2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.08.25 (Sun)

ROがおわる頃に 解答編

【CEDEC 2013】基調講演・ガンホー森下一喜氏が語る「開発讃歌」

「つまらなかったら創り直す! ちゃぶ台返しだ!」

うぬか,ROを殺めしはうぬか(作画山口貴由)。
あーやっぱガンホーにも理想のMMO像みたいなものがあったんだなー。
なんで毎回積み上げてきたものをオシャカにしていくのか
不思議でならなかったけど,その理由がよーく分かった。
ガンホー自身がその出来に満足してなかったわけね。
気難しいラーメン屋のオヤジみたいだな。
別にわしらは今の味で十分なんですけど。



森下氏は過去に運営だけを任され、開発したくても開発に手を付けられず辛い思いをしたことから、コンテンツ(開発)とサービス(運営)の一体化が大事だと語った。

どうみてもROです本当にありがとうございました。
てかROは過去の話なんだすでに。

もともと描いていたイメージが重力との交渉の中でまったく実現しなかった,
だからとうとうブチ切れて自分たちでいじれる範囲を好き勝手いじくり回すようになった…。
パズドラのヒットのおかげでROは適当に弄ってもよくなったからこそ,
着実な集金より理想像を優先させることができるようになったという点と,
年々PCオンライン部門の収益が下がりつつある現状を踏まえて
何らかのテコ入れを行わなければならない点…
RR,RRRの背景となっている事情もおぼろげながら見えてきた。

もうROでガツガツ儲けなくてもよくなったから,テコ入れにかこつけて
最後くらい好きにやってみようぜってことだったのね。
勝手に最後の大博打に巻き込むなよ!?
R前には及ばないにせよ,R後期もRRもそれなりの完成度あったんだからさ。
ちょっとずつ,地道にブラッシュアップかけていけばよかったんだよ。



また森下氏は自身を「天邪鬼」だとして、人と同じことをやりたがらない傾向があり、常識にとらわれない、右斜め上を常に狙っているという。また天邪鬼なので、データや分析に流されず、我が道を行くような、作りたいものを作るという本質的なものを大事にしたいと話した。

ユーザーの意見に耳を傾けたり,まともな調整をしない理由も理解できたし,
やたらとユーザーに対して攻撃的な文章も
「自分たちは面白いゲームを作りたいのに重力や想定外ユーザーが
 足を引っ張ってやりたいことができないんだ!」
という被害妄想に基づくものなのだということが分かった。

すべては面白いゲームを作りたいがためだったんだな。



だが…開発段階ならともかく,すでにリリースしたゲームでそれをやるか?
大半のユーザーは,消極的にでも現状を肯定しているからこそ
そのゲームで遊んでいるわけで,それをガンホーの理想像のために
振り回されたらたまったもんじゃないと考えるとまでは推測できないのだろうか?

R化でR以前の状態に適応していたユーザーをふるい落とし,
RR化でR化に適応していたユーザーをふるい落とし,
RRR化でRR化に適応していたユーザーをふるい落とす…。
誰のためのゲームなんだ?

何度もいうけど御社の創りたい物なんざどうでもいいんですよ!
ユーザーが遊びたくなるものを作ってくれ!
どうせやるならR前まで戻したらどうなんだ!!



なーんちゃって。
実はわしだけに限っていえばR前もRもRRもRRRもそれなりに楽しんでるので
RRRRもRRRRRもどんとこいってな感じなんだけど。

おそらく,(今は稚拙きわまりないとしても,今後も継続的に)
独自調整を重ねて運営のノウハウを貯めこんでいけば
ROは「面白い」ゲームになっていくだろう。
(皮肉にも,R以前の成功にあぐらをかいて保守的になったり「しない」
 ガンホーの挑戦的な姿勢とそれがもたらした数々の失敗が,同社の血肉となっている。)
まだ全貌が見えていないけれども,RRRはRRよりマシに見えるし,
RRはRよりマシだった,ゲームの内容(の一部分)だけを見れば。

ガンホーは過去の罪を贖おうと必死に努力している。
ゲームシステムの拡張限界に到達したという重力の説明に押し切られてR化したものの,
その内容については危惧するところが多かったのか,
日本独自仕様というものを強く打ち出しているし,
その後もライトユーザーにとってレベリングが困難だと感じたからこそRR化したし,
RR化でレベリングがしやすくなりすぎたからこそRRR化しようとしている。

結果論としてはR化を拒んでなにもしない方がマシだったし,
モブの経験値をいじるより経験値テーブルと公平圏を
見なおすほうが先だというツッコミもできるが,
ガンホーができる範囲でその都度問題解決を図ろうとしてきたことは確かだ。
(4月のファン感謝祭での血涙ばら撒き→珍殺しの流れなんかは擁護のしようもないが)

ただ,ユーザーはそのために自分がモルモットにされることを望んでいない。
我々はもはやテスターではなく,カスタマーなのだから,
安定した,完成されたサービスが,変わらぬ日常がほしい。
そう考えているから,プロの綿密な調整には目もくれずに辞めていく。
ぶっちゃけ毎度毎度の変更に食いついていくのが面倒なんだよ。
食いついていくだけの熱心なユーザーの大半はBOTの放置や
RORでの脳筋ヌルゲー化に嫌気が差してとっくにROを見限ってるだろうし。



自身のインタビューでいってるように,
MMOの面白さは接続者数の多さで決まるんだよ。
仮にどんな神修正であろうとも,
それで人が減るようならやっちゃいけないんだ。
ユーザーがみんな自キャラの強弱よりもゲーム全体のバランスを考えて
痛みを引き受けられるようなフェアプレー精神あふれる人間とは限らないし,
ガンホーのパッチの意図までを理解してくれるような心優しい人間とも限らないのだから。



創造のためには破壊が必要なのかもしれないし,チャレンジするのも悪いことではないだろう。
悪いことではないが,せめてテストサーバーとしてサクライJを永久実装して
そこでの結果をフィードバックするとか,やり方があるでしょうに…。
って,データや分析はご覧にならないんでしたね。
だめだこりゃ。



それにしても,ガンホーがROと我々の屍を基にして
ここまでの教訓を得たのだと考えると,なんとも趣深いインタビューだ。

わしらはこのままROとともに消えていく運命…。
だが,いつか…いつか完全なMMOが現れる…。
わしらの…わしらの課金(たたかい)はムダじゃなかった…!
そうさ,決して…ムダではなかった…はず…。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

09:26  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

なんとも感慨深い記事をありがとうございます!
リンク先で自分が感じたことは一言で言うと「茶番」でした。
ネジ飛んでますねw

ゲーム会社ってのはすべからくベンチャーだし、経営の根幹に着実な財務とかは無いと思いました。
100 or -100 の世界で行くには少々どころかかなりネジが飛んでいないといけないのだと感じました。

損益の観点で言えばオンライン事業の足を引っ張っているのは支出であり、他コンテンツであると思います。
オンライン事業の売上が33億に対して3700万の損失って、計画的やと思います。セグメントの線引きは企業が決めますしね。(書き過ぎて迷惑掛けてすみません)

ROがどうなるかは断定できませんが、終わるまでは全力で楽しむっていうのがえかさんのブログで得たことなので自分も最後の瞬間まで躍らせて頂きますよ!!!!
イスタンコ |  2013.08.25(日) 01:58 | URL |  【編集】

イスタンコさんおはようございます。
どうもこのCEDECちゅうんはゲーム開発者向けのカンファレンスのようなので,おそらく名刺交換がメインであわよくばガンホーにスポンサーになってもらいたいっていう方が参加されているんでしょうなあ。
話す側もそのへん分かってて,内輪ネタというか,ジョーク半分の話しぶりですね。
茶番も茶番。

ただ,わしらはガンホーとの付き合いが長いので,ドヤ顔で話している講演の内容に対して「お前が言うな」的なツッコミを入れながらニヤニヤしてました。
RO廃人だけに許された楽しみ方ですね。

記事本文では茶化して書きましたが,常識や合理性にとらわれない破天荒がガンホーの魅力だと思ってます。
おっしゃるとおり,ベンチャーたるものこれくらいネジが飛んでないと勤まりますまい。
ぜひともこのまま右斜め上に突き進んでいただきたい。

ROはMMOの長兄として他の爆死したMMOのために働かないといけない(かった)立場ですからねー。
北斗の拳オンラインの損失補填とか,いつ終わるのやら。

というわけで,そろそろ締めの合言葉いきましょうか。
私はROを続けるよ(キリッ
えか |  2013.08.25(日) 10:17 | URL |  【編集】

あの記事の感想を一言。

RO2で好きなだけ弄って理想のゲームを作ってくれ。

と言いたいです。

いぶき |  2013.08.26(月) 12:49 | URL |  【編集】

いぶきさんこんばんは。
確かに10年選手のロートルをいじくるより,1から作ったほうが楽だろうにね。
ガンホーもROに愛着あったりするのかね。
えか |  2013.08.26(月) 23:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/620-52bec8b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |