FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.03.22 (Thu)

覚醒後のASS影葱狩場 生体工学研究所03(ライオット編)

昨日は雪まで降ってえらい荒れ模様だったけど
プロンテラは一足先に桜の季節なんだねえ。
4187.jpg
洋風の大聖堂に桜ってなんか面白いね。



4188.jpg
アマツも咲き乱れてる。

このゲームは長く続いてるだけあって
こうして触れられる機会もなく
埋もれてるコンテンツが多すぎてもう。

このゲームの街の人の台詞を全部見て
回ろうかと前々から思ってはいるんだけど,
量が膨大すぎて挫折に自信ニキだよ。

もうレベル上げは十分だ!
やりきった! ってなったら
「わしの」エンドコンテンツとして
挑戦してみようかな。



風景といえば,カメラをもうちょい
水平方向に回せるようにできたり
高い視点から見られるようになれば
もっといい画が撮れると思うんだけど。
思わん?

もはや訪れる人もないアインブロックとかの
北の大地もけっこう気合い入れて作ってるのが
また悲しみを誘うんだわあこれが。

せめてこの絶景をきれいに撮って
記録にとどめておければ…
もっとこう,クッと引きの画像でね。

うーんまた1からやる企画ができそうだな。



キャラクター
レベル167影葱

盗作はメテオ,リプロはデュプレ。
狂気,サラマイン使用。

ハエ200/h,フェイスペイント100/h消費。



ステ装備
3946.jpg
ついに…ついにこのときがきた,
奈落剣お前の出番だ!

防具は移動時が風耐性肩とHP回復用鎧,
交戦時は適宜ASPD肩や水鎧に換装。



経験値時給
base 18.0M/h
job  カンスト!
(休日夜,ソロ・PT3-4)



1時間の収集品
4165.jpg
このほかにラクリマが2振り。



注意点
可憐な網タイツがこの鬼畜の巣で
一体どうしたら生き残れるというのでしょう。

答えはそう…イグノアランス!
4174.jpg
こいつでガッチリと敵を無力化だ。



R時代はほとんどDEXの多寡で
成否が決まるといっても過言では
なかったこのイグノアランス,
RRで仕様変更があって
ボス属性に効かなくなったのは
広く知られているところだけど,
計算式自体も変更されていて
DEXの比重は大きく下がったようだ。

DEX特化にしてもそこそこしか
決まらなくなったのは弱体化とも
いえようが,逆にいえば
専用のステータスでなくとも
そこそこは決まるようになった。



そこで基本的な戦い方は
隠れて近づき初手イグノアで
敵を無力化してメテオでボコる,となる。

このとき重要なのは,最初のイグノアが
決まらなかったら即飛ぶ
ということ。

2回目のイグノアを掛ける前に
間違いなく敵は爆裂してあたりに
網タイツの破片が散らばることになるし,
凶暴化した敵がその辺をうろつくことにも
なるので誰のためにもならない。

仮面のエフェクトが見えなかった瞬間に即飛び,
この鉄則だけは必ず守るように!



この点を踏まえて個別の敵の戦い方を。
4166.jpg
LKとWSはこのセオリーにもっとも忠実な展開となる。

どちらも本来は近接した瞬間にこちらを
ミンチにしてくる存在なのにもかかわらず,
平然と抱えて殴り倒せることに強い違和感が…。



4167.jpg
属性は火と水でメテオは効きづらいのだが,
ついに日の目を見た奈落剣が
ガシガシダメージを与えてくれるので,
イグノアの持続時間中に倒せるようだ。



4168.jpg
その奈落剣が本領を発揮するHPは
そこまで怖い攻撃もないので
イグノアを飛ばしてそのまま
殴り倒してもいいくらい。

とはいえ彼女もスーパー速度減少を
使ってくるのでスキルを封じて損はない。

交戦前に減少が飛んできたらそのまま殴る,
来なかったら保険でイグノアするという感じか。



4169.jpg
HWはエクセリオン肩のおかげで
非常に与し易くなった。

アンフローズンはつけていないので
凍ってはしまうものの,風耐性肩と
水鎧で被ダメージのかなりの部分を
カットできるので彼女についてはイグノアが
成功するまで何度か粘ってもいい。

この娘さんをここまで安定して
抱えられるようになるとは
思ってもみなかったな…驚きだ。

と同時に属性対策で完封されてしまう
魔職の悲哀を感じざるを得ない。



最後になるが,SNとAXについては
残念ながら倒すことができなかった。

というのも,イグノアが決まる前に
アジリティアップ状態になってしまうからだ。
4170.jpg
敵の無力化には成功しているのに
こちらの攻撃も当たらないという
この虚しさよ。

インビジであればクリティカルで
攻撃を当てられたかもしれないが…
それはまた次の機会にするとしよう。



雑感
狩れてしまうのか…。
正直いって感動よりも
困惑のほうが先立つ。

生体上層は「聖域」,弓手は別として
パッシブ型のような趣味職の
存在が許される場所ではないと
長らく思い込んでいたが。

ライオットをつけた鷹師は
トール3でソロできたし,
ろくさんのRKもここで狩っていたし
網タイツが狩れてもおかしくはないか。



いやはやすごい時代になったものだ!
これまでライオットチップの圧倒的性能に
魅せられてきたが,ここ以上に世界の
広がりを感じさせるものはなかったな!

装備は最適化とはほど遠いし
練度もほぼ0という状態だが
それでも狩りになるという。

ライオットは現在のデファクトスタンダード
なのだと改めて思い知らされたわ。



スリルは最高,金もまずまず,経験値は
いまの倍くらいあってもいいだろうけど
まあこんだけ面白けりゃね!

こいつぁとんでもない遊び場が
手に入ってしまった。

これからどう遊び倒したものか…
震えが止まらん。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

20:46  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

もし可能であれば

リプロをデュプレではなく、シールドプレスにして、盾おとしてスタンにすると、超Fleeの敵でもあたるようになるので、よろしいのではないかと!

と、おもってコメントさせていただきました。
通りすがり |  2018.03.23(金) 13:23 | URL |  【編集】

初めまして。まさにアインブロックの北とか、他にもキルハイル学院周辺とか、RO内には見ていて空想をかき立てられるステキMAPが多いと感じます。
そこがROの好きなポイントなんですけど、そのMAPに訪れる意味がほとんど無いという惜しさもひしひし感じます。
…なんて、ゲーム内風景への言及に惹かれてついついコメント書き込ませていただきました。

そして全く別の話題なのですが、昔えかさんの光の4戦士検証記事には大変お世話になりました。
当時わけがわからないなりに楽しくプレイしていたのですが、おかげさまで更にドップリ遊ぶことになりました。ありがとうございます。
ごりそう |  2018.03.23(金) 21:55 | URL |  【編集】

通りすがりさんこんばんは。
メテオを落とす前にスタンさせておくのか,面白い発想だ。
シールドプレスってたしか必中ダメージあるから昔の☆武器バッシュみたいに強制スタンできるんだよね。

あとはリプロのスキルをいくつかストックできればいいんだけど…。
カプラにこれまで覚えたスキルを預けておけて必要に応じて交換するみたいな機能があればなあ。





ごりそうさんこんばんは。
そうなんだよね,ほとんどのマップで狩の旨味自体が失われてしまったから訪れる機会がなくなっちゃって。
観光がてらレベル上げするというか,狩のふとした瞬間に風景の美しさに気づくみたいな趣がなくなっちゃったのが寂しいね。

光の4戦士懐かしい!
話に出てきてわしも嬉しいよ。
あれも飛び出す絵本みたいな感じで味のあるグラフィックだった。
世界樹をくり抜いてできたエルフの街とかよかったねー。
えか |  2018.03.24(土) 20:25 | URL |  【編集】

ご存知かもしれませんが・・・

はじめまして。いつも楽しく読ませてもらってます。

Shift+Ctrlでもう少し視点は水平に倒せますし
拳聖の座り時限定ですが視点の制限が解除されるので高いところから見下ろせるようになりますよー
Lv99止まりなので行けるところは限られますが。
景色を探しにいく旅をするならぜひ・・・!
星明かり |  2018.03.25(日) 09:55 | URL |  【編集】

星明かりさんこんばんは,はじめまして。
拳聖のあれって自分の画面で見たら視界が広がるんだ。
なんか浮いてる人がいるなーって思ってたけど。

拳聖は廃人御用達というイメージがあって今まで一度も使ったことがなかったよ。
今度試してみよう。
えか |  2018.03.26(月) 00:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/1259-f0fb2566

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |