FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.01.12 (Sat)

覚醒後のレンジャー狩場 ロックリッジ鉱山 01

今日は雪降るとか降らないとか
いってたけど結局降らないのかな。

少なくとも午前中は大丈夫そうだから
今のうちに出かけてくるとしよう。

ほんとに睡眠時間見直したら
土日の自由時間増えたなあ。



キャラクター
レベル167レンジャー

覚醒,サラマイン使用。

パッシブ狩
土矢15000/h,ハエ50/h消費。

アロスト併用狩
土矢15000/h,ハエ100/h消費。 

クラスター狩
改良罠1200/h,ハエ150/h消費。



ステ装備
パッシブ狩
4971.jpg



アロスト併用狩
4973.jpg



クラスター狩
4975.jpg



経験値時給
パッシブ狩
base 98.8M/h

アロスト併用狩
base 109.5M/h

クラスター狩
base 285.0M/h

(休日朝~夜,人・猫少々)



1時間の収集品
4990.jpg
今度はクラスター狩の分を載せる。
これだけあればしばらくは
クエスト納品には困らなさそうだ。

問題の猛毒の粉は3時間狩って
2個手に入ったかな。

消費量とクエスト報酬から考えると
明らかに設定ミスなんだろうけど,
皮肉にもそのおかげでレアリティが
維持されているという。
実際に売れているのかは知らないけど。



注意点
4991.jpg
キワワ砂漠では無害だった
ラウンド・サイドですら
すでにクッソ痛い。

ダークハンドDEFの上から
このダメージ,とても数は
抱えられない。



4996.jpg
ブレードは当然アンクル。
1個で倒せるか倒せないか
ギリギリのラインなのが熱い。



4993.jpg
なにより恐ろしいのがガスター。
普段は隠れていて見えないうえに
詠唱を中断できないQMが飛んでくる。

存在を認識できた瞬間に
最優先で潰さないと
事故死のリスクが激増。

ハエで飛ぶと状況が
全然把握できないので,
結果的に歩きながらの
索敵が多くなった。



雑感
今回もまたずいぶんと
面白い結果が出た!
こんな稼ぎになるのか!



とりあえず狩っていて思ったのは,
アロスト狩が一番苦戦した。

苦戦したというより本領を
発揮しづらいというべきか。
4994.jpg
2匹までならパッシブ狩と
殲滅時間大差ないし,
4匹以上を同時に相手して
チンタラ戦っていると
潰されてしまう。

したがって3匹同時交戦が
ベストなんだけど,この状況に
持っていくのがなかなか難しい。

MHに突っ込んで逃げ回りながら
道中にアンクル撒いて数を減らしつつ
3匹だけ確保するみたいな。
ある意味技巧的な狩といえようか。



4995.jpg
クラスターもまだまだ
本領発揮とはいえない。

この超火力を持ってしても
敵を倒すのにクラスターが
5発も必要になるからだ。

1セット=3発以内に
倒せるようになれば事態は
劇的に好転するのでは
ないかと思われるが…。

まずはINT120で熾天使と
灰羽が本気出してからだな。



4992.jpg
結果的に一番ノビノビと
戦っていたのはパッシブ
狩ではないだろうか。

1匹ずつ戦っている分には
非常に安定しているし,
完全単体殲滅型で100Mに
達しそうなのがほんと感動だ。
強くなったな…!



総じて,現在の火力耐久力では
ここ鉱山の敵を複数同時に
相手するには心許ない。

デスペナのリスクを考えると
キワワ砂漠に留まっていたほうがよい。
現時点の結論はそうなるだろう。

それはそれで興味深い結果だ。
範囲攻撃を持っていたとしても
打ち破れない壁がある。

身の丈に合わせて旧狩場に
留まっていたほうがよいことも
あるというのは,FLEEが
障壁として機能していた
古のAGIソロ最盛期のころの…
原初のROのデザインでもある。



そして…そんな中にあって,
ただひとつパッシブ狩だけが
その慎ましさのゆえに実力を
すべて出しきることができる。

この一筋の光明,ロマンの輝きに
胸踊らずにはいられない!
我々はまだ…戦える!



こうしてデータが出揃った今,
以前から抱いていた思いをより
いっそう強くせざるを得ない。

極端な優遇で他の選択肢を
潰してしまうプロ綿なかりせば,
課金装備さえなかりせば…
このゲームはいまも
そう悪いものではないと。



突出した火力を持つクラスターも
本来であれば装備欄の大半を
費やして得られるもの。

その火力も防御を犠牲にした
結果であると考えれば,これで
2,3人のパーティメンバーを
食わせると考えれば決して
出すぎたものではない。

むしろ少人数パーティ専用の
火力としては極めて妥当な
調整であることが分かる。

あまりにも妥当すぎて驚くほどに!
2,3で割ればピタリ,ソロの
時給と一致するではないか。



本来の罠師…黒羽UMCを
まとったレンジャーには
ここを単独で生き抜くだけの
耐久力はなかろう。

火力と耐久力を両立させ
ソロを可能に「してしまった」
灰羽なかりせば,どこに出しても
恥ずかしくないバランスだったのだ。



火力不足に悩まされるかに見える
パッシブ型も,防御を重視することで
そういったパーティ狩に比肩する
稼ぎをソロで叩き出せると
評価することもできる。

彼らは,いや我々は
すでに救われていたのだ。

アローストームも強力だが
すべてを1確するような火力に
至らなければそこまで大きく他の
狩り方を圧倒するものでもない。



思った以上にこの世界は
かつてのままだった。
壊れてはいなかった。

RR以降,少人数パーティが
メインストリームになるという
運営の見立てに沿うならば,
ソロでもパーティでもたしかに
同じだけ稼げるようになっていた。

ROを破壊したかに見えた
三次職…範囲攻撃すらも
「敵」ではなかったのだ。

彼らもまた調和の中にいた。
強敵を前に,苦戦し,傷つき,
辛酸を嘗めた…仲間だった。



この驚きが伝わっているだろうか!?
世界は壊れてなどいなかった!
我々は自由だったのだ。

プロ綿なかりせば!
課金装備さえなかりせば!

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

08:57  |  オルルーン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/1343-c83d21d1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |