2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.05.31 (Sat)

メタルマックス2リローデッド⑪

りんざいりんざいこんりんざ~い。
本作で新たに追加されたダンジョン「金輪際ホテル」へ行ってまいりました!

普通(?)のゲームと違って,このゲームのダンジョンってちょっと変わってるんだよね。
というのも,現実にある建物…たとえばかつて観光スポットだったであろう展望タワーとか
商業施設の中心部だったであろう高層ビルとかがそのままダンジョンになっているから。

迷路をグルグル進んでいった先に次の階への階段があるとかいうことはあんまりなくて,
基本的に階段は隣接しているし,エレベーターでチン! すれば
一瞬で敵の親玉がいるビルの最上階へ行けてしまう。
身も蓋もないっちゃないけど,変なところでリアルなのだ。



そんなリアル志向を逆手に取ったのがこの金輪際ホテル。
なんと13階建て,各階10を優に超える客室の並ぶ
高層ホテルをそのままダンジョンにしてくださいました!
ファック!

全部の部屋を探索しきるのに2~3時間かかったんじゃなかろうか。
あの悪名高いFF3のクリスタルタワー→闇の世界を超えたわ…。
二度と作ってくれるなよ!

とはいえ中をうろついていて楽しくなかったかというとそんなこともなく。
クローゼットの中に客の遺留品なんかが残っていて
当時を偲ばせてくれるのはなかなか乙なもんだった。
くたびれた背広とサクランHIが同時に出てきたときは,
世も末だなあっていう感じだったが…。
あ,元から世も末でしたね^^;

しかしここのお尋ね者,金輪際ゴーストは
実験の失敗でずっと透明になってしまった,ただの科学者(反転)なのに
やたらと強くてビビった。
賞金額66600Gは伊達じゃない。
ひたすらタフでこいつを倒すまでさらに何十分も戦っていたような気がする。
正直,メルトタウンで装備を整えてから来ればよかった。

戦利品でスケスケアーマーを入手。
こいつが装備していたということは,着ると
クリオネみたいに内臓が透けて見えたりするのだろうか。
男らしさ-99というか人間らしさ-99だなそりゃ。



内海にあるとはいえ,デビルアイランドはメルトタウン到着後に行くのが筋だろう。
というわけで,いよいよカリョ様にリベンジや!

まずは行き掛けの駄賃でトータルタートルを撃破。
さすが鉄球,固い敵には強い。



さあ,カリョ様,決着をつけよう。
たしかにお前は強くなった。
だが,わしらはそれ以上に強くなったのだ!
見よ,この3台のクルマがキサマへの答えだ!

暗黒舞踏はどれほど強かろうともしょせん単体攻撃,
1台がボコられている間に残りの2台で始末してくれるわ。
殺処分ー!!

よっし倒した。
しかし,四天王の名にふさわしい見事な強さだった。
残る2人,特にバイアス・シティのあのお方は
どれほどの力を秘めておられるのか…。



これでいよいよ後半戦かーと思いつつも,
実際カリョ様を倒した時点で7割近く終わってそうだな。
ほどなくしてモロ・ポコに到着。
ん? なんだかBGMが凶悪に。

うへ,きゃたつラーがお尋ね者になってる。
出世おめでとう。
あれ,攻撃すると分裂するぞ。
お客様の中に魔剣士の方はいらっしゃいませんかー!
しかも眠っているときに噛みつかれると即死級のクリティカルになりよる。

やめやめ,戦略的転進。
(ボスからも平然と逃げられるのがこのゲーム)
全員にガスマスクを着けて,
ポチが余計なことしないようにおすわりキャップを被せて…と。
はんたとアクセルはひたすら発煙筒,
ミシカが全力攻撃で一気に潰す,これでどうだ。
よしよし,58000G確かにお預かり。

しかし,なんとなくこの街は寂しいなあ。
原作の時点で酒場ばっかりの中継地点というイメージしかなかったけど,
今作もあんまり変わってはいない様子。
なぜか南のキャンプに3のラッキーナがいたが…。
スタッフにファンがいるのだろうか?



とりあえず謎の美女エリーザのお願いを聞いて再び海へ。
ヒトデロンを探すつもりだったしな。
と思ったらこの2つ繋がってた。
原作のヒトデロンは都市伝説なんじゃないかってくらい遭遇しなかったからなあ。
イベントで会えるなら万々歳よ。

うーむこいつも海に潜ってセメント引き剥がす系のお尋ね者か。
音波攻撃・混乱はそれなりに厄介だけど発煙筒あるし,
Uシャークみたいなきっついデバフ攻撃があるわけでもないし,
のんびり倒すか。

あれまっ,エリーザさんお亡くなりに。
ほんとこのゲームよく人が死ぬなあ。
依頼を受けなかったほうが関係者にとって幸せだったであろう
イベントなんかもけっこうあったりして,なんだか切ないねえ。
そして,やっぱり自分の手でヒトデロンを探さないといけないのか。
海上は囮よせが使えないから厄介だ。

ふうふう,ようやく見つけたよ。
じゃ遠慮なく倒させてもらうわ。
殺処分ー!!

なんだ?
一度倒したヒトデロンがまた出てきたぞ。
バグかwwwwこいつぁ経験値もうまいしちょっとヒトデロン篭りするわwwww

てか,よく考えたらお尋ね者が1匹しかいないなんて誰も言ってなかった!
こいつが生物だとしたら何匹かいてもおかしくはない。
前作3で干上がった沼沢地からUシャーク砲が何本も拾えたけど,
Uシャークという種も何体かいたのかもしれないな。
ビイハブ船長が追い詰めていたのがその最後の1匹だったとしたら…。
一見プログラムミスに思えなくもない仕様も世界観の醸成にしてしまうとは。
メタルマックス恐ろしい子…!



ここまで来たんだから,ついでに北上しておこう。
ブルームーンハウスさん,モンキーセンターさんこんにちは!
このへんは原作通り。
バイアス・ヴラドの亡霊らしきものが見える演出も変わってなかった。

そして行き止まり洞へ。
原作に比べてやや壁が硬くなっているような気がしないでもないが,
解体業はんた組の手にかかればこんなもの豆腐のごとしよ。

最奥でマンムートを入手。
さっそくイスラポルトで改造してみたところ,
エレファントとは対照的に主砲重視のシャシーのようだった。
バーストセイバーと互角の性能を持つヤマト砲が平然と生えてくるのが頼もしい。
エレファントとマンムートは名前も似ていたし重いし地味だったが,
今作では明確な特徴が付与されていた。
大砲のマンムート,SEのエレファント,機銃マニアの星ゲパルトにバランスのいいウルフか。
意外にもウルフが一番使いづらいように思えるのはわしだけだろうか。

しかし,こんだけ魅力的なシャシーばかりだと3台しか使えないのは辛い。
12人パーティで全部のクルマを運用できるようになったらなあ…。
人,それを大戦略という。
09:31  |  メタルマックス2  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

えかくん、おはよう。
早起きは清々しいね。やること無いなと佇んだあとに、えかくんと話をしようと思ってやって来ました。

僕はね、えかくんと話すとどうもエカテリンブルクを思い出してしまうんだよ。ロシア語表記させてもらうと「Екатеринбург」となるんだけどもね。

僕がかつてソ連の赤きサイクロンと呼ばれていたのはえかくんも知ってのとおりだが、体調がいい時はしゃがみパンチ2発から立ちキックにつないでそこから据えたもんだよ。もちろん初っ端はめくりボディープレスだったけどね。

それで今日は折り入って話があるんだが、このブログのコメント欄のような限られた文字数の中で自分の真意を伝えるというのは私のもっとも得意とすることであり、君に伝えたい内容を簡潔にこの場で述べさせていただくと、まずそれを話す前に、我々がおか
EVIL917 |  2014.06.01(日) 08:14 | URL |  【編集】

いや、失礼。どうも文字数制限に引っかかったようだ。

話を本題に戻して簡潔に述べさせていただくことにする。

おっと、その前に前回のコメントで吸えた、と書くべきところを据えたと書いてしまった事をお詫びしたい。
しかしながらこの程度の誤字、変換ミスはえかくんクラスともなると訂正するまでもなく理解してくれるものであろうから、話を本題に戻す。

しかし話は少しそれるが、私のイチオシの悪魔六騎士が登場したはいいが、どうもスニゲーターに続き、プラネットマンも旗色が悪い。どうも、悪魔と名乗りつつも、正義超人に感化されたような言動の多い悪魔超人軍の中にあって、悪魔然としたプラネットマンの姿勢を私は高く評価しており、このまま噛ませ犬として消えていくのには些かの無念さを感じずにはいられない。

余談で、若干文字制限が近づいてしまったが、私クラスの文豪ともなれば、残り少ない文字数制限の中で伝えたいことを確実に伝えるのにまったく問題がないという事を前置きした上で、本題を話すと、そもそも私が思うに、我々がおか
EVIL917 |  2014.06.01(日) 08:25 | URL |  【編集】

どうしたのEVILさん,朝からテンション高いなw
文字数制限に引っかかるほどコメントくれた人は初めてだよ。

スクリューができる人はほんと尊敬するわ。
スト2が出て20年以上経つのに,いまだに狙って昇竜拳が出せないからね。
対空迎撃はしゃがみ強パンチだった。
出ない昇竜よりも出るアッパー。

キン肉マンは2世タッグ編とかはぜんぜん見ることなかったけど,いまやってる完璧・無量大数軍編はやたらと熱いね。
何十年と書き続けてさらに進化をとげるゆでたまごは怪物だな。
全員の立ち位置が絶妙だよねこのシリーズ。
未知の強敵ラージナンバーズを相手に八面六臂の活躍を見せる悪魔超人を見て「こいつらすごい奴だったんだな!」と盛り上がり,それを倒した正義超人はやっぱり強いという話になって,そいつらをまとめて相手しようっていうラージナンバーズは只者じゃねえ! と。
全員アゲなところがすごいわ。

プラネットマンはもう男塾2号生的なド派手な最期で魅せてほしい。
冥王星の足を爆発させて引き分けに持ち込むとか。
なんてこった冥王星がなくなっちまったーっとかいって現代の惑星観と合わせるw

書いてたらなんか熱が入ってきた,やっぱ単行本集めよう。
えか |  2014.06.01(日) 10:50 | URL |  【編集】

単行本を集めるのは大賛成なんだけど、やっぱりオレとしては悪魔超人が妙に悪魔的な要素を失って、無理やりヒーロー化させようという作者の意図が嫌なんだよな・・・

ヒールVSヒールって凄く胸躍るじゃない?
せめて牛程度ならいいけどね・・・
スプリングマンやステカセの死に涙するスニゲーターとか見たくなかったんだよな・・


そんな中でも牛にたいして「出戻り」とか「ヒラ悪魔」とか言ってのける悪魔然としたスタンスを崩さないプラネットマンは格好良いんだけど、どうも負けフラグなのが・・・!


EVIL917 |  2014.06.03(火) 22:23 | URL |  【編集】

ちょっとお二人のやり取り見て悶絶しそうっすわw

これだけ文章力や語幹力のあるお二人・・読み応えありまくりですよ!!

ところで話は変わりますが、こういう公の場で書くのも何なんですが、お二人に「その他カテゴリ」から帰って頂きたく、天よりの遣いで参りました。

ROブログカテゴリという故郷に舞い戻り、また再びガンホーの「暗黒という致命的バグ」の修正をずっと放置するという悪行を叩いてくれる日を楽しみにしています。
イスタンコ |  2014.06.04(水) 16:41 | URL |  【編集】

エーッスニゲーター泣くの!
そいつぁやっちゃいかんぜ…。
そんな人情味を見せられたら悪魔教人の凶悪さにガチでビビってた当時のちびっ子が泣くわ。
悪魔超人はどこまでも強くて恐ろしくないと(アシュラバッファロー除く)。
彼らが見せていいのは,人の道を外れた者が持つ悲哀だけだ,2世のサンシャインが背負っていたような。

ヒール対ヒールの面白さは展開の読めなさに尽きるねえー。
プラネットマンには頑張ってほしいけど,相手マグネットパワーを出してきちゃったしちょっと厳しいかなーw





イスタンコさんこんばんは。
ゆでたまご空間へようこそ。
カテゴリを戻せばいいの?
やっておきますよ,今のこのブログがどれだけROユーザーの役に立つかは分かりませんけれども。

暗闇バグ?
知らない子ですね。
(検索中)
なんだこれwwwwwwwβテストかwwwwwww
こんなの1月以上も放置してるのwwwwww
いつもどおりの平常運転で安心した。
えか |  2014.06.04(水) 20:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/741-82ea122a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |