FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2019.04.28 (Sun)

ぼくらの90分間戦争②

【前回のあらすじ】
ふえぇ…事前準備だけで
もうおなかいっぱいだよぉ…



ほんとここで心が折れなかった
わしを褒めてほしいもんだわ!

というわけでなんとか
会場にたどり着いたおじさん。
5103.jpg
え…?
誰もいない…?

てか資材管理兵は
ここにもいたんだな。



初参加だしまずはイージーからかなと
思ったんだけど会場は無人。
あわてて告知を見返す。

ティアマト攻城戦YEは毎週月・土の
15:00-16:30と22:30-24:00,
間違ってない。

そもそもこのときはイベント中で
毎日やってたはず。

したらみんな対人戦の
反省会で忙しいのだろうか。

と思いつつ待つこと10分…20分。
22:28くらいになっても誰も来ない!?



しょうがないから
他の会場を探したら
ハードに全員集合してた。
5104.jpg
これハード以外成立してないやん!

MHは曜日ごとに開催する
難易度を分けることで
上級以外も成立するように
配慮されてたのに,なんで
過去の経験を生かせないの…。



5105.jpg
どうもこのティアマト攻城戦YEは
進行ルートが複数に分かれるようだ。

到着が遅れたせいですでに
PT募集も終わっていたようなので
今回は集団の後ろをコソコソ
1人でついていくことにする。



5106.jpg
出てきた敵を倒しながら
先に進んでいくという流れは
MHや蜃気楼と同じようだけど



5107.jpg
5108.jpg
たまにこういう告知のチャットが
立つあたり,なにがしかの
ギミックがあるのだろう。



5109.jpg
しかしマップの広大さよ!
既存のPvEイベントとは
比べ物にならない,
このゲームのマップという
マップを繋ぎ合わせて
作られているのでは
ないかと思えるほど。

ギミックだらけの広大な城を
踏破していく流れはFF8の
ラストダンジョンを思い出させる。

奇しくもここの雑魚敵の名前は
みんな魔女のしもべだし。

あれもほんとに骨が折れた,
エンカウントなしがなかったら
投げてたかもしれない。
庭園で眠るメカジキ!



5110.jpg
そんなマップの広さで
困るのがやられたとき。

同じマップで何回か倒されると
強制的に入口に戻されちゃうんだけど,
(逆にいうと死亡=即帰還では
 ないので,戦闘後に起こして
 もらえばそのまま進めるようだ)
その後戦線に復帰するのが
容易じゃない。

いちおう城内に転送ポイントも
あるものの,回数制限あるし
どこがどこに繋がってるのかも
全然分からんし分かっていたとしても
戦場までは歩かないといけない。

結果的に,戦闘を楽しみたいのに
戦場を探して歩き回る時間が
足を引っ張るという,
悪い意味での攻城戦らしさが
モロに出てる感じ。



戦闘は修羅の前に出ると
(出なくても)即死するという
とても分かりやすい即死ゲー。
ある意味前衛の面目躍如といえようか?

修羅の5秒後にWPに入れという
告知が盛んに出されていたけど,
むべなるかな。
5111.jpg
狭い小部屋に敵がミッヂリ
詰まってるような状況では
それでも決壊するのはご愛嬌か。

この蛇とイノシシとサソリの
組み合わせがやたらと強い。



5112.jpg
これ,最終的には
決壊してしまったんだけど,
この数の敵の大半を
完全回避型のABさんが
一人で抱えていたという驚き。

ほんとにすごいゲームに
なってしまったなあ。



5113.jpg
ところどころに吹き出す
ポタが気になった。

ユーザーが出してる
わけじゃないだろうけど。
入ったらどうなっていたのだろう。



5114.jpg
パッシブ攻撃してるの
会場の中でわしだけ説。

ダメージが表示されないから
どんだけ役に立ってるんだか
よう分からんけど,たぶん
知らないままのほうがよさそうだ。



5115.jpg
一瞬のBM誤爆を捉えられ
把握されてしまった。
これからもよろしくね。



5116.jpg
わしがいた会場は最終的に
500人を超えてたみたいだけど,
後半戦は超重力が頻発してた。

MHみたいに会場ごとに
参加上限を決めて,
曜日ごとに開催する
難易度も分けたほうが
快適な環境で遊べると
思うんだけど,なんで
運営はわざわざ一極集中を
招くような状態にしているのだろう?



そんなこんなで23時59分13秒,
ついにおじさんの必殺の矢が
魔女ジラントを捉えた!
5117.jpg
一矢報いてやったぜ…。
(生存時間:3秒)



はい試合終了ー。
5118.jpg
最後にズラズラズラーッと
討伐結果が表示されるあたりが
メタルマックスのエンディングを
彷彿とさせた。

そういやゼノの続編が
出るんだってね。
未来に繋がってよかった。
自作はちゃんと街の人が
出てきますように…。

あんまり仕事しないと
点数あげないよっていう
脅しがあったけど,
わしくらいの火力でも
特にマイナスが付いてる
風でもないところを見ると,
完全に金魚のフンに徹する
とかでない限り貢献度で足を
切られることはないのかな。



ということで今回,前情報ゼロの
完全初見で挑んだティアマト攻城戦。
感想はというと…疲れた。

敵が強くて瞬殺されるとか
マップがえらい広いとか
そういうところは別にそのままで
かまわないと思うんだけど,
基本的な仕様・システム・UIなどの
不備がこのコンテンツへの
参入のハードルを上げている
ように思えた。

実装早々にハードモードが
追加されたのは運営の予想よりも
参加者が振るわなかったから
テコ入れしたのかもしれないけど,
もしそうだとしたら難易度よりも
上に挙げたような面を調整
したほうがいいかもしれない。

いちおう気になった点を書いておく。



1 事前準備の煩雑さ

まずもってこれがなにより
参加の障害となっている。

ROのシステム上,ワールド倉庫・
魂の管理者によるキャラデータ管理,
イグドラシルワールドでの新キャラ作成
という手順を踏まなければいけない,
これは絶対に外せないんだとしても,
もう少しユーザーの負担軽減に
配慮したほうがいいだろう。



たとえばホームワールドに
専用NPCを置いて,ティアマト
攻城戦YEに参加したいといえば
その先の手続を一括して
説明してくれるような導線を
用意するとか。

それじゃあまずはYggdrasill用倉庫に
必要な装備を放り込んでください→
キャラデータをコピー
するので1M払ってね→
向こうのワールドで新キャラを
作成してください,あなたは
レンジャーだから名前の後ろに
_RAをつけてね…云々。



イグドラシルワールドの方は
小部屋にNPCを全部詰め込んで
ベルトコンベア式に説明
していったほうがいい。

まずは1番窓口でキャラデータを
受け取ってください,ステ振りと
スキル振りが終わったら
2番窓口の倉庫でアイテムを
受け取ってください,次は
3番窓口の資材管理兵で
ポイントチャージして…みたいな。



F2Pが基本で最初の5分が
面白くなければ即アンインスコが
デフォルトのこのご時世に,
準備に2時間かかるけど
やれば楽しいですよフフフ
なんて態度は強気すぎるわ!


ROは古いゲームだから
しょうがないとか諦めないで。

グラフィックとかはともかく
UI面は快適を目指そ?



2 開催日と難易度,報酬

全難易度を同時に開催したら
ハードにしか人が集まらないのは
目に見えてるでしょ!?
ハードが一番報酬がうまいんだから。

それだとビギナーもいきなり
ハードに放り込まれることになるし,
いまはもうあんまりいないだろうけど
150未満のユーザーは実質的に
参加できなくなってしまう。

運営としては金魚のフンを
排除したいみたいだけど,
現状では低難易度が
機能していないから,
結果的に無資産層も
ハードに行って金魚のフンに
ならざるを得ない状況になってる。
矛盾してるわ。

MHのように曜日ごとに
開催難易度を変えて,
全難易度が機能するようにして
イージー→ノーマル→ハードと
ユーザー本人の成長に応じて
ステップアップしていけるようにしよ。



ついでにいうなら,けっかく
貢献度なんていう概念を
導入するんなら,少人数で
クリアするとボーナスが
入るとかいう仕様にしたら?

超少人数でイージーをクリアすれば
大人数でのハードクリアよりも報酬が
もらえるとかいう仕様にすれば
低難易度も見直されるだろうし,
人もうまいこと分散されるんじゃない。



3 ラグ・参加人数

そうはいってもいまから
貢献度の概念を練り直すのは
大変だろうから,とりあえず
マップごとに参加人数上限を
設けて負荷対策なさっては
いかがでしょうか…。

ワールド倉庫を巡る
ゴタゴタを見る限り,
そんなんユーザーが
勝手に分散すれば
いいじゃないかとか
考えてそうだけど,
実際問題になっている以上
対応したほうがいいわ。

最初の2,3回だけ上限を
200人とか300人とかに
するだけでいいと思うんよ。

その後はコミュニティが形成されて
自動的に分散されるだろうから。



4 死亡時強制帰還

やめて。

復帰途中に超重力で
身動き取れなくなるの
コンボが凶悪過ぎる。



こういうふうに書き並べると
まるで楽しくないように
見えるかもしれないけど,
そうじゃないんよ。

運営の熱意がこもっているなと
いうのはひしひしと感じられたし,
実際ここまで気合が入っていて
遊びがいがあるコンテンツは
このゲームではこれまで見たことがない。
珠玉の作品といっていい。

だからこそ,コンテンツ自体は
悪くないのにそれを取り巻く
種々の環境がユーザーの
参入を遠ざけている現状が
もったいなく感じられるんよ。

本来であればもっと参加者が
増えていいコンテンツだろうと。

デスペナ,マップ入場制限や
パーティ公平圏の狭さが
パーティプレイを阻害
しているのと一緒。
ほんとに惜しい。



とはいえこのコンテンツは
まだ始まったばかり。

ユーザーの様子を見ながら
仕様をどんどん変更していく
ことも十分に考えられるし,
現状の問題点についても
それほど悲観はしていない。



なんにせよ運営の本気が
感じられて嬉しかった。

きちんとMMOをやるんだという決意,
たしかに見させてもらった!

これでわしも安心して
リハビリに戻れる。

あとはユーザーの
みんなにお任せしよう。
存分に楽しんでくれ!
5119.jpg

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

08:29  |  オルルーン  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2019.04.22 (Mon)

ぼくらの90分間戦争

よっしゃい!
それじゃあROの再開じゃい!

今回はROの最後の希望,
全ワールドのユーザーが
一堂に会して協力する
ティアマト攻城戦YEに
挑戦するぞ!!



と意気込んではみたものの,
実際には遊べるまでが
えらい手こずってねえ。

そこらへんから
書いていこうかな!



まずはホームワールドから
イグドラシルワールドに
装備を移動させなきゃならん。
5098.jpg
そうそう,いつの間にか
ワールド倉庫に入れられる
アイテムが増えたみたいね。

エルオリに王家貢献の証,
魔女砂みたいな金策アイテムも
解禁されて相場もほとんど
統一された感ある。

それが関係しているのかは
分からんけど,普通のワールドでも
倉庫を開けるたびにロード時間が
発生するようになってた。



5099.jpg
したらその次はこのお姉さんに頼んで
イグドラシル用にキャラデータの記録。
1Mも取られるのにはびっくりだ。

あとこのお姉さんの
説明が何言ってるのか
よく分からないのがまた。

これはデータ上書きの際に
レベルを下げるような扱いは
できないよってことなの?

雰囲気を重視したのかも
しれないけど,ここは
インフォメーションとして
明確なゲーム用語で
説明してほしかった。

いっそウェルスのギアかなんかが
貴方のパーソナルデータを
平行世界に転送しておきます
みたいなSF的な話にしておけば
システマティックな説明と
世界観が両立できたんじゃあ。



その次はいよいよ
イグドラシルワールドに
キャラを作るんだけど,
ここでワールドが3つ
出てきていきなり迷う。

とりあえず今回は一番
人が多い一番上を選択した。



5100.jpg
キャラ作成時には
職業に見合った略号を
名前の後ろにつけないと
いけないらしい。


このあたりの仕様に
「古いシステムを騙し騙し
使ってます」感が漂う。

いまだにXPを動かしてる
ようなもんだからねー,
そう考えると頑張って
いるとは思うけど。

ただ,このご時世で
ログインにIE必須なのは
さすがにどうかと思うゾ。



5101.jpg
そしてこちらで
キャラデータを上書き。

データの書き換え…
MSXユーザー最後の砦…
TAKERU…うっ頭が。



ここからステ振り,スキル振り,
装備の回収と忙しくなる。

いずれも1から振り直しなので
ホームワールドとはまったく異なる
ビルドにできるのは魅力だね。

ここでは狼をバッサリ切って
アンリミットやフィアーなんたらを
取ったスタイリッシュおじさんと化した。



それで困ったのが消耗品よ。
矢とかワールド倉庫に入れられないし
どうやって戦うんだ!? って思ってたら
イグドラシルワールドでは無料配布らしい。
5102.jpg
転送された先のすぐ
右下のWPの中にあった。

これワールド紹介のページにも
書いてないしメッチャ焦ったわ!



しかもこの補給のシステムが
また分かりにくい。

まずこのポイントチャージ
しないと機能が開放されなくて,
その上で支援とかコートとかの
設定をいちいちオンに
しないといけないという。

なんでこんな面倒な仕様にした!?
古いシステムを騙し(ry
だからなのか!?



特に分かりにくい「一括補給設定」に
ついて補足しておくと,これは
補給兵に話しかけたときに
設定数までアイテムをチャージ
してくれる機能のようだ。

たとえばカボチャケーキを
100個持ってる状態で登録しておくと,
補給前の所持数にかかわらず
補給後はカボチャケーキを
100個持ってる状態になる。

で,もともとこれは対人戦用の
システムらしくて,「デフォルト値」は
まったく役に立たないので自分で
設定し直さないといけない。

それをどうやるのかというと,
「アイテム購入」で必要なアイテムを
揃えた状態で「所持アイテム数で登録」。

これで補給兵に話しかけるたびに
アイテムがフルチャージされる。

なに持ってけばいいかは
わしが聞きたいくらいだけど,
回復剤,レジポ,各職必須
触媒のほか,移動用の速度Pと
石化が飛びまくるので世界樹の
ほこりがあるとよさそうだった。

あと実際に破壊攻撃が
飛んできてるのかは
わからないけどコート薬。



ここまでをまとめると

1 ホームワールドにログイン

2 ティアマト攻城戦で使用する装備品を
  イグドラシル用倉庫に放り込む

3 使用予定キャラで「魂の管理者」に
  話しかけて「魂を刻む」(1M)

4 イグドラシルワールドにログイン

5 「名前の末尾に対応する
  職業コードを付けて」キャラ作成

6 セレクト画面でキャラを
  右クリックして名前変更

7 プロに転送後「魂の管理者」に
  話しかけて「魂を呼び起こす」

8 ステ振り,スキル振り

9 ワールド倉庫で装備回収

10 右下のWPに入って冒険者ギルドに移動

11 「資材管理兵」に話しかけて
  「ポイントチャージ」
  「アイテム購入」
  「一括補給設定」→「所持アイテム数で登録」

12 「衛生兵」(「資材管理兵」だったかも)
  に話しかけて「治療サービス」等をオン

13 プロ復帰地点の左下にいる
  「運び屋」に話しかけて会場に移動




実際にティアマト攻城戦YEで
遊ぶまでにこれだけの
下準備が必要になる。

開催日当日にちょろっとやって
パッと参加しようなんて思ったら
ここまでですでにヘトヘトに。

これ時間に余裕があるなら
事前の作業は別の日に
やっておいたほうが
いいですわ…。

新しいPCの設定とか
プロバイダの契約なんかに
匹敵する疲労感が。

やっぱりROは遊び
じゃないんですね…。
この時点ですでに戦争だよ!



さあここまでの苦労は
報われるのか!?

激闘の次回へ続く!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

20:01  |  オルルーン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2019.04.13 (Sat)

弱くてニューゲーム

リハビリがてらチャリンコ漕いだら
10分くらいで息が上がって
びっくりしてしまった。
心肺機能まで落ちている!

割と本気でわしの目標は
早期リタイヤからのひねもす
引き篭もり生活だったんだけど,
そんなことしたら肉体的に
生活できなくなりそうだ。
別の目標立てなくちゃだな…。



でもさ,チャリンコ漕いだ瞬間に
それまで眠っていた腿の神経が
電気のスイッチ入れたみたいに
パリパリパリッと繋がって
血液がギュンッて流れてきて
パワー全開ッ! 覚醒ッ!
みたいな感覚になったのが
すっごい面白かった。

冷静に考えると割とひどい目に
あってるはずなんだけど,
なんかこういう新たな発見が
あるのが面白いわ。

赤ん坊のころからの成長過程を
高速再生しているというか,
レベル1ではぐれメタル狩って
一気にレベルアップしてる感ある。



そういや新たな発見といえば,
手術こそしなかったものの
検査で入院したんよ。

そしたら腕にバーコード
巻かれてびっくりした。

投薬とかの管理を
これでしてるみたいで。

そりゃたしかに病院なんて
意識不明で応答できない人とか
ボケちゃった人とかいるだろうし,
患者の取り違えみたいな
医療ミスを防ぐために
必要なのかもしれないけど,
人間をバーコードで管理する
という絵面があまりにも
ディストピア展開すぎて
出荷よーそんなーのAAが
頭から離れないのだった。

ホスピタリティ(歓待)に
端を発する医療の行末が
未来世紀ブラジルなのかと思うと
なんともいえないものがある。



とはいえそんな医療体制に
文句があるわけじゃなくて,
むしろその逆で。

医療の現場で働いている方は
ちゃんと人間らしい環境で
働けているのだろうか?
と心配になってしまった。

実際,外来診察のときとか
看護師さんは夕方になっても
まだお昼ご飯食べてないとか
なんとか言ってたし,お医者様も
1日48時間くらい働いてそうな
雰囲気だったし,しかも
それが平常運行だっていう。



面倒見る側に十分な
余裕があってはじめて
患者に細かな配慮が
できるようになるんじゃ
ないかって思うんよ。

だから,こういう
技術革新によって
現場で働く人が
楽になっていれば
いいんだけど。

医療費の削減とか
経済合理性の追求
という名目のもとに
面倒見る側も見られる側も
すり減らされているようにも
見えてね…。

もう少しお互いが
お互いのことを
大切にできる社会に
していけないかなってさ。

わし自身,今回は人の情けが
身に沁みたし,そろそろ
いい年なんで社会に何か
還元できないか考えないと
いけないころなのかもなー。



たまたまわしが行ったのが
人が集まる大病院だった
せいだからかもしれないけど,
普段はたまに歯医者に
行くくらいだったから,
医療の現場が,それも
最新鋭の施設でこんなことに
なっているなんて驚いたわ。

ある意味,我が身を省みたり
現実に目を向けるのには
いい機会だったのかもしれない。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

09:32  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2019.04.07 (Sun)

戻りました

お騒がせしました。
恥ずかしながら帰ってまいりました。

結局,手術はしなかったんよ。
といっても奇跡が起きて
よくなりました! とかいう
ハッピーエンドじゃなくて
肉が厚すぎて切るの危ない
というオチなんだけど。
ハハハハ。

とりあえずブロック注射とかいう
マジカルアイテムのおかげで
歩けるようにはなったんで
(どんな仕組みなんだ!?)
ぼちぼち普段の生活スタイルに
戻していけるといいなあって。
ここの更新も含めて。



しかし1ヶ月以上ほぼ寝たきりだと
普段の生活に戻ろうとしても
違和感がすごくて。

足腰の筋肉だけじゃなくて
脳みそもえらい勢いで
退化してるのが分かる。

なんか書きたいことが
いろいろあったはずなのに
頭の中に霞がかかったみたいに
言葉が出てこない。

こうやってモニタを見てても
あれ? こんなところに
住んでたっけな?
という気になってくる。

体はもちろんのこと
心のリハビリも必要なんだなあ。
はじめて知った。



それでもなんとか
やっていけてるのは
ほんとにケムリクサ
みんなのおかげだなって。

家族はいうまでもなく,
職場の人も病院の人も
いろいろと気にかけて
くれて嬉しいわ。

ここを見ているみんなだって
一度も会ったことのない
わしのことを心配してくれて
ほんとにありがとうな。

わしが考えていたよりも
世界は温かかった…。



まずは文字打つのに
慣れるところからやり直しだなー。
またよろしく!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

19:26  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)
 | HOME |