FC2ブログ
2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2020.03.22 (Sun)

異世界のんびり農家

やってしまった。
せっかくの連休だったのに
なーもしないで過ごしてしまった。

無為度マックス
怒りのデスニート!



せいぜい地球の防衛してた
くらいですよ…楽しかったけど。

いきなりハードはわしからすると
ほんとにいいバランス。

ほどほどに苦戦するけど
難しいミッションも
2,3回も挑戦すれば
勝てるようになってて。

このゲームの「旨味」だけを
うまいこと味わってる感じ。



なお堅牢
5263.jpg
(攻撃に使える兵器を使い果たし
 呆然と立ち尽くすストーム隊員)


ここまで遊んでみてやっぱり
堅牢だけは難易度がおかしい
という結論に達しました。

最終的には烈火ですら
そこまで無理ゲーとは
思わなくなってきたのに。

とにもかくにも堅牢は
運ゲー要素が強くて。

四足がマップの外まで
歩いていっちゃうとか
どうしようもない!

というかこれ四足本体より取り巻きの
新型ガンシップのが厄介だわ。
当てづらいのなんのって!



5264.jpg
まあベガルタで殴り合って
勝てるだけの技量を身に
つけたからよしとするか…。



おやお客さん,アリ退治の話は
もういいよ…って顔してるね!

しょうがないなあ,たまには
他の話すればいいんでしょ!



わしがついにスマホを
使い出したって話は
前したっけか。

でもラインもツイッターも
使い方が分からなくて
そのままにしてるんだけど,
唯一分かったのが漫画。

ニコニコ漫画ってのを
使うことを覚えましたよ。



いやー最近の漫画は
無料で見られるんだなあ。
F2Pの波がこんなところにも。

いうて元々出版業界って
雑誌は広告用に刷ってるだけで
単体では収支はトントンか
下手すりゃ赤字,単行本の売上で
挽回するというビジネスモデル
らしいから,雑誌部分は
いっそのこと無料にしたれ! 
という気概は分からないでもない。

というかそうでもしないと
この無料コンテンツの大海である
ネット社会ではやっていけないか…。



実際,漫画も全部無料
ってわけじゃなくて,
最初と最新話だけ無料で
あとは単話売り切りという
ペイパービュー方式だったり,
同じく途中部分は全部非公開
にして単行本への誘導をしたり,
あるいはもう全部無料にしちゃって
読者獲得に全振りしてるようなのも
あるしで,ビジネルモデルも
いろいろあって面白い。

どれが一番稼げるんだろう?
作者の知名度とか作品の人気
とかにもよってちがうのかな?

などと下世話な方向でも
気になってしまう。



しかし,なろう小説原作の
コミカライズの多いこと多いこと。

作品紹介の頭には
「原作総PV○○」とか
「原作はなろう小説で人気の~」
とかそういうのばっかりで
驚いてしまう。

なろう小説ってそんなに
売れてるんか?

たしかに近所の本屋でも
コーナーの一角を占める
ようになってたけど。

文庫本よりデカくて
単価も高そうだし
SNSで暇を潰せる
中高生が買うようにも
思えないけど,どういう層が
買っているんだろうか…。



そこを掘り下げると
闇の深い事実が
出てきそうなので
見なかったことにして,
この中でいま一番更新を
楽しみにしているのが
異世界のんびり農家」。

これはどんな作品かというと
異世界でのんびり農家をするお話です。



うそでーす!
神聖でもローマでも
帝国でもないのに
神聖ローマ帝国を
名乗る国があるように,
異世界のんびり農家も
異世界でものんびりでも
農家でもない。

じゃあなんだというと
「異世界のんびり農家」
という架空のゲームの
ノベライズもしくはコミカライズ。
この理解が一番しっくりくる。

なろう小説に慣れ親しんだ人なら
この前提は当然なのかも
しれないけど,そうじゃない人には
まずこのメタ理解がないと
なろう小説の多くに頻出する
荒唐無稽な展開についていけず
最初からつまづいてしまうかもしれない。



前提の話終わり。
というわけでこの作品,
ファーミング系のSLGや
サンドボックスが好きな人には
刺さりまくる面白さがある。

ジワジワと畑を拡張して
村人がジワーッと増えていって
舞い込むトラブルを解決しながら
運営を安定させていって…みたいな。

村人がいきなり数十人単位で
ドカッと増えたりするとあーこれは
ランダムイベントだなとか
最初に仲間になる狼とクモが
やたらと強くてこれはチュートリアルで
強キャラ引いたんだなみたいな
「ゲーム内の展開」を想像しながら
読み進めていくのがなお楽しい。

初期には吸血鬼や天使みたいな
強ユニットを配置しておき,
ゲームに慣れてきたころに
獣人やケンタウロスみたいな
やや使いづらいユニットを
配置してうまく活用してねって
なってるあたり,なかなかに
レベルデザインも優れている。



特にこの手のゲームは
時間泥棒で数百時間なんて
あっという間に吹っ飛ぶし
「こういうゲームで遊びたい!
 でもその時間がない!」
という人にとってはゲームを
している雰囲気を味わえるので
非常にいい。

逆にそういうゲームがあまり
好きじゃない人にしてみれば
(本来はもっと尺をとって
 表現してほしいと思える
 ウェットな人間関係も)
淡々と流れていくし,それこそ
ゲームのプレイログというか
リザルト画面を延々見させられて
いるような展開に感情移入が
しづらいかも。



いちおう主人公の周囲は
美女だらけでハーレムといえば
ハーレムなのかもしれないけど,
異世界のみなさんはかなり
打算的というか現実的。

主人公は美女にモテモテ! 
というよりは異世界に転移した
人のいい現代日本人を
強かな現地人がいいように
こき使っているという構図に
見えなくもなく,正直この主人公
みたいになりたいですか?
と聞かれればうーん…
ネットもアイスもないし。

そういう意味でもこの作品の
主人公である街尾火楽さん
(過労死したサラリーマン)
もユニットの一人にすぎず,
冒頭にチョロっと出てきた
神様こそがプレイヤー
=読者なのかもしれない。



実際こういうゲームが出たら
いろんなキャラを操作できる
ようにしてほしいな。

わしならリザードマン選んで
村長の庇護下で眷属を
増やしまくるわ。

生態が他の人型ユニットと
かなり異なるから利害が
かち合うこともあまり
多くないだろうし,村に
何かあるととりあえず
呼び出されるくらいに
村長からの信任も厚いし,
強い個体は村内でも
上位層にギリギリ
食い込めるくらい
伸び代もあるし
使い勝手よさそう。

タクティクスオウガでも
だいたい前衛はスケルトンと
リザードマンだったしなー。

ホワイトナイト?
あれは後衛弓手なので…。

この作品だとリザードマンは
なぜか天使の従者扱いだけど,
やっぱり移動タイプを低空+水中
にしてユニットの行動範囲を
広げるためなのかな?
とか妄想が広がる。



そんなわけで全巻
一気に買ってしまった。

ああなるほど,こうして
読者を増やしていくわけか。

テーマ : アニメ・コミック - ジャンル : アニメ・コミック

22:44  |  漫画  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

えかさんのところでそのタイトルを目にするとは思わなんだ。
取り敢えず槍投げて鍬で耕しておく。
ふぉにー |  2020.03.23(月) 22:16 | URL |  【編集】

ふぉにーこんばんは。
ふぉにーはなろう業界にも手を出してたんか。
本棚えらいことになってそうだな。

あの無数の作品の中からどうやって気に入った作品を見つけてくるんだ?
えか |  2020.03.29(日) 20:54 | URL |  【編集】

面白そうなら、なろうだろうがBLだろうが手を出しますぜ。

なろうは基本Webなので、滅多なことじゃ書籍には手を出さないから大丈夫だし、そもそも最近だったら電子書籍の比率も上がってきてるなぁ。

因みにこの作品に辿り着いた経緯はもう覚えてないや。
多分、「なろう おすすめ」みたいなキーワードで検索していたかも。
あとは、なろうだと作品の下部に「この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!」にみたいなのが表示されるからそこからだったかも?
ふぉにー |  2020.04.10(金) 23:03 | URL |  【編集】

ふぉにーこんにちは。
わしもキンドルの割合がずいぶん増えたなあ。
紙の単行本なのは昔から買い続けているジョジョとかキン肉マンとかだけになってしまった。

なろう作品って星の数ほどあるし作者と読者のマッチングもなかなか大変そう。
「なろう おすすめ」でも大量に出てきてわろう。
一発で中身が分かるようにとタイトルがクッソ長くなるのもむべなるかな。
えか |  2020.04.12(日) 12:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/1419-926219e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |