2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.24 (Wed)

リンク先紹介 月額1500円のRO生活。

アイデデデ,寝ちがえたかなあ,肩に違和感が。
そんなことより!
今日はみんなにも読んでほしいサイトを紹介するぞ。



ワタクシさんは10年ぶりにROに
戻ってきてしまったかつての一級廃人。

10年前といえば転生実装,
生体トールも出てきてROも絶頂期だった。
みんなもまだ髪がフサフサだったね。

あの黄金期からワープしてきた彼は
いまの惨状を見て何を思うのか。

かつての最強職である騎士の栄光を
再びこのルーンミッドガッツの地に
蘇らせることができるのか!?



なにより期待しているのはROの物語,世界観への言及だ。
多くのユーザーにとってROのストーリーとは,
そしてそれが紡がれる数多くのクエストは
レベリングや金策の「障害」としてしか
認識されていないのではなかろうか。

悲しいことだが,MD回しを日課とし,
1アカウント12キャラもいるこのご時世,
この世界に横たわる物語がユーザーの
意識の片隅に追いやられてしまうのも
やむを得ないのかもしれない。



しかし,そうではない者もいる。
打ち捨てられた物語を拾い上げる者もいる。
ワタクシさんはその一人だ。

特に,期間限定イベントが物語の根幹に
関わる情報を示唆している点に着目したのは
彼の大いなる功績といえよう。

みんな知ってた?
MD回すのに忙しくて気づかなかったやろ?

運営であるガンホー主催の期間限定イベントでは
そもそも世界観に関する言及などできようもあるまいと
高をくくっていたが,どうやらそうではないらしい。

メインストーリーを補強するような物語が
コッソリと展開していたようなのだ。



ここまで人が減ってしまった以上,
ROがこれまで紡いできた膨大な物語を集積し,
体系化し,世界の核心に迫るような試みに挑む者は
かつてよりさらに少なくなっているだろう。

いや,もうワタクシさんの他をおいて
出てこないのではないかとさえ思う。

かなうならば,長年のプレイングで摩耗し
効率と数字の奴隷と成り果てた我々に代わって
ルーンミッドガッツの謎を解き明かしてもらいたいものだ。



月額1500円のRO生活。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

01:48  |  リンク先紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2017.05.20 (Sat)

最後の楽園

ところでいまSHIROBAKOという
アニメの制作現場を描いたアニメを
見てるんだけどめっちゃ面白いねこれ。

アニメってこんなふうに作られてたんだあ。
アニメの制作するには車の運転が
うまくないといけないなんて知らなかった。

一日中机にかじりついてるイメージだったけど,
打ち合わせしてイメージすりあわせて
コネ総動員して人員あてがって…なんてよほど
コミュニケーション能力高くないとやってられないね。

カント君さんはこのハードスケジュールの合間を縫って
騎士を何体も作ってるのか…すごいな。



別に世界が滅んだりとかそういうド派手な物語でも
ないのに(当たり前だ!)ドラマを魅せる脚本も見事だ。

これは主人公が制作進行という仕事なのが大きいと思う。
主人公が原画描いたりする人だとその苦悩とかが
視聴者には伝わりづらいかもしれないけど,
この制作進行というのはプロジェクトマネージャ的な
仕事らしくて他業種の人間でも感情移入しやすいのでは。
周囲に振り回されている様子を見ると胃が痛くなるともいう。

でも主人公の子は前向きだし頑張りやだし
なんだかんだで仕事回していくのを
見ているとこちらも勇気が湧いてくる。

それにしてもこの子有能すぎない。
1年目でこんなにバリバリ回せるものなのか,
というより回さないと回らないものなのか。
これからはテレビ見るときは正座して見ないといけませんね…。



運営チームの中の人もこんな苦労をしているのだろうか。
というわけでROの話だ。
3604.jpg
今回は本当に楽しませてもらったよ。
生体オンライン。

最終的には30分は無死亡で活動できるようになっていた。
運に左右されるところが大きいとはいえ,
これは素直に嬉しかったな。
こうやって成長が感じられるから生体が好きなんだ。



3605.jpg
リーフ嬢もHPにSWを置いてニューマを防いだりと
立ち回りが洗練されてきて驚いている。

別になにか言っているわけではないのだけれど
トライアンドエラーを繰り返すなかで
本人もいろいろ思うところがあるのだろうか。
それともろくさんの鬼の指導のせいなのか。
わしは本人の自主性に任せてますよ!




3606.jpg
それにつけても弓手の面白さよ。
鷹師はパッシブ職の気楽さと罠を駆使するスキル職の
ハイブリットでどちらの楽しさも味わえるのがなおよい。

ただ,生体ソロに特化するなら
罠師のほうがいい気がする。
一度やってみたいんだよなあ罠師も。
黒羽スーツなんかまず出物がないし
高いし気軽にできないのが難点だが…
ユーザーに戻れる日が来たならいつかは!



とりあえず今週末はラグホーダイなんで
網タイツでもやろっかな。

みんなは蜃気楼回してるんかな。
がんばってね。





おまけ。
3607.jpg
倉橋書店の方かな。
よろしくね。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

19:39  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.17 (Wed)

もうあわてるような時間じゃない

衝撃的なニュースが飛び込んできたな。
ROの兄弟分であるECOがサービス終了か。

純国産です! 自社製です! と嬉しそうに
社長さんが語っていたのも今は昔,
国産でも自社製でもないROより
先に逝くとはなんとも皮肉な話だなあ。



パズドラの業績不振で不採算部門を
支えきれなくなったせいなのは明らかだ。

PCオンライン部門は最後にデータが
公表された2013年時点ですでに赤字だったし,
その後業績が回復したとも思えないから
こうなることは当然の結果ともいえる。

いまでもガンホーの収益はパズドラ前とは桁違いだが,
株主に説明がつかないということなのだろう。



となるとROはどうなるんだという話になるわな。
ROの赤字は子会社(開発)のグラヴィティへの
ロイヤリティが大半であるから実質的には
黒字で問題にはならないとか,
基本無料化という切り札が残っているとか,
ガンホーとしても長期運営の実績あるいは
ユーザーの耐久度実験場がほしいから
このまま残されるだろうとか,
スマホ版ROのヒットを考えればいま
グラヴィティを切るのは得策ではない,
といった希望的観測もいまとなっては
どこまで妥当するのか怪しいものだ。

だってECOちゃんはここ数年完全に
放置されててお通夜モードだったとかじゃなくて,
ROよりもしっかりしたロードマップ立てて
ユーザーから愛される運営してて
大型アップデートがあったばかりだって
いうのにバッサリやられたからな。
要するに余力がある状態で切られた。



なにより,株主にはPCオンライン部門は切って
モバイルコンシューマ事業にリソースを
集中させるって過去に言いきってたしねー。

むしろそこまで啖呵を切っていながら
こっそりパズドラの影に隠してここまで
生かしてくれていたことにガンホーの
PCオンライン部門への愛を感じる…感じる?



公式ブログも突然進捗状況を
報告したりと火消しに必死だけど,
正直これだけではECOショックの
マイナスイメージを払拭するには
あまりにも心許ないのではないか。

今日もまたデバッグNPCを残したままでいたせいで
緊急メンテなんてサプライズを提供してくれたように,
人員整理されているんだろうなあという
雰囲気がひしひしと伝わってくるし。

ただ,それで運営を責めるのは酷だろう。
一番不安を抱えているのはほかならぬ
RO運営チームだろうからね…。



夢幻で接続者数が激増したように,
ROというコンテンツの寿命自体は
運営次第でまだまだ伸びると思っているが,
収益的にどこに合格ラインを置くかは
完全に経営側の判断だからなあ。

いっそ売上がいくらを切ったらサービス終了! 
なんて公表したほうが長く続くかもしれないな。
ユーザーも何もいわれないままいきなり
サービス終了されるより,内情を教えてもらったほうが
いっちょ買い支えてやるかという気になるかも。

運営とユーザーが一丸となってコンテンツを支えていく。
MMOらしい発想じゃない?



いずれ,やりたいことがあるならいまのうちに
やっておいたほうがいいかもしれないね。
悔いが残らないように。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

00:58  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.15 (Mon)

トリオ・ザ・万死

精錬祭もいよいよ大詰めだね。
みんな希望の裝備は作れたかな?
わしもカンカンこそしてないものの,特殊転送を
駆使してこのイベントを楽しませてもらってるよ。



3597.jpg
最近は少人数パーティで動くことが多いけど,
これくらいだと弓手はアロスト連射できるわけでもなく
強すぎず弱すぎずでいい塩梅なんだよなあ。



3598.jpg
アビスなんかほんと激アツ!
敵のあまりの湧きにAS頼みのパッシブトリオでは
入り口から進めないくらいなんだけど,
この一進一退の攻防が実に血湧き肉躍る。

いまのROでもこんなに激しい狩場が
あるだなんて嬉しくなってくるね。



3599.jpg
いままでボスの魔法で焼き殺されてたイメージ
しかないチャールストン工場も見事に突破。
メテオは直撃しなけりゃなんとかなりそうだったな。



3600.jpg
現在のROでは,レベルキャップ開放や
課金装備の蔓延によってキャラクターが
強くなりすぎてしまっている感がある。

こういう状況では単に強くなることよりも
勝つか負けるかわからないギリギリの戦いを
味わうことのほうがはるかに難しいのかもしれない。



3601.jpg
どんなに死力を尽くしても簡単に転がっていたR前の狩が,
みんなが同じレベルで戦っていた臨時広場が懐かしい。
いや,いまもそれを味あわせてくれる同志に感謝すべきか。



3602.jpg
流花さんと会った話はもう向こうに書いてあったな。
おめ俺はわしはキンドルで買ったよ。
そういや最近はライトノベルってすごい人気なんだね。
本屋の一角が見知らぬレーベルで占められてて驚いた。
もう角川スニーカー文庫とかはないのだろうか。



3603.jpg
あとはひたすら生体オンリエン。
生体ソロの話になると廃人だの
なんだのと罵倒が飛んでくるんだけど,
生体ソロは(怖く)ないです。
(死亡率も高く)ないです。

なぜなら自分が絶対に勝てる状況でしか戦わないから。
不意にスタンが飛んでくるバリオのほうがよほど理不尽。
生体で泣きたくなるのは横湧きかガイルの不意打ちくらいしかない。

レベルが上がってHPが増えたり
装備が強くなって火力防御力が上がれば
勝てるシチュエーションが増えていく
というだけでこの原則は変わらない。



逆にいえば生体で死ぬときは必ず理由がある。
この悪手のせいでやられたという因果関係がはっきりしている。
その「穴」を潰していく作業がとても楽しい。

社会に空いた穴を埋めることを仕事と呼ぶ
というのは養老孟司氏の言説だが,
生体ソロはさしずめデスペナという穴を
知識で埋めていくお仕事といったところか。



今度のレベルキャップ開放で
生体の立ち位置はどうなるのだろうか。
さらなるテコ入れで狩専の心の
オアシスであり続けるのか,あるいは…。
楽しみだ。

叶うなら昨今のハイエンドコンテンツのように
スキル禁止ギミック山盛りで唯一の
最適解を探していくような展開ではなく,
舞台は用意した好きに遊んでくれという
懐の深い狩場であり続けてほしいなー。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

19:57  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2017.05.11 (Thu)

4メガショック!

そういや6日はシレッと無料開放デーだったんで
また空中要塞にお邪魔してきたよ。
今回はなんと! 最強前衛ろくさんRKも一緒なのだ。
3592.jpg
安定度が段違いだ,さすがROの主人公は格が違った。



やっぱさあああ,いまでも騎士は強いと思うんだよ。
特にこういう機動性の必要な少人数PTでは
圧倒的な使い勝手のよさですよ。
城2で氷像割ってた時代からやってる人だと
立ち回りがぜんぜん違うというのもあるけど。

パリィACで雑魚の攻撃をかわし,ハガラズと
ライゾで石化も凍結もノックバックも通じない,
規格外のダメージもベルカナで完全シャットアウト,
攻撃に回れば王道のIBといまだに現役のBBは超強化可能になったし,
多少の属性相性の悪さはものともしない強化ウインドカッター,
防御特化でもタゲ取りしやすいドラゴンブレスに
一撃必殺のクラストとよりどりみどりで
なんでこんなに人気が落ちたのか分からない…。

いや分かるけど!
ほんとRRで余計なことしてくれたもんだ。
RR当初のRKとWLはどこにも狩場がなかったもん。

なによりピアースBB連打の脳筋プレイで
無双できたころと違って,種々のスキルを
使いこなさないといけなくなった現在は
より玄人向きになった感がある。

やっぱり人は易きにつくというか,
回転スキルとか金剛とかアロストとかのような
「分かりやすさ」を求める面は当然あるだろうし,
騎士から人が離れていくのもやむを得ないのかもしれない。

しかしいまの騎士が遊んでいていて
楽しくないかといえばそんなことはないと思うので,
ぜひともまた栄光を取り戻してくれることを願うばかりだ。



3593.jpg
途中の隠し部屋で宝箱を開けたら
血騎士が出てきて即死したりもしたけれど,
今回は無事登頂に成功!



なおボス戦
3594.jpg
敵のEQでわしの可愛いホムちゃんが400万くらい
ダメージ食らってたんですが,これは…。
たとえ12人パーティだろうとまるごと即死しそうだ。

少人数パーティではスペルブレイカーで詠唱
潰すより逃げた方がいいとはろくさんの談だけど,
逃げた先の雑魚にやられるという見事なB級ゾンビ映画オチ。

チョビチョビ撃ってくるミニEQでお座りさせられるし,
慣れるまではけっこう死にそうだなーだがそれがいい。
少しずつ攻略しているこの感覚がタマラナイ。



これ前衛がいないと屋上までいくのも厳しそうね。
いかに強くなったとはいえジェネは基本的に後衛,
耐久力がないんだなあーいやはやまいった。

とはいえ,なんだかんだで耐久力が必要になる
シーンがあるということ自体は嬉しいね。
騎士の強さを再確認できただけでもよかった。



3595.jpg
話変わってリーフ嬢のASレンジャーの様子を見させてもらったよ。
たしかに弓なのにバンバン魔法が出てた。

本人もいってるとおりMATKが付いてる
弓なんてほとんどないし遠距離攻撃だと
ASの発動率は半減するからROに知悉した
ユーザーほど敬遠しそうなもんだけど,そこで
アクセル踏んじゃうのが天上人様なんですねえ…。



3596.jpg
いうてもLukは1にして鷹は幸運の日任せ,
魔法はその発動のためのトリガーという
発想はピーキー以外の何物でもないにせよ,
ド派手なエフェクトに魅せられた彼女にとっては
趣味と実益を兼ねたある種合理的なビルドともいえる。

金があるからこそできることもあるというのは
こういうことなのかもしれないな。



もしカネに糸目をつけなくていいから
好きなキャラを作ってみろといわれたら
どんなキャラを作るだろうか?

正直見当もつかない。
限られたリソースの中でどうやりくりしていくか
という遊び方に特化しているからなー。
いってみれば貧乏人の発想から
逃れることができなくてね。

まあそういう遊び方を愛する人間を
なんだかんだでいまも楽しませてくれるから
このゲームが好きなんだ。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

01:15  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2017.05.07 (Sun)

ルドヴィコ療法もやむなし

みなさまGWはいかがお過ごしでしたでしょうか!
どっかいっちゃったりしたの!?
癌畜のくせに! クキィ!



さてわしはといいますと。
3587.jpg
ネトゲの誘惑に負けてしまった。
サガスカやるはずだったのに。
うーん完全に病気ですね。

精錬祭なんか興味なかったけど,
生体転送はテスターでも使えるとか
いわれたらやるしかないじゃない! ばかぁ!



まあ生体ソロいうたら弓手ですよ。
今回はおあつらえ向きに猟乱武器とかいう
超強い武器貸してくれるからなお育成が捗った。
3588.jpg
一次職とは思えぬダメージ!

この猟乱武器,火武器でありながら
さりげなく水属性にもダメージ上がるようだ。
弓でも強制火属性なのが厄介だけど,
装備してからアカデミーやコンバータで
属性付与を上書きすることによって
強力な対水属性武器として活躍してくれた。

なお,裝備を変更したりステータスポイントを振ったりすると
また火属性で上書きされるので気をつけよう!



それにしても1から始めたときの
このゲームの面白さは異常やね。
レベル上げてお金貯めて装備を充実させていって…
金欠のもどかしさすら楽しさとなる!
3589.jpg
前回の助言を受けてランドマインで
挑んだらグリフォンも瞬殺だった。
INT1でもけっこう当たるんだなあ。

ほんとこの鳥狩クエスト考えた人に
ボーナス上げてほしいわ。

ただのお使いと侮るなかれ,
罠の使い方や遠距離攻撃型のモブ,
ボスモンスターとの戦い方を順序よく
覚えていけるからチュートリアルとしても優秀,
もらえる裝備は強力でやる価値があり,
獲物を探すハンターとしての本領を存分に発揮できる。
オネショタ歓喜のシナリオ付き!
すばらしい。

惜しむらくはこれがハンターだけで
終わってしまっていることだ。
セージにはASの発動率を上げる裝備とか,
モンクにはコンボの消費SPを下げる裝備とか,
踊り子ならムチで叩くと自動的に矢撃ちが飛んでいく装備とか,
いろいろテコ入れの方策はあると思うので,ぜひとも全職! 
こういう方向性でのフォローをしてくれないかなー。

イベントでは一時的に人を集められるかもしれないけど,
実際にその後引き止めて置けるかはこういう
地道な施策にかかってると思うんだよね。



3590.jpg
しかしこうして自力でチョビチョビ裝備を集めていくと
ROのハクスラゲーとしての面白さに改めて気付かされる。

MMOなんだから別に自分で全部手に入れてくる
必要はないんだけど,あえてそうやって遊ぶと
これがまた楽しいから困る。

課金装備の隆盛華やかなりし現代といえど,
自分で拾った裝備で強くなっていくという遊び方を
するとまた違った -かつてROが持っていた- 
面白さが見えてくるのかもしれない。

いまでも自力入手できるエクセリオンとか
熱狂信徒は強力だし,ハイエンドに触れなければ
十分なんじゃないかって気もするが,はたして。



3591.jpg
そんなわけで時計仕掛けの…いや
機械仕掛けの生体神のできあがり!
また存分に楽しませてもらうぜ!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

15:13  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.03 (Wed)

網タイツその後

それじゃあ特大ラグホのときの話をしようか!

まずは網タイツから。
全財産はリーフ銀行に預けているのでというか
いちいち裝備を移し替えるの面倒なんで
また1から裝備を集めているんだけど
3581.jpg
こんなそのへんから拾ってきたような
寄せ集めでもASPDが191になって感動している。

靴を俊敏時空にしてアクセをもうちょい
気合い入れれば193いくんじゃないか?

熱狂信徒が最有力候補だけど,
熱狂信徒も夢の破片も取引不可だし
教皇ちゃんMDのボスのクトルさんは
水属性かつ取り巻き持ちで
メテオ型と相性激悪なのがツライ。
ノーマルモードでコツコツ集めるか。



3582.jpg
そういやデュプレに代わってフロストミスティを
覚えているんだけどこれがなかなか面白い。
出が早くて広範囲のタゲ取りに便利,という具合に
メテオの弱点を補える優秀なパートナーのようだ。
飛行船襲撃やサラの記憶では大変に使いやすい。

こうして強さよりも便利さを求めていくのも
また影葱らしいといえるのかもしれない。
盗作の道は奥深い。



3583.jpg
ジェネとかやったあとだとASS影葱の
あまりの弱さには思わず笑ってしまうけれど,
こうやって遊ぶとその弱さすらも愛おしい。

強くはないかもしれないけど,楽しいんだよな。
範囲殲滅が売りなのに敵を集めすぎると
死ぬというアンヴィヴァレンツ。
敵をまとめて準備万端で挑んでも結局うまくいくかは
メテオのご機嫌次第というやるせなさ。
その儚さに,そして弾幕の美しさに心奪われてしまう。

どうせ遊ぶなら自分で選んだ道を歩きたいものだ。
ユーザーに戻れる日が来たら…
網タイツ いつのひか きっと!



そして決死の覚悟で臨んだ空中要塞潜入隊ですが!!
3584.jpg
なんの成果も!!



3585.jpg
得られませんでした!!



ふぉにーも一緒に来てくれたときは
けっこう奥まで進んだんだけどなあ。
変なギミックに引っかかってしまったようだ。

それにしてもこうして少人数の身内と
コツコツ攻略を進めていくのも乙なもんだ。
3586.jpg
SPが切れたから休憩~なんて十数年前の風情がある。

RRも少人数パーティで遊びやすくするために
デザインしたとインタビューでもいってたし,
運営としてはこういう遊び方をメインに
してほしいのかもしれないな。



しかし運営の想定とは裏腹に,少~中人数の
パーティ狩はあんまり流行ってない気がするんだよなあ。

というのも,ソロにはハエテレポという機動性の高さと
いつ始めていつ終わってもいい気軽さがあり,
大人数パーティにはニヨを筆頭とする強力なバフ,
専門分化された構成が生み出す安定性があるけど,
少~中人数のパーティ狩にはどちらもないというか
モブの経験値を頭割りする現行システム下では
パーティメンバー増加による取得経験値の減少に
共闘ボーナスによる底上げが追いつかない,
いいかえればソロよりも稼げないという事態が
往々にして発生するのがよろしくないのではないか。

これは少~中人数パーティ結成にとって
非常に大きな障害になっていると感じるよ。



せめて少~中人数パーティ狩がソロより稼げるなら
結成へのインセンティブになると思うんだけどなー。
公平圏を広げた上で共闘ボーナスを
ぐっと増やした方がいいんじゃないかな。

7月にあるレベルキャップ解放で久しぶりに
狩り需要が喚起されるこの機会に
ぜひとも見直しを検討してほしいものだ。



なによりこの2~6人程度の狩は楽しいんだ。
適度に個々の技量が生かされ,適度に機動性があり,
適度に役割分担と専門性が求められ,それでいて
大人数鉄板パーティよりも編成に自由があり,
スリルと安定性が同居する微妙なバランス。

個人的にROで一番印象に残っている狩である,
R化前の前衛2後衛2支援2編成のGD~監獄~城2。
またあの楽しさがよみがえるならいうことはない!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

12:01  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |