FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2020.01.25 (Sat)

前進!

信じられない事態が
起きてしまった。

堅牢でさんざんボコられて
頭にきたから気分転換に
烈火にいったんよ。
(堅牢と烈火は装備が同じなのだ!)



5251.jpg
したら一発でクリアしてしまったんよ…烈火を!



自分でもエエッてなって。
間違えてInfじゃなくてハデストを
選んじゃったかなと思って
選択画面に戻ったら
たしかに輝く☆マーク。
5252.jpg
あ,これはクリアしてますね…。



アイエエエ!?
烈火!?  烈火ナンデ!?

1周目クリアするときは
10時間くらいかかったのに!?

しかも奇跡に奇跡が重なって
こうなったっていうよりは
これならかなり安定して
繰り返せるなっていう
確信を持っての試合運び。



いや,実のところ
理由はわかっている。

Infの烈火は敵の数,出現場所,
耐久力に至るまで検証しまくって
このように動けば勝てるっていう
セオリーを構築してあったから。

だからこそ改めて感じるんだけど,
このゲームはアクションの腕が
なくてもなんとかなるようになってるな。

一番難しい烈火ですらこれだもの。
必要なのは戦術の構築なんだなって。

そんじょそこらのSLGより
よほどタクティクスしてる。



そして最終ミッション星船。
前回は半分裏技じみた戦法で
乗り切ったが,今回は真正面から
撃ち合っての撃破に成功した!
5256.jpg



これもようやく
セオリーが確立できた。

大切なのはマザーシップが
本気を出す前に取り巻きの
ガンシップを呼びまくって
回復剤をしこたまその辺に
ばらまいておく下準備と,
面倒くさがらずにレーザー
砲台をすべて撃ち落とすこと,
そして自身が攻撃に専念するため
常に仲間との合流を意識して
自分の周囲のガンシップを
始末してもらうことだった。



敵のレーザー砲台は総数200!
とかいってアナウンスで
絶望を煽ってくるし
超長距離にあるから
連射の聞かない狙撃銃で
相手するしかなくて,
とてもじゃないけど
全砲台は倒しきれないと
思っていたんだけど,
よくみたら200のうち
150くらいは船の上で
クルクル回ってるだけで
攻撃してこなかったのだ…。
5253.jpg
まあ残り1/4を削るのも
大変な作業なんだけど,
実質的にこの形態が
最終戦といえよう。



5254.jpg
ここまで丸裸にしてしまえば
勝利は確定!



5255.jpg
最後に出てくる砲台の攻撃は
建物で防げるので適当に捌いて
また丸裸にしていく。



Infでも真正面から倒せた,
そしてそうすることで味わえる
この最終ミッション星船の面白さ,
二重の感動に打ち震えた!

これまでは速攻で弱点を攻撃して
落とすことしか考えてなかったけど,
持久戦に持ち込んでガリガリ削って
いくっていうのもありなんだなあ。

アナウンスや増援が続々と
届くところを見るだに,
こうしてジリジリと攻めていくのが
スタッフ側の想定だったのかも。



最後に残った堅牢もきわめて
単純なセオリーで突破できた。
5257.jpg
左右に動き回りながら
ヒートブラスターを撃つ
という戦い方で…。

ほんのわずかなことではあるが
これで四足の発狂レーザーの
ダメージはかなり和らいだのだ。



そりゃ棒立ちで撃ってたら
的にされるわなあ。

逆になんでいままで
これをしなかったのか?
自分でも分からない。
5258.jpg



というわけで1から順番に
進めてもクリアできた!

かかった時間も1周目に比べて
10時間くらい短縮されてたし
自分の成長が感じられて
嬉しかったな。

やはり成長の実感がある
ゲームはいい。

さあ次はペイルウイングの2周目だ!

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

10:09  |  地球防衛軍3ポータブル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.01.18 (Sat)

誰が為に雷鳴は鳴る

うおーいInfの堅牢
普通に詰まっとるわ!
5247.jpg
誰だよハデストの方が
難しいとかぬかしたハゲは!



たしかにヒートブラスターZ
さえあれば四足は瞬殺できる。

んだけどInfだと四足が
ハッチを開く前にUFOの軍団に
焼き殺されてしまう。

よしんば倒せても
残ったUFOにやられ…。
5248.jpg
あれこれ,1周目は
どうやって突破したんだ?
あ,C70か…。



またC70か!
お前ってやつぁ
ほんっとにC70がないと
何もできないんだな!

あたしってほんと
まったり勢…。



いやでもまって。
ちょっとこれ見てこれ。

最近のゲームはトロフィーいうて
どれくらいの人がどこまで
進んだかとか教えてくれるんね。

何の気なしに
ふと覗いてみたら
とんでもない事実が
判明してビビったわ。
5249.jpg
このゲーム,一番プレイ
されているであろう
イージー・ノーマルですら
2割しかクリアされてない…!

ハデスト・インフェルノに
至ってはわずか5%だ。



分かりますか?
わしが申し上げたいことが?

ハデストInfなんてクリアできなくて
当たり前だということですよ!

別にわしが年取って
反射神経が衰えたとか
そういうわけじゃないの!



でもこの数字見たときは
衝撃を受けたなあ。

イージーですら
8割が投げてるって
どういうことなんだろう?

難しすぎたのか?
いやでもイージーって
棒立ちで敵の攻撃を
喰らい続けてもびくとも
しないしな…。

目と鼻の先にロケランを
打ち込んで自爆するくらいしか
死にようがない…といっても
最初のころはこれで
死にまくったが。

なんなら敵の攻撃より
自爆で死ぬほうが
多かったくらい。



操作に慣れなかった。
これは分かる。

TPSに慣れてないと
移動すら難しいんだ。

それで視点をグルグル
動かして敵に狙いをつけて…
っていうのはかなり大変だ。

初心者向けとされている
ノーマル操作は,実のところ
一般的なTPSの操作方法
であるところのテクニカル操作
よりも動かしづらいし!

ここらへんはもうちょい
フォローがあっても
よかったかもしれない。

走る,跳ぶ,狙いをつける
みたいな基本動作から
しっかり学べる訓練モード
みたいなのが。

ちょうど軍隊のゲームなんだしさ。
EDFを知ってるかーいとか歌いながら
他の隊員たちと浜辺を走るような
チュートリアルあってもよかったんじゃない?



途中で飽きた。
まあ可能性はあるかな。

ぶっちゃけこのゲームの敵って
基本アリとクモとUFOと人型メカの
4種くらいしか出てこないし,
マップもかなり使い回しあるし。

難易度も敵のパラメータが
上がっていくだけで数や
配置が変わるわけでもなく。

ほんとはその配置や
パラメータの上がり方が
メチャクチャ練り込まれてて
遊ぶほどにそれに気づいて
感動してしまうんだけど,
そもそもそこまでやり込む
つもりがない人だと気づく前に
もういいやってなるのも道理か。



フリープレイに入ってたときに
軽く触ってみただけの人が
大量にいた。
可能性はあるか…。



別に全面クリアとか興味なくて
オンラインで強い武器を拾ってから
ちょろっと無双して飽きたからやめた。
これもありえそうな流れだな。

こういう大幅な”ショートカット”が
できるのはこのゲームの
強みでもあり弱点でもある。

ぶっちゃけこれやっちゃうと
途中で手に入る兵器が
意味をなさなくなる=
中間難易度ミッションを
クリアするモチベーションが
失われる,で飽きるのが
早くなるんじゃなかろうか。

かといってほんとに1から順番に
クリアしていくとそれはそれで
途中で詰まったときにそれ以上
進めなくなっちゃうし,難しいところだ。

かくいうわしもInfの簡単な
面を先行して強い兵器を
手に入れてなかったら
絶対クリアできてなかったと思うし。



いずれにしても世の中
いかにライトゲーマーが
多いかってことですよ。

このゲームの代名詞である
最強狙撃銃ライサンダーZも
実際に使ったことある人は
10人に1人もいないんじゃ
なかろうか。



そしてEDFのEの字にすら
触れることなくこのゲームを
去ったプレイヤーが次回作も
買うかどうか…という点を考えると
初級者へのフォローにより力を
入れてもいいのかもしれない。

たとえば…難易度とは別に
特殊なフォローオプションを
設定できるようにするとか。

□ 移動速度アップ
□ 兵器リロード時間減少
□ 乗り物の耐久度アップ
□ 被ダメージ減少
□ ヒットストップ無効化
□ アイテムドロップ率アップ
□ オートエイム

とかいう感じでコンフィグ画面で
個別にオンオフできるようにして。



そんなん簡単すぎるだろ! と
歴戦の隊員は思うかもしれないけど,
使う必要がないと考える人は
使わなければいいわけで。

TPS買ったからには当然
基本動作くらい分かってるやろ!
の精神で来られると割ときついゾ。

メーカーさんだってせっかく
苦心して作ったゲームが
ほとんど遊ばれることなく
終わってしまったら
すごい寂しいと思うんよ。
5250.jpg
わしも寂しいよ…最後まで
遊んだら絶対楽しいのに。



それとも最新作では
すでにそういうフォローが
なされているのかな?

このゲームを卒業したら
ほかのTPSも遊んでみるか。

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

10:24  |  地球防衛軍3ポータブル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.01.11 (Sat)

C70依存症

遅くなってしまったけど,
拍手コメントくれた方ありがとう。
全然気づかんかった!

MMO自体が下火のこのご時世,
ネトゲの隆盛はネット黎明期の
「熱」が生んだ奇跡だったんだなあ
っていまさらながらに思う。

スマホがあるいま,当時ほど
ユーザーが集まるとは思えないし,
じゃあスマホで何時間も張り付いて
臨時とかするか? といえばねえー。



記事を楽しんでいただけたようで
なによりだけど,ROさんについては
正直わしみたいなのが2,3人スタッフに
紛れててもどうにもならんだろうね…
根本的な経営方針の問題だからね。

経営陣と運営チームを
全員刷新すればあるいは…。
なお実現可能性



そういや今度待望の
スキル調整があるとか
いうんでちょっと見てきたけど,
運営チームの皆さんは
弓手のことが心の底から
嫌いなんだなあっていうのと
パッシブ型のことなんか
覚えてないんだろうなという
感想しか出なくて笑った。

別にゲームバランスを
崩壊させてるわけでも
なかろうに,この期に及んで
あんな嫌がらせみたいな
ナーフするなんて
すごい神経だなー。

いやー我ながら
本当にいいタイミングで
離れたもんだ。
ふふ!

わしはもうついていけないが
現役のみんなはさらなる高みを
目指して頑張ってネ。



というわけで
EDF! EDF!
の時間だぜ!

前回苦心の末にハデスト堅牢を
突破したえかさん1は水を得た魚の
ごとくInfernoで暴れまわってる。
5243.jpg
このゲーム,ミッションごとに
難易度がぜんぜん違うし
必ずしも順番どおり
難しくなっていくと
いうわけでもないから,
ハードの難関面>Infのヌル面
なんてことも普通にあるんだよなあ。

やはりハデスト堅牢は
突出した難しさだった…。



それにしても以前は
苦戦したミッションも
ザクザク進められるように
なってるとやっぱ嬉しいな。
5244.jpg
あれこんな戦い方もあんの?
みたいな新たな発見もあるし
っていうか,むしろ一歩引いて
自身の戦いを俯瞰できるようになった
2周目以降こそ気づきの本番というか。

FF2も四半世紀遊んだいまですら
新たな発見あるもんね。



なんだけど,ひとつ
問題が発生していてね。
5245.jpg
それは…こちら。

このC70爆弾という兵器が
めっちゃ強くてさあ,
ゲームの後半戦はこれに
頼りっきりになっちゃってるのよ。



せっかく200種類以上も
兵器があるのに強武器
一辺倒ってえんじゃ
寂しいじゃない?

だからなんとかほかの兵器でも
クリアできないかーって色々
試してるんだけど,やっぱC70
ないとクリアできねんだわ。

敵がウンカのごとく
押し寄せてくる
ミッションでは特に。



ショットガンとか瞬発火力は
なかなかのものなんだけど,
クソ長いリロード時間のせいで
スキが大きくて後半戦じゃ
怖すぎて持っていけなくて。

せいぜいUFOを撃墜する
ときくらいしか使い道が
ないのが悲しい。



5246.jpg
火力も大勢の敵を一気に
相手するには心許ないしなあ。

射程距離もっと短くていいから
代わりに全弾敵を貫通する
とかだったらよかったのに。

いや,もっと上手ければ
いまでも活躍の機会が
あるのかもしれないが…
わしがクソエイムなせいで…
すまぬ…すまぬ…。



うーんでもペイルウイングは
C70ないけど普通に(?)
クリアできたんだよな。

その気になれば
できるのかな。

いつかInfをC70爆弾と
ライサンダーZなしで
クリアできるか試して…
やっぱやめとこ。
心折れる未来しか見えない。

まったり勢はハードくらいで
無双してるのが似合いだな。

それもまた楽しいから
ずいぶんと幅広い層に
開かれたゲームだよ!

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

10:29  |  地球防衛軍3ポータブル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.01.04 (Sat)

KENROから逃げるな

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくおねがいします!

さてこの年末年始はひたすら
地球防衛をしております!

新年早々ダメ人間!
ネトゲ卒業とは何だったのか。



いやでもさあ,以前苦戦した
ミッションをサクサククリア
できるようになってると
ああ~成長したなあ~って
めっちゃ嬉しくなるんよ。
5233.jpg
アクションゲームは自分の成長が
如実に表れるからいいやね。

上達しないといつまで経っても
クリアできないのが難点といえば
難点だけど。



それにしても最初から
一歩ずつ進めていくと
兵器入手のタイミングが
非常に練られていることに
驚かされる。

初期のスナイパーライフルなんか
射程は短いわキチンと狙っても
明後日の方向に飛んでいくわで
もうこれならショットガンでええわ!
っていいたくなるような出来でさあ,
こんなんで親衛隊(速くてタフで
クソ強いUFO)相手にするのかよ…
ってゲンナリしてたらその直前で
ライサンダー(最強狙撃銃)が
手に入るようになってて
うおおおお! ってなったわ。

難関ミッションにぶち当たったら
その前後で兵器集めすると
いい感じの兵器が手に入るように
なってるっていうね。



2周目は1周目では使わなかった
兵器にも積極的に手を出していて,
おかげでさらなる楽しさが得られた。
5234.jpg
アサルトライフルの中でもバースト系は
ボタン押しっぱなしで連射できないから
敬遠していたんだけど,敵を正確に
エイムできるようになれさえすれば
高い瞬発火力と継戦能力を両立した
強武器だってことが分かったし。



5235.jpg
反対に膨大な弾数を一瞬で撃ち切る
RAR系も足止めとしては最高だし,
瞬発火力も十分でリロードの
タイミングさえ見誤らなければ
クッソ有能だった。



回避がすべてのこのゲームで
動きが鈍るチタニア社製品は
欠陥兵器以外の何物でもないと
思っていたものの,接近する敵を
撃ち落とすようなミッションでは
圧倒的な破壊力が頼もしかった!
5236.jpg
おそらくチタニア社製品が一番
輝くのは協力プレイ時なのだろうが…。



時限式グレネードなんてあんだけ
敵が動き回る中をどう狙うんだよって
全然使ってなかったけど,
敵をかき集めてから足元に置いて
逃げればいいと気づいてからは
超有能兵器さんになったわ,むしろ
序盤ではオーバーキルすぎて笑う。

ヘクトルを瞬殺することでも
想定しているのだろうか?



そんなこんなで快進撃を続けていた
えかさん1,やはり当初の予想どおり
ハデストの堅牢で詰まりました。
5237.jpg
ぶっちゃけここは最高難易度
Infernoよりも難しいわ。

というのも,Infまでいくと
ヒートブラスターZという
超強い兵器で歩行要塞を
瞬殺できるからね。

彼我の戦力差が大きいハデストの
方が厳しい戦いになってる。



そもそもこの堅牢という
ミッション自体がやばいんよ。

前のペイルウイングのときの
記事でも書いたけど,敵の要である
歩行要塞,通称四足自体が
ほとんど無敵で取り巻きのUFOを
吐き出す瞬間のハッチを狙うしか
ダメージを与える機会がないうえ,
辺りには新型UFOがビュンビュン
飛び回ってて容易に近づけないし,
仮に接近できても本体の踏みつけと
チンコ砲台で迎撃してくるし,
ある程度ダメージを与えると
レーザーで焼き殺してくるっていう…。
5238.jpg
この発狂レーザーの威力が凄まじくて
足元にいたら一瞬で溶けるレベル。



結果的に取れる戦術は

遠距離から取り巻きのUFOを落とす→
ハッチが空いた瞬間に脇下から狙撃→
発狂レーザーモードに入ったら
敵の射程外に逃走→
レーザーの発射台を潰しつつ
続々飛んでくるUFOを落とす→
スキを見てハッチを狙撃

になるんだけど,だいたい
発狂レーザーから逃げ切れずに
そのまま消し炭になるか,
逃げ切れても無限に湧く
取り巻きに削られて体力切れを
起こすという展開が延々続いた。
5239.jpg
よしんば四足を倒せても
残ったUFOにやられるという
この悔しさよ。



あとはもうベガルタを強化して
真正面から殴り合うしかない。

しかしわしの腕では…こうなれば
1周目のときと同じくここはいったん
無視して進めるほかないのか。

と煮詰まっていたものの,一方で
それを躊躇う気持ちもあった。

信じたかったのだ。
「裏道」を通らずとも,
少なくともここまでは
順当に進めてクリアできた。

ならばこのハデスト堅牢も今ある
装備で戦えるのではないか…。

このゲームの常として,
クリアできないミッションは
戦術に問題がある場合が多い。

実は操作の腕はそれほど
重要視されないのだ。

そこがわしがこのゲームを
好きになった理由でもあるが。



抜本的な見直しが必要だ。
本当に超長距離から
攻撃するほかないのか?

ペイルウイングは四足の懐に
飛び込んで攻撃することができた。

ストーム隊にも同じような
抜け穴はないだろうか。



かくして発狂レーザーで
消し炭にされること幾星霜。
5242.jpg
たしかにそれは存在した。



四足の無敵の装甲が
自身の発狂レーザーを
弾いているではないか!

そしてその僅かな隙間から
敵のハッチを狙えば…。



5240.jpg
この感動が伝わっているだろうか!
伝わってるのかおい!!

ちゃんと順番どおり進めてクリア
できるようになってたんだよ
このゲームは!

一見理不尽に思える
高難易度ミッションも
卓越した技術があれば,
あるいはそれがなくとも
戦術を練りさえすれば,
それすら面倒ならアーマーを
稼ぎまくってゴリ押しすれば
クリアできるようになっている。

これをプロの綿密な調整と
呼ばずしてなんと呼ぶ!?



2020年は勝利の
雄叫びから始まった!
地球防衛軍バンザイ!!
5241.jpg
わしは…四足に勝った!

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

08:53  |  地球防衛軍3ポータブル  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)
 | HOME |