2016年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.11.30 (Wed)

金策ときどきレベリング

~前回までのあらすじ~

王都プロンテラを旅立った女剣士14番は,
巨鳥毒蛇の襲撃をかわしながらソグラト砂漠を越え,
魔王の残滓渦巻く次元の狭間を抜けて,
古都モロクにたどり着いたのだった。



■ ソグラト砂漠 18 (レベル38)

モロクに着いて何をするかといえば,そりゃ金策ですわ。
いまのままじゃサラマインもまともに使えないでな。



3422.jpg
というわけでモロクをさらに南下してムカー砂漠へ到着。
彼らが落とすサボテンの針はコンバーター材料と並ぶ
低レベル金策の王道。
しっかり稼がせてもらいま!

いやーこの金策してる感懐かしい。
お金を貯める以前の,破産を避けるための
自転車操業というこのギリギリ具合がたまらんわ。

30分でしっかりと針200をゲット。
アナコンダクの毒の牙も売れて
一気に所持金が6桁に。
よくよく考えたらすんげーインフレだ。

そしてさりげなく3レベルも上がってて驚く。
本来は30代でも適正狩場なのか?



■ スフィンクスダンジョン B1F (レベル41)

うひーSDなっつかし!
3423.jpg
芋洗い状態だった3Fのことを
思い出すと目から汁が出てくる。



懐に余裕も出てきたんで,
そろそろ装備を集めていこうかなと。
狙うは当然こちら
3424.jpg
あああブリーフちゃん!
出てくれて嬉しいよー!
くんかくんか!

ほしい装備は自分で取ってくる,
これぞハクスラゲーだぜ。

しかしSDの敵は経験値の割に強い気がする。
レアが出るからってことなんだろうか。



■ ソグラト砂漠 16 (レベル43)

再び砂漠へ戻り,東へ進む。
そう,あのアサシンギルドへ。
アサシンギルドといえばじけ…おっと誰かきたようだ。
いやほんと当時の熱気はすごかったな…
良くも悪くももう二度とあの勢いは戻ってこないんだろうな…




3425.jpg
サンドメェーン!

大昔は一次職追い込みの好敵手だったが,
いま相対してもそれなりにうまい。
初心者赤ぽブーストのゴリ押し感しゅごいいい。



しかし普段は隠れていていきなり囲まれるのが怖いわ。
3426.jpg
ひー逃げ逃げ。



3427.jpg
ここは回復剤を現地調達できる珍しいマップだった。
でもアイスなんか高くて買えねー芋売ってくれよ!
ってみんなでぼやいてた。
ミミズの皮食ってHP回復できないのかなって。

我々はいつからミルクを,アイスを,そして白ポを
垂れ流しに使えるほど金持ちになったのだろう?
もう記憶が薄らいできたな…。



ここでいったんプロンテラへ帰還。
街で装備を買い集める。
3428.jpg
これで初期装備は揃った!



■ ルティエフィールド 01 (レベル48)

運よく投げ売りされていた
シュバイチェルが手に入ったので,
次はこれを活かせるマップがいいなあ。

大型で風に弱くて「伊豆にいなくて」
いまのレベルでも倒せそうな敵…
思案した結果向かった先はこれまでの正反対。



北方のルティエフィールド!
3429.jpg
このゲームで14年遊んでるけど,
このマップで狩りするのははじめてだわ…。
まだまだこんなマップが眠っているのかと思うと面白い。



なんかここで狩っていると
一瞬だけ遊んだマビノギを思い出す。
巨人のキャラクターで始めたら
雪一面の山国でスタートしてね,たしか。

でっけぇ図体してるのにそのへんの
犬とか蛇にも勝てないから笑ってしまった。

まだやってるのかなマビノギ。
マビもMOEも楽しそうだったけど,
なにぶんネトゲは時間食い虫,
掛け持ちする気力は起きなんだ。



3430.jpg
素の攻撃力が低いせいか,追撃の魔法もかなり強く感じる。
昔もパッシブ職の攻撃なんて1発200とか300とかだったし,
それに比べるとASの追撃はそこそこ有用だったよね。

なんで(課金アイテム以外の)AS系装備の発動率が
低いままなのかずっと疑問に思っていたけど,
運営や開発のイメージが10年前で
止まっているからではないかという仮説が沸いた。

そして狩り終わってから気がついた。
サスカッチは水属性じゃなかった。



■ ミョルニール山脈 05 (レベル52)

無計画に散財したおかげで再びオケラになってしまった。
やむなく金策を再開する。



3431.jpg
TEが盛んなせいなのか,ブレイザブリクは
くもの糸の値段がやたらと高い。

アルゴスを瞬殺できるほどの強さがあれば,
コンバーター材料集めよりもよほど稼げるだろう…
需要がどれだけあるのかは別にして。



しかしまさかアルゴスが金策モブになるとはなあ。
GDにいたころはキングオブお邪魔虫って感じだったのに。

槍を担いで座りながら,出番が来るのをじっと待ち。
アルゴスのガサガサという足音にウンザリし,
ウィスパーのフィ~という飛行音にテンションを上げる。
そんな人生だった。



■ ゲフェンフィールド 09 (レベル53)

3432.jpg
オイッちっとも売れねえぞ!
どうなっとるんじゃああ!

ふつうこういうしょぼい収集品を見かけたら
「あらお金がなくて困っているのね,おかわいそうに」
って露店ごとごっそり買っていくのが人情ってもんやろおお。
うっうっ世間の風は冷てえぜ。



はいはい分かりましたよ,即金になるのを狩りますよ。
3433.jpg
大型で風に弱いシムリさんを
バッシュで潰していけばいいんでしょ!



しかし開始5分で肩に違和感が。
テスターの全細胞がこれ以上の
クリック作業を拒絶していた。

いやああああわしは
レベル上げがしたいのおおおお
お金稼ぐのもういやあああ

寝るッ!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

22:54  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2016.11.27 (Sun)

闇のアニバーサリー開幕

アニバーサリーイベントは
MD回してガチャするんだって?

またMDか!
またガチャか!
運営の頭の中にはそれしかないのか!?
記念イベントでやることか?!

いまこそ一般フィールドの出番だろがあああ!
昔の人気マップを巡るツアーとかさあ!!



よかろう。
運営がやらないのならわしがやる。
ROがいかに楽しいゲームだったのか,
このわしが思い知らせてくれるわ。

2週間…!
だけど…閃光のように…!
まぶしく燃えて生き抜いてやるっ!
それがおれたちテスターの生き方だっ!
よっく目に刻んどけよッ!
このバッカヤローッ!



さあプレシャスの欠片もない
アニバーサリーの開幕だ!
ルールを説明する!



・ 伝承法禁止

・ 転職及びマップ進入用以外のクエスト禁止

・ メモリアルダンジョン禁止

・ (序盤育成に有利すぎる)伊豆D,時計塔禁止

・ イベント禁止

・ 同一マップでのレベリングは30分以内

・ ステータスの最大値と最小値の差は10以内




以上は前回のルールだが,これに

・ 前回の旅で使用したマップも禁止

さらに新ルールも加える。
いける場所はどんどん狭まっていきそうだが,
300以上のマップを誇るRO,これくらいではびくともせんわ!



しかし前回は鳥狩装備でゴリ押ししていたのもまた事実。
これに比肩するとなるとかなりのパワーが必要とされるだろう。
というわけで今回は彼女に任せた。
3413.jpg
たのむぞROの主人公!



■ ソグラト砂漠 01 (レベル9)

3414.jpg
今回は南下方針で進めることにしよう。
出だしはプロ↓↓の子デザ砂漠だ!
うーん剣士子の剣振りモーションすばらしい。



3415.jpg
コットンシャツと狼の血が出てさっそく路銀が潤う。
そのへんで拾えるアイテムの嬉しさよ…。
これで心置きなくスピポが使えるぜっ!



■ ソグラト砂漠 02 (レベル26)

3416.jpg
ぎゃ,ぎゃあ~。
このBGMを聞くと涙がとまらないいい。

いた!
間違いなくいた!
14年前の夏,わしは今と同じく剣士で,
このマップでレベル上げをしていた!

/ncすら知らず,カチカチカチカチ
攻撃するたびにクリックしながら,
道行く人々がみんな自分と同じユーザー
なのだという感動に打ち震えながら,
わしはたしかにここにいた…。



3417.jpg
ビギナー帽で補強された
剣士の瞬発力は目を見張るものがある。
弓手にも引けを取らないレベルだ。

14年前では考えられないことだな。
当時はINT120以下のSPRなど無に等しかったし,
スキル連打など夢のまた夢だったもんなあ。



■ ソグラト砂漠 13 (レベル35)

3418.jpg
ここアナコンダク砂漠はブレイザブリクでも
そこそこ人気があったみたいだね。
毒の牙がいい値段で売れるからね。

しかし蛇系のモブは攻撃が痛いな。
昔はこうやって種族ごとに特徴があったんだよなあ。
水系はHPが高いけどその分他の属性より
弱点を突いたときの効果が大きいとか。



3419.jpg
さらに西進して次元の狭間前を通り…



■ 砂漠の都市モロク (レベル38)

3420.jpg
モロクに到着!
イェーイ!
ろくさんどこー?

レベルも上げつつ小銭も稼ぎつつ,
次の街にたどり着くまでがちゃんとした
冒険になってるよ…感動だ。

異国情緒あふれるモロクの街の
なんと魅力的に見えることか。

昔は周辺都市も人だらけだったなあ。
中央の水場にはポタ子がひしめいててさ。



3421.jpg
ここで全ステータス20を達成。
環頭太刀も手に入って一気にパワーアップだ!

しっかりセーブもしたし,
次はモロクを拠点に進めてみるかな。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

22:44  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2016.11.26 (Sat)

デモンゲイズ

今日は新作ゲームの紹介ですよ。



デモンゲイズ PlayStation Vita the Best
角川ゲームス (2013-11-14)
売り上げランキング: 15,497



デモンゲイズ!
以前何の気なしにPSストアをのぞいていたら
これが500円の特売セールで売られていたんで
買ったら面白いのなんのって。
おかげでこの2ヶ月間睡眠時間を削られっぱなしでさあ。
とんでもねえ問題作だよ!



ゲモンゲイズは3DダンジョンRPGであります。
ひたすらダンジョンに篭ってレベルを上げながら
強い武器防具を集めて脳汁ドバーするだけの簡単なお仕事です。

このジャンルのゲームは少なからず遊んでいるんだけど,
ゲモンゲイズやったときは驚いたわ。
3DダンジョンRPGというジャンルも進化するんだなって。

ウィザードリィというあまりにも完成された,
偉大な先人のせいでもうこれ以上
変わることはないものとばかり思ってた。



本作は操作していてとにかく快適。
オートマッピング機能は当然のこと,
一瞬で終わる早送りとボス戦で有用な過去ログ検索
という双方向に配慮したメッセージ機能,そして
目標地点まで勝手に歩いてくれるオートパイロット機能

これが本当にいい!
この機能搭載されているRPGって
ファミコン版の女神転生2以来だ(実に25年ぶり…)。

絶対ユーザーから喜ばれると思うんだけど
めったに見かけないなーなんでだろう。
マップ呼び出して目標地点タップしてあとは
鼻でもほじってればいいから楽だわー。

戦闘シーンのメッセージ機能も見事で,
サクサク終わる雑魚戦は早送りで飛ばし,
一手一手が重要なボス戦では過去ログを遡ってじっくり
敵の行動を観察しながら次の行動を考えることができる。
ユーザーの気持ちに立った作りになっていて嬉しい限りだ。



戦闘といえば,街に戻れば難易度をいつでも変更できるのもいい感じ。
雑魚戦では難易度を上げてたくさん経験値を稼げるようにして,
勝てないボスが出てきたら難易度を下げて突破する,なんて
進め方も可能だ…というかそういうふうに進めるのがいいだろう。

雑魚は基本的に瞬殺できるとはいえ,
たまに(ボスよりも)強いのが混じっていて
瞬殺されることがまれによくある。
ここらへんがスパイスになっていて
雑魚戦闘でも気が抜けないのがいい。

もし次のような敵に出くわしたら,セーブポイントを
確保するまで逃げたほうがいいかもしれない。

・ 名前にキングとかロードとか付いている
・ でかい
・ カエル



あと,これぞまさに次世代のゲームだなあーと感じたのは,
ネットに繋いで他のユーザーと情報のやりとりができる点
マップ上にゲイザーメモという付せんを貼ったり剥がしたり,
他のユーザーが残したメモを見たり逆に見てもらったりできるのだ。

これが本当に面白い。
攻略に役立つ情報,まったく無意味な雄叫び,
登場人物への偏愛を綴る書き置き…はっきりいって
メモの大半は無価値なジャンクだったりするんだけれども,
それを含めてもなおメモを集めて読み進めていく楽しみがある。

正直いって財宝よりもメモを見つけるほうが楽しかった。
メモに従って全員VIT15まで上げたら
ゲームの進行もずいぶん楽になったし。
ありがとう先輩ゲイザーさん!

これ,発売当初はユーザーが一斉に集まって
ダンジョンの中にどんどん攻略情報が書き込まれていって…
というリアルタイムならではの熱狂があったんだろうなあ。
ダンジョン自体がスレッド化するというか。

それにしても,重大なネタバレをも暴露されかねない
(実際,最初のダンジョンの一番最初のマスに
 重大なネタバレがバンバン書き込まれている!!)
この危険きわまりないシステムをユーザーに
開放したメーカーの度胸がすごいわ。

この辺にユーザーとメーカーの信頼関係を
見ることができてそれもまた嬉しい。

なお,メモを見る見ないはユーザーの任意なので
(ネットに接続しなければ表示されない)
自力で解くつもりならスルーできる仕様になっている。



もうひとつ特徴的なシステムはサークルかな。
マップ上に点在するサークル,デモンサークルとか
トレジャーハンティングサークルとか呼ばれているそれは,
玄室兼宝箱兼セーブポイント。
ここにジェムと呼ばれる宝石を捧げると敵が出てくるので,
それを倒すと武器防具が手に入るという仕組みなのだ。

いうなれば,ウィザードリィの鑑定作業を戦闘に置き換えたというところか。
ジェムは?ぶきなどの未鑑定装備で,サークルでの戦闘が鑑定。

はっきりいってウィザードリィの鑑定作業は
普段ギルガメッシュの酒場で管を巻いている
新米司教が未知のアイテムに触れて発狂するのを
ニヤニヤ眺めるくらいの楽しみしかなかったので,
このサークルシステムのようにすべてを暴力で
片付けてしまったほうがわかりやすいし面白いと思う。

ジェムはそのへんの雑魚を倒しても手に入るほか
店でも売っているので,剣とか鎧とか
特定のジャンルの装備を絞って狙えるのも特徴だ。
もっとも,入手アイテムはランダムながら上位ランクが
出やすい無形のジェムばかり使うことになるのはご愛嬌。



ところでこのサークルはデモンと呼ばれる敵の親玉の住処もである。
たまに出てくる野良デモンに怯えながらダンジョン内のサークルを
全部潰すとデモンの本体がどこかに現れるのでそれを倒す…
というのがゲームの基本的な流れ。

ふつうのゲームだとボスの前にセーブポイントがあるのが定番だけど,
ゲモンゲイズはセーブポイント「に」ボスが陣取ってるんだよなあ。
しかも出てくるかどうかはランダムだから,
「そろそろボスの領域っぽいから一度手前に引き返して
セーブし直してから進むかなあ」なんてドキドキしながら
サークルを潰していくことになる。



そして倒したデモンは仲間になるのだ。
召喚獣的なポジションで。

呼び出して一緒に戦ってもらってもいいし,
連れ回すだけでもいろいろなボーナスが付く。

しかし最初に仲間になるマルス姐さんとクロノス母さんが
有能すぎて半分固定になっているのがたまにキズ。
デモン枠3人分しかないのに!

特にマルス姐さんは圧倒的攻撃力で雑魚もボスも
蹴散らしてくれるので頼りにするゲイザーは多いだろう。
一部では彼女こそが正ヒロインという声もあるほど。
かたや装甲は紙で後半戦になると出てきた瞬間に
やられて散っていくのが笑いを誘う。



持ち帰った装備品はどうするのかというと,
潰してエーテルというボーナスポイントにして
他の装備品の強化に使うんよ。

装備品の強化!
これがデモンゲイズ最大の楽しみなのだ。
サークルをブチブチ潰して拾ったアイテムを
ガションガション潰して最強の装備を作る。
いってみればこのゲームはこれに尽きる。

たまにサークルでとんでもないボーナスの付いた装備品を
拾えることもあって,これがまたテンション上がるのなんのって。



それに合わせてか戦闘シーンの方はかなりシンプル。
いくつかの強化・弱体化スキルを使ったあとは
最強火力スキルをひたすら叩き込んでいくだけという
清々しいまでの「レベルを上げて物理で殴れ」感。
(後半になれば攻撃魔法も強いよ!)

でもいいんだそれで。
デモンゲイズの戦闘はそれまでにどれだけ
強い装備を作ったかのオレTUEEEEE展覧会なのだから。
脳筋大いにけっこう!



同じくウィザードリィの落とし子のひとつである世界樹の迷宮が
あえて不便な(しかしDSにマッチした)手動マッピング機能を残したり,
複雑多様な職スキルを基にした戦術編成の楽しさを追求していったりと,
知と探求への深化を遂げていったのに対して,本作デモンゲイズは
いかに快適に楽しく作業ができるかという点に腐心している。
ハックアンドスラッシュに特化したゲームといえよう。

作業こそ楽しいという前提のもとに,余計な面倒くささはバッサリ切り落とし,
楽しい面倒くささだけをひたすら積み上げた究極の作業ゲーだ。

そしてその目論見は成功した。
聞くところによれば,本作は20万本以上売れたという。
このスマホゲー全盛の当世に,VITAという
決して普及しているとはいえないハードで,
それも3DダンジョンRPGというニッチなジャンルで,
(いちおう関連過去作もあるらしいが)
新規IPがこれだけの売上を叩き出すというのは,
たとえ露骨なエロ方面のテコ入れがあったにせよ
大健闘ではないかと思われるが,
実際に遊んでみたら納得の出来だった。

決して完全無欠のゲームなどではない。
しかし時間を忘れて財宝漁りに没頭できる。
それだけでいい,ゲームに必要なのはこの没入感だけだったんや…。



ゲームを始めると初音ミクっぽいのがアーアー歌ってるわ,
登場人物の美少女たちはバンバン脱ぎだすわで,
無機質なBEEP音を子守唄に白黒ワイヤーフレームの迷宮で
暮らしてきたオールドゲーマーはあまりの未来感に
クラクラするかもしれないけど,試しに遊ぶと
往時の熱狂をたしかにここに見出すことができるだろう。

かくいうわしも最初は違和感バリバリだったけど,
いまではピーネのゴキゲンな鼻歌を聞かないことには
1日が始まらなくなってしまったよ。
♪ プロル~ プロミ~ なんとかかんとかオ~リ~オ~



さ,今日もフランのブラジャーを探す仕事を始めようか。
(そんなゲームです)

テーマ : レビュー・感想 - ジャンル : ゲーム

10:31  |  その他ゲーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2016.11.23 (Wed)

ターミネーター:新起動/ジェニシス

久しぶりにネトゲから解放されて
近所のゲオを覗いてみたんだけど,
ターミネーターの新作が置いてあってビックリだ。

いつの間に出てたのこんなの?
いやあネトゲ廃人も長くやってるとほんとに
社会の流れから取り残されちゃうんですねえ^^;

しかし最近のハリウッドはリブート大好きね。
バットマンにスーパーマンに…ゴーストバスターズもだっけ?
ネタが尽きたのか,予算を食いすぎて
安牌以外狙いづらくなってきているのか…
この辺はゲーム業界と似たり寄ったりなのかもしれないな。



見ましたよ当然,ええ。
スタローンとシュワちゃんが出てくる映画は
必ず見るよう遺伝子に刻み込まれているので。

本作は1と2のリブートというか,カイル・リースが
サラ・コナーを救うべく過去に送り込まれるところを
カイル視点でもう一度描いた作品やね。

先行して過去に送り込まれたT-800を追うべく
カイルがタイムマシンに乗り込んだまではいいけど,
あれっワープする直前に残党のターミネーターが
ジョン・コナーを襲っていたような?!
どうなってしまうんだいったい―というところで1984年。

シュワちゃんとカイルが服を奪うシーンあたりは
原作そのままで旧作のファンはニヤリ必至。
ナイキの靴とかどうやって再現したんだか!

しかしそこはリブート作。
過去に飛んだT-800には老いたT-800が,
カイルにはみんな大好きT-1000が襲いかかる!
そして大型狙撃銃を使いこなすサラ・コナー。

誰が敵で誰が味方なのか?!
わしらの知っているターミネーターじゃない!
うーん掴みは完璧だ!



んでいま全部見終わって一息ついているところ。
さてどう感想をつけたものか。

突然ですがみなさんターミネーターシリーズはどれくらいお好き?
「自分の中では1と2で完結してる」って人,
けっこういるんじゃないかな。

そういう人のために先に申し上げておきますと,本作は
(1と2の根底に流れる圧倒的な絶望感,悲壮感は)ないです。
だって敵のターミネーターあっさりと倒されちゃうんだもん。
最強の敵T-3000もカイルとサラをチンタラ勧誘していたりして
あんまり緊迫感を与えてくるものでもなく。



1はほんと絶望的な戦いだったもんなあ。
ヒロインのサラは典型的なお嬢様って感じだし,
未来から送られてきたカイルも線が細くて頼りなげで。
せめてスーパー光線銃の一つも持ってくればいいのに,
お前そんな裸一貫でなにしに来たんだっていう。

かたや全盛期のシュワちゃんは怖いのなんのって。
銃で撃たれようがタンクローリーで爆破されようが
ピンピンしててどうやってこんなの倒すんだって。
無力な人間と強力なターミネーターの対比が
より一層ドラマを引き立てるというかね。



2は多くの視聴者からターミネーターシリーズの
最高傑作だと考えられているだろうし,いまさら
そこに付け加えるようなこともないだろうけど,
不死身のT-1000がもたらすあの終わりなき
張り詰めた緊張感,メキシコの砂漠の夕焼けに
象徴されるような透き通った絶望感が
なんていうんだもう,美しいといってしまっていいのか。

今は亡き夫カイルへの愛からか,彼の遺言を信じて
たったひとりで人類の未来を変える戦いに身を投じるサラ。
酔って子供を殴ることのないターミネーターは最高の夫だ
という彼女の独白からその半生の壮絶さがにじみ出ている。
リンダ・ハミルトン自体の変貌ぶりがすごくて
とても1のイモネーチャンと同一人物とは思えない。

幼いジョン・コナーを演じるエドワード・ファーロングもこれ以上ない
ハマリ役だったし(レオンのナタリー・ポートマンと双璧!),
ラストの展開もああまとめられちゃったらもうどんな続編も及ばないよなあ。



という具合に旧作への思い入れが強いほど
違和感を覚えるかもしれないけど,今作があえて
味付けを変えているのも意味があるんじゃなかろうか。

どういうことかというと,1とか2のときって
ターミネーターは完全に未知の存在だったわけじゃない。
だから視聴者はなにも知らないサラ・コナーに
感情移入しやすかったと思うんよ。

ところがいまの我々はすでにターミネーターを
知り尽くしているわけで,そこでまた
なにも知らないサラ・コナーが逃げ惑っても,
もういいよ…ってなるかもしれない? じゃない?
要するにもうホラー映画としては撮れない。



だから今作は立場を逆転させた。
なんかどうも誰かがサラ・コナーの幼年時代に
T-800(2で味方だった機体)を送り込んだらしくて,
彼女は未来の出来事を知った上で準備万端で
1984年の戦いに臨んでいるんだよね今回。
むしろ未来から送られてきたカイルのほうが
そのことを知らなくて泡食っているという。

その辺も視聴者の目線と登場人物の
目線を合わせるための演出だと思えば,
そこまでおかしくはないのかなって。

逆にまったく新しい展開に驚く視聴者は
今作ではカイルに感情移入することになるんだろう。
自分の知ってる過去じゃない! って。



加えて今回のサラ・コナーはやたらと美人で
「あたしもやればできるんだからばかにしないでよフン!」
みたいな勝ち気でどことなく甘えが
垣間見えるような性格になっているんだけど,
それも幼少期からずっとT-800に守られていたという
設定の変更から考えれば自然な流れかなという気もする。
あんまり悲壮感がないのも当然で,
彼女は心強いおじさんに守られていたわけだから。

そして肝心要のT-800はといえば,
「もう合体したのか? 合体したのか? としつこく聞いて娘にうざがられる」
「敵の内情を探るべくサイバーダイン社で働いていたがクビになった」
などなど残念エピソードあふれるダメ親父に。
お父さんそれ思春期の娘に一番やっちゃいけないやつやあああ!!

映画館で見なくてよかったわこんなん…。
見てたら一人で大爆笑して雰囲気ぶち壊してたわ。



そんなターミネーター見たくなかった?
いやいやお客さん,そもそも同じ登場人物に異なる役割,
意義が与えられているという手法は2で確立された
このシリーズのお家芸なわけで,そういう意味では
本作こそまさにターミネーターの正統後継作!

ターミネーターシリーズの流儀に倣えばこそ,
前作と同じ設定にしてはならないんですよ!

ホラーからアクションへ,そしてアクションからコメディへと
手を変え品を変え同じ話を繰り返す,これこそが
歴史改変モノの妙味ってもんでさあ!

Old, but not obsolete.(古いが,ポンコツではない)
という本作の決め台詞も,老いたシュワちゃん
ひいては90年代の遺物と化したこのシリーズが放つ
渾身の自虐ジョークなわけでもう涙なしには見られない。
ポンコツだろこの!



一方で割を食っているのがストーリー展開で,
ゆでたまごが原作なのかってくらいガバガバ。
野暮なツッコミで大いに楽しめる。

タイムマシンに2人乗れるなら最初から
人間側も機械側も団体で押しかけてこいよ! とか
1997年と2017年でタイムスリップの行き先揉めるくらいなら
子作りでもしながらそのまま30年待てばいいんじゃないですかね…とか
その辺のスピーカーのコイル巻きつけてパンチしただけで
やられる最強ターミネーターってなんだよ…とか。
でもキン肉マンで鍛えられたお前らはそんな細かいことは気にしないよな!

個人的にはあのダイソンさんが無事存命していて
サイバーダイン社のCEOになっているのを見られただけで満足。
最後サイバーダイン社木っ端微塵に吹っ飛んでたけど…
やっぱり不幸の星の下に生まれているのかもしれない。



そんなわけでね,本作は旧作のファンのために
作られたといっても過言ではない。
なぜならリブートに見せかけた続編だから!

1から4までに歴史改変を前提に,それよりさらに
以前の地点から歴史改変を行ったことでまったく
新しい物語になった…という構造なのが本作(たぶん)。

"There is no fate but what we make for ourselves."
シリーズを貫くこのコンセプトは健在で,
かつては歴史がどのように変えられるのか
一喜一憂していた我々は,今度は歴史が
どこまで変わらないのか一喜一憂することになったのだ。

だからこそ1・2最高! っていう人ほど絶対見たほうがいいよ!
本作は1と2の偉大さを再認識させてくれる最高のセッターだ!

気に食わないことがあったらこのDVDを
叩き割ってもう一度1と2を見直そう! そして叫ぼう
"There is no new work but what Cameron made !"

未来の刺客から美しい過去の思い出を
守るための孤独な戦いがいま始まる。
サラ・コナーはキミだ!



そこまで思い入れがない方はノンストップアクション
コメディホームドラマとしてお楽しみいただけます。

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

20:01  |  映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.11.21 (Mon)

楽しいのに

久しぶりのMEはずいぶん楽しめた。
やっぱりあのディレイとの戦いが最高だ。
リソース管理ゲームとしてのROを強く思い出させてくれる。
もっとたくさん経験値がほしいという自分の欲望との戦いというか!



初期投資が安くて済むのも魅力。
悪魔祓いの書なんていま1Mとかでしょ。
それに悪魔盾,婆挿しオルレアンの制服に
クリップとスピリンで一丁上がり。
全部で5Mもしないのではないか。
あとはいま流行の金剛盾で人と不死でも作れば完璧。

かつて(β2基準)は高嶺の花で
庶民にはまったく手が届かなかったMEが
こんなに簡単に遊べるようになるなんて
ちょっとした感動ですよ。
にゃんこ先生みたいなキングオブ廃人しか
できなかったもんなあMEプリ。



ソロの狩場がそれなりに制限されるとはいえ,
悪夢のジターバグを日課にすれば金には困らないし
病院と侵攻プロに入り浸っていれば問題なく光れそうだ。

退魔型の流れとしてジュデックス型,アドラ型にも
移行できるし,そうなれば狩場もグッと広がるだろう。
ピラNM,時計NM,そして今回の地下監獄。

もちろん仮にも支援職の端くれなのだから
パーティに紛れ込んでも存分に活躍できるだろうし,
要するに金がない人でもすぐに始められて
思った以上に隙がない。



にもかかわらずあんまり見かけない気がするME。
動かしやすくて強いのになー。
ここからさらに耐久度が増して楽しくなってくるのになあー。
まあそういうのはテレビの前のみんなに任せた。
わしの代わりに大暴れしてくれ!



しかしいまのROはずいぶん遊びやすくなってるし,
今回の新エピソードもかなり気合入ってたけど,
あんまり人が増えている感じはしないのが残念だ。
むしろ8月のTOSショック以降の寂れ方が
露店の数やMHの参加人数に
如実に表れてて寂しい限りというか…。
やはりライフスタイルの変化なのか。

実際に遊べば楽しいゲームなので,
なんとかがんばってほしいところだ。



逆にいうと,実際に遊べるところまでが
ネックになっているのかもしれないね。
復帰者には種々のセキュリティ(の解除)が手間だし,
せっかくの新フィールドも狭い公平圏と
前提クエストがネックになって人を集めづらいし。
(一番人を集めやすいレベル帯が
 100以上という制限で分断されている!)
うーんなんとかならんものか。

過去の話だからクエストやらずに入れるようになるのは
たしかにおかしいんだけど,人が集まりやすい環境を
どう整えていくかという面も重要だと思うんだよね。

昔のようにダンジョン内へのポタを解禁してくれればなァ。
リーダーがクエストクリアしてれば
メンバーはクリアしてなくてもついていけるとかさ。
ダメェ?

運営の力ではどうにもならないところもあるだろうけど,
運営の力でどうにかできるところもたくさんあるんじゃなかろうか。
まだまだやる気を失ってはいないみたいだし,
どうせならそういうところにも対応してくれればいいな。



そんなわけでROの楽しさをまたひとつ再確認して今回の旅も終わり。
3412.jpg
わし,正規ユーザーに戻ったら名無し2で無双するんだ…。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

20:54  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2016.11.18 (Fri)

覚醒後のME狩場 侵攻されたプロンテラ

そしていよいよ本命,いまが旬の侵攻プロだ!



キャラクター
レベル126アークビショップ

青ジェム450/h消費。



ステ装備
3406.jpg
時給計測のためにムキになって30分連続生存を
目指していたらレベル上がりまくっててわらった。

ここは詠唱中断対策しないダメね,さすがに。
そんなわけでエスランと+7ブリーフセット。
不死だらけのマップなら闇鎧安定だろうという
イメージもあったものの,攻撃魔法はEQくらいで
物理攻撃が主体のようなので特に属性対策はいらなさそう。

そして不死特化装備を借りたのに敵の種族が
みんな人と知ったわしは深い悲しみに包まれている。



経験値時給
base 39.3M/h
job  25.4M/h

(平日夜,人たくさん)



1時間の収集品
3407.jpg
毎回これを拾う気力があるなら
それなりに稼げるんじゃないですかね…。

運営は直ちにノービススキルにグリードを入れるように。
今回みたいに課金アイテムにしたらほんと怒りますよ。



3408.jpg
狩り方にもよるだろうけど,
邪念武器は1時間に1本も出ない感じだ。

特化ボーナスはかなり大きいが,エンチャントが
ランダムなのと基礎性能が低すぎるのが…。

拾った時点で精錬値をランダムに付与しておくか,
いっそマラン武器のように精錬禁止にする代わりに
基礎性能を大幅にプラスする形のほうがよかったのではないか。

現状だと追加の精錬ボーナスがあるというよりは
+7~になってようやく本来の性能を発揮するという印象が否めない。
そして,優良エンチャントを探してさらにそれを過剰精錬しないと
使い物にならないというのはあまりにも狭き門ではあるまいか。

邪念武器をハイエンド用の最終武器と捉えるか,
それともマラン武器のようなコモンアイテムと
捉えるかによってかなり判断が違ってきそうだが…
運営のコンセプトは前者なのかな。



注意点
ありすぎるわ!
まずはこちらをご覧ください。
3409.jpg
大量の敵を一度に相手する関係で,
MEの戦場は常時閃光に包まれております。

これだと敵が何しているんだか分からないし,
どんなアイテムが落ちているのかも分からない。
そこで勢いエフェクトを切りたくなるけど,
そうすると今度はSWが生きているのか
死んでるのか分からなくなるという…。

ME狩はまずもって視覚的なハンデを
負っているということを肝に銘じておこう。



それに加えて,ここのモブは倒せば
倒すほど増殖していくので,戦い方も
かなり大雑把なものにならざるを得ない。

いまのステ装備だと,兵士3匹までは

SW→ジュデ(これで兵士が倒れて本隊が出てくる)→
ME→SW→キリエかジュデ連打

こんな感じで,4-5匹だと

SW→ME→SW→ME

の2段重ね。
6以上からは逃げ。



重要なのは

・ 間髪入れず攻撃し続ける
・ SWを切らさない

この2点。
なんでかというと,敵に隙を与えるとマグマ,一閃,
EQなどの高ダメージ攻撃が飛んでくるからであります。
特にマグマは5000*5程度のダメージで
死因の圧倒的ナンバーワンに輝く。

それをアシストするのがMEのオブジェクト欠損。
同一セルに大量のモブがまとめて湧くせいか,
MEの一部がセル欠けを起こしてダメージが
発生しなくなるという事態がまれによくある。

途中でMEのダメージが入らなくなったら急いで
移動してSWを置き直すかMEをもう一枚敷け!!
死ぬぞ!!



3410.jpg
あと,敵の本隊は目標を見失うと即自決するようだ。
MEの逃げ置きで稼ごうとしてもうまくいかないかもしれない。



雑感
待望の新マップ。
まず驚かされるのがすべてを過去にする圧倒的経験値効率。
しかしこれもまだまだ序の口で,耐久度が増えれば
稼ぎはさらに右肩上がりで増えていくだろう。
十分最終狩場になりえそうなポテンシャルを感じた。

金銭効率も(拾う気力さえあれば)そこそこありそうだし,
アクセスは最高だし,総合的な旨味は破格といえよう。



その分難易度もかなりのもの。
特に低レベル帯のソロではマグマを
いかに防ぐかがポイントになってきそうだ。

とはいえ,100そこそこでも兵士を1匹ずつ
相手にしていけばそうそうやられることはなかろうし,
レベルアップに合わせて一度に相対する数を増やしていく
という形で幅広い層に対応したデザインになっているのは見事だ。
もちろん,安定性を重視してパーティで行くのもいいだろう。



MEのオブジェクト欠損は狙って
設定したのかどうかは分からないが,
この余計なトラブルは意外な効用をもたらしている。

このままキリエで耐えていればいいのか,
ジュデで追撃するか,移動してSWを置き直すか,
それとももう1枚MEを敷き直す必要があるのか…
敵を倒し終わるタイミングがランダムになることで
わずかな変化から異常を察知してとっさに反応するという,
ME1枚で焼き切ることを半ば前提としていた
これまでのMEにはなかった新たな感覚が生まれたのだ。
これはかなり楽しい「遊び」だ。



敵はどれも似たような格好で単調なマップかと思いきや,
これまでの一般フィールドにはない群を抜いた完成度を誇っている。

気が向いたなら一度MEで遊んでみてほしい。
本来はジュデックスで狩ったほうがいいのだろうし,
MEでは吸収回転職などに比べて稼ぎや安定度で劣ると思われるが,
しかしだからこそユーザーの判断力が問われるようになっている,
遊んでいて楽しい仕上がりになっていたよ。

そういう意味では間違いなくここはMEのために
調整されたマップだといえるだろう。
プロの綿密な調整に乾杯!





おまけ。
3411.jpg
今回はほとんどソロで過ごしていたので,
MH会場が人と触れ合う数少ない機会だったな…。
また会おう。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

00:25  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.11.15 (Tue)

覚醒後のME狩場 ビョンウンゴ病院1階

入江文学まさかの初戦敗退!?
対戦相手の櫻井裕章に突然の
田島彬異母兄設定が生えてきて
雲行きが怪しくなってきていたとはいえ,
それ以上に因縁のある文学がやられてしまうとは。
それともあそこから逆転する方法があるのかな。
金田保なんか両腕折れても戦ってたもんな…。

しかしいま連載中の漫画ではトップクラスの面白さだ喧嘩稼業。
幕張のころとか鶴田謙二の絵柄でなんて
下品なマンガを書くんだと思っていたけど,
ほんと化けたな…。

木多先生,せめて陰陽トーナメントだけは
描き上げてくださいお願いします。



んじゃROの話。
お次はこちら,RR後のザ・ME狩場こと
病院にお邪魔してきましたよ。



キャラクター
レベル120アークビショップ

青ジェム450/h消費。



ステ装備
3401.jpg
ここはさすがにオルレアンの制服なり
なんなり着ていったほうがいいかな…。
わしはこの装備でゴリ押したけど。

盾もリーフ嬢から借りた。
たまにギャオーンして敵がピヨって助かる。



経験値時給
base 20.7M/h
job  11.8M/h

(休日朝,ソロ1-2)



1時間の収集品
金銭効率は完全にカードに依存しているので,
出ない限りは赤字が続く。
出れば一発逆転があるだけほかのマップより夢があるだろう。



注意点
敵の攻撃が痛すぎる!
3402.jpg
ので,SW置いてからMEしないと
このレベルでは簡単に沈んでしまう。

モブは戦闘中でもビュンビュンテレポで飛んでいくので,
経験値を公平設定にしておくといいかもしれない。

ダークサンダーでふっとばされるので闇鎧必須。
リーフ嬢いわくリビオ服でスタンさせるのがいいということだが。



雑感
へえーニブル村と互角の稼ぎなんだ,面白いね。
経験値単価がぜんぜん違うのに稼ぎが一緒ってことは,
それだけ病院の湧きがいいってことか。

たしかに交戦中でもどんどん飛んできて
勝手にMEに突っ込んで溶けていく感じだったな。



カードで稼げるのは魅力だが,
しかし難易度はニブル村より高め。
敵の数が多いうえにASPDが早めで
SWがあっという間に食い破られてしまう。

モブのレベルはニブルのほうが上になっているが,
病院で狩るのはニブルで下積みしてからのほうがよさそうだ。
ある程度のタフネスがついたらこちらへ移行する感じかな。
耐久度さえあれば最終的な稼ぎは病院のほうが上になりそうな気がする。



3403.jpg
MEの最終狩場候補地である2階にも突撃してみたけど,
敵の攻撃が輪をかけて痛く,
現時点ではとても狩れそうになかった。
火力ももっとほしい感じだった,
要するにすべてが足りてない。
まだ120だし将来に期待だ。



3404.jpg
MDのほうの病院2階は湧きが一定数なので
現状でもなんとか狩れるようだ。

ボスのビョンウンゴはMEで削るにはHPが膨大だし
途中でギミック発動してダメージが通らなかったりするけど,
そこまで凶悪というわけでもなく頑張ればなんとか
勝てそうだな感を醸し出しているのがよい。
結局はやられてしまったが,またいつか挑戦してみたい。





おまけ。
3405.jpg
すまんトイレ行ってたんや…。
応援ありがとう!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

23:58  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.11.13 (Sun)

覚醒後のME狩場 ニブルヘイムフィールド01(秘境の村)

MEはかなり特異な型だから,経験値がどれくらい
稼げるかというのは興味があったんだな。



キャラクター
レベル119アークビショップ

オルレアンのフルコース使用(なくても大差ない)。
青ジェム250/h消費。



ステ装備
3398.jpg
武器と盾はリーフ嬢から借りた。
今回は中級装備レポートだし,いまの資産なら
その気になればこの装備も買えないことも
ないかなというレベルなので。

MEはスピリンセット固定なので頭中段下段枠が余ってしまった。
カルデュイの耳でも買ってもいいかもしれないが,
2週間では実用的な威力を発揮できるレベルまで
上げるのは難しそうだしこのままでいいか。

あと,ご覧のとおり詠唱中断対策してないんだけど,
特に問題なく狩れるので正直驚いている。
ME発動まではキリエとSWで防御できるし,そもそも
発動前にキリエが剥がされてダメージ食らう状況だと
そのまま潰されるからね…。
実はそこまで必須装備でもないのかもしれない。



経験値時給
base 20.5M/h
job  10.6M/h

(休日朝,ソロ2-3)



1時間の収集品
3400.jpg
カントさんの指導に基づきルーン材料を拾うことにした。
というか鎧の破片だけ拾った。
1つ2kで売れるので十分黒字に。
ありがとうRKさん。



注意点
4匹まではME直置き,5匹以上はSW先置き。
ディスガイズが混じっているときはオラティオ先行。
これで全モブME1枚で落ちるようだ。



3399.jpg
悪魔祓いの書とピラNMセットの威力はさすがだな。
オラティオの効果も凄まじい。
しかしオラティオ自身の詠唱時間なんかも加味すると
使ったほうが戦闘時間が短くなるとは必ずしもいえなさそうだ。
相手によりけりといったところか。
その辺の判断があるのもまた面白い。



雑感
ほおー,これくらい稼げるのか。
率直な感想をいえば堅実の一語に尽きる。

突出して稼げるわけではないが,さりとて
不遇といわれるほど稼げないわけでもなく。
もしかしたらMEこそが全戦闘職の平均値なのかもしれない。



しかしこの後稼ぎを伸ばすのは容易ではなさそう。
MEのヒット間隔は10年前から変わっていないので
(この辺が稼ぎが落ち着く要因だろう),
稼ぎを伸ばすとしたら1ヒットあたりの
ダメージを伸ばすしかないわけだけど,
ニブル村は不死と悪魔が入り混じってるから
特化しづらいんだよね。

あとはジュデで追撃するくらいか…
でも手が痛くなるからいやなんだよなあ。
(個人の感想です)



そんなわけでここで安定してきたら
次のマップを探したほうがいいかもね。
まあそういうのは抜きにしてもいいマップだなここ。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

09:57  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.11.09 (Wed)

新たな風

アメリカ大統領選挙は驚きの結果となったなあ。
グローバリゼーションの旗頭であるアメリカ自身が
それを否定するというのはなんともはやという感じだけど,
個人的な資質にはかなりの疑問符がつくトランプが
それでも勝つっていうのはアメリカ国民も
よほど腹に据えかねていたんだなー。

いやほんと,こんなことができるのか…。
ヒラリーを擁する(と考えてられていた)既得権益こそが
まさに先進国の「ガラスの天井」だったわけだけど,
それをぶち抜いて大統領になるなんてことが。
民主主義なんてものが本当にこの地上に実現しえたのか。



これでエスタブリッシュメントの支配の時代が
終わりを告げるのかはわからんけど,
西洋が推進してきた自由主義,資本主義,人道主義という
大きな潮流の転換点であることは間違いないだろう。

難民受け入れで混迷を極める欧州も
やがては(すでに)限界を迎えるだろうし,
世界は再び保護主義,ブロック化に傾くのだろうか。
それで日本がやっていけるのかというのはあるが…。



これは現実でいうと袋叩きに遭いかねないから
ネットの片隅でひっそりいうが,日本は現状を
より意図的に,積極的に推し進めてもいいんじゃないかと思う。

つまり,2050年までに人口8000万を,
そして2100年までに人口4000万を「目指す」。
同時に食料自給率を上げ,自然発電や
都市鉱山を拡充させて2100年までに
物理的な国内循環体制を確立する…
鎖国体制を完成させる。
海外に依存しない体制を!

保護主義けっこう,資本主義の終焉大いにけっこう。
日本が率先して旗頭になればいいではないか。
だいたい日本が内向きでいるほうが
内外ともに平和で安定してるんだからさ。



学校で習った,日本は資源がないから加工貿易で
食っていくしかないというのもかなり偏狭なイデオロギーだ。
「現在の」日本は「現在の」やり方でしか存在し得ないということにすぎない。

人口が多ければよい,物質的に豊かであればよいという
考え方も工業中心の20世紀までは通用したかもしれないが,
これからは必ずしもそうなるとは限らないだろう。
むしろ変化の速度が早くなればそれについていけるような
小国寡民こそがベストな選択肢という見方もできるのではないか。

なぜ無駄遣いを避ける消費者心理が経済成長の
阻害要因であると問題視されるのかがわしには分からない。
低コストで運用可能な社会の礎になる
成熟した心理だという見方はできないのか。



20世紀後半の成功があまりにも見事すぎたから
それにこだわる気持ちも分からないでもないが,
少し過去に囚われすぎなのではないかなと。

いま必要なのは価値観の転換ではあるまいか。
ここ二十年,日本が苦しんでいるのは
経済の停滞や高齢化のせいというより,
それを問題視している「認識」のせいだろう。

世界がこうしてどんどん変わりつつあるのだから,
もうそろそろ日本も20世紀的な価値観から
卒業してもいいんじゃないの。

見方を変えればかなりいい社会が
作っていけそうだと思うんだけどな。



なんでこんなこと書いているんだ…。
ネトゲ廃人のわしには現実が
どうなろうと知ったこっちゃないのに…。
お詫びしてネトゲいたしますピコピコ。



3390.jpg
やってきたよ新エピソード!
マップは人でごった返していてそれだけでワクワクしてくる。
ああ~やっぱりMMOはこうでないとな!



3391.jpg
さりげなく新技術も搭載されているようだ。
クライアント依存で他のユーザーには
表示されない(であろう)メッセージ。
うーんなんだかんだで開発は続けているのね。



今回は権謀術数渦巻く宮廷内が
舞台とあって登場人物が凄まじい数に。
ガンホーの超訳が唸る!
3392.jpg
冗談抜きで翻訳の中の人頑張ってる。
会話がめっちゃ楽しいわ。
特にこの料理長。



そんな数ある貴族たちの中で一番のお気に入りは彼女。
3393.jpg
カトリン様です!

こんな気苦労の多そうな,優しくて思慮深いんだけど
ストレス溜めすぎていっぱいいっぱいになってる
真面目なおねえさんをみるとひたすらに
甘やかしてダメにしたい黒い欲望があ。
いつかカトリン様にほほえんでいただくのが目標です!



3394.jpg
未亡人補正でお色気指数5割増しの王妃様も初お目見え。
こんな美人をうっちゃって美人局にひっかかる国王は断罪されるべき。
あ,もうされてましたね。



3395.jpg
どこかで見たような顔もチラホラと。



メインクエストを進めていくとどんどんサブクエストが
派生していってわけが分からなくなって結局全部
クリアしてしまったけど,こいつぁすごいボリュームだ!
1日でクリアしてしまうのはもったいなかった!

これからやる人はシナリオを読み込みながら
何日かに分けてじっくりと進めてもいいかもしれない。
RPGで街の人全員に話しかけないと気がすまない
わしにとってはとっても楽しいエピソードだった。




3396.jpg
(照明の関係で見えないと思うけど)
ろくさんと一緒にお目当てのマップも覗いてきたぞ!

ここは侵攻されたプロンテラとかいう
100レベル以上でいけるマップ。
不死づくしでMEの本領発揮だ!

敵の強さはかなりバラバラ。
ME視点でいうとタムラン~ニブル
クラスの敵が幅広く分布している。

敵の使うスキルは多彩!
確認しただけでも,インティミ,爆裂,パルスにEQ(!),
そして三次スキルのマグマイラプションまであった。
マグマは5000*5くらい食らうのでソロは厳しそうだ。

しかも倒すたびにどんどん復活してくるし,
総合的な難易度は既存の一般狩場を上回るだろう。



しかしマップは広くて見やすく,敵も集めすく,
少人数パーティで駆け回るにはうってつけに感じた。
火力は物理でも魔法でもいいというのも魅力だ。
機動力のある騎士を先頭に,MEと火力のトリオで
ゴリゴリ進めたらめっちゃ楽しそうだなー。



3397.jpg
なによりこの敵のデザインがいい。
不気味でそれでいてどことなくスタイリッシュな。

異世界あたりからモブのデザインがかなり
手抜きになってきて正直ずっと心配してたんだけど,
いい加減RO2を諦めたのかグローザあたりから
また気合を入れたデザインになってきて嬉しい限りだ。

RPGの楽しさはどんだけ敵が強くてかっこいいかに尽きるからね。
今後もこんな感じでいってくれ!



ファーストインプレッションとしては,久しぶりの
新エピソードにふさわしい気合の入り具合だと感じたよ。
入場可能マップが高レベル限定なのもあって
ハイエンド層用のアップデートなのかなという
懸念もあったけど,わしのようなまったり層でも
存分に楽しめるわ。

まずはクエストをじっくり読み込んで,
あとは侵攻プロで思い切り暴れまわろう!

結局久しぶりに夜中の3時まで遊んじゃったよ。
いやーガンちゃんやればできるじゃない!
ROの未来は明るい!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

22:35  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2016.11.06 (Sun)

飛行船襲撃の襲撃

新パッチの燃料タンクこと
王家貢献の証の入手方法が公表されたね。
主に,既存のものも含めたMDの追加報酬的な位置づけのようだ。
ってこれよくみたら飛行船襲撃が異常に多いな。

こんなことしたらまたぞろ1日12周
感謝の船長虐殺が始まってまうやろおお!?
現状ただでさえMDの金銭効率は圧倒的なのに
これ以上一般フィールドとの差を広げてどうする!?

飛行船襲撃が利用されてないのは,
あの精錬買取システムが不便すぎるからであります!
あとボスが強烈な闇属性すぎて
魔職にだけ過酷に過ぎるであります!
直すべきはそちらと愚考いたします!!!!

難易度,所要時間からしたらむしろ異常に稼げすぎるくらいだから。
もっとほかにテコ入れしなきゃならないところいくらでもあるやろ!



だいたい,次元の狭間で過去の記憶を
いじくり回すのがどう王家に貢献するんだよ!?
ルーンミッドガッツ領内のモブを倒したらドロップじゃだめなん?!
治安維持に貢献してるんだからさ。

モブが直接ドロップするのが
おかしければ討伐クエ方式でもいいし,
報告書とか稼働制御装置みたいに
ドロップとは別に手に入る形でもいいし。

これを機に大規模な一般フィールド調整を行って,
その辺のモブを三次職でも苦戦するくらいにして
「魔王モロクは倒れたが,
 国王不在の隙を狙って
 各地で不穏な蠢動がある。
 冒険者たちよ再び王国を守れ!
 功労者には王家貢献の証を与えよう!」
みたいな感じで大々的にキャンペーン貼れば
一般フィールドもよみがえって万々歳だったのに。
ああせっかくのチャンスをなんでむざむざ!!
ぐあああ!!



いや,まだ始まってもいないことに
重箱の隅をつつくような真似はよそう。
新しいマップでは熱い戦いが待っているに違いない。
きっとそうだ。



さて本格始動したMEだけど,
事前に予想したとおりというか
3387.jpg



やっぱり彼女は
3388.jpg
もろい。
+9退魔杖ですらこの体たらく…



しかし遊んでいて楽しくないかといえばそんなことはなく。
むしろこの脆さこそがMEの醍醐味なのだ。

MEの楽しさは見切りの楽しさ!
剣豪が紙一重の動きで相手の攻撃をかわすが如く,
テレポで飛んだ先の湧き具合を一瞬で把握し,
己の許容量を見極めてギリギリ死なないようにMEを撃つ。

撃つか逃げるかSWを敷くか…
とっさの判断が生死を分ける真剣勝負がそこにある!



まあそんな生死を賭けた勝負を
毎回やってたら疲れちゃうのもまた事実。
その名のとおり後方支援に徹するのも手ではある。
3389.jpg
パーティ戦は豪快な試合運びがまた気持ちいい。
ソロでは1匹2匹でヒィヒィいっている敵を
5匹6匹まとめて吹っ飛ばせるこの爽快感たるや。

やはりパーティ戦はいい。
ある程度の支援と特定狩場でのアタッカーを
兼ねるMEは少人数パーティとの相性抜群だ。
うまく組み合わせれば生体上層なんかでも活躍できそうだなー。

しかし前衛はチェイサーなのに
尋常でない耐久度だったな。
さすがはろくさん。
(元気にしてました!)



んなわけでボツボツ上がってるわ。
これで110になれば新兵器の投入が…うわははは!
いやその前に勘を取り戻すところからだな。
わしはMEも好きだった,思い出してきたわ。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

01:48  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT