2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.04.23 (Wed)

ダン←ダム プレイレポート 10人いる!③

光明宮
破壊された施設の数,4。
消化試合になるかと思われたこの光明宮は,
予想だにしない苦戦から始まった。

原因は明白だった。
ファフニル戦と同じ編成で臨んだから…
はじめから攻撃に偏りすぎたからだ。

このダンジョンの魔物たちは,大部分がダンジョン内を移動することなく,
自身を生み出したゲートの近くにある抜け穴から直接ソワサントの街を狙ってくる。
つまり,侵攻部隊がゲート破壊のついでに交戦して
頭数を減らしていくという戦法が取れないのだ。
また,ダンジョン内の滞在時間が短いため,ダムの放水でも流しにくい。
そう,この光明宮こそ慎重に慎重を重ねて防衛に努めなければならなかったのだ。

リセットし,防衛主体の編成にすれば対応することもできただろう。
だが,己の判断ミスへの戒めとして,あえてこの結果を甘受することにした。
それに,そんなことをすれば,死に場所をこの地に定めた
地底の戦士たちに会わせる顔がないではないか。
わしはそこまで野暮ではない。



(3日後)
そこには元気に走り回る酒場とダムと倉庫と養生所の姿が!

…こうやって挽回するのも楽だしね。
たとえ完膚なきまでに破壊された施設も,
4人部隊で補修すれば1日で復活する。
これ豆な。
だからこそ,深淵の門のときに考えたような戦略も成り立つわけだ。

しかし,こうしてみると個々のダンジョンには
それぞれしっかりとしたコンセプトがあったんだな。
いつもは数の暴力で押してたから気づかなかったが,いやはや驚いた。

1日目,すでにゲートを残り2つまで押し込んでいたので,
ここから先はじっくりと体勢を整えるとしよう。
といっても,もう武器も買い換える予定もないし,
昼パートのイベントが終わるのを待つだけなんだけどね。

お,そうだ。
「魔竜を屠りし」ウィザードのナタナくんの栄誉を讃えて,
ボムマジシャンの職位と憤怒の5号ブレイズを進呈しておく。

魔力源の出現後,2回目の侵攻。
侵攻2部隊,防衛4部隊により,道中のゲートを破壊しながら
2日間にわたって行われたそれは,きわめて平穏に終わりを迎えた。
逆にそれが編成の,戦略の重要性を物語っていた。

3日目,魔力源である最後の地底の戦士はマクサの剣に倒れた。



テレード
ついに最終ダンジョンだ。
ここまでくればもう付け加えるようなことはない。
我が最強の10(+7)人部隊は,必ずやこの古代の超兵器を打ち砕き,
3ヶ月近くに及んだ悪夢からソワサントの街を解放するだろう。

侵攻 ウォリアー,サヤノ,シーフ,オブリ
侵攻 ウォリアー,マクサ,シーフ,トリニティ
防衛 カージィ,エーデル,ブースター
防衛 砲術士,職人
防衛 砲術士,メーネ
防衛 アーチャー,ボムマジシャン

テレード内への侵攻を開始して6日目,この予想は現実のものとなった。



終わりに
味方の数に合わせてゲートの数を減らす。
この発想に至ったのが今回のプレイの最大の収穫だった。
そして,そのような状態にあったとて,
十分な数の素材を確保できるということも分かった。

この発見はこれからのプレイに革命をもたらすだろう。
ことゲームクリアにかけては,人員の増強は不要だと証明されたのだから。

だが,戦力の蓄積自体が無駄というわけでもない。
キャラクターの育成を楽しむ,という遊び方もあってよいし,できるようになっている。
思うまま遊べばいい。



今回でダン←ダムの記事はいったんお開きとするが,
最後にひとつだけ言わせてもらいたい。

我々の心の中のダムが好奇心で満たされている限り,
このゲームはクソゲーからはほど遠い。


そのことをご理解いただけたのなら,これにまさる喜びはない。





大切な物なんて
それぞれの人が決めていく世界で
何を選んで何を求めることが
自分の人生だから(メンドクサイ!)


主題歌『ダムに恋して!』から
20:17  |  ダン←ダム  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

最後の一文・・カッコ良すぎて鳥肌立ちました。
一つの事にこれだけ集中して向かう事自体が、夢中になれる幸せなんやと感じました。

えかさんの文章は心震えます。

ある意味、縛りプレイこそが至高の楽しみ方やなぁと確信しました。

あっ、自分もROでは縛りまくってますねw
イスタンコ |  2014.04.25(金) 10:53 | URL |  【編集】

どうもこんばんは。
全部のゲームでここまで楽しめるかというとそういうわけでもないので,わしとダンダムの相性がよかったようです。

このゲーム,普通にプレイする分には非常にヌルいゲームなんですが,たぶん慣れたユーザーを基準にハードなゲームを作るよりも,こうやってゲーム自体は緩く作って,自称玄人は勝手に自分でハードルを上げていったほうが,みんな幸せになれるんじゃないかなあと。

というか,縛りのやばさでいったらイスタンコさんのほうが遥か上ですわ。
常人の進む世界ではない…!
えか |  2014.04.25(金) 19:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/724-1220f15a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |