2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.05.11 (Thu)

4メガショック!

そういや6日はシレッと無料開放デーだったんで
また空中要塞にお邪魔してきたよ。
今回はなんと! 最強前衛ろくさんRKも一緒なのだ。
3592.jpg
安定度が段違いだ,さすがROの主人公は格が違った。



やっぱさあああ,いまでも騎士は強いと思うんだよ。
特にこういう機動性の必要な少人数PTでは
圧倒的な使い勝手のよさですよ。
城2で氷像割ってた時代からやってる人だと
立ち回りがぜんぜん違うというのもあるけど。

パリィACで雑魚の攻撃をかわし,ハガラズと
ライゾで石化も凍結もノックバックも通じない,
規格外のダメージもベルカナで完全シャットアウト,
攻撃に回れば王道のIBといまだに現役のBBは超強化可能になったし,
多少の属性相性の悪さはものともしない強化ウインドカッター,
防御特化でもタゲ取りしやすいドラゴンブレスに
一撃必殺のクラストとよりどりみどりで
なんでこんなに人気が落ちたのか分からない…。

いや分かるけど!
ほんとRRで余計なことしてくれたもんだ。
RR当初のRKとWLはどこにも狩場がなかったもん。

なによりピアースBB連打の脳筋プレイで
無双できたころと違って,種々のスキルを
使いこなさないといけなくなった現在は
より玄人向きになった感がある。

やっぱり人は易きにつくというか,
回転スキルとか金剛とかアロストとかのような
「分かりやすさ」を求める面は当然あるだろうし,
騎士から人が離れていくのもやむを得ないのかもしれない。

しかしいまの騎士が遊んでいていて
楽しくないかといえばそんなことはないと思うので,
ぜひともまた栄光を取り戻してくれることを願うばかりだ。



3593.jpg
途中の隠し部屋で宝箱を開けたら
血騎士が出てきて即死したりもしたけれど,
今回は無事登頂に成功!



なおボス戦
3594.jpg
敵のEQでわしの可愛いホムちゃんが400万くらい
ダメージ食らってたんですが,これは…。
たとえ12人パーティだろうとまるごと即死しそうだ。

少人数パーティではスペルブレイカーで詠唱
潰すより逃げた方がいいとはろくさんの談だけど,
逃げた先の雑魚にやられるという見事なB級ゾンビ映画オチ。

チョビチョビ撃ってくるミニEQでお座りさせられるし,
慣れるまではけっこう死にそうだなーだがそれがいい。
少しずつ攻略しているこの感覚がタマラナイ。



これ前衛がいないと屋上までいくのも厳しそうね。
いかに強くなったとはいえジェネは基本的に後衛,
耐久力がないんだなあーいやはやまいった。

とはいえ,なんだかんだで耐久力が必要になる
シーンがあるということ自体は嬉しいね。
騎士の強さを再確認できただけでもよかった。



3595.jpg
話変わってリーフ嬢のASレンジャーの様子を見させてもらったよ。
たしかに弓なのにバンバン魔法が出てた。

本人もいってるとおりMATKが付いてる
弓なんてほとんどないし遠距離攻撃だと
ASの発動率は半減するからROに知悉した
ユーザーほど敬遠しそうなもんだけど,そこで
アクセル踏んじゃうのが天上人様なんですねえ…。



3596.jpg
いうてもLukは1にして鷹は幸運の日任せ,
魔法はその発動のためのトリガーという
発想はピーキー以外の何物でもないにせよ,
ド派手なエフェクトに魅せられた彼女にとっては
趣味と実益を兼ねたある種合理的なビルドともいえる。

金があるからこそできることもあるというのは
こういうことなのかもしれないな。



もしカネに糸目をつけなくていいから
好きなキャラを作ってみろといわれたら
どんなキャラを作るだろうか?

正直見当もつかない。
限られたリソースの中でどうやりくりしていくか
という遊び方に特化しているからなー。
いってみれば貧乏人の発想から
逃れることができなくてね。

まあそういう遊び方を愛する人間を
なんだかんだでいまも楽しませてくれるから
このゲームが好きなんだ。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

01:15  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

Comment

このルーンナイトの人のブログおしえて
 |  2017.05.11(木) 16:51 | URL |  【編集】

楽しいですねAS、特に色々な魔法が出ると。一人でどんちゃんお祭り騒ぎと言うか。でも強いノンアクティブ巻き込むのだけは勘弁して!
昔作った魔導剣は楽しいだけで挫折しましたが。バリオで試し斬りしてると火付与してルーン全開フルブーストなのにクリ騎士さんの殲滅速度のが3倍位速くてしょんぼりでした。
今回は精錬祭で+7レインボウとか色々出来たので他職でちょっと変な型のASが出来ないかと模索しています。
まぁ今回も最終的に挫折すると思いますが!
一読者 |  2017.05.11(木) 19:42 | URL |  【編集】

ナイトが褒められていると聞いて

こんばんは。

>安定度が段違いだ,さすがROの主人公は格が違った。

ハッとしました。
そういえばケイオスってルーンナイトでしたね・・・
原作主人公を冷遇するRRの横暴を許すな!

というのは冗談ですが、えかさんの仰るとおり「RKで出来る事」を精査していけば、工夫と準備を要するとはいえ本当に強いと思うんですよねぇ。
回転職は装備が整いレベルも上がってしまえばあとは画面とにらめっこするだけですが、RKには育て甲斐、試行錯誤の愉しさがあるんです。ガムではなくてスルメのような味わいと言いますか。

重力神は案外、RKの強さと楽しさは、分かる人にだけ分かればいいと思ってくれているのかな。
復帰民 |  2017.05.12(金) 00:21 | URL |  【編集】

名無しさんこんばんは。
彼女はいま眠りについている。
復活したら知らせるからその時を待て。





一読者さんこんばんは。
えーそうなのー今度は魔導剣RKやるつもりだったのに絶望の事実が。
いやでもどれだけ弱いのかを記録するのもテスターの義務。
やっぱり方針は変えないぞ(震え声

逆に考えよう,魔導剣型が弱すぎるのではなく,クリ型が強すぎるのだと。





復帰民さんこんばんは。
横暴を許すな!

おそらくこれまで,特にR時代があまりにも強すぎたのでRRで抑制的な調整になったのかもしれないですねー。
往時のストームブラストは対人戦で猛威を奮ったと聞きますから。

騎士からスルメのような味わいがなくなってないのが不幸中の幸いですかな。
RKもWLも完全防御スキル持ちだから,うまく戦えば格上の強敵にも勝てますもんね。
案外騎士が好きすぎる人が調整した結果,いまのような玄人仕様になってたりして。
えか |  2017.05.13(土) 20:53 | URL |  【編集】

当時はbase140位でガチガチの最適装備でも無く熾天使中段なんかもまだ存在してなかったので今だと魔導剣ももっと行けるかもしれませんね。
えかさんのROの仕組みを知り尽くしたスキルやアイテムの使いこなしパワーに期待しています。
一読者 |  2017.05.14(日) 00:10 | URL |  【編集】

一読者さんこんばんは。
知識があっても金があるわけでは…。

いうてもAS系の知識に関してはわしよりわしの周囲の人の方が詳しいと思う。
なんでこんなんばっかり集まったんだか。
えか |  2017.05.14(日) 19:50 | URL |  【編集】

ふっきみん「な なんだ これは!
 わたしの しょうたいが!?
 なにが おこったんだー!」
えか「おまえの ないとあいは
 おみとおしさ!
 ちょっと ないとを らいさんしてやれば がまんできずに おまえが
くいついてくると おもったんだ!」
ふっきみん「く‥そ‥‥
 はかったな ‥‥たいさー!」
???? |  2017.05.14(日) 22:48 | URL |  【編集】

>EQ
そこで出番のRG!
4m食らうEQだろうが完全シャットアウト可能のキングスグレイスで、自分もPTも安心無傷ですぞ
HPと状態異常の回復効果もあり!

ただし持続時間はお察し

製錬祭で色々と装備が揃ってホクホクになっとります
ざくさん |  2017.05.15(月) 12:45 | URL |  【編集】

復帰民さんこんばんは。
「きしが じゃくたいか されているというのは ウソだ!!
「えー ウソー!
「われわれが ウソのじょうほうを ばらまいたのだ アンチにたたかれないためにな





ざくさんさんこんばんは。
キングスグレイスってそんな効果があったんだ。
エレメンタルシールドとごっちゃになってた。
さすがタンクの鑑だねえ。
使いこなせば面白い職なのかもしれない。

精錬祭はうまくいったみたいでなにより。
うまいギャソリーンをおごってくれよ。
えか |  2017.05.15(月) 20:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/1127-3fe53aae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |