2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.05.16 (Mon)

反逆者の荒野

いよいよ明日はリベリオンの実装日。
というわけでいまさらながら運営チームのインタビューを読ませてもらった。

正直リベリオンのスキルは多すぎて何が何やら
ぜんぜん把握できていないんだけれども,
スキルによって依存ステータスを変えたりと
多様性を重視した作りになっているようだ。

一家に一台リベリオンではないが,幅広くユーザーに遊んでもらい,
試行錯誤しながら共通の話題にしてもらえれば,ということのようだね。

時代には逆行するかもしれない。
だが,最適解が存在しない自由度の高さこそがROの魅力なのだ…
運営はそこを目指すのだという発言はなんとも心強い限りだ。



作り手の想定するルートをベルトコンベアで運ばれるかのように
進んでいくようなゲームなら最新作のほうがよほど洗練されているのだから,
差別化の意味でもROはあえての放任主義を貫いたほうがよいだろうね。
それはもはやメインストリームではないかもしれないにせよ,
必ずや一定の層の心を掴んで離さないだろう。

絢爛豪奢な遊園地だけがレジャーではない,
なにもない空き地にだって需要はあるのだ。
ROは無限の荒野でよい!
そこで野球するかサッカーするか猪でも狩るかは
ユーザーが好きに決めればいいさ。
それはまさに「ROでしかできないこと」だ。



一方で,周辺事情として語られている内容も興味深いものばかりだ。
ひとつには,(従前からもいわれていたが)ガンホーの裁量権が拡大されたこと,
つまり今後はJROに特化した施策も可能になってくること…
リベリオンは本国のkROも巻き込んだその集大成であること。

そして,ROの振興においてユーザーのコミュニティが
果たしてきた役割を認め,その働きに期待していること。
運営の宣伝→顧客獲得という直線的な流れではなく,
運営の施策→現役の情報発信→顧客獲得という,あくまで現顧客の
満足を第一とした上での,放射的,副次的な効果を狙っていること。

さらに,こういった情報発信をユーザーとの信頼関係を
構築するためのプラスの材料として評価していること。



いずれも実に興味深い!
たしかに,母乳華やかなりしころ,グラヴィティの動きを
掌握しきれていないころにこの流れに持っていこうとしても
さらに火に油を注ぐ結果になっていたかもしれない。

当時は,業界もユーザーもオンラインゲームが
どういうものであるかよく分かっていなかったがゆえに,
双方の意見の食い違いが非常に大きな溝になっていた。

逆に,あれだけユーザーから叩かれていたにもかかわらず
よくここまで内情を話す気になったものだとすら思う。
双方,大人になったということなのか。



運営の判断は間違っていないだろう。
開発を子会社化したとはいえ,根本的な仕様には関与できずに
運営も苦悶の日々を過ごしていたことを。
R化の”毒”を浄化しきれるほどの力を運営が持っていなかったことを。
我々に知らせてくれなかったなら,さらに多くのユーザーが
このゲームから離れていったにちがいない。

むしろ,もっと早く教えてくれれば惨劇のいくらかは防げたのではないか。

リニューアル前のテスト結果が反映されていないと嘆き
去っていったユーザーも,それらはユーザーの反応を
開発との交渉材料として持ち込むためになされたもので,
そもそも仕様を決定する権限自体が運営にはなかったのだと
すぐに知ることができたなら。

2013年の血の粛清予告の裏で何が起きていたのかを知らせてくれたなら。

登録に国民番号が必要なkROではBOTがほとんど存在しえず,
開発がBOTの脅威をほとんど認識していなかったという事実が
ユーザーの間に広がっていたなら。

kROのR化から始まった凋落は避けられない運命だったとしても,
あるいは失意のうちにROを去るユーザーはもっと減っていたのではないか。
この痛惜を乗り越えることは大変に難しいものだ…
R前の隆盛を知る人間にとっては。



しかし,そういった過去の反省を活かしたうえで
いまの運営があるのだから,すべてに意味があったのだろう。
時代の流れに応じて変化する問題に苦慮しながらも,
運営は着実に前進を続けている。

JRO主体の施策もユーザーのコミュニティの重視も
運営側からの積極的な情報発信もすべてよい結果を生み出すだろう。
これからもこの方針を続けていってほしいものだ。

なんとも読んでいて嬉しくなる記事だったな。
ROの未来は明るい。



そんな運営に対してひとつだけ申し上げたき儀がございます。
またコラボする気があるならいますぐネトゲ嫁の作者に頭下げて
「ネトゲ嫁の原作・ROでキミだけの亜子ちゃんを探せ!」 キャンペーンを始めろーーっ!!
放送終了に間にあわなくなってもしらんぞーーっ!!




それでは本編。
3179.jpg
新たな仲間が増えました。



3180.jpg
3181.jpg
現役ユーザー撒き餌作戦は有効に機能しているようです(報告)。



新メンバーに合わせて新キャラで稼ごうって話になってね。
ピラ行くかーってなったけど旅費がないからモロクまでは徒歩。
3182.jpg
ここらへんのBGM懐かしすぎて目から汁が。

魔王モロクさんが地形を弄ってくれたおかげで
いまはプロ-モロク間はけっこう近いのね。
大昔の転職時の巡礼じゃかなり辟易した記憶があるけど…。



3183.jpg
4人揃えば格上も怖くない!
20になるかならないかでもソルスケに勝てるんだなあ。
序盤の弓手の瞬発力は異常。
ビギナー帽でさらに凶悪に。



3184.jpg
3FはマーターのSBで前衛が即死するのが先か
弓手がDSで瞬殺するのが先かの決闘ゲー。
死んでもうめぇの精神で乗り切る。
ピラ前でセーブしておけば復帰も楽だし,
こういうときはイケイケだ。



3185.jpg
勝つか負けるか分からない挑戦はなんとも心躍るものだ。
SPが切れたら座って回復,なんていうのも今にして思えば
贅沢な時間の使い方だったのかもしれない。

いまでもやろうと思えばできるんだなあ,こういう遊び方も。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

20:38  |  シグルーン  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

新しくはじめて、昔のペースで歩きたいっていうひとはなんとなくブレイザブリクに集まる印象ですけど、
やっぱり本鯖さんのなかにもそういう需要はあるんですねえ
みなさまが楽しまれているようで何より(*´ω`*)
Leaf |  2016.05.17(火) 01:50 | URL |  【編集】

Leafちゃんこんばんは。
みんな楽しんでるよ,最高の夜だ!
うわっははは!!
えか |  2016.05.17(火) 20:31 | URL |  【編集】

原作未読だったから、S県月宮のキーワードが出た時は吹いた。
確かにあの作品は昔のROをやってた人と相性はよさげだね。
コラボ出来るなら面白そうだけど、癌呆にそんな柔軟性があるかどうか、今のROに角川がコラボしたいって思わせるレベルの魅力があるかは疑問。
ふぉにー |  2016.05.17(火) 21:32 | URL |  【編集】

ふぉにーこんばんは。
わしもまったく作品には触れてないんだけど,楽しいのかな。
最後に読んだライトノベルはロードス島戦…おっとだれかきたようだ。
えか |  2016.05.18(水) 21:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/1015-53469f93

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |