2017年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2017.01.29 (Sun)

帰還

こんにちは!
おかげさんで無事に帰ってこられました!
まだ足がしびれてるけど!
細かいことは気にしない!

たくさんの励ましのお言葉どうもありがとう。
みんなの優しさが骨身に染みる。



いやーそれにしてもさ,ヘルニアだっていうから
MRI撮って見せてもらったんだけどさあ,
1箇所だけじゃなくて5箇所も6箇所も
ゴジラの背びれみたいに飛び出てんの!

胸骨もヘルニアになるって知ってた?
わしははじめて知ったわ。
見たとき思わず笑っちゃった。

もう完全に神経とディープキッスしてましたわ。
お前らいつの間にそんな深い仲に!?
お父さんは許しませんよ!!



こんなんでよく今まで無事に生きて
こられたもんだと逆に感心してしまったよ。
よっぽど鈍感なんだなあわしの神経は。

数が多すぎて手術は無理と現代医学から
見放されたりもしたけれどわしはげんきです。



それはともかく,入院中は暇にあかせて
3DSをやりまくってたんだけど,
サバクのネズミ団!があまりにも面白すぎて
痛みなんかぶっ飛んじまったよ。

もうほんとね,この面白さは30年以上に及ぶ
マイゲームライフの中でもトップクラス,
FF2と並ぶキングオブキングスと呼んでもいいくらい。
いつかぜひとも紹介したい!

古代の中国じゃ麻酔がないから
碁を打ちながら手術してたって話だけど,
まさにそんな感じだった。
やっぱりゲームは人類を救う!
ありがとうゲーム!



しかしもともと世情からは縁遠い生活をしているとはいえ,
2週間近くただただ寝て過ごしていると
なんだか世界から取り残された感があるな。

味噌汁作ったらかつお節入れ忘れるし
いつの間にか稀勢の里が優勝してるし。
日本人横綱は20年ぶりくらいなんだって?

ROでもなんかインタビューが出てるっていうし。
今日はそれを読んで次の記事はその感想にするかな。

その前にROに対する興味を取り戻すところからかな。
ほんとちょっと間が空くと関心が薄れ…いや
サバクのネズミ団!が楽しすぎたせいだな。
んなわけで今後ともヨロシク!

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

10:44  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2017.01.22 (Sun)

明日のみえぬぼくたち

ねえビュウ、ヘルニアになるってかなしいことなの……



悲しいどころの騒ぎじゃねええええ!!
腰腰腰腰腰腰!!
むしろ尻! 尻!!!
座ってられない坐骨神経痛あああああ!!!!!



というわけで緊急搬送されて現在入院中であります。
いまも退院できたわけじゃなくて
一時的に抜け出してきただけなんよ。
いつここが再開するのかって?
わしが知りたいわ!!



だからね,ROに飽きたとかそういうんじゃないのよ。
むしろいままでバカにしてごめんねガンちゃん。

ライフスタイルの変化ってこういうことだったんだね…
たしかに変化してたよわしの椎間板。



それではまた元気になったら会おう!
みなさんも腰は大切に!
えかさんとの約束だぞ!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

10:29  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2017.01.15 (Sun)

スイッチ!

ついにニンテンドースイッチの詳細が発表されたね。
定価は3万円か。
据置機としては頑張ってると思うけど,
携帯機としてみるとメッチャ高いな。

PVも見た感じ,「これまでゲームに触れたことのある人間」
にとってはスンゲー面白そうに見えるんだよな。

過去作のトゥーン調のデザインをどことなく残しつつも
リアルさと見事に融合させたゼルダの伝説なんかもう
あれをみて心躍らなかったらゲーマーじゃねえってくらい。



あとはライトゲーマーを取り込めるかだなー。
据置機と携帯機のガッチャンコは携帯から
据え置きへの移行を,つまりライトからミドル~ヘビー
への移行をスムーズにするためなんだろうけど,
下手するといまの任天堂の最後の牙城である3DSの
ライト層に逃げ出される可能性もあるわけだ。

その3DSですら最初は25000円だったせいで
あまりにも売れなくて慌てて値下げした経緯を見るだに,
この価格設定はなかなかに厳しそうな気も…
とここまで書いていて思ったけど,
日本以外では据置機はむしろ伸びてるし
日本以外では売れそうだから別にいいのか。


PS4なんか海外の方が10倍以上普及してるし。
逆に任天堂はなぜ中国に進出しないのだろうか。
海賊版対策や政治リスクといったコストがあるとはいえ
日本市場の10倍20倍は売れそうなのに。



それでお前は買うのかといわれると,たぶん買う。
でも3DSとVITAでまだ遊んでいないゲームを
遊びきるだけであと10年20年はかかりそうだし,
据置機として遊ぶにはまずテレビを新調しないと
いけないんだよなあ,そこまでして遊びたいかというと…。
まあ携帯機として使えばいいのか。



ROの話だよ!
3479.jpg
MHがガラッガラッでびびったわ!

わしがいなくなってたこの1ヶ月間に何があった!?
ガンちゃんMHのテコ入れはよ!
イベントでお茶濁してる場合じゃないぞ!
MHこそ全員が参加できる唯一のMMOらしいコンテンツ
でありROの核なのになんで放置し続けるんだ!?

超強い課金装備をバンバン出してるんでしょ,
その出番はMHこそが最適でしょうよ!



3480.jpg
来週にはウェルスと生体獄のカードが実装されるという話。
行けるかどうかはともかく,自分が作れるキャラで
戦えそうなのは後衛だけだろうから今回はWL子だ。
レンジャーはこの前やったしね。



3481.jpg
しかしいまマジ狩できる狩場ってほんとなくなったなあ。
かつてのウィズソロの聖地,監獄は足速いモブ
増えすぎたし三次ソロがえらい勢いで敵倒してるから
とてもチマチマしたマジ狩の出番はなく。

いかに実装当初の監獄が優れていたか思い知らされるわ…。
足の遅いゾンビとインジャがメインで,足の早い
リビオとハエが少数というバランスだったからこそ
監獄ソロは成り立っていたし楽しめた。

それがいまとなっては…。
FWで止めて大魔法で始末というマジ狩のソロが
楽しめるマップといえば,時計3以降だと
GH前,ふれあい神殿,ノーバス,騎士団1,
ジュピ東,ピンギとMDではLOVA中級,
あとはFWオンリーの生体1,悪夢カタコンくらいしか
ないじゃないか…って思ったよりあるな。

前言撤回,探せば見つかるマジ狩場。
みんなもたまにはまたSG滑り割りしてみようぜ!
時間を忘れて没頭できること請け合いだ。



3482.jpg
一方わしはトールで上げた。
やっぱり持つべきものはミストレス所持の知り合いですねえ。

久しぶりだとほんと腕が落ちてるのを痛感したよ。
いま無双崩しやれといわれたらもうできないだろうな。
そしてそこまでやるほど価値が,
残念ながらいまのトールにはないからね…。

名無しもそうだけど,時計NM,ピラNMや
生体に比べると金銭的な旨味がなさすぎて。
いまでも狩ってて楽しい狩場なのは間違いない
からこそなんとかしてほしいなー(チラッチラッ



んなわけでリーフ嬢のおかげと1.5倍効果もあってサックリとWLに。
3483.jpg
今回はどうしたもんか,前回断念したHI狩に手を出すのか,
あるいはまたあのクエストを突破して侵攻プロの時給を測るか。
これから考えるとしよう。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

15:53  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2017.01.10 (Tue)

ダウンロードソフトだからってなめんなよ! 熱血魔法物語

ぼくらの熱血シリーズが帰ってきた!!
野球,サッカー,バスケにドッジボール,
運動会,マーシャルアーツ,時代劇におでんまでこなす
スーパーアスリート(本業は不良)のくにおくんが
今度はファンタジー世界に殴り込みだ!!

いつのまに出てたんだよこんなん!?
いってくれよ買うに決まってるだろ!!



それもそのはず,本作「熱血魔法物語」は3DSのソフト
ではあるけれども,ダウンロード専用ソフトなのだ。

3DSのe-shopは検索機能とレイアウト悪すぎィ!
ページをめくるたびにいちいち待たされるし,
もうちょい一気にドバっと表示してくれよ!
もっと買いやすく! もっと商売っ気出して!

ここばかりはVITAのほうが圧倒的に上だわ…
いや基本性能自体もVITAのほうが上だけど。



それはともかく!
本作では異世界に召喚されたくにおくん一行が
世界を救うべく立ち上がるという,
当世流行の異世界転生モノだ!

という体でいつもどおり腕力ですべてを解決していく。
さすがサッカーにまでダメージがあるシリーズは格が違うぜ。



いやでもゴブリンやゴースト,スライムに
ドラゴンまでがちゃーんと出てくんのよ。
必殺のマッハキックは鉄より硬いドラゴンに通じるのか!?
ファンタジー世界でくにおくんが大暴れ
ってだけでもうテンション上がりまくり!

クリスタルタワーとかザリモル火山とか
それらしい地名が出てくるたびに心が震える。



ゲームの中身はアクションシーンを中心としながら
ストーリーを進めたり買い物したりといったRPG要素もある。
過去のシリーズでいえば「熱血物語」や「時代劇」の系譜やね。

それだけに昔のシリーズを知っている人は
(おそらく知らない人も)何の障害もなく
スルッとゲームに入り込めるだろう!

コントローラにはボタンも増え,やれることも増え,
そして覚えることも増えてとっつきにくいゲームも増えた昨今,
AボタンとBボタンをメチャクチャに
連打しているだけでサクサクボコボコ進んでいく

このくにおくんの優しさが骨身に染みる。

Aはパンチ,Bはキック,
ABはジャンプ(本作はYでも飛べる),
そしてAで拾ってBで投げ!
実家のような安心感。



レベルアップこそないものの,金を貯めて
スキルや装備を買い集めていく形での成長はある。
主人公がくにおくん(本作では剣士クーニー)
だからといって蹴り技にこだわる必要はない,
いろんなスキルを試していくのが楽しいぞ。

くにおくんといえば殴ってひるませてからの投げ,
ダウンさせてからの踏みつけや締めといった
えげつない技が醍醐味
だけれども,本作では
そういう過激な描写は鳴りを潜めており,代わりに
ファンタジーらしく剣技と魔法が追加されている。

これでちいさなお子さまにも安心して遊んでもらえるね!
わしらは小さなお子さまのころに熱血行進曲やって
リアル勝ち抜き格闘が日常茶飯事だったがな!



特に魔法は過去のシリーズにないド派手なエフェクトと
広い効果範囲で本作の象徴的なシステムといえるだろう。
単にダメージを与えるだけでなく,透明になって一方的にボコったり,
地形を一変させたり,分身,英霊召喚とよりどりみどり!
思った以上にファンタジーしててビビるぞ!

一方で,迷ったら序盤に手に入る
マッハキックとじゅうもんじぎりだけあれば
クリアには困らないという親切設計だ。

本作は難易度がそれほど高くはないので,
ギチギチと最適解を詰めていく必要はない。
したがって,「Bボタン連打だけで終わるクソゲー」
などと寂しいことはいわずに,自分だけの
お気に入り技を探す方向で楽しむといいだろう。


ちなみにわしは魔法特化くにおくんがお気に入り。
フレイムワンドでなぎ払ってからのつえスペシャルで削り。
どちらも溜めが必要なので,距離や時間を稼がないと
隙を突かれてやられてしまったりと穴があるのがいい。



それでさ,武器もお店で買えるんだけど,
武器を落とした状態で戦闘が終了すると
そのまま消滅しちゃうんだわこれが。

せっかくお金を貯めて買った武器が
なくなってるのを見たときは目を疑ったよ。

でも許せないという気持ちよりも
「まあファミコンのゲームだしなあ(?)」という諦念と
それ以上に「なんだこれwwwwクソゲーwww」という
笑いがこみ上げてくるのはくにおくんの人徳なのだろうか。

逆に敵が持っていた武器を奪ってそのまま持ち帰れるのが熱い。
そもそも一番最初のストーリーが幽霊退治で,
幽霊には普通の武器は通じない→
幽霊が使っていた武器を奪って倒すという展開なのが面白い。

しゅりけんみたいなレア武器もパクれるのですんごい嬉しいし,
仲間が装備していた武器すら奪えるのが無法地帯すぎて笑う。
(仲間の武器は戦闘ごとに復活するので無限に奪える!)



そうそう,旅の仲間も加わるのだ。
みんなくにおくんと同じくゴーダーとかタッツィーとか
アホらしい名前になってるけど,いつものメンツ。

このゲーム,ストーリーは一本道だけど,
途中のフラグの立て方によって
仲間になるキャラはまったく変わってくる。
ので,実質的に仲間探しがメインの
ゲームといってもいいかもしれない。

仲間は必須ではないが,操作できるキャラを
変更できるので,特殊なスキルを使えるキャラを
仲間にしたら自分で動かしてみるのもいいだろう。
竜一竜二はあいかわらず強いし,
望月は足が速いので町中での移動が楽になる。

仲間によって店の品揃えが変わるという隠し要素もある。
特に五代(ゴー・ダイ)がいると買える「ぼうじゅつスペシャル」は
圧倒的な強さなので狙ってみてもいいかも。



ストーリーはなんだかえらい中途半端というか
続編作る気満々で語られていない部分が
多すぎるのでなんともいえない。
いってみればクーニーウォーズ・EP4といった塩梅。
ラスボスの山田も完全にパルパティーンだし!

ただ,なんか読ませるんだよねこのゲームの文章。
テクノスジャパンの生き残りの人が作っているのか
何なのかはわからないけど,最近のゲームのような
丁寧でソツのないメッセージにはない味がある。

「どっちだって いいじゃん そんなの!
 とは いかないのが このよのなか!!」
みたいな感じでクエストが進んでいくぞ。

本気でファンタジーに徹したらえらい作品が
できるんじゃないかって気もするんだけど,
「ぬひょひょひょ」とか「がくがくーん♥」みたいな
拍子抜けするセリフで自らぶち壊していく
スタイルなのがなんとも。
くにおくんのシリーズとしては正しいんだけどさ!

なまじファンタジー世界としてもいい雰囲気なだけに
合体事故でスライム化してる感がすごい。



最近のゲームらしくクエストもあるんだけど,
お使いが20%で残り80%は怪物退治という
作業感をまるで隠そうともしない清々しさ。

別にやらなくてもクリアできるので
やりたい人だけやってくれということなのだろうか。

本作はメインストーリーを進める以外のあらゆる要素が
「やってもいいしやらなくてもいい」レベルで
調整されているので,ある意味その取捨選択こそが
楽しみ方の肝になってくるのかもしれないな。


無理に全部やろうとして「なんだこの作業ゲー」
みたいに楽しくない思いをする必要はないってこと!



プレイ済みの人間から一つだけいわせてもらうならば,
もしクエストをやるならメインストーリーを進めきってから
手を付けるといいだろう。

移動の重複も避けられるし,後半の街で売っている
強力なアイテムを買い揃えた状態で戦闘クエストに
挑めるので,オレTUEEEを存分に楽しめるからね。

とはいえぜんぶ無視しろというわけではなくて,
戦力不足を感じたら必要なアイテムが買える分だけ
クエストをやるという無理のない進め方がいい

という意味だと思ってくれ!

なお,貴重な指輪がもらえる「あやしいじっけん」と
さらに貴重な回復呪文が使えるようになる「ひっさつわざ」
だけは必ずやっておいたほうがいいだろう。
どちらも序盤のネイダードで受注できる。



逆にゲームのすべてをしゃぶり尽くさないと
気がすまないという人間にいっておく!

本作のクエストをすべてこなして得られる報酬の
合計は約250,000G,そして最強装備である
「ごだいのぼくとう」&「ぼうじゅつスペシャル」
の値段は215,000G!!

これが手に入ったらお前さんは
熱血魔法物語マスターだっ!!!
うまくやりくりするんだな!



もちろんいいことだらけではなくて,
はっきりいって課題が多い作品ではある。

街が広いのにフィールドに一発で戻れるようなコマンドがないとか,
誰がクエストの関係者か分からないので全員に話しかけないと
いけないとか(NPCに!マークとかフキダシをつけてほしかった),
仲間枠が2人分しかないので新たな仲間を
加えるにはいまいる仲間を外さないといけないとか,
しかも外した仲間は基本的に二度と戻ってこないとか,
これだけたくさんのスキルがあるのに仲間の装備は
いじれないし他プレイヤーとの協力プレイもできないとか,
タッチペン対応してないせいで戦闘中の装備変更に手間取るとか,
宿屋よりも高い料金設定で存在意義を失っているレストランとか,
やたらとフィールドのエンカウント率が高いうえに
ザコ敵を倒してもほとんど実入りがないとか,
拾ったアイテムが売れないとか,
2周目への引き継ぎがないとか,
欠点を挙げていけばキリがない。

予算がないのか実験作なのか作り込みが甘く,
テクノスジャパンが作っていたファミコン時代の
シリーズのほうが完成度が高いのではないかとさえ思う。

もっと気合を入れて作れよ! 
と思う人も当然出てくるだろう。



しかしこの気軽さは現代にあっては稀有なものだ。
ゲームを進めていくとあまりにもあっさりと
終わってしまうので驚かされるかもしれないが,
数時間できっちり終わってくれるというのが
このシリーズの良さではなかったか。

気軽に始められて気軽に終えられる。
だからこそ手に取りやすく,気がづくと
結果的には膨大な時間を遊んでいる…。

現代のコンシューマーゲームは大作化が著しく,
何十時間何百時間もユーザーを掴んで離さないぞ
という意気込みもあらわで,なんというか遊ぶ側にも
覚悟が求められるものが少なくない。

そんな中で,「ハイ今回はこれでおしまい!
 気が向いたらまた遊んでくれよな!」
といわんばかりのあっけらかんとした作りには
ある種の思いやりさえ漂っているように感じられるのは
わしがBボタンの押しすぎで疲れているからだろうか。



なにより開発のアークシステムワークスは
クソゲーもかなり出しているが
様々なジャンルのゲームに挑戦している
いまどき珍しい意欲的な企業でもある。
これを応援しない手はないよな!

続編が出たら大化けするぞこれは!
帰ってきたくにおくんに恩返しをするときはいまだ!

テーマ : レビュー・感想 - ジャンル : ゲーム

00:17  |  その他ゲーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.01.07 (Sat)

人生プライム会員登録

キンドルのことになるとみんながぜん優しくて嬉しいぜ…。
みんなの(キンドルへの)愛を感じる。

プライム会員になると割引されるっていうんで
さっそく登録したんだけど,無料お試し期間中は
割引されないうえに登録から30日間経過しないと
本会員になれないのね。

いやもう会費なんていますぐにでも
払いますからキンドル割引してくださいよォー。
ほんととんでもねえ罠だぜ…。

amazon法では期限の利益は放棄できない,
ちぃ覚えた。



代わりにコメント欄で教えてもらった
PC版のキンドルを手に入れて,
攻殻の外伝ぽいタチコマなヒビを落とす。

PC版の使用感は既存の画像ビューアと
ほぼ同じで←→で読み進めていく。
細かな調整機能を落としたシンプルな
マンガミーヤといったところか。
たしかに使いやすい。

しかし,続刊の販促のためなんだろうけど
1冊まるごと無料ってすごすぎない。
これが21世紀のコンテンツビジネスなのか。



そんなわけで端末の方のキンドルは30日後のお楽しみに。
むしろいまのうちに買い貯めた古本読みきろう。
そしていらんものは処分しよう。

わしは悟った。
これだけ娯楽のあふれた現代,暇潰しに
なるものがないという事態はもうありえない。

逆にこんな時代に,安いから無料だからと
当たるを幸いに娯楽を拾い集めていたら,
あっという間に一生かけても遊びきれないほどの
コンテンツに囲まれて身動きが取れなくなってしまうだろう。

この年末はまさにそんな安物買いの銭失いを
してしまったわけだが,これからは
より関心のあるものを厳選して
付き合っていったほうがいいだろうな。
時間のほうが足りなくなる。



まともな小遣いなどなかったこども時代,
判断基準は金だった。
50円,100円という自分の手の届く範囲でしか
ものを選ぶことができなかった。

友だちがガス発砲式のエアガンで
空き缶を蜂の巣にしているのを尻目に,
銃口を下に向けるとポロリと弾の落ちる
銀玉鉄砲で我一人遊ぶ情けなさが,
わしの心を今に至るまで卑しいままにしてきた。

質よりも安さと量。
一度手に入れたものは二度と手放さない…
得られぬことへの悲しみがわしから世界への関心を奪い,
失うことへの恐怖がわしを支配してきた。



しかし時代は変わったし,
自身の置かれている環境も
ずいぶんと変わった。

いまや金は十分にある。
もう安さを基準に動かなくてもよかんべよ
ましてや命よりも大切な趣味で!

これからは自分の興味を優先させて
有意義な時間を過ごすために金もガンガン投入するとしよう。

この認知の歪みを直すのに何十年もかかったわ…
いやまだ完治にはほど遠いけど。
ほんと心の貧しさというものは厄介だ。
人間を殺す毒だ。



で,そういう観点からすると…ROとかいう
ネトゲは…どうなんでしょうか…。
十数年前のROなら間違いなく全精力を
注ぎ込んで宣伝するだけの価値があった。

いまでも面白くないことはないけど,MMOとしてみると…
特にiris15000人時代の活気を知っていると…ううううーむ。

いやでもわしは昔のROの楽しさは知っているけど,
超強い装備を集めてキャラクターをビルドしていく
いまのROの楽しさはあんまり知らんのだよな。
なんだかんだで130レベル以降の上位コンテンツに
触れられないってけっこうな縛りプレイだし。

ひょっとしたらクジパッケ全開で
ガチャを回す野獣先輩と化したら
いまのROもめっちゃ楽しい可能性も
微粒子レベルで存在…うううーむ。
現在の接続者数がすべてを物語っている
ような気がしないでもないが…うううーむ。



まずは中級装備編の続きでもやるかなあ。
いまどこまでやったっけ。

RG,網タイツ,メカ,珍,連,ABだったか。
半分やったな。
珍しく魔職には手を付けてないけど,ぶっちゃけ
いまある装備で魔職を強化できるものがないという。

ASPD装備でHI連打するか?
うわーやりたくねええ。
肩が壊れる。



とりあえず1/11(水)の再開を見込んでおります。
(関係各位へ私信)

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

00:38  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2017.01.03 (Tue)

あけたけどめでたくもない話

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

…といいたいところだが。
何も終わっちゃいねえ! 何も!
挨拶だけじゃ終わらねえんだよ!

いやー年末からついに漫画の整理もしだしたんだけどさ,
手前のやつだけチョチョッと片付けただけで
ダンボール5,6箱になっちゃって。
我が家に来る買取業者はさらにおぞましきものを見るだろう。



これはキンドルの導入を真剣に考えるときがきたかなあ。
ああいうタブレット端末は紙の本を読んでいるときのような
見やすさがあるのかどうか,それだけが心配でねえ。
そこまで高い品物でもないし,試しに買ってみるか。

しかしこうやって整理していて思うのは,
昔のようにひとつの作品を繰り返し
繰り返し読むことが本当に少なくなったわ。

だから漫画の山を見ても,多分読み返すことは
ないんだろうなあと思えてしまって結果的に
売ることにもあまり躊躇がなくなってしまった。
なんなんだろうこれは。

こどものころは1日30分週に2回しか
ファミコンできなかったからそれ以外の
時間はひたすら妄想に耽っていたし,
小遣いなんかろくにもらってなかったから
まれに手に入った漫画本は穴が開くほど
読んでたりして,漫画やゲームを売る
なんていう発想は微塵も出てこなかったのにな。



ひとつの物事に異常に固執する気質は
陰惨なこども時代が産んだ貧乏性の
副産物といってしまっても過言ではないけど,
それが不幸かといえばあんまりそうは感じない
というかこれはこれで気に入っている。

ただ,社会・経済の役には立たないだろうな。
こどものころならともかく,社会の屋台骨となる
年代に近づきつつあるのに,生存に直結するもの
以外のあらゆる出費を拒絶して,唯一の趣味である
ゲームや漫画にしても発売から何年も経って
打ち捨てられているようなものを買ってきては
何十年も遊び続けるというありさまでは,
いったい生きているといえるのだろうか。



しかも目標があって金を貯めてる
とかいうわけじゃないんだよな。
金は別にいらない,物欲もほとんどない。
老後のためでもない,長生きしたいとすら思ってない。
金を使うことが嫌いだから結果的に
金が貯まっていくというこの皮肉。

なんで金を使いたくないかというと,
富裕層じゃないので金を稼ぐためには
時間を使わなければならないから。

わしの価値基準は時間なんだ。
つまり趣味の時間を確保するために
それ以外の時間を徹底的に排除するという発想が
あまりにも強固な行動原理として存在している。
それで金も労働も人付き合いも排除されてしまった。



こんな人間がわし一人であることを願うわ。
わしみたいなのがあふれたら社会は滅びるだろうからな。
消費とは社会を支える責任ある行動であって,
決して忌むべきものではない。
まっとうな人間なら生きてきた過程でそれを学ぶのだろう。

物質的にせよ精神的にせよ貧困は心を貧しくするようだ。
働き始めてからは銀行の口座に使うあてのない金が
どんどん入ってくるが,それで心が豊かになることはなかった。
合目的的でない行動がいっさい取れない。
この卑しさが一生ついてまわるのかと思うとやや寂しくもある。

そう,ゲームの中では効率的な作業を好まないわしこそが,
現実では誰よりも合理性に囚われた効率厨なのだ。
わしにいわせればそんな卑しい振る舞いは
現実の中だけで十分だ。
もうたくさんだ。



しかしこうして服や漫画を処分できる程度には
症状が改善されてきたということか。
金を使うことにもかつてほどの嫌悪感は覚えなくなってきた。
そう考えると年を取るのも悪くはない。
そんなわけで今年の目標は浪費にしようかな。
(なんて新年の挨拶だ)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

11:29  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)
 | HOME |