FC2ブログ
2019年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2019.05.29 (Wed)

土管最前線

週末の暑さは
なんだったんだ!?

5月からこんなんで
夏場を乗り切れるのか!?

なにがやばいって
体がこれに対抗できる
コンディションになってない
ってあたりが。

うーん暑いっちゃ暑いけど
風はまだ爽やかだし
なんとかなるかなー?
とか思ってたら知らぬ間に
ダメージが蓄積されている
パティーンやなこれは。

バキでいうところの
覚悟がない状態で
殴られてますよ!

ということを土日に
チャリンコ漕ぎまくった
あとに気がついた。
おててが真っ赤だー…。



自分が日陰者である自覚が
あるからこそ日中はできるだけ
お日様を浴びていたいという
素朴な太陽信仰があるんだけど,
さすがにこんなに真っ赤に
なって大丈夫なのかという
一抹の不安もよぎる。



そして夜はROしたよ,
予告どおり。

ずっと生体上層に籠もってた。
楽しかった…。
5125.jpg
ここだけはいまでも
わしを受け入れてくれる。



慣れてきたのか全種
狩れるようになったしもう
事故死もほとんどなくなった。
5126.jpg
ブランクがあるはずなのに
なんだろう,面白いな。

でも逆にいえばもうこの生体
上層しかないかもしれない。

装備がないまったり勢でも行けて
狩ってて楽しい狩場は。



そしてそんな生体上層すら
2時間狩って1%しか
上がらないという事実に
驚愕しているというか
なくそう! デスペナ!

生体でも獄とか
ヴェルナー研究所とか
いろいろ行ってみたい
ところはあるけど,
こんな上がりっぷりじゃ
とても気軽には死ねない…!

ほんとデスペナはユーザーから
チャレンジスピリットを奪って
ゲームをつまらなくする
役にしか立ってないよ!

チェンジザワールド!
ナウゴーアヘッド!

現場の山中孤影おじさんが
お送りしました!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

21:51  |  オルルーン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2019.05.25 (Sat)

おもしろうてやがて悲しきネトゲかな

へえー,生体の新エピソード
実装に伴ってまた2週間くらい
特大ラグホが来るんだ。


うおおおおお
やったああああぁぁ!!!



って以前のわしなら喜び勇んで
狩場報告しまくっただろうけど,
やっぱりどうにもワクワクしない。

もともと,いまは死にマップでも
いつかはかつてのような勇姿を
取り戻してくれれば,という
将来への期待あればこそ
狩場報告を続けてきたんだけど,
ここ数年の運営を見るだに
インフレに次ぐインフレで
最新コンテンツ以外を
切り捨てていくんだろうな
としか思えなくなってしまって。

最新狩場の数分の一,数十分の一
しか稼げないことが分かっていて,
それらがもう二度と蘇らないことが
分かっていて,王大人のように
死亡認定を続けていく作業に
何の喜びがあるのだろうと思うと
とても悲しくなってしまって。

かといって精錬祭みたいに
MDを回しまくる作業に
耐えられるかというと。



170までは上げるつもりだけど,
世界各地を見て回る時給計測に
意義を見いだせなくなってしまうと
そこまで上げるモチベーションを
どう維持したものか。

どこで狩っても大差ない,
逆にいうならどこで
狩っても1M稼げるからこそ
その日の気分でいろいろな
マップを旅することができた
あの広大な世界が失われた
時点でこのゲームは本質的に
not for meだったのだろうから
いまさらとやかくはいわないけど,
厳しい戦いになりそうだな…。



それとも単に記事を書くのが
面倒になっただけなのかな。
それもあるかもしれないな。

今日のラグホで
狩ってみれば分かるか!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

10:11  |  オルルーン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.05.18 (Sat)

LAST ESCAPE

ローングタイムノーシー!
また間が空いちゃったね。



各方面ボチボチやってるよぉ。

ROもほら
5120.jpg
おかげさまで完全制覇できたぞー。
強い人の後ろをついていっただけだけど!

今回はパーティに入ったおかげで
戦線についていくことができたのが
大きいっていうかそれがすべてだった。



5121.jpg
5122.jpg
こうやって道中を案内する人もいたりして
これぞまさにMMOって感じ。

やはりこうして多くの人と
一緒に遊んでこそだなあ。

でもみんなはすでにこのイベントに
慣れてる感じで,パーティの中では
重カラサワカラサワイザナミイザナミ
アラキデアラキデみたいな会話が
繰り広げられててビビりました。



そして私事で恐縮ですが
ついにおじさんが169になったよ。
5123.jpg
いやー長かった…長かったのか?

この169というレベルには
大いに意味があって,
ようやくINT120になったんよ。

つまり熾天使さんが
本気出すときが来たんよ。



5124.jpg
あらお強い。

もうちょいがんばったら
一発で倒せそうじゃないの。

こいつぁなかなか楽しく
なってきやがったぜ!



といいたいところだけど,
なんかもういいかなあって
なっちゃってねえ。

ROに限った話じゃないんだけど,
一つの作品に繰り返し触れることが
なくなってきてしまった。
ここ1,2年で急激に。

漫画買っても一度読んだら
だいたいそれっきりだし,
昔ならゲームは少なくとも
10周はしてから評価してたのに,
最近ではせいぜい2,3周も
すれば満足してしまう。

そしてなにより我がライフワークで
あるところのFF2に至っては毎年
必ず10回以上クリアしてたのに,
今年はまだ一度も遊んでない。



なんなんだろうこれ,
割とamazonの影響が
あるんじゃないかと
思ってるんだけど。

半生を費やしてようやく
物事に飽きる能力を手に
入れたということなのだろうか。
それとも単に老いてきただけか。

あの偏執的な情熱が
失われてしまったのは
やや寂しくもあるけれど,
せっかくなら変形もとい
変化した嗜好に合わせて
いろんな作品をチョビチョビ
つまんでいくような遊び方も
悪くないなと思う。



だからそうだなあ,
ROもこのままパッタリ
消えるのもなんだから
170までは上げるかな。

それでイリュージョンダンジョンを
回ったらいったんお開きにするか。

ルーンミッドガッツ
最後の現実逃避が
いま幕を開ける…!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

08:42  |  オルルーン  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2019.05.01 (Wed)

グッドゲーム

今日から令和かー。
まだ実感が湧かないけど
平成をまるごと生きてきたのかと
思うと感慨が…やっぱり湧かないな。

平成になったときには
旅行先のホテルに
ファミコンを持ち込んで
スーパーマリオ3を
やってたのだけは
覚えてるけど。



それはそうとGWだね!
みんなは楽しんで
精錬祭してるかな?

わしはぼちぼちリハビリしてるよ。
ようやくチャリンコで20キロ
くらい走れるようになった。

サドルを幅広のものに
買い替えたおかげで
座り心地がよくなって
よりいっそう漕ぐのが
楽しくなったよ。

2000円くらいで買えるなら
さっさと買い替えればよかった!

いい天気の日にチャリチャリ
漕いでるだけで気分がいいし,
できなかったことがまた
できるようになるのも嬉しい。
うーん生きてるって素晴らしい!

この調子で体を鍛えていくぞー。
骨と神経がダメになったなら
筋肉で補強だ!



ネトゲ廃人とかなんとか
自称してるわしだけども,
人間と関わるのを厭ってるだけ
体を動かすこと自体はそれほど
きらいじゃないんだよね,実は。

夜中,無人の道路を走ってると
気分が高揚してくる。

ここは死と静寂の世界だぜ…
生きてる人間はわしだけだぜ…
ふふふ,みたいな。

延々道が続いているだけの
土手なんかがあれば最高
なんだけど,残念ながら
住宅密集地なんだなあ。

あ,おまわりさん夜遅くまで
お疲れ様でございます。
すぐ帰ります。



運動なんて学生時代は部活で
イヤイヤやらされてた感が
非常に強かったけど,いまは
100%自分の意思によるものだし,
やり方について誰やかやに
とやかくいわれることもないし,
やればやるほど健康を
取り戻せるわけで
モチベーションが違うわ。

実際,(少なくともわしらが受けた)
学校教育というのはモチベーションを
失わせることに最適化されているというか,
何かを学んで新しいことを知ったり
体を動かしたりすること自体は
本来はとても楽しいのに,むりやり
やらされて嫌いになってしまった人間は
けっこういるのではないだろうか。

誰にも強制されずに自由な時間で
さあ体を思いっきり動かしてみよう!
ってなったらけっこうみんな
楽しんでやるんじゃないだろうか…。

ゆとり教育とかなんとかで
そのあたりは改善されたのかな。



なんとなれば階段の上り下りや
掃除みたいな日常の所作がそのまま
リハビリに繋がっているのもいい。

現実はとんだクソゲーだと
ばかり思っていたけど,なかなか
いいゲームデザインしてる。
見直した。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

21:02  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |