FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.09.07 (Sat)

覚醒後のレンジャー狩場 幻想の北洞窟ルワンダ

いやーそれにしても今回は
えらい目にあったな。

あんだけ苦労して結局
収穫はないという。



それにしてもわしとしたことが
「マイクロソフトを信じるな」
というPC使いの鉄則を
忘れるとは…老いたものよ。

どこかで信じたかったんだよなあ。
過去には2000やXPのような
神OSを作り出した会社だ,
まさかいまごろになってこんな
罠パッチを当ててくるはずがないと。



最終的にどうしたかというと,
何が悪さしてるか
特定できなかったから,
セキュリティマンスリー
品質ロールアップを中心として
大半の更新プログラムを
パージしたんよ。
そしたら安定して。

入れたら不具合を起こす
品質ロールアップて
なんだよって。



で,さすがにこの状態は
まずかろうとは思うので,
2,3日に1個ずつ過去の
プログラムを当てていって
再起動が再発したら
完全パージという地道な
作業を繰り返している。

なんなのこれ,わしはPCの
保守業者かなにかか!?

マイクロソフトに金払って
ほしいくらいだわ。



一番笑えるのが
この作業が終わるころには
7が役割を終えてるってこと。

あはははは!
はぁ…。



キャラクター
レベル170レンジャー

覚醒,サラマイン使用。
火矢8500/h,水矢4500/h,罠200/h,ハエ20/h消費。



ステ装備
5191.jpg
典型的な「被弾自体を
避けるべき狩場」なので
防御は無視して火力に
突っ込んだほうがいいだろう。



経験値時給
base 113.0M/h

(休日朝,無人)



1時間の収集品
5192.jpg
コモドといえばエルオリが
ゴロゴロ出る金策狩場だったが,
今はその役割は新生ゴヴニュ
装備に託されたようだ。



注意点
5193.jpg
進入クエストは前回の
ネジリアン帝国と同じく
会話だけ。

行けるキャラはみんな回して
幻想の石だけもらっておこう。

しかしメガリスとかは
巨石族という生物
だったんだな。

珪素生命体…ARMSかな?



そしてコモドといえば
魔女メロシュプムと
魔剣を持つ剣士たちとの
戦争の話だけど,今回も
当然のごとくな~んも
触れられませんでしたネ。

いまこそMVPボスとして
魔女メロシュプムの幻影
みたいなのを出して,
イリュージョンテイルフィング
でも持たせる絶好の機会
だったろうになー。

やっぱり初期スタッフに
逃げられちゃったのが…。



そんで出てくる敵はというと。
明らかに遠距離攻撃職で
狩ることを想定しているようだ。
5194.jpg
メインの(?)メガリスと
フレイムシューターは
非移動型の遠距離
攻撃モブなので,
アウトレンジから攻撃すると
ノーダメージで勝ててしまう。

しかし出てくるモブは
軒並みATK5000↑,
95%回避に必要なFLEEも
遠距離型は580前後,
近接型でも530前後と,
アウトレンジから攻撃すると
楽というよりは絶対に
アウトレンジから攻撃しろ
という強い意思を感じる。



そして彼らの攻撃を
凌いだとしてもここで
真に恐ろしいのは
近接型モブの面々なのだ。
5195.jpg
ウータンファイターは
ガイルばりのSbrを
撃ってくるうえに戦闘が
長引くと爆裂してきて
手がつけられなくなる。

出会い頭のSbrは
どうにもならないが,
それ以降は絶対に
近接されないようにしたい。

おじさんには関係ないものの
リフレクトシールド持ちなので
ある意味彼がこのダンジョンの
性質を決定づけていると
いっても過言ではないだろう。



古代のスタラクタイトゴーレムは
成長途中で軽量なのか足が早い。

そこで真価を
発揮するのが
インデュア!
5196.jpg
5197.jpg
鷹のヒットストップを無視して
一気にアンクル3,4個を
踏み破ってくるのが怖すぎる!

そうして接近を許せば
スタンの嵐で即死コース。
ガチで弓手殺しすぎる。

ほんと遠距離から
スタン攻撃してるのかって
くらいグイグイ来るからね!

インデュア後の最初のアンクルは
踏み破られるものとしてとにかく
距離を取ることを考えよう。

幸いインデュアの持続時間は
長くないようなので2回目以降の
アンクルには普通にハマってくれる。



あとなにがいたっけか。
そうそうウータンシューターと
三葉蟲は距離さえ取っておけば
いつの間にか沈んでる。

この凶悪なダンジョンの
数少ない癒やしだ。



雑感
ほおお,そうきましたか。
種族もバラバラ,
サイズもバラバラ,
属性もバラバラと
ずいぶんとバラエティに
富んだ構成になってるね。

特に実装当初から
狩る価値なしとして
放置され続けてきた
ウータン族の戦士たちが
日の目を見たのは
喜ばしい限りだ。

苦節15年,とうとう
報われたね…。

ところでウータンファイターとかって
ウンバラの村にいる人達と
なんか関係あるのかな。

そもそも正式名称は
「ウータン族の村ウンバラ」
だったよね。
まさか…。



ダンジョンそれ自体のコンセプトは
「ほどほどの経験値と金銭が
バランスよく稼げる狩場」かな。

経験値はネジリアン
帝国にこそ劣るものの,
(敵をまとめて倒せない)
おじさんからみれば及第点だし,
イリュージョンゴヴニュ装備は
今でも高値を維持していて
一発逆転の夢もある。

敵のテリトリーに一歩でも
踏み込めば死,それさえ
避ければノーダメージという
セル単位のせめぎあいも
スリルがあって面白い。

属性が入り乱れているせいで
矢の持ち替えが必要なのも
アクセントになっている。

総じて弓手視点からすると
地力が試される楽しい狩場と
いえよう。



唯一の難点はここも
近接物理にはやたらと
塩対応ってことかな…。

正直なところ
リフレクトシールドって
必要だったかな?

この凶悪な攻撃群をかいくぐって
あえて近接で挑もうという
勇者に対してそういうのは
ないんじゃないかなあって。

RSなくても十分,後衛向きの
調整になってるわけだし。

反射に関しては本当にもっと
慎重になったほうがいいと思うよ。

MVPボスが最終奥義として
5秒間だけ使うとかそれくらいで
いいんじゃないかな。

前回もいったけど,
誘導の手法としては
極端すぎて面白くないよ。



なんにせよコモド-ウンバラ
近辺のモブは影が薄いのが
多かったからスポットライトが
当たってよかった。

フムガジャングルのあたりは
景観もいいしフェアリーフ
みたいに出てくるモブも
特徴的だしで,ぜひとも
オリジナルのマップにも
テコ入れしてくれたら嬉しい。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

18:05  |  オルルーン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/1387-6013e29a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |