FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019.12.28 (Sat)

2019年おわり

2019年も終わりだ!
今年は1月のヘルニア入院
(2回目)から始まって,PCが
壊れたりスマホ導入したりと
地味に激動の1年だった。

2ヶ月近く寝たきりだったのに
いまじゃピンピンして
動き回ってるんだから
面白いもんだよ。
人体ってふしぎ!



そしてなによりもネトゲから
離れたのが大きいな。

10年くらい前までなら
サービス終了するまで絶対
離れることはないだろうなと
自分でも思っていたのに。

けど,やるべきことには
一切手を付けず,
やらんでいいことと
やってはならないことを
ひたすら繰り返す運営を
見てたら,あーこりゃもう
ついていけないなーと
すっぱりさっぱり興味が
なくなってしまった。
人間て変わるもんだなあ。

わしの社会復帰を
後押ししてくれた運営には
ある意味感謝しなければ
ならないのかもしれない。



そして年の後半はひたすら
地球防衛軍3Pで遊んでた,
というかいまも。

グルグルゴロゴロして
バキューンのTPSなんて
とてもついていけないと
思ってたのに案外なんとか
なるもんだなあ。

そういうゲームが現代で
流行るのもよう分かるわ。
めっちゃ面白いものこれ。

コマンド形式のRPGなんて
廃れるわけだ…といっても
わしはそういうゲームも
好きだからこれからも
頑張ってほしいけど!



ネトゲから解放された分
できた時間で新しいゲームを
ガンガン遊んでいけるだろうし,
他になんか新しいことやっても
いいかもしれない。

なにかしら出かける
口実を作りたいものだ。

ちょっと前までは休日はほとんど
古本屋巡りだったものの,最近は
amazonのキンドルで珍しい本も
簡単に手に入るからあんまり
行く気がなくなってしまって。

チャリンコこいでどっか
行くのがいいんだろうけど,
自宅から半径20km圏内くらいは
さすがにもう行き尽くしたしなー。



なんにせよここ15年くらい
止まっていた人生が再び
動き出した感があって
ワクワクしている。
来年も楽しくなりそうだ!

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

10:40  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.12.21 (Sat)

アリ退治はもう飽きた!(飽きてない)

そういやこの前頼んだ
電動歯ブラシが届いたよ。

わしが買ったのはこれ
特に強さの設定もない
初心者向けっぽい感じの
品だったんだけど,スイッチ
入れたらブワーンみたいに
思った以上に振動が
大きくてびっくりした。

おかげでキーボード中に
歯磨き粉が飛び散ったわ!

あとで説明書読んだら
口に入れてから電源を
入れましょうって書いてあった。
こやつめ ははは!

これってさらに強設定
とかいるのかなあ?
歯が削れそうだ。



といっても,歯に強く押し付けると
「もすこしソフトに使ってください」
といわんばかりに勢いが弱まるし,
2分くらい磨くと「今日はここまでです」
といわんばかりに勝手に
電源が落ちてしまう。

便利っちゃあ便利だけど,
歯を磨いてるというより機械に
歯を磨かされてる感じだ。

スカイネットが人類に
反乱を起こしたら
わしは電動歯ブラシに
殺されるかもしらん。



おっと肝心の使った感想を。
歯の表面がツルッツルに
なるのでこれまたびっくりだ。

やっぱり振動の力って
大きいんだなあ。

磨く時間も短縮されたし,
これはいい買い物したな。



そして次は地球の掃除の話。
いやーイージーノーマルは
ほんとに気楽でいいやね。

クモの群れに突っ込んで
モミクチャにされても
びくともしない!

つい先日まで1匹でも
見逃せば即死のInfernoに
いたからギャップが
ありすぎてビビる。

必要以上に神経質に
なってるというか,もう
絶対に敵を近づけさせない
動きが体に染み付いて
しまっているのが
自分でも笑う。



敵を集めるだけ集めて
ロケランでもろともに
自爆してまとめて倒す
みたいな雑な戦い方,
低難易度でしか
できないもんなあ。

え,これでも死なないのか!?
って逆に新鮮だわ。



そしてせっかくの低難易度なので
乗り物の練習なんかもしてる。

ベガルタの強さは1周目で
分かったし操縦もある程度は
慣れてきたので,いま
使ってるのは戦車。
5231.jpg
これは操縦が独特で
ベガルタに比べてかなり
扱いづらいんだけど,
なんたらいう変な油を差すと
ずいぶん動きがよくなるので
なんとかなってる。



1周目でメチャンコ苦戦させられた
凶蟲行進や蟲の怒りあたりが
戦車でかなり楽に戦えることを
知って驚いている!

これはこういうふうに
使うものだったのかあ。

高機動を生かして後ろに下がりつつ
近づいてきた敵を片っ端から
砲撃していくっていう…。

敵から逃げながら試し打ちして
射角を調整していく作業が
なんとも面白いな。
5232.jpg



でもこの戦車,主砲だけしか
ついてないのがなんとも。

S-Eをつけてくれとはいわないから
機銃くらいつけててくれなかったのか…
ヘリはおろかバイクにすらついてるのに。

と思ったけど,主砲と機銃とS-Eが
ついてるってそりゃベガルタだわ。
あれはクルマだったのか!?

たしかに12台目に手に入る
ネタ戦車枠っぽいといえばぽいな。

実際この前のメタルマックスゼノよりも
このEDFとかサバクのネズミ団!
なんかのほうがメタルマックス感
漂ってるのがなんともはや。



メタルマックスとちがって
生身よりもクルマのほうが
壊れやすいのはご愛嬌だが!

あの怒涛の攻勢を
かわしていなして
生き延びるストーム1は
いったい何者なのか。

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

10:07  |  地球防衛軍3ポータブル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.12.14 (Sat)

フォーリナー再び

戦いは終わったはずなのに。
地球は平和になったはずなのに。
5230.jpg
気がつくとアサルトライフルを手に
再びアリ退治をしているわしがいた。



いやだってさあ。
このゲーム知識と技量が
めっちゃものいうからさ。

曲がりなりにも一度クリアして
最低限のそれらが身についた
2周目以降が本番だと思うんよ。



実際またイージーからやると
敵が止まってみえるというか
アリに照準を合わせるのにすら
苦労していた最初のころが
嘘のようにスラスラ動けてて
自分でもびっくりする。

やっぱ250時間もやってりゃ
それなりに上達するもんだなあ。

普通に考えたらすごい
プレイ時間だよね,
MMOなんかやってたら
感覚が狂ってるけど。

ファミコンの時代なら
クリアまで1時間のゲーム
なんてザラだったのにな。



EDFは1ミッション数分~
数十分で終わるから,
その区切りがちょうど昔の
ゲームと似たような感覚で
遊びやすいのかもしれない。

なお後半戦で1ミッションを
クリアするのに必要な実時間は



さて今回はどうするかというと,
イージーから難易度ごとに
順序よくクリアしていくつもり。

初回も大体は似たような
進め方だったんだけど,
途中でズルっこ(?)して
最高難易度でチョロっと
強い武器拾いながら
進めたので純粋な順番通り
というわけではなかったのだ。

正直そうでもしないととても
Infernoまでたどり着けたとは
思えないからそれはそれで
しょうがないというかあれで
よかったと思ってるけど,
こうやって進めると途中で
手に入る最上級以外の武器を
使う機会がなくなっちゃって。
それはちょっと寂しいなって。



そんなわけでいきなりInfで
強い武器を集めたい衝動と
戦いながらチマチマ進めてる。

どこまで詰まらずに進めるかなー。
なんとなくInfernoより前に
ハデストの四足あたりで
泣きそうな気配がしてるんだが…。

最強狙撃銃ライサンダーZ
なしで倒せるのかな?
楽しみだ。

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

08:49  |  地球防衛軍3ポータブル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.12.07 (Sat)

地球防衛軍 最後の戦い

ペイルウイングにおいても
やはり立ちはだかった
最後の関門,INF烈火。

自らの操縦の稚拙さも
さることながら,数(十)度の
挑戦から感じ取ったのは
圧倒的な火力不足。

足らんわっ・・・!
まるでっ・・・!



開始早々,あの怒涛の攻勢を
捌き切るにはどうあっても
火力が足りない。

サンダーボウ30では
どうにもならない。

というわけで最強武器を入手すべく
異邦人集結道場が始まった。



これはきつかった。
いろんなミッションをクルクル
回せるなら気も紛れるんだけど,
ミッションによって出る武器が
大体決まってるみたいで,
最強兵器は最後らへんの
ミッションを回し続けるしか
ないみたいなのだ…。



かくして30時間(!)後。
5222.jpg
ねんがんの
サンダーボウXDを
手に入れたぞ!



これでようやく…
入り口に立つことができた。
5223.jpg
そう,戦いはこれから!
最強の電撃散弾銃ですらも
ただの入場チケットにすぎないのだ。



5224.jpg
攻略wikiには冗談めかして
「三桁の再出撃まではよくある話だ!」
とあったが,誇張抜きで出撃回数は
優に200を超えていただろう。



もはや技術というよりは
根気の戦いだ。
5225.jpg
数十回に一度,ガンシップに
捕まらずに敵を殲滅できる
機会を得るまでの。



それでも,それが
ゴールではない!

後半戦もなお激しい
戦いが待っている。

ここでもC70爆弾の
不在が響いている…。

ストーム隊であれば敵の
出現位置を把握した上で
C70爆弾を先置きしておいて
後半戦になった瞬間に大半を
吹き飛ばすことができたが,
ペイルウイングではそれも叶わない。

女王アリ2体,親衛隊3機,
キャリアー2機とそこから放たれる
黒アリ30-60と真正面から
戦わなければならないのだ。
5229.jpg



数十度の選別を
乗り越えてからの
さらなる死闘!

だが,あるとき
奇跡が起きた。

自分の背後に迫る
女王アリを撃ち落とし
振り向いたその瞬間!

わしは見た,灰色の空を
切り裂く一条の閃光を。

彼方へ吹き飛ぶ
女王アリの巨躯を!



こちらと合流できぬまま
黒アリの群れに呑まれて
消えていく定めのオメガ隊が,
右オメガが女王アリと
刺し違えたのだ!



やつらの最期を見て,
このまま死ねるか!!

ゲームをやっていてこんなに
闘志が湧き上がったのは
いつ以来だろうか。

勝ち目のない戦いに
挑み続けたのは
いつ以来だったか。



まずは地上の黒アリを潰し,
残すは親衛隊3機。
5226.jpg
だがこいつらも
一筋縄ではいかない。

ガンシップの機動性を
持ちながらも耐久力は
地上の黒アリの20倍。

華奢なペイルウイングなら
3,4発の直撃で葬れるほどの
火力もあるため,うかつに
狙撃銃を撃ってエネルギー
切れを起こすわけにもいかない。

近づいてきたところを着実に
サンダーボウXDで迎撃していく。



そして…。
5227.jpg
見ているかオメガ部隊,
地球の平和は守ったぞ。



結局,最終ミッションである
ペイルウイングのInferno烈火を
クリアするため,事前準備も
含めれば実にプレイ時間の
1/5を費やすことになった。

50時間といえば1つのゲームが
まるごとクリアできる時間だ,
それをたったひとつのミッションの
攻略に費やすなど正気の沙汰ではない。

実際,武器を集めている間は
辛くもあった。

なんで楽しむためのゲームで
こんなことしているのだろうという
思いがよぎらなかったとはいわない。

だが,それ以上に,地球の平和を
守らなければという思いがわしを
強く突き動かした。



月並みな言葉だが,たかが
ゲームでと思われるかもしれない。
たしかに自分でもそう思う。

しかし,それを超えて
心震わせる何かが
このゲームにはあったのだ。



この出逢い,この感動を
なんと評すべきか。

地球防衛軍は現代的TPSとの
初の邂逅としてわしのゲーム史に
強烈な痕跡を残した。

この取っつきやすさ,遊びやすさ,
爽快感,バカバカしさ,そして高揚感!

かつて遊んだ名作と同じく,
このゲームを忘れることは
ないだろう。



今回のミッションはここまでだが,
また地球に危機が訪れたときは
いつでも呼んでくれ!
5228.jpg
できればスイッチで頼む!

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

10:59  |  地球防衛軍3ポータブル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |