2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.05.23 (Fri)

メタルマックス2リローデッド⑥

デルタ・リオとイスラポルトの街中の散策がまだだった。
ほんと戦車のことしか考えてないハンターはこれだから困る。



港町デルタ・リオ。
人々が集まる活気溢れる街。
市場には海の幸(と手榴弾)もずらりと並ぶ。

「へい!らっしゃい!
 汚染された海でとれた
 ピチピチの奇形魚だよ!


やりやがった。
この時期ホントシャレにならないっていったでしょ!
命が惜しくないのかDECOは!?

これだけは修正してくるかと思ったが,まさかの無修正とは。
しかも奇形魚の毒々しさがパワーアップしとる。
もうだめだ早く止めないと。



MMはMMで在り続けるといわんばかりの強固な自己主張が
透けて見えそうな変わらなさぶりにクラクラしながらも,街の散策は終了。
DDパイナップル99個と悪の福袋20個だけ買っておいた。
あとカリョさんに蹴られておいた。
ちくしょう,後で見てろよ!

あ,そだ。
ソルジャーのミシカを蘇らせて仲間にしておいた。
今まで使っていた代打のソルジャーよりレベルが低いけど,まいーか!
最初だし原作通りのメンツで行こう。



それじゃあ野バスを取りに行きますかねー。
バス停の場所は原作と同じようで,ノボトケに着く前に入手できてしまった。
いちおうノボトケにも顔を出しておくかな。

ん!
天道機甲神話!?
新手のお尋ね者か!
SEだらけでロマンあふれるクルマだな!



神話公司といえば99式神話だのクーリーだの強力労働神話だの
安価な(?)工業製品を乱造している世界の工場的なイメージだったけど,
兵器開発部門はずいぶんとフリーダムだなあ。
東洋のgoogleというか,中国のSEGAというか。
究極の迎撃SE,迎撃閃光神話も自分への攻撃は防げなかったし,
本気なのかギャグでやってるのか,いかにもメタルマックスらしい企業だ。

しかしこの天道機甲神話,なんで戦車型じゃなくてこんな造形なのかね。
やっぱ,<大破壊>が起こる前,本国(どこだよ)の
数々の著作権侵害が世界的に問題視されていたころに
「このテーマパークのキャラクターは,我が国固有の兵器
 天道機甲神話をモチーフにしたものであって著作権侵害には当たらない」
みたいな強弁を押し通すための広告塔として製造されたのだろうか。
ほかにも米老鼠機甲神話なんてのがいたりしてな。
わはははは!

だがな!
そのような屁理屈,たとえ人民法院が許してもこのわしが許さん。
ミッキーマウス法と揶揄された米著作権法の恐ろしさ,その身で味わうがいいわーっ!



あっ逃げた。
アパム,シグナル弾もってこいアパーム!
これでキサマは文字どおり袋のネズミよ。
くらえ電光石火ビームキャノン!

敵はパーツを失うごとに逃げていくようだが,
次に出会ったときも破損したパーツは壊れたままなので,
2度3度と追い詰めてついには撃破。
攻撃も多彩で面白かったし(一番強力なのがただの体当たりなのが笑った),
久しぶりに獲物を追い詰めていくハンターの気分を満喫することができた。
いいお尋ね者だな,天道機甲神話。



一方,辺境の門前町タイシャーへの旅は非常に平穏なものだった。
途中でスクラヴードゥーに襲われたことを除けば。
おいいいいここに出てきていい敵じゃないだろおこいつわああぁ!
スタッフはちゃんとテストしたのか!?

これ絶対確信犯(誤用)だよ。
「ここでスクラヴードゥー出したら絶対ユーザーは驚きますよ。
 カミカゼキングと一緒に出したら泣いて悔しがりますよ,ウヒヒヒ」みたいな。
ウヒヒヒじゃないっての!

カミカゼキング単体でも硬くてやってらんないのに
スクラヴードゥーまで一緒に出てきたらどうにもならん。
ああ,せめてATストライクがあったらなあ。



ああ,あったあ!?
地面に埋まってたぜ!
これは志半ばにして倒れた過去のハンターのメッセージなのか?
これを使って自分の悲願を叶えてくれということなのか!
よし分かった,ここでやらなきゃあハンターじゃねえ。
倒すぜ,カミカゼキング!

ATストライクとセメント弾用に使っていたデリック砲を乗せ換え,
全員サブクラスをハンターにしてバギーに乗り込む。
あとは魔女のテント付近で敵が出てくるのをじっと待つ…。
雑魚のカミカゼボムを囮にしながら。
敵が乱入してくる性質を逆手に取ってやる。

いまだ!
ねらいうち! ねらいうち! ねらいうち!
イイヨッッシャアアアァ!
やったぜ そうちょう!

カミカゼキングはなかなか出てこないわすぐ逃げるわ
硬すぎて会心の一発以外はダメージ入らないわで
相当時間を食ってしまったが,これでようやく
アイツ(脳内設定)の仇を取ることができた…。



「さっさと先へ進めばよかったのに」
悪党ミュージアムの主人の呆れ顔に
若い女ハンターはただ苦笑いするだけだったが,
その瞳はどことなく誇らしげでもあった。
ハンター…それは道理に捕らわれぬ愚か者だけに許された称号なのだ。
20:17  |  メタルマックス2  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/736-da8264a8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |