比べに負け続けるなど無駄にエピソードが盛り込まれており,
主役級のキャラよりも大切にされている気がしないでもない。
この男,ラブリーボイスの熱狂的ファンでもあるようで,アイドルの休憩室に
忍び込んだところをガリークランに見つけられ袋叩きにされることも。



サンクルール
5色の名を持つ5人の魔法使いから成るユトランド最強のクラン。
ただただひたすらに構成員のレベルが桁違いに高い。
(こちらがレベル4のころにレベル44で出てくる)
1人で1クランを相手にできるほどの戦闘力を持っていることは,
実際に戦いを挑んだプレイヤー諸氏ならば知っていよう。
敵の防御を無視する効果逆転エクスポーションなら瞬殺も可能だが,
せっかくだから格上の強敵と戦える数少ない機会を存分に楽しんでほしい。
後衛職は魔法回避をセットしておくとだいぶ楽になる。

クリア後には,五王全員が集結し,レベル99になった状態で戦うという
ドリームマッチも用意されている。
オークションにもたまに顔を出すが,こちらではエンゲージほどの凶悪な強さはない。



ゼドリーファーム
ゼドリーの森で奇怪な農作物を栽培しているシーク族の農家(?)。
エンゲージでは作り手と作物が力を合わせて襲いかかってくるところを見ると,
少なくとも農業に対する愛情は本物のようである。
が,なぜか月刊ボンガの取材ではマフィア扱いになっている。
敵味方が対面入り乱れる形で始まるゼドリーファームとのエンゲージは一見の価値あり。
接近戦に強い彼らの特徴を生かした絶妙な配置といえよう。



チッタ武器練工
バンガ族のグラディエーターにして武器工房のオヤジ。
グラスの町がモンスターに襲われたときなどは
ガリークランに加勢してくれる,義侠心あふれる江戸っ子である。
戦いの中で武器の何たるかを教えてくれる…つもりが
ついうっかり自分で先に答えを言ってしまうドジっ子。
彼が主催するクエスト群をすべてクリアすると,ご褒美として
アルテマ技を覚えられるマテリアブレードをくれるので,狙ってクリアしていきたい。



デスアンパイア
モーラベルラの町を拠点に活動する戦闘クラン。
攻撃重視のイケイケ型で,各町のクラントーナメントでよく顔を合わせることになる。

ゲーム序盤,このクランで乱闘騒ぎを起こして逃げ出した
ラングブラザーズなる4兄弟が賞金首として登場するが,
後のクラントーナメントで戦う本隊の強さを見る限り
あの4兄弟がそこまで大暴れできたようには思えない。
もしかしたらこのクランは二軍,三軍まであるような大所帯で,
ラングブラザーズは補欠相手に憂さ晴らししたのかもしれない。



鉄の胃袋
伝説の毒味集団。
食材(モンスター)調達のためのクエストが何度か出されるが,
彼らの目的はあくまで毒味,つまり食べられるか食べられないかの
限界線上の料理になるためか主人公らに振る舞われることはない。
とはいえ,仲間から「けっこういける料理になるんじゃないの」
というコメントが出てくるあたり,ユトランド人の胃袋は我々以上に頑丈そうだ。
ゼドリーファームの作物もモルボルだったし。



デュアルホーン
ユトランド制圧のため,他国からやってきた戦闘集団。
上陸部隊のリーダーは,デュアルホーン四天王の名を持つ
幻惑のマクイス,呪縛のアリス,夜舞のセレブ,蛇心のデュークの4人。
運悪く先行部隊と鉢合わせしてしまったため,それ以降は
ガリークランがユトランド代表として彼らをOMOTENASHIすることになる。

任意のサブクエストではあるものの大量の関連クエストが用意されており,
実質的に中盤以降はデュアルホーンとの対決がメインストリームといってもいいほど。
現地クランを吸収しての戦力増強,デュークの暴走,カミュジャとの全面対決,
起死回生の三点同時侵攻戦,撤退,再出発…とドラスティックな展開が続くので
一度始めると続きの関連クエストが待ち遠しくなるに違いない。
カミュジャvsデュアルホーンの対決シーンはぜひともこの目で見てみたかった。
オークションにも大々的に参入してきて,最大の障害となる。

それにしても,ここまで気合の入ったクエスト群を
あえてメインに持ってこないという判断がすごい。
スタッフの心情としては,ぜひともプレイヤーに遊んでほしいだろうに。
メインクエストは失敗するとゲームオーバーになってしまうから,
そういう事態を避けるために外したのかもしれないが…プロの判断だな。



ドミス情報ギルド
酒場の常連客に胡乱なウワサ話を提供する謎の組織。
おそらくは酒場のマスターの互助組合の類であろう。
オークションに出てくることも。

このゲームのチュートリアルは酒場のウワサという形で提供されている。
必ずしもすべてを網羅しているというわけではないのだが,
なんとも雰囲気が出ていて,無味乾燥でシステム然とした説明よりすばらしい。



ノーベルンモゥ,ブレイヴバンガ
もはや両者とも争いの発端を覚えていないほど,
長い間戦い続けているン・モゥ族とバンガ族のクラン。
別名イヴァリースの底辺争い。
ガリークランはそんな両者の間を助っ人としてうまく立ち渡り,
双方から報酬をせしめるという,なんともアコギな渡世人なのであった。

ところがゲーム後半になると状況が一変。
両者のホームグラウンドであるルピ山に開発計画が立つ。
地上げ屋に雇われてやってきたのは…そう,バウエン一家だ。
この外部の強敵に対し,ノーベルンモゥ,ブレイヴバンガはついに協力,
ガリークランの手助けも得てバウエン一家の撃退に成功!
以降は和解してルピ山を守ることになったのであった。
お約束やな~。
だが,それがいい。

なお,なにかと評価の低いン・モゥとバンガであるが,
それは両者をバラバラに運用しているからであって,
MP回復役とアタッカーという組み合わせで運用すれば
最強のタッグになることは今まで何度も述べたとおりである。
このクエストはそのことを暗に示しているのかもしれない。



バウエン一家
闘士のバウエン,幻術士のツィーゲル,バスタードのローア,
そして後にクエストでクラン入りを果たすアサシンのヴィスから成るベテランクラン。
バウエンの妻フリーゼの死,魔獣クレスタとの因縁の対決とドラマ性もたっぷり,
要所要所で敵役として現れる演出も憎らしい,まごうことなきライバルクランである。
出てきた瞬間に「お,きたか!」とニヤリとさせられる。
闘士というジョブ自体が,序盤では未知の強豪としてのプレッシャーを,
終盤では型落ちした旧職にこだわり続ける男の挟持を体現しているかのようでかっこいい。
顔グラフィックとはイメージよりも若いが。

エンゲージで対決の際には,漏れなく源氏シリーズ,
ミンウの宝玉,忍び足袋を頂戴することになるので,
アクセサリを盗むとひっぺがすと緑魔法の準備をお忘れなく。
ごっつぁんです。



プロスト社
何の会社なのかは分からないが,オークションでは強力なライバルとなる。
やたらとこちらにつっかかってくるさまは,
ロマサガ3のトレードで登場したエリック社を彷彿とさせる。



ミニマム財団
はじめてオークションで見かけたときは,その桁違いのトークン量に驚かされるであろう。
だが,その名のとおりベット数は非常にミニマムで勝負では脅威にならない。
FFTにミニマム伯爵という名前が出てきたが,その先祖なのだろうか。
1000年以上も続くとはずいぶんな名家だ。
イヴァリースの藤原氏と呼ぶか。



モザ自然愛好組合
風水士とモンスターからなる集団。
オークションに出てくることもあるが,なによりも
あのクソ長い風水士転職クエストのイメージが強い。
はじめて風水士を攻撃したときに,誰しも「硬っ!」と思ったことだろう。

ここの出身と思われる風水士の少女が
環境保護のためにテロに走るなんてシナリオもあったりする。
ほかにも,害獣を間引きしたら益獣が増えすぎて今度は益獣を間引くことになったりと,
人間の愚かさをあざ笑うかのようなクエストも。
してみるに,オウガバトルから続くシナリオのドギツさは決してなくなったわけではなく,
本作ではうまくカムフラージュされているというべきかもしれない。
(オウガバトルとFFTA2じゃ作ってるスタッフはぜんぜん違うだろうけど)



ユトラスピラータ
ユトランドの東半分に根を張るマフィア。
ピラータと名がついているが,海賊なのかは分からない。
カミュジャと異なり,堂々と名前を名乗ってオークションに
参加しているところをみると社会的に認知された存在のようである(?)。
無分別なシマ荒らしを繰り返す月刊ボンガはよくこのクランに睨まれる。



ユトランドプレス
同名の広報誌を発行している大手出版社。
月刊ボンガの取材クエスト,ガルミア・ペペへのインタビューでは,
エリート意識丸出しの嫌な連中として描かれているが,
一方で熱い記事を書く者もいる,真実の記者アンリアスがそれである。

「大企業カームカンパニーによる希少モンスター保護キャンペーンが
結果的に希少モンスターの価値を世間に知らしめ乱獲を招いている」
という糾弾記事を手始めに,ガリークランがクエストを進めていくたび,
組織的な乱獲,売買集団の存在,希少モンスターを使った闘鶏賭博,
そこに集う有力者たち…といった真実がアンリアスの記事によって次々と暴かれていく。
ガリークランとアンリアスは顔も合わせたことはないが,両者は異なる戦場で
ともに戦う同志としてなにがしかの友情で結ばれていたのではないか…。
そんな不思議な高揚感すら漂う。

そしてついにアンリアスは,保護キャンペーンは希少モンスターを確保するための
宣伝であったこと…つまりカームカンパニー=カミュジャという真実に辿りつくが,
それを匂わせる記事を公表した途端に報道局から芸能局へ飛ばされてしまう。
ここにカミュジャの実力とジャーナリズムの限界を見るべきか,
あるいはアンリアスが口封じされなかったことを喜ぶべきか。
ゲーム中でも屈指のシリアスなクエスト群である。



ラブリーボイス
ラプターのマユ,フェンサーのアルエット,魔法剣士のバレンタイン,
狩人のリリーからなる4人組人気アイドルユニットクラン。
アイドルらしく,全員が固有顔グラフィックを持つ。
パートはそれぞれリードギター,キーボード,ドラムス,ベース(当社調べ)。

重厚なストーリー展開を求めるタクティクスオウガ信者やFFT信者は
このクランが出てきた瞬間に腰砕けになったと思われるが,
本作は血なまぐさい武力革命とは無縁なのだ,悪しからず。
FFTA2の時代設定はFFTの1000年以上昔,「聖アジョラショック」で
既存の文明が崩壊する前,旧文明の成熟期に当たるので,
むしろこれくらいのほほんとしている方が自然といえよう。

マネージャーに頼まれて彼女たちの水浴びを阻止したり,
休憩部屋の不審者を捕まえたり,オークション後に一戦やらかしたり,
月刊ボンガのクエストで取材したりと彼女たちが関わるクエストは数多い。
クラントーナメントの常連でもあり,バウエン一家とはまた違った意味で腐れ縁である。
オークションでもやたらと強気で5Pトークンを突っ込んでくるので心臓に悪い。

彼女たちのエンゲージには必ずファンのおっかけ君がついてくる。
端から見る限りどうしようもないダメ人間(シーク,モーグリ)だが,
あるとき覚醒してラニスタとしての誇りを見せるイベントもある。
好きだなーこういうの。
そして,このゲームの主人公は間違いなくここユトランドの住人たちなのだなとも。
22:34  |  FFTA2  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT