2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.06.29 (Thu)

誰がためにレコードは鳴る

お,ついにレベルキャップ開放が来るんか。
どんな経験値テーブルになってるんだろうなー楽しみだなー。
新エピソードも引っさげて乞うご期待! やね。



エピソードといえば,いまワタクシさん
ストーリー考察を読んでるんだけど,
(すごいボリュームなんで読みきれてないけど)
いまのROってこんなハードSF展開になってたの!?

メインストーリーはモーラあたりからまったく
追ってなかったからぜんぜん知らんかったわ。

ROのストーリーなんて
(ユーザーの9割が下水道だと思ってる)
プロンテラの上水道をお掃除したり,
秘境の管理人にバナナを食わせて
幻の花を強奪したり,純真な猫たちを
煙に巻いて缶詰をちょろまかしたりするような
しょうもない小話ばかりだと思っていたら…
どうしてこうなった。



ROにストーリーなんてあったのかっていうか
わしが理解してるROのストーリーって
こんな感じだったんだけど。

1 人類は平和に暮らしていました

2 ある日突然神族と魔族が現れてドンパチ始めました

3 トバッチリで人類死にまくり

4 神族魔族に対抗するため人類は汎用人型決戦兵器ユミルを作りました

5 ユミルが暴走しました

6 世界がヤバイので人間神族魔族が協力してユミルをやっつけました

7 三者でユミルを分割細断して二度と復活できないようにしました
  人間界のユミルの欠片は世界中に飛び散りました

8 主神級の神族と魔王級の魔族は物質界での
  実体を維持するだけの生体マグネタイトを失って
  それぞれのホームグラウンドに帰りました

9 人類は滅亡寸前までいって高度なセラミック文明も崩壊しました

10 代わりに神族魔族の使う魔術を手に入れて人類は復興し始めました
   (中にはかつてのセラミック文明の再興を目指す派閥も)

11 たまに神族の残党であるヴァルキリーが襲ってきたり
  魔王が顕現して暴れたりもするけれど今日も人類は元気です ←イマココ



どこで吹き込まれたのかも
いまとなっちゃ覚えてはいないし
7割方妄想も混じってそうだけど,
まあ当たらずとも遠からずってところじゃない。

ただひとつだけいえるのは,当の原作漫画が
韓流バスタードなどと評されていたように,
日本のサブカルチャーのエッセンスが
だいぶ流入していたってことかな。

ROのバックグラウンドに流れ込んでいるのは
80年代,90年代に流行した風の谷のナウシカや
バスタードのようなポストアポカリプス作品だろうね。

物語のキーワードになっている巨人「ユミル」も
巨神兵,エヴァンゲリオン,竜戦士ルシファー,
アンスラサクスと邪神群などを彷彿とさせるし。

ユミルが暴走したのはAIに人間の少女を
使っていたからという話もあったけど(R-TYPEか!?),
アンスラサクスは素材に人間を使っていない=
無原罪の存在だからこそ天使たちが受肉する際の
依代になりえた,なんて設定を思い出すなー。



それがなんで平行世界がどうたら
こうたらいう話になってるん…ええ…。

えーとなんだっけ,最初は王様のお触れで
ユミルの欠片を探そうねって話で
冒険者になってたんだよな,たしか。

んで冒険を進めていくと,
「ユミルの欠片が強力なパワーソースであること」
が分かるわけだ。

その過程で
「ユミルの欠片が世界中に飛び散っていること」
が分かり,
「ユミルの欠片もしくはその模造品を用いた種々の技術の存在」
から各国が血眼になってこの欠片を探す理由も分かってくる。

さらに調査を進めていくと
「ユミルの欠片を探しているのは人間だけではないこと」
すなわち
「神族,魔族の存在」
が判明し,
「彼らのホームグラウンドである異世界」
も明らかになる。



ここまでくると物語の1000年前にあった
大戦の概要もおぼろげながら見えてくるだろう。

(ジュピロスやウェルスの様子を見るだに)
おそらくは現代の我々よりも進んだ
科学技術を持っていた古代文明が
全勢力を注ぎ込んでようやく痛み分けに
持ち込んだほど強力な神族と魔族。

彼らは別に滅んだわけではなくて,いまも
自らの世界で力を蓄えているにすぎない。
魔王モロクを見るだに完全に滅ぼすことも難しい。

さらに機を見て人間界(のユミルの欠片)をも狙っている。
つまりいつの日かまた大戦は起きる。

したらもう人類は制御可能なユミルを作り上げて
異世界からの再侵略に備えるほかない
よね。



これまで散発的に展開してきたかのように
見えるROのストーリーも最終的にはこの
世界防衛という線に収束するのではないか?

ウェルスの転送事故はヒューマンエラーが
もたらした偶発的なものだったようだけど,
当時すでに人類は異世界の存在を知っていたのだから
人類の興味が,というよりストーリーラインが
そちらの方向に向かうのは当然だ。

神族魔族は人間界に自由に顕現できるけれども,
人間の方からは異世界に行けないんじゃ防衛上不利すぎる。
セラミック文明が残ってたらここは最優先で研究するはず。

実際その研究の成果は(おそらくはウェルスを
出奔したタティオとゼニット・ゼルテルリヒタルが
設立したレッケンベル社によって)
次元移動機という形で花開き,ついには
魔王のテリトリーへの侵攻も可能にした。

魔族の次元移動機であったタナトスタワーを
レッケンベル社が調査していた事実を
ここで伏線として思い出すこともできよう。



1000年前に起きたエイリアンの襲撃に
端を発する次元移動を巡る物語は,
ユミル大戦(人類はここで異世界の存在を知る)→
(残存セラミック文明による研究開始→)
その末裔であるウェルスでの転送事故→
ウェルスの生き残りによるレッケンベル社設立→
タナトスタワーに魔王モロク降臨→
レッケンベル社によるタナトスタワーの調査→
魔王モロクの復活,アッシュ・バキュームの発見→
魔王の下僕レイヤン・ムーアによる情報提供→
次元移動機の完成→フレイムヴァレーへの侵攻
という具合に一本の線でつながっている。

時系列とエピソードの実装順がバラバラなので
気づきにくかったが,歴史のかなりの部分の
ピースが揃ったいまとなってはどのエピソードも
欠かせなかったということがよく分かる。

つまりハードSF展開も決してスタッフの気まぐれ
などではなく,歴史の1ピースとして必要なものだった。



さらに,こうしてみるとエピソード9.2
「決戦」は一魔王の討伐だけにとどまらず,
ルーンミッドガルドの人類にとって
大きな意味を持っていたようだ。

人類は1000年という途方もない年月をかけ,
多大な犠牲を払いながらもついに
神族魔族というエイリアンの本拠地に
攻め込む術を手にしたのだ!

これからはもう防戦一方ではないのだ。
フレイムヴァレーに立ち昇るは人類の反撃の狼煙!
この感動! このダイナミズム! 
…はビオモルの経験値の高さの
影に隠れてしまっていたが。



そんなわけでROの個々のエピソードは
一見てんでバラバラのようにみえるけれども,
ストーリーを読み進めていくと
「過去の世界になにが起きたか」と
「現在の世界を取り巻く状況」,そして
「これからなにをしなければならないか」
が分かるようになっている…のかもしれない。

主人公は神族魔族の再侵攻に備えるために
人類の不和を取り除いて,その力を結集させる。


これがROのメインストーリーラインだし,
今後もこの軸に沿って物語が進んでいくのだろう。

主人公は終末戦争に備えるエインヘリャルであり,
ラグナロクの名を冠するゲームにふさわしい物語だったわけだ。



実際のところ,ユミルを復活させたりは
ないだろうけど…主人公の出番なくなっちゃうし。

しかし,大統領クエストでは悲劇を呼ぶ存在として
描かれていたガーディアン,禁忌の技術で
作り出された生体工学研究所の実験体たち,
人間を守るために人間であることをやめてしまった
ジュピロスのロストテクノロジー,聖域の奥に潜む
(ユミルの幼生と思われる)グルームアンダーナイト…
そしてヴァルキリーの守護を受けた主人公。

清濁併せ呑んで結集した人類の全勢力で
再び神族魔族を迎え撃つ! そして勝利する!
とかいう展開になったら胸熱すぎて失禁しそうだ。

ROのクエストは後味の悪い終わり方を
するものも少なくないけど,彼らの悲劇は
無駄ではなかったと証明できたなら…。



とはいえ,ぶっちゃけROのストーリーが楽しみで
このゲーム遊んでいる人ってどれくらいいるんだろうか。
ボス狩りしてる人より少なそうな気がする。

よくここまでニッチな層に向けてリソースをつぎ込むなあと…
いや,伏線回収の旅とか面白そうだけどねー。
オーディン神殿に眠るギガンテスの調査をする→
トール火山でギガンテスを元に設計されたガーディアンが出てくる→
フェンリルとサラでオリジナルのギガンテスが出てくる,とか。

ギガンテスはやはり神族の兵器だったのかとか,
人類の科学技術もけっこう復興してきたなとか
いろいろ思いを馳せることもできるだろう。
ユミルこそが人類の作り上げた最初で最大の
ギガンテスだったのかもしれないなとか。

レベル上げに飽きたらこういう道を進んでみてもいいかもね。
(誰かにまとめてほしいという願い)

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

01:14  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2017.06.29(木) 22:42 |  |  【編集】

復帰民さんこんばんは。
この記事を書いた時点ではまだ復帰民さんの記事は読み終えていなかったんだ。
いま参考資料を読んでいるところだよ。

正直なところ,わしは真実には興味がないんだ。
正解が1つしかない世界は息苦しくてかなわないし,MMOはウソ,デマ,誤解といったユーザー間のすれ違いを楽しむゲームだとも思っているから。
虚実入り混じった胡散臭さがたまらなく好きなんだ。
わし自身があやふやなソースと化すことは大歓迎だよ。

それに,これは真実ではないかもしれないけど,わしがROで遊んで得られた,いわばわしとROが紡いだ「物語」なんだ。
推察でも考察でもなくて,こういうふうに感じたという感想だよ。
そこにウソはないつもりだ。

そしてわしが読みたいのも他のユーザーが紡いだ「物語」なんだ。
ルーンミッドガルドで出会った事件の裏でその人の思想や哲学が垣間見える瞬間が楽しいんだ。

だから,復帰民さんが真実が気になるというのならそれはぜひとも追求していってほしい。
わしには持ち得なかった復帰民さんの「物語」として楽しく読ませてもらうよ。
えか |  2017.06.30(金) 00:14 | URL |  【編集】

なるほど!!
ゲームの話に追検証可能性とか小難しいことを考えるのはたしかに野暮かも。
わかりました。


まぁグルームさんの正体みたいに、ROの"物語"はアップデートが進むごとにそれとなく示唆されるんですよ。えっ!あのクエ伏線だったの!?みたいな感じです。
私は私の考察を読んでくれる陛下にもそういう重力神や運営さんサイドのひたむきな物語り方にたくさん触れて欲しいと思ってるんですけどね。
復帰民 |  2017.06.30(金) 01:45 | URL |  【編集】

復帰民さんこんばんは。
残念だけどわしはRPGにストーリーはいらない派なんや。
彼らの努力に敬意を表して一度は読むようにしていたけど,ずっとレベリングだけしてたいのになんで水を差すんだろうという気持ちのほうが強かった。

特にROはクエストクリアフラグがキャラ単位だから,これをあと何周も回すのか…と余計にクエスト嫌いに拍車がかかったのかもしれない。

しかしそれはわしとROのクエストとの相性がよくなかっただけで,ROのストーリーが面白くないというわけじゃない。
それは認めるし,だからこそROの物語を紐解くのはそれを愛する人に任せたい。
わしじゃどうしても否定的な見解がにじみ出てしまうだろうからね…。
わしができるのは,わしと同じような考えをしている人にROの物語も捨てたもんじゃないと伝えるまでかな。

あとは頼むよ。
これもまた役割分担だろう!
えか |  2017.07.01(土) 22:10 | URL |  【編集】

ROのクエストはエンター連打する人なのですが
その原因はあの白いウィンドウにあると推察します。
アレが出てる間は何も出来ないので早く閉じたい
→エンター連打する→会話(物語)が頭に入らない
(好きなペースで読める利点もありますが)

最近はMDなどでNPCの会話が
チャットウィンドウに残る形式が多いのは
その対策ではないかと思います。
支援かけなおしや休憩のちょっとした合間に
ログが追えるので前よりストーリーが分かります。

とはいえ、選択肢は白いウィンドウでないと
入力できないのが難点ですね。

チャットウィンドウで会話が進み、
選択肢のタイミングでNPCの頭上に
チャットルーム欄のような形式で選択肢が複数出て
どれかをクリックして選ぶ、みたいなUIなら
あるいはストレスなくクエストできますかねぇ・・・
他のMMOではどうしてるのかROバカの自分では分かりません。
シンディ |  2017.07.02(日) 01:35 | URL |  【編集】

シンディさんおっぱようさん。
そうそう,あのUIがやばいよね。
小さなウインドウで細切れに長大な展開を表示するものだから,エンター連打かーらーのー選択肢誤爆→1から聞き直しでイライラマッドマックス!!

シンディさんのいうような形ならいいのにねー。
選択肢だけクリックなら誤爆しないしね!

最新エピソードでは(15年かけてようやく)NPC会話で本人にしか見えないオープンメッセージ機能が実装されたみたいだし,これからに期待やね。
えか |  2017.07.02(日) 10:10 | URL |  【編集】

ワタクシさんのストーリー考察はマジですごかったです。
あれはいい読み物でした。
クエスト大好き勢としては近来まれに見るいい考察を見せていただきました。
それはそれとして、ROの楽しみ方はいろいろあると思うのです。
ゆるく遊びたい人もコアに遊びたい人も等しく遊べるコンテンツとしてROはいいポジションになってきたなぁとしみじみ思いました。
流花@Bre |  2017.07.03(月) 09:13 | URL |  【編集】

流花さんこんばんは。
ずいぶんきれいにまとめてくれるじゃあないの。

ワタクシさんは得がたい人傑だね。
たぶんもうRO界隈では彼をおいて出てこないだろう。

でもリーフ嬢のサイトの感想がうちに書かれたりろくさんのサイトの感想がうちに書かれたりワタクシさんのサイトの感想がうちに書かれたりするのはなんでなの…。
えか |  2017.07.04(火) 01:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/1142-34fd77ed

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |