FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.09.15 (Sat)

孤影再び⑨

メガネのレンズの
塗装が剥げてしまった。
買い直さなきゃだ。

これってただのガラスか
プラスチックか何かだと
思ってたら,やっぱりちゃんと
コーティングしてあるんだね。

スティーブ・ジョブズだか
ジェフ・ベゾスだかは作り直しの
手間と時間がもったいないので
同じメガネを何十個と持っている
とかいう話を聞いたことあるような
気がするけど,この年になったら
視力が急激に変化することも
なかろうし,わしも同じメガネを
予備でいくつか作っておくかなあ。
こういうのって急に壊れるからなあ。

でもメガネって買い換えるたびに
どんどんレンズが薄くなったりして
技術の進歩が見て取れるから
その時々で買い直したほうが
いいんじゃないかとも思うし。
悩ましい。



そういやROでは公式ブログ
ワールド倉庫実装に伴う一連の
問題について声明が出されていたね。

少なくともブースターチケット
乱打は想定外の負荷だったと。

とりあえず痛み止め出して
経過観察しましょうなんてわしの
ヘルニアの診断みたいですね…。

おかげさまでわしのほうは
落ち着いてます,その節は
たくさんの励ましのお言葉
ありがとうございました。



話を戻して,ロックリッジマラソン
150周はさすがにええ…となるけど,
システムを悪用するユーザーが悪い! と
実装当初なんら禁止されていなかった行為を
いきなり公式ブログで吊るし上げるのは
いくらなんでもちょっと。

それを問題視するつもりなら最初から
いくらでも塞いでおけた穴だよね?
決して前代未聞の事態じゃないよね?



まあそのことは蒸し返しても
しょうがないし,過去の運営は
支援ツールの存在すら容認(黙認)
していたほどの懐の深いナイスガイ
だったにもかかわらず,ユーザーに
叩かれまくった結果どんどん態度を
硬化させてきた経緯があるので,
度を過ぎた運営への糾弾は百害あって
一理ないことをそろそろユーザー側も
理解すべきであり,必要なのは
対話と相互理解であるという
前提に立って話をすると,なんで
お願いベースなのか気になる。

可能な限りルールで禁止は
したくないということなのか,
あるいは新たなルールを回して
いくだけのリソースがないのか。

即座に柔軟な対応をするのが
難しいパブリッシャーの限界を
暗に示したものなのか…。



我々はこの運営の「優しさ」
あるいは「限界」を受け入れて
それにふさわしい大局観を持った
ユーザーへと成長すべきなのか,
それともこの運営の優柔不断と甘さが
ユーザーの間に強い不公平感を生み,
混乱を招いたとして彼らを糾弾すべきなのか。

利用者に過ぎない我々がこのゲームのことを
そこまで考える義理がないのは当然ながら,
一方で我々の大半はすでにいい大人であり
いい加減禁止されなくてもそれくらいの思慮分別は
持とうよ…といわれる立場なのも間違いない。



運営が時として見せるガバガバの施策は
彼らの怠慢なのか我々への信頼の証なのか。
検討の余地があるのかもしれない。

個人的な感想を言わせてもらえば,
クジパッケという名のギャンブルの
存在がルーンミッドガッツへの
愛郷心の発露を大きく阻害している。

これさえなければ,つまり
顧客単価至上主義を改めて,
ユーザー間の格差を広げ
競争を煽るよりも協働による
社会参加に意義を置いてくれるならば,
このゲームのために立ち上がるぞ! 
と何のためらいもなく言えるのだが。

どんなに穴だらけの施策だろうとも
よし分かったあとはおれたちに任せろ!
と胸を張って言えるのだが…。

もとよりROは運営の不手際を
ユーザー側の努力によって
補ってきたゲームなのだから,
そうすることに否やはない。

だからこそ運営にはぜひとも
社会的に妥当なビジネスモデルの
構築に力を入れてもらいたい。
それは運営にしかできないことだ。



■ 蟻地獄ダンジョン B2F (レベル129)

目標の130まであとわずか,
ということでついに蟻地獄2を解禁。
4649.jpg
R-Ground*3のエクセリオン肩と
土レジポのおかげで魔法は
完全にシャットアウト,
双方の攻撃射程の関係で
SBも飛んでこないので
怖いのは出会い頭のSB
だけという具合に,弓手は
蟻地獄とかなり相性がいい。

もちろん直属アリの複数セットに
囲まれたらゴリゴリ削られていくけど,
1セットずつ相手するなら非常に安定した。



ただし単体攻撃の悲しさ,
こちらは本体と取り巻きの
攻撃射程の差が災いして全部を
まとめて攻撃できないのがなんとも。

あるいは鷹ダメージを
分散させることなく
本体だけを集中攻撃できると
前向きに評価してもよいか!?

本来は取り巻きを何度も倒して
経験値を稼ぐことが想定された
マップなんだろうけど,本体だけ
倒していってもえらい旨いし。



4650.jpg
この多彩な属性塊を
見てるとゾクゾクしてくる。

運営(かみ)は言っている,
矢作成だけで生きろと…。



ところで。
4651.jpg



見ておくれよこの味わい深い風景を。
4652.jpg
こんな見晴らしのいいマップが
狩る意義のない状態で放置されてて,
暗くてジメジメした洞窟の中とか
幼女のトラウマを延々見させ
続けされるのってなんなの…
なぜROが持つ魅力を使わないのか!?
悲しい。



■ グラストヘイム 古城2F (レベル129)

かつての最終狩場,
ROの頂点…城2。

ついにこのマップに挑むときがきた。
己の限界を見極めるために。



ここはこれまでのマップの総集編といえよう。
4653.jpg
アンクルやCAで身の安全を確保し



4654.jpg
アロストで雑魚を蹴散らし



4655.jpg
MHではカモフラを使って敵を分断,
誘導して各個撃破していく。

これまで培ってきた知識や
技術が遺憾なく発揮できる狩場,
そうすることが報われる狩場,
これを最終狩場と呼ばずして
なんと呼ぶのか。



4656.jpg
そうまでしてもほんの僅かな
慢心が命となる,この面白さ。

混雑,横湧き,MH…予想できない
事態がもたらす突発的な危機,
それを乗り越えた時の充実感。

この一般フィールドならではの
楽しさを味わわずしてMMOで
遊んだといえるのか!?



4657.jpg
我々は強くなりすぎた。

この血湧き肉躍る戦いも
多くのユーザーにとっては
ボタン一つで片がつく単調な
作業に成り果てて久しいだろう。

サービスを続けるためには
過去のコンテンツを切り捨てて
インフレに次ぐインフレを
続けなければならないのだろう。

そうすることが楽しいというのなら
それはそれでかまわないのではないか。



4658.jpg
だが…もしそうやって
切り捨ててきたものの中に
いまなお色褪せない光を
見出したのなら,いま一度
それを手にとってみるのも
悪くない選択肢なのかもしれない。

「彼ら」の輝きは
いまだ失われていない。

どのように遊ぶかを誰かに
決められているわけでもない。

いまは混迷の極みにあるROだが,
だからこそ自分がこのゲームの
なにを愛したのか改めて
考えてみるのも悪くないだろう。



このようなことばかり書いていると
あるいはわしは懐古厨のように
思われているかもしれないが,
これでも少しずつ前に
進んでいるつもりだ。

ただ,他の人より進むペースが
ゆっくりなだけなんだ。
4659.jpg
だから…行くよ,新たな世界へ!



さあ130だ!
ここでついに新装備が解禁される!

嵐の弓は遠距離攻撃+30%という強力な弓。
普段はエルブンボウしか使っていないから
出番はなかったが,属性矢との相性は抜群,
特に従来の属性弓では対応できなかった
銀矢を併用したときの効果が大きそうだ。

本来は湾民用の弓っぽいけど,当然
レンジャーや影葱が使ってもいいだろう。

オークアーチャーの弓と並ぶ
汎用アロスト兵器としての活躍を望む。



そして大自然のスーツ。
5秒毎にHP+1500・SP+5で
敵撃破時にさらに回復し,
エンチャントまで可能という超装備。

こんなのが3Mで投げ売りされているという…。
現在のROのインフレぶりが伺える逸品だ。

そう,今回の本命はこれ。
すでに矢作成だけで
狩を回す算段は整った,
ならば次はこの大自然の
スーツでどこまで戦えるか,
この後ライオットチップや
ダークハンドといった中級装備を
入手するまでをどう凌ぐか…。

このもっとも楽しい時期を
調査することが新たな
目的だったのだ。



そして…… たんきゅうのたびは
はじまった



■ キワワ砂漠 01 (レベル130)

したらまずは同じく130で解禁される
キワワ砂漠の様子を見にいくかねえ。
4660.jpg
毒2となかなかに弱点が突きづらいコヨーテ。

防御無視攻撃の鷹メインである
弓手からすると可もなく不可もなくで
淡々と相手する感じ。

95%回避FLEEが415と
このレベル帯にしては高めで
木琴肩にしないといけないのが
やや厄介かな。

とはいえ250とかいう驚異の
MDEFを突破しないといけない
網タイツよりは相手しやすく,
こと単体殲滅にかかる時間に限っては
網タイツ>おじさんとなる気がする。

こういうのもモブの特徴としてはアリかな。
なんでコヨーテがこんなにMDEFが高いのか
納得いく設定は思い浮かばないけど。

なお,ここにも少なからぬ数が
登場する牛賊団についての話は
02の方でしよう。



4661.jpg
一方,大自然のスーツの威力は
目を見張るもので,回復剤を
使用しないで狩り続けることができた。

5秒毎にメコッメコッとHPバーが
突き出してくるのは不気味ですらある。
なんのエフェクトもなくいきなり
増えるんだもんなあ…。

ライオットありに比べるとDEF+500による
物理ダメージ半減がない分どうなることかと
思ってはいたが,鷹師は囲まれるような
戦い方はしないし普段行く狩場は
この1着で全部賄えそうな雰囲気。

ほんとこれが3Mって信じられんわ…。
みんなこの神装備を差し置いて何着てるんだ。



4662.jpg
キャクター族の住居を見ていると
ゴブリン族が思い出されるんだけど,
文化的な交流は…ないんだろうな。
運営はゴブリンのこと覚えてるのかな?



4663.jpg
クエスト用の収集品が落ちるものの
それらも自分で使う分の確保すら
覚束ないくらいだし,あまり金には
ならなさそうだ。

紫鉱石が矢になったら
神ゲーなんだけどなあ(チラッ



■ キワワ砂漠 02 (レベル132)

お次は奥の牛賊団の巣だ。
4664.jpg
ラウンドとサイドは怖い攻撃もなく
囲まれないように立ち位置さえ
気をつけていれば,新規スタートして
ここに来たばかりのキャラでも
十分に戦えるだろう。



4665.jpg
一方のブレードさんはね…。
170近い網タイツでも
普通に転がるからね。

どんなに再生力があっても
一撃死してはどうしようもない。



4666.jpg
そんなわけでアンクル先生に頼りましょう。
こうやって戦うとノーダメージで倒せるし
ブレードライダー戦がちょっとしたアクセント
というか中ボス戦みたいな感じになって
一気に楽しくなってくる。

こいつは足が速いがダメージを
受けるまではおとなしい(気がする)ので,
いったん彼を背負って足を止めてから
第2第3のアンクルを起きつつ距離をとって
攻撃開始! するといい塩梅だった。

しかしこのときばかりは
オルルーンでよかったと思ったよ。

ブレイザブリクでは横湧きが
すごくてとてもじゃないけど
こんなチンタラした戦い方は
できそうにないからね。



4667.jpg
02も現状では自分用のクエスト
アイテムを拾うので手一杯。

経験値も20M/hいくかどうかだし
まだまだ「覗いてみただけ」だね。

ここから160までかけてじっくりと
鍛えていけば稼げるようになるのだろう。

130の時点でも一応は狩れるように
なっている調整を評価すべきか。



いきなりトップ狩場に
駆けつけてしまって
今後はどうなるのか
一抹の不安を覚えつつ,続く。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

00:19  |  オルルーン  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

視力の変化はまだあります、老眼という節目が!最近眼鏡外したほうが取説読みやすいのに気づいてショックでした…

B鯖は毎日が阿鼻叫喚みたいですね>パッチスレまとめ ユーザー&運営が思ってた以上に人の移動が発生してしまったようですが、どう対応するんでしょうか?楽しみです(ぉぃ
元Idavoll住人グンマスター |  2018.09.17(月) 14:08 | URL |  【編集】

元Idavoll住人グンマスターさんこんばんは。
それ以上いけない。
裸眼で0.01とかいうレベルだからさすがにそれはないと信じたい。

ほんとどう対応するんだろうねえ。
わしも楽しみだ…としておこうか。
えか |  2018.09.17(月) 23:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/1309-58cea094

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |