2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.04.25 (Mon)

妄想最前線

この土日ぶっ続けてプレイして
ようやくロマサガ2も一段落したぞー。
こんなに遊んだのは久しぶりだな。
さすがサガシリーズでも最高峰との呼び声高い作品よの。



そういやロマサガ2といえば
1898.jpg
で有名だけど,そのフォローとしてかなんなのか
なんと強くてニューゲームが採用されてたんよ。
いやびっくりした。

正直サガシリーズの楽しさは強敵との死闘と
キャラクターの育成にあると思ってたから
こんなチートじみた仕様いるんかいなって感じだったけど,
ロマサガ2に関してはこれもありかもしれない。
というのも,ロマサガ2というゲームは複数の階層で構成されているから。



個々の戦闘における勝利を目指す[戦術パート]

限られた予算で国を回していく[運営パート]

イベントフラグを管理して攻略ルートを確立する[戦略パート]

自分なりの楽しみ方を見つけていく[創造パート]



こんなふうに。
強くてニューゲームでスキップできるのはせいぜい戦術・運営くらいで
ロマサガ2の攻略の楽しみが失われるわけでない…どころか
強キャラを前提とすることで上位パートに新たな選択肢が
生じうるわけで,むしろより奥深くなったともいえる。
運河要塞の強行突破も楽にできるようになってるし。

一方でHPだけは1から鍛えあげないといけないって
いうところもちょっとしたアクセントになっていていい。

そして予算も知識も万全となり,思いどおりのシナリオでゲームを
展開していこうとしたとき,最後にネックになるのは戦闘回数…
つまり最終的にロマサガ2は敵よけアクションゲームになるって
いうところがなんとも面白い。

ただのRPGと呼ぶにはあまりにもいろいろな顔を見せるんだよなあ。
何十年も遊ばれ続けるのもむべなるかな。

こんなゲームをいままた(寝ながら)遊べるなんて,
ほんとうなんて幸せなんだろう。



とはいえ,3周回したんでいったん気分を切り替えようと思ってね。
次のゲームに手を出しました。

なにかって?
サガフロ1に決まってんだろ!!!!

うっひょおおおお
PS1の起動ロゴなっつかしいいいぃぃ!!!
こんなところまで再現してんのかよwwwwww
飛ばしていいからこういうのはさwwwwwwwwwwwwww



こっちの方は据え置き機で遊ぶのが面倒になって
しばらく触ってなかったからどうなることかと思ったけど,
リュート編で始めた途端にネルソンで艦長,
ルミナスでルージュ,スクラップでクーン一行を回収して
シュライクで三種の神器,シンロウでデュエルガン拾って
ジャンク屋で売っぱらって…と無意識に操作していたときには
自分でも唖然としたわ。
わしのミトコンドリアの中にサガのDNAが刻み込まれている…!



サガフロはサガフロで,ゲームボーイの初代シリーズに
立ち返ったかのようなあのカオスぶりがたまらないんだよなあ。
それを象徴するかのようなクーロンの街並みがホント最高。

背景なのか入り口なのかすら分からない雑然とした路地,
マンホールの底だの下水だのを抜けた先にある
いかにもいかがわしい(実際横流し品を扱っている)武器屋,
路地裏に入った途端に強盗に会うのは日常茶飯事,
迷い込んだ先には悪の秘密結社の前線基地や
巨大モンスターの巣がお出迎えときたもんだ!

街は安全な場所だと誰が決めた!?
それでもたくましく生きている住民の強かさ。
圧倒的センス・オブ・ワンダー!!



開発期間があと1年長ければ,サガフロ1は最高の
オープンワールドゲームになったとわしは今でも信じている。
オープンワールドという用語は適切でないかもしれないが…
あるいは最高のオンラインゲームになっていたに違いない。

無限の宇宙に点在するリージョンという小世界,という
世界観はオンラインゲームとの相性が抜群ではあるまいか。
どんなに奇抜で脈絡のない展開をしていったとしても,
「ああ,今回はそういうリージョンなんだな」で済んでしまう。

近未来ヴィブロブレードでチャンチャンバラバラやってる横で
古代の神器が奏でる聖歌が敵を消し飛ばす!
頼みの綱のトリケラトプスがいつの間にか
巨大キノコになっているかと思えば,
メガコーポが性能実験のために横流しした粒子加速砲より
強力なジャイアントスイングをかます格闘家がいて…
そんな世界ではどんなキャラがクターがいてもお咎めなし!
まだ見ぬ強者,見知らぬ世界を探し求める楽しさは
他のゲームの追随を許さないだろう!

この世界で,得体の知れない連中と馬鹿騒ぎしながら
ただただ面白おかしく暮らしたかった…。
リージョンを股にかけるオンボロシップの運び屋として,
タンザーに巣食う悪党として,
セントアリオのヒーローの一員として,
世界中の仲間と旅がしたかった。
サガフロ1にはそれだけの器があった。

シリーズでも1,2を争うほどの”未”完成度を誇るものの,
いやそれがゆえに無限の可能性を秘めた作品だった。
まさにフロンティアの名にふさわしい作品だった。



このゲームのそこかしこには,そんな過去の妄執が
キラキラと輝いていて,遊ぶたびに胸がしめつけられる思いだ。

かつてリチャード・ギャリオットが夢想した
もうひとつの現実…MMOの世界もいまや衰退著しいが,
我々のように妄想の中でしか生きられぬ人間の受け皿と
なりうる世界がどこかに残っていてくれることを切に願う。

そしてそれがあの猥雑で,めちゃくちゃで,
でも本当にワクワクさせてくれるリージョンという名の
星々であることをいまもまだ諦めきれずにいるのだ。

テーマ : レビュー・感想 - ジャンル : ゲーム

19:48  |  ロマサガ2  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

懐かしいですなーサガフロ…
ファーストインプレッションでブルーに即決したものの、アカデミー?からされる説明を「面倒くさそう」で全スキップした結果
「ルージュを殺れ」の部分しか聞き取らなかった脳筋ブルー君が誕生しました

術の事なぞ一切無視で、そこいらで拾ったブロードソードをひたすら振り回し…
「腕力上げないと威力低いなー」とのんきに考えてましたなw
結局術集めに気付いた時には、腕力40超、魔力ほぼ初期値という有様…
ルージュ君も術で競うこともなく、無月散水でさっくりと斬殺というw
ブルー君のお師匠はゲンさんでした
アカデミーなんてなかったんや…
ざくさん |  2016.04.28(木) 08:40 | URL |  【編集】

ざくさんさんおっぱようさんです。

???「ブルー! 魔術なんて原始的な武器はやめてコレを使いなさい!
    ルージュなんて側面からの粒子加速砲でイッパツよ!」
ジャキィッ

これなんだなあ…。
術師も最終的には二丁拳銃ガンマンになっちゃうし,えらいカオスな世界だった。
しかし,ブルーは無月散水覚えるのね…はじめて知ったわ。
えか |  2016.04.29(金) 09:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/1009-8df80663

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |