FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.10.07 (Mon)

今日から始める社会貢献

ROから離れてずいぶん経った。
(実際の旅はかなり前に
 終わっていたのだ。)

おかげで1日が長くなった気が
するし,その分いろいろなことを
考えるようにもなった。

すでに半年前の出来事に
なってしまうけど,ヘルニアの
一件ではいつも以上に
周囲の世話になった。

家族,職場,そして
病院のスタッフの皆さん。

ここでも応援のコメントを
残してくれた人もいた。



これまではひたすらゲームの
中に逃げてきたわしだけど,
さすがにそろそろ現実と
向き合うときが…社会からの
恩恵に報いるときが
来たのかもしれない。

しかしこれまではネトゲ廃人として
ボロボロの生活を続けてきただけに
どこから手を付けたらいいのやら
見当もつかないのもまた事実。



そんな中いまのわしでもできそうな
社会貢献といったらやっぱり
地球防衛軍 3 PORTABLE - PSVita
D3PUBLISHER (2012-09-27)
売り上げランキング: 15,077

地球防衛なのかなあって。
がんばります!



というわけで新作ゲームの紹介いくぜ!
この地球防衛軍シリーズ,前々から
気にはなっていたんだけどなかなか
手を出すきっかけがなかったんよ。

だけどちょうどセールやってるのを
見かけて買ったらもう面白いのなんのって。

この世にこんな面白いゲームが
あったのかって驚いたわ。



地球防衛軍はその名のとおり
地球防衛軍の一員となって
宇宙からの侵略者である
フォーリナーを撃退するゲーム!
5200.jpg
こんなコッテコテのB級映画の
ド直球ストーリーを恥ずかしげもなく
全力で作りきってくれてるだけでも
涙が出るほど嬉しいのに



■ 民間人の護衛だの拠点防衛だの
  細かいことは一切抜き,時間制限も
  なしでただ敵を全滅させれば勝ち
  というシンプルなゲームデザイン

■ 洪水のように押し寄せる敵を
  木っ端微塵にする爽快感!
  敵どころか街ごと粉々にできる!

■ 役に立つんだか立たないんだか
  よく分からないヴァリエーション豊富な兵器!
  意外なところで意外な兵器が活躍するので
  いろいろ試す楽しみもたっぷり!

■ そんな兵器群も敵をひたすら
  倒していけばそのうち勝手に
  手に入ってるというハクスラゲー
  としての面白さも十二分

■ 難易度設定によってまったく
  異なる姿を見せるステージ!
  マップの形も敵の配置も同じなのに
  まるで別世界に迷い込んだようだ!

■ 饒舌で愉快で頼りになる仲間たち!
  守りたいこの笑顔!

■ 敵がアリとクモ




なんかもうさ,わしが寝てる間に
誰かが脳内をスキャンして
作ったんじゃないかってくらい
わし得すぎるわこれ。

正直面白いところありすぎて
どこから紹介したものか
頭がグルグルしちゃうけど,
なんといってもまず惹かれたのは
敵の多さとそれを一気に
吹っ飛ばす爽快感,これ。

四方八方敵に囲まれてどっから
手を付けたらいいんだーウギャー
っていうのがすごい好きで。

テトリスでいうなら超スピードで
一瞬のミスも許されない
レベル30よりもなんか
ゴチャアとブロックが並んでて
おいおいこんなのどうやって
均していけばいいんだよ…
とブツクサいいながらも
なんだかんだで25列消したんだから
これで文句ないでしょ! で終わる
レベル9のハイ5の方が好きなんよ。



その点このゲームは割と冗談抜きで
陸が3分でアリが7分なんてシーンも
けっこうあるし,一方でショットガンとかで
大体の方向に狙いつけてズドン!
してればまあなんとかなるからいい。
(なんとかならないケースも多々ある)

それがロケットランチャーだの
地雷だのになってくるともう最高。
5201.jpg
チュドーンの爆発エフェクト
とともに”アリ煙”が上がるのを
見てるとゾクゾクする。



そうロケランといえば建物も
吹き飛ばせるのがさあ!

それこそバイオハザードの
ころからずっと思ってたんよ,
ロケランとかショットガンとか
あるなら扉ぶっ壊して先に
進めばいいやんって。

それが扉どころかビルごと
粉々にできるからね。
これがもう楽しくて楽しくて。

戦闘そっちのけで無意味に
ビル破壊して遊んだりしてるわ。
5203.jpg
なに,損害の補填?
こっちは地球を守ってるんだよ!



街並みもかなり作り込んでてビックリする。
歩道やビルといった主要オブジェクトの
ほかにもガードレール,街灯に自販機と
細かいところまで作ってあるしコンビニや
オフィスの名前も丁寧に作ってあって
散歩してるだけでも楽しい(全部壊せる)。
5202.jpg
敵が出てこない散策モード,
いや哨戒モードか何かで
じっくり見て回りたいくらい。



単なるフレーバーじゃなくて
ビルの屋上から狙撃したり
民家に隠れて上空からの
攻撃をやり過ごしたりと戦術の
一環になっているのもすごい。

ペイルウイングという空飛ぶ
女の子の兵科だとマンションの
ベランダに引っかかってよく
ハマるのがご愛嬌だが!



仲間たちも魅力的だ。
この手のゲームの仲間って
空気かそれこそフレーバー的な
扱いなのかなって思ってたけど
普通に強くてびっくりした!
5204.jpg
ミッションによっては仲間の
戦闘をボーッと見てるだけで
クリアできちゃうようなのもあるし,
危険を押して仲間との合流を
急ぎたくなるような魅力がある。

いろいろおしゃべりなのもいいな!
合流したときのセリフも
「あなたが伝説のストームリーダー!」
みたいに敬意を向けてくるのもいれば
「また会ったな!」
と旧知を伺わせる隊員もいれば
「お前のことは気に食わんが…」
とツンデレしてくるのもいて反応が面白い。

演出の一環としてもバンバン
しゃべるから臨場感も出てる。

絶望的な戦況下で
パニックに陥る隊員,
「女王だ! 大きい―」
を最後に通信を絶つ先行部隊,
個々の戦場では勝利しても
人類全体としてはジリジリと
追いつめられていく様子を
告げる無慈悲なニュース…
そしてなにより最終ミッションの
通信が心を揺さぶる!



正直いって最初はなんで
こんなにダサいんだ…
もうちょっと垢抜けた感じに
できなかったのか…と
困惑してたんだけど,
何十時間もプレイしてると
いやこれじゃなきゃだめだ,
この泥臭さがEDFなんだって
なってくるのはなんでなのか。

兵器選択のBGMを
耳にしただけで
「フォーリナーのやつら
 この星にやってきたことを
 後悔させてやる!」と
闘志がメラメラと燃え上がって
くるのはなぜなのか!?



だいたい宇宙の果てから
やってくるのがアリとクモって
なんなんだよって。
ワクワクしちゃうでしょうがw

まあこの辺の文句は
ロバート・A・ハインラインに
言ってくれって感じだろうけど!

そうそう,宇宙の戦士といえば
このゲームにもちゃっかり
マローダーが出てきてて笑った。



5205.jpg
しかし運転が難しくてこれがまた。
戦車はだいたい横転して
置物になってるしヘリコプターは
明後日の方向に飛んでいくし
バイクはちょっとブレーキをかけ
忘れただけで粉々になってる。

せめてV100コングとATパトリオット
くらい装備させててくれよ!

たぶん使いこなせば
強いんだろうけど
わしには早すぎた…。



とはいえ手持ちの兵器だけで
100とか200とか種類があるから
戦いには困らないのだ。

中にはいったい誰が
これの製造を許可したんだ!?
といいたくなるような
珍兵器も多々あるんだけど,
いろいろなシーンで使ってみると
意外な効果を発揮するのもあって
トライアルアンドエラーが面白い。

さっきまでメッチャ苦戦してたのが
戦術と兵器を変えただけで
あっさりクリアできたりして,
「自分は地球防衛をするために
 生まれてきたのかもしれない…」
と勘違いしてしまいそうだ。



兵器には必ず一長一短があって
万能の存在がないのもいい。

特にこちらが無防備になる
装填時間の存在がこのゲームを
よりいっそう面白くしてると思う。

どんなに強力な兵器でも,
むしろ強力な兵器ほど装填で
無防備になる時間が長くなるから
その間なんとか凌がないといけない
というこの絶妙なバランス。

武器は2種類持ち込めるから
組み合わせも重要だ。

継戦能力,瞬発火力,射程,
攻撃範囲…ミッションによって
使い分ける必要があるから
「死に武器」がないのも素晴らしい!



個人的に好きなのは…
いやでもどの兵器も好きだな。

ショットガンやロケットランチャーは
狙いがいい加減でもダメージが入るから
初心者向けで楽…かと思いきや
前者は射程が短いし後者は
近くの味方に当たって巻き込みで
即死するケースが多々あったりで
やっぱり一長一短あるんだよなー。

死因の3割はフレンドリーファイアからの
巻き込まれ自爆ってほんと笑える。

人が気持ちよくロケラン撃ってるんだから
目の前に飛び出してくるなや!!



自動追尾の誘導ミサイルは
威力が控えめなのが難点,
といってもこれが強すぎると
狙いをつける意味がなくなるから
むしろいいバランスしてる!

狙いが正確になってくると
ライフル系統が真価を
発揮しだすのは面白い。

そのときそのときで拾った兵器を
順次試していくというスタンスで
臨んでるんだけど,これだと世界が
どんどん広がっていっていいね。



正直いってさ,わしは
半ば諦めてたんだ。

もう3Dゴリゴリのアクションゲーム
なんてついていけないだろう,
steamとかで昔ながらのドットゲーを
集めてこれからのゲーマー人生を
送るんだろうな,それも悪くないなって。

だが,そうではないことを
このゲームは教えてくれた。



いつの間にか体が覚えてるんだよ。
左でムーブ,右でエイム,ショット!
っていうTPSの動きをさ。

「どこがノーマルモードだよ
 こんなんでどうやって
 キャリアー落とすんだ
 マニュアルのほうが
 よほど楽だわ!」
とか一人でブツブツ
いいながらさあ!

びっくりした。
地球を守護らなければという
生物としての使命感が,
生きる意志がわしの眠れる力を
呼び起こしたのだろうか!?

そして確信した。
この地獄の酸の海を
乗り越えた暁には
きっと最新ゲームとも
互角に渡り合えるだろうと!
わしはまだ…戦える!



地球防衛軍はこの星のみならず
錆びついたゲーマーの魂をも
救ってくれた。

感謝しなければならない,
凶悪なる異星の侵略者たちに!
そして…EDFに栄光あれ!

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

21:10  |  地球防衛軍3ポータブル  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

懐かしいすなあ地球防衛軍
自分は4(Xbox版)をやりこんで、難易度インフェルノで武器集めしてましたな

お気に入り武器は数あれど、爽快感バツグンな30連装ミサイルランチャーや爆破範囲3kmに及ぶ超火力ダイナマイツにはお世話になりました(主に武器集めで)
セントリーガンの優秀なエイムや、スナイパーの超威力にもすこ
4は次世代機(当時)だったことから、グラもかなりキレイで、アリやクモがキモさ前回だったり、爆破エフェクトがキレイだったりしてましたわ

友軍ことごとく爆破やセントリーに巻き込まれて死亡していくのは涙なしには…
いややっぱおもろいすわw
アリの巣突撃で転がしまくったグレネードに構わず突貫していくのはちょっと…
ざくさん |  2019.10.15(火) 16:37 | URL |  【編集】

ざくさんさんこんにちは。
ざくさんさんもEDFの隊員だったとは!
地球は狭いものだ。

しかもインフェルノまでいかれるとはすごい。
わしもぼちぼち辿り着いたけど死にまくっててつらいですわ…。

アリとかクモとかVITAの荒目のグラフィックでもけっこうきついのに,これ以上リアルになってしまったらどうなるんだろう。
グラフィックの進化も考えものだ。

友軍は後半戦だと時間稼ぎの囮か敵ごとC70で爆破するためのデコイにしちゃって本当に申し訳ない。
ぶっちゃけ敵よりも主人公に殺される味方のほうが多いんじゃないかってくらいで。
地球のためなんだ…許してくれ。
えか |  2019.10.19(土) 12:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/1393-fc93824f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |