FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2008.05.18 (Sun)

90モンク・名無し3へ行く

今日は豪華メンツ、素プリ1ハイプリ1HIME1冠1ハイウィズ1と一緒に名無し3へ。
装備はこんなもん。
27.jpg
完全に金剛頼みでwwwwwサーセンwwwww

元々このモンクは、名無しで金剛前衛ができるか? という疑問から作ったキャラ。
そこで今日は、金剛のメリットデメリットと名無しでの動きについてレポートしたい。



<金剛モンクのいいところ>
硬いということに尽きる。これしかないともいうが。
ネクロ5セットくらい来ても、鼻歌まじりに白ぽを叩いていれば十分耐えられる。
高VIT+高アンゼであればスロータの攻撃がミスになるので、
ヒットストップを気にせず敵を引っ張ることもできる。
逆に低VITでも前衛を張れるともいえる。
このモンクは素VIT40だけれども、<金剛中であれば>敵に倒されたことはない。
あ、ハエは別デス('A`)

あと、硬いということから派生するメリットとして

・回復剤の消費が少ない
・回復に費やす消費SPが少ない

ということも挙げられそう。
前者は単に本人の財布に優しいだけではなく、PT全体の滞在時間の延長につながるし、
後者は大人数PTであれば、支援もしくは教授1人を削減しても行けるくらいの負担減になる。
ハイプリと教授も持ってる身としては、あまりこういうことはいいたくないが('A`)



<金剛モンクの悪いところ>
こっちがたくさんあるから困るのだ、金剛は。

・移動速度が遅い。
・スキルが使えない。
・金剛の切れ目を狙われるとまずい。
・タゲ取り能力(遠距離攻撃)に乏しい。

以下詳しい説明と対処法。



・移動速度が遅い。
PTから先行して敵をかき集めることが前衛の主任務である狩の場合、
つまり移動狩の場合、この欠点は致命的。前衛の足の遅さは効率低下に直結してしまう。
対処法としては

①交戦中の敵をほっといて先行する。
まず、この方法による効率アップは、後衛が攻撃にさらされるリスクとの
バーターだということを決して忘れてはイケナイ。
だからこそ、俗に勇者様として嫌われる行動なわけだけれども、
金剛の足の遅さ、PTの編成を考えれば十分に考慮してもよいと思う。
名無しでの死因を考えると

a.MVP
b.MH
c.ネクロのTS、メテオ
d.不死化
e.バンシの闇SS、通常攻撃
f,スロータのSB
g.横沸き

あたりが主ではないだろうか。あるいはこれらの混合か。
逆にいうと、PTMがこれらの脅威にさらされないのであれば、
先に進んでしまってよいと思う。

このうちa.は論外で逃げるから置いておくとして、
b.は当然倒し終わるまで待てばよい(ここで無視して先にいったら
本当の勇者様だ('A`))し、d.e.は闇鎧で防げる。
(あえて闇鎧を着てこないような方はほっといたほうがいい!)

バンシの通常攻撃は実は結構痛くて、SG→PTMが氷割り→
ウィズにバンシが集中してシボン、は名無しの風物詩ともいえる。
しかし、これも少人数なら氷割らなければよいし(最悪そのまま放置)、
大人数なら火力に物を言わせて即倒してしまえばよい。
そもそも、凍った敵の対処法は、前衛の性能とはまったく別の問題。
みんな、氷は空気読んで割ろう、な!

すると怖いのはc.とf.くらいということになる。
なので、出発のタイミングは
「(交戦中、PTMからある程度離れておいて)ネクロの取り巻きが倒れたとき」
にしている。
この見極めは状況によって異なるけど、出発の基準を
「PTMに死亡者が出るかどうか」で決めるという考えは重要だと思う。
あ、あと、地味に一番怖いg.については後述。

②進路を工夫する。
前衛の役目は前に進むことでなくて、敵にありつくこと。
足が遅いのなら、敵に会いやすい進路を選ぶことでカバーする。
そこで、こんなものを用意してみた。
29.jpg
これぞ名無しハザードマップ。
ファミコン時代のショボいドット絵みたいだが、気にするな( ´ー`)y--┛~~
今までの経験から、青→緑→赤の場所の順番に敵にあえる確率が高いと思う。
基本的には、上半分の赤いところを巡回して、敵が減ってきたら下の入り口付近を漁ってみる、
というのがいいのかもしれない。

③リログする。
リログすると金剛が切れる。
上の青地帯を駆け抜けるときなどは、リログして突っ走り、
敵が見えたら再金剛という手も。
この方法だとPT設定が面倒なので、自分がリーダーになることを推奨。



・スキルが使えない。
イグ葉が使えないというのが厳しい。リザ1を唱えるアイテムとして作られているのかな?
金剛以外が倒れてしまったような場合には(往々にしてよくある)諦めるほかない( ´ー`)y--┛~~



・金剛の切れ目を狙われるとまずい。
PT全滅の直接の引き金になりかねないので、なんとしても対処する必要がある。
ブラギで詠唱時間を補強、金剛のレベル・VIT・DEXを上げる、回復剤連打で乗り切るetc。
(金剛モンクで回復剤を持っていくのは、この瞬間のためといっても過言ではない)
ガンホにゴチャゴチャ言われぬよう、キッチンタイマーを買ってきて150秒ごとに鳴らす。
金剛が切れそうになったらプリタンに申告。



・タゲ取り能力(遠距離攻撃)に乏しい。
金剛中は基本的に素殴りしかできない。
そこで、どうやって自分にタゲを集中させるか。

①敵をかき集める時点でPTMとの距離をとる
②タゲが固定するまで、PTMに攻撃させない

まず、このあたりが考えられる。
しかし、・移動速度が遅い。 のところでも書いたように、
前衛-後衛間の距離と、後衛が横沸きに襲われるリスクは比例する。
特に夜は狩る人が多いため、横沸きが頻発する。

敵に捕まったモンクが後衛のタゲを取りに行くのは非常に難しいし、
下手に自分がタゲられているときに他の人のタゲを取りに行くと、
モンク「プリタンハオレガマモル!!」
ウィズ「ギャー」
というPTM轢殺事件が発生しかねない。
従って、横沸き対策としては

③金剛がいなくてもやっていけるようなPT編成をする。

あ、石を投げないでください('A`)
決して自分の存在意義を否定しているわけではなくて。
人間できることとできないことがあるので、
もう横沸きはPTMにお願いしちゃったほうがよかろうと。
具体的には、

・罠で足止めできるハンタ系
・SWが使えるME、マジ系
・グリードが活躍、バンシ(は)無力化できるBS

前支魔を核として、上のような職に来てもらえれば頼もしい限り。
ウィズ2人なんていうのも、ハイウィズがAMPSG、
素ウィズがメテオとSWみたいに棲み分ければ、お互い活躍できると思う。
転生前(笑)みたいな考えをしてる人は悔い改めよ!! フーッフーッ(:.;@;;@;)
逆に、指弾・コンボモンクとかが金剛とって補助前衛として入るのもありだと思う。
献身あたりと組むと無類の安定感があるのでは。

元々金剛は癖があって、LKのようにトリオに耐えられるような万能性はない。
やるべきことはしっかりやるべきだけど、自分の限界というのも見極めなければならない。



さて、前置きが長くなりましたが、今日の狩り。
ハイウィズさんがオーラ、HIMEさんが98だけあって、火力が半端ない。
28.jpg
小細工無用でガシガシ狩れました。
アコセットなので不死化もしたんですが、1時間で2回ほど。
金剛中であれば、たとえMHの真っ只中でも大して怖くはないです。

日曜の朝で空いてたのもあって、時給は5.3Mくらい。狂ってる(;^ω^)

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

16:20  |  モンク  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/11-5dacd582

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |