FC2ブログ
2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2020.02.01 (Sat)

PROJECT P

amazonの僕であるところのわしは
ご飯食べながらアマゾンプライムで
映画を見るのだけが生きがいなんよ。

で,いま見てるのが
プロジェクトA

ジャッキー,サモハン,
ユン・ピョウが揃い踏み!

香港カンフー映画界の
エクスペンダブルズだ。



いやーこれすごいね。
端的に申し上げまして,
開幕1秒の時点で
すでに面白い。

そんなんあるわけないじゃん!
て思うじゃない?

ラランラランラランララン
ランラランラランの
オープニングテーマが
聞こえた瞬間に
吹き出しちゃってさ。

なんなんだろうこれ?
前世でなにかあった
としか思えない。



とにかく密度がすごいんよ。
スピードもすごい。

あれ? いまのシーン必要あった?
と考えている間もなく物語が進むから
我々はジャッキーらの常軌を逸した
アクションを呆けて見続ける
木人となるほかないのだ。

よくよく見ると,ん? 
人体の限界どこいった?
てシーンも散見されるんだけど,
「それはそういうものです」
といわんばかりの躊躇のなさに
打ちのめされてしまう。



この圧倒的スピード感に
慣れてしまうと現代の映画が
間延びしているように
感じられてくるから危ない。
ほどほどにしておかないと…。

これに対抗できるのは
インド映画くらいだろうか?

そっちは完全に未知の領域だから
これから開拓していくとしよう。
頼むぜアマプラ!



そして話変わって。
いま地球防衛軍が熱い!
やめどきが見つからない!

せっかく夜10時にはパソコン
落とすようになったのに,
それからVitaやってるんじゃ
意味がないよおお!



5259.jpg
特にペイルウイングの序盤は
誘導兵器がメッチャ強いおかげで
無双も無双だからサクサク
進むのなんのって。

でもこのままだと射撃の
腕が落ちそうなので,
今回はあえて誘導兵器は
ほとんど使わず他の兵器を
色々と試している。



5260.jpg
その中で特に眼を見張る戦果を
上げているのがこのレーザー。

ペイルウイングのアサルトライフル
とでもいうべき中距離兵器で,
弾数が多いのと光学兵器らしく
撃った瞬間に射程距離いっぱいまで
一直線に伸びる攻撃が特徴だ。

実はこれ,1周目では
ほとんど使わなかったんよ。

序盤は誘導兵器が強力だし,
後半はレーザー自体の火力が
伸び悩むせいで,類似の
カテゴリと比べてもどうしても
見劣りしちゃってねえ。

これならイヅナ(電撃銃)の方が
火力あるし地底では跳ね返って
進むし使いやすいんじゃないかって。



でもそうじゃなかったんよ。
レーザーが本領を発揮するのは
敵から逃げつつ攻撃するとき…
このゲームの基本戦術である
引き撃ちのときだったんよ。

レーザーのもうひとつの特徴として
エネルギー消費が極めて少ない
っていうのがあってさ,これが
ピョンピョン逃げながら戦う
ペイルウイングのスタイルに
ピッタンコマッチしてたわけ。

エネルギーを攻撃ではなく
回避にほとんど回せるからね。

結果,レーザーは出しっぱなしに
しておいて後ろに飛び跳ねて
敵の攻撃をかわしながら
近づいてきた敵を片っ端から
落としていくっていう戦いが
可能になったのだ。

秒間60発という強烈な
ヒットストップで敵の行動を
阻害できるのもこの戦い方に
大きく貢献している!



しかも電撃銃とちがって
味方に攻撃が当たって
跳ね返って自分も即死!
みたいな悲劇もないし,
細く狭い攻撃は乱戦の中で
正確に敵だけを狙う撃つのにも
適しているんだなあ。



つまり…レーザーは
やればできる子だった。

わしが使い方を知らない
だけだったのだ。

といってもこれを使いこなすには
ある程度正確なエイムが必要と
されるから,1周目の時点で
レーザー強いよっていわれても
多分使いこなせなかっただろう。

こうしてみるとほんと
このゲームって
微に入り細に入って
調整されてるなあって。

なんとなく火力が低い
イメージだったレーザーだけど,
中盤くらいまでは普通に
並以上の火力があるし,
そもそも敵も種類によっては
高難易度でもサックリ落ちたり
するから,そこまでの火力は
必要なかったりするんだよね。

確実に敵を足止めして
安全に倒せるレーザーの
価値はそういうところにも
あったりするのかなって。



5261.jpg
そして,2周目に入って
特に意識しているのが
NPCとの共闘だ。

最初のころはこっちが
気持ちよくロケラン
撃ってくるところに
突っ込んできたりと
どちらかといえば
お邪魔虫的な認識で,
敵ごとまとめてC70爆弾で
吹き飛ばすことも少なく
なかったんだけど,
いてくれれば戦術の幅が
広がるしすごい頼もしいわ。

特に対空火力が優秀で
もうガンシップはほとんど
彼らに任せきり。



5262.jpg
これだけかき集めれば
NPCの弾幕だけで
敵は蜂の巣になっていく!



一方で主人公に比べて
非常に打たれ弱いので
彼らを守りながらどう戦うか?
っていうのがいいアクセントに
なっている。

効率だけを考えるならNPCは
盾か囮にしちゃったほうがいい
シーンも多々あるんだけど,
一緒に戦ったほうが面白いんよね。

これもやっぱり立ち回りに
慣れてきて乱戦の中でも
敵だけを攻撃できるように
なったのが大きいんだろうなあ。



やはり同じゲームを繰り返すと
以前は見えていなかった
新たな発見があって面白い!

特にこのEDFは奥が深くて
何度もやる価値はある!

このゲームを見初めた自分の
センスを褒めてあげたい(ニッコリ

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

09:27  |  地球防衛軍3ポータブル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/1412-e6bb783b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |