2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014.04.20 (Sun)

ダン←ダム プレイレポート 10人いる!②

深淵の門
ついにダンダム最強の魔力源,魔竜ファフニルが姿を現す。

ファフニルの何が恐ろしいのか。

1 本体がやたらと強い
2 ダンジョンの奥深くに潜んでいる
3 本体のさらに奥にものすごい勢いで雑魚を生み出すゲートがある
4 ファフニルにもゲートにもダムの放水が届かない
5 破壊したゲートがファフニルの魔力で毎日復活する

これ。

つまり
「生半可な戦力では大量の雑魚に阻まれて魔力源にたどりつくことすらできず」
「運よく本体と接触できても猛攻に晒されてあっという間に消し炭にされ」
「攻撃に耐えぬいても尋常でない体力を削りきることができずに時間切れになる」のだ。
さらに
「ダム放水での雑魚の駆逐」「ゲートを排除しながら徐々に勢力圏を拡大」
という従来のセオリーが通用しないというおまけつき。

圧倒的火力で雑魚ごと本体を(1日以内に)叩かないと
いつまで経ってもクリアできないのである。

こいつの攻略には,どうしても侵攻3部隊のフルメンバー=12人が必要になる。
すると,残りは5人。
この人数でソワサントの街を,6施設を防衛しなければならないのだ…!



騎士マクサ
「話は聞かせてもらった。
 やはり防衛は難しいようだな。

騎士マクサ
「いや、気にしなくていい。
 こうなることはわかっていたんだ…。

騎士マクサ
「よく聞いてくれ…。これから
 街の施設を1つだけ残してすべて潰すんだ。


シオン
「!!

騎士マクサ
「こうなることを予想されていた
 市長様のご命令なんだ。

シオン
「どうして? いったい、どうしてッ?
 何故なんだッ、理由を教えてくれッ!!

騎士マクサ
「市長様はこう申されていた…。


カーウェイ市長
『…ファフニルがすんなりと
 討伐できるなら何も問題はない。
『しかし、侵攻3部隊が行ったとて、
 やつは装備もろくに整っていない部隊に
 敗れたりはせんよ。
『そのとき、おまえは防衛失敗を
 装い、施設を一つだけ残してすべて潰すのだ。

騎士マクサ
『な、なんですとッ! 我が同胞を
 殺せとご命令になるのかッ

カーウェイ市長
『落ちつけ、マクサ。おまえは
 頭のいいやつだからわかろうがッ。
『よいか、ファフニルとの戦いに
 勝つには、これまで以上に我々、
 ソワサントの団結が必要なのだ。
『5施設が魔物によって
 滅ぼされたとあれば、他の施設にいる
 防衛部隊は否応もなく最後の1施設を
 守らざるを得まい。

騎士マクサ
『し、しかし…

カーウェイ市長
『それに、最後の1施設が残っている限り
 ゲームオーバーにはなるまいよ。
『いずれにせよ、我々は戦力を侵攻部隊に
 集中しなければならなくなる。
『町を捨てることで初めて勝機を
 得られるというわけだ。

騎士マクサ
『しかし、彼らは
 黙ってはおりますまい…。

カーウェイ市長
『そのときは、お前が…。



騎士マクサ
「…従ってくれるな? こうしなければ
 ソワサントに明日はないッ!

ェァ 1.…わかっています。
   2.馬鹿なことはやめるんだッ!




などという選択肢が出てくることはまったくないのだが,
昼パートのストーリー進行とはぜんぜん関係ないところで
今このプレイは最高の盛り上がりを迎えようとしていた。
5人で6施設を守るのは難しいが,1施設に貼りついて生き延びることは不可能ではない。
となれば…。

さあ,第1回ソワサント事業仕分けの開幕だ!!
生き残るのはどの施設か!?

通常のプレイであれば,真っ先に選択されるのは酒場だろう。
だが今回は酒場のレベルは1,雇用人数が増えることもない。
HPMP回復効果はポーションで代用できる。
つまり,酒場の重要性はガタ落ちしている…!

とりあえず,最下位は満場一致で養生所。
ポーションは買い貯め可能だからだ。

ダムも強力だが,最悪,魔力源討伐までに
1発放水できればお役御免なので残念ながら選外。

倉庫は個人的には大好きだが,最優先というわけでもない。
照明による命中補正は,その気になればリーダースキルで代用できるしね。
でも個人的には大好きだ。

研究所。
素材の精錬なんかはしばらく止めておいても問題ない。
砲術士,ガンナーの攻撃力半減は痛いが,
深淵の門のメインダメージソースは魔法だし,我慢できよう。

となれば,武器耐久度の減少を防げる鍛冶屋か。
2,3日武器を直さなくてもそこまで致命的な事態にはならないだろうが。
順当なところではあるかな…。

ただ,酒場にはさらに重要な機能がある。
不満が爆発したユニットの再雇用だ。
万が一ファフニルの撃破と街の復興に手間取っているときに脱落者が出て,
彼らを再雇用できないとなったら目も当てられない。
うーむ,どっちにするか。

よし決めた,防衛部隊の判断に任せよう。
養生所とダムを除けば,どの施設も重要度は似たり寄ったりだ。
ならば現場にすべてを委ねようではないか(理解ある上司)。



肚は決まった。
あとは実行あるのみ。

まずは実際にファフニルを倒せるだけの強力な部隊を作り上げないといけない。
アロンダイト,ルーンスタッフ,+5尖鋭鉄槌,+5尖鋭カタール,+5必中ウィッチワンド,
+5尖鋭削り双大盾,+5尖鋭和弓,+5尖鋭フリント,そして+5的中マグカノン。
我が部隊は一騎当千,各人が兵器となった!
戦争に祈りを捧げる死の司祭だ!

さらにウォリアーのイザークを解雇し,砲術士を補充。
学者だのポーターだのといった無駄な贅肉をそぎ落とし,
破壊と殺戮に特化した今回の部隊。
こと侵攻にかけては過去のいかなる部隊にも遅れを取らない!

職人が1人しかいないため武器の素材が集まるか心配だったが,
部隊の人数がそれを上回る少なさだったためにうまく機能したようだ。
ここまで少人数だと素材の合成をガンガン狙っていけたのも大きい。
ついでに,研究所,倉庫,鍛冶屋,養生所に投資して5レベルにしておく。



準備は整った。
ついに決戦のときだ。
ソワサントの運命は選ばれた12人の戦士に,
いや残された5人の戦士に委ねられた。

侵攻 サヤノ,カージィ,エーデル,ブースター
侵攻 マクサ,ウォリアー,ウィザード,シーフ
侵攻 オブリ,ウォリアー,トリニティ,シーフ
防衛 砲術士,アーチャー
防衛 砲術士,メーネ,職人

制限時間が残り2割を切ったところで,ついに侵攻部隊が魔竜を捉える。
戦いを挑んだのは…マクサ隊だ!

さすがにファフニルは強い。
その辺の雑魚には400,500と大ダメージを与えるマクサも,
この魔力源に対してはダメージが1/5,下手をすれば1/10以下にまで落ち込む。
圧倒的存在感!
これでこそボスだぜ。
まるでバーサクのないFF2を遊んでいるようだ。

だが,この部隊に配属されていたウィザードだけは別だった。
彼こそが対ファフニル用のリーサルウェポンなのだ。

アイスランスがクリティカルし,600ものダメージを与えると
ついにこの最強の魔力源も地に崩れ落ちる。
倒した…!
ウィザードが編入されていた部隊に当たったのは幸運だった。

一方,地上では決死の防衛が展開されていた。
個々の戦闘においては敵を圧倒する砲術士も,
オームの群れに相対した巨神兵さながら
物量に押されてジリジリと後退し,街の破壊を許していく。
どうした! それでも世界で最も邪悪な一族の末裔か!
焼き払え!
焼き払えええぇぇ!

残り5,4,3,2,1…。



翌朝,エルアがリザルトを報告する。
どうなったんだ最後は!?

養生所の損耗率…98%!
破壊された施設の数…0!!

うおおおおおおおおおおお!!!!
エイドリアーン!!
ガン! ガン!(壁を叩く音)

正直,ファフニルは倒せるだろうと思っていた。
すでに書いたとおり,侵攻部隊だけは十二分に用意したからだ。
だが,ゲートがフル稼働している深淵の門で,わずか2部隊,
たった5人が街の6施設をひとつも落とすことなく防衛しきるとは…。
わしの予想をはるかに上回る結果だった。
震えが止まらん。
この快挙は,わしの記憶に永遠に刻まれるであろう。

これでクリアの障害となるものはなくなった。
このまま一気に突き進んでくれようぞ!
17:26  |  ダン←ダム  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

アツいっ!
ゲーム一度もやったことないのにレポだけでここまで読ませるとは・・・
あーる |  2014.04.20(日) 18:04 | URL |  【編集】

えかさんの文章はいつも心を震わせてくれますね。
震撼!圧倒的震撼!!

最近はブログ巡りの一番最後に読む程に楽しみにしています。
一時期のジャムプでのDBのような。

毎回ドキドキワクワクでほんま最高の文章をありがとです!!!!!!

砲術士=マグカノン=巨神兵=サガ2のレオパルト2並の破壊力まで勝手に想像して読んでましたw
イスタンコ |  2014.04.21(月) 10:13 | URL |  【編集】

あーるさんこんばんは!
あるんだぜ,一寸のワゴンゲーにも五分のクライマックスが!





イスタンコさんこんばんは。
大層な地位にあずかりまして光栄です。
光栄ですといえば,昔のFFの記事にもコメントを頂きまして光栄です。
書いた本人すら覚えていないような記事にすんげー長い拍手コメントがついてるから何事かと思ったらイスタンコさんでした。
光栄です。
これであの記事も迷わず成仏してくれると思います。

最後には,夢の中でゲームが遊べる時代がやってくることを願って…!
えか |  2014.04.21(月) 20:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/723-407cccf8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |