2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.09.15 (Tue)

シーラカンスバースト

長月道士(2周目)の最後に新しく実装された飛行船襲撃で遊んできたぞ。
2691.jpg
道中の敵は未転生二次職でも開始条件のベース70あればなんとかなりそう。
少なくとも魔神の塔のショッカー軍団よりはよほど戦いやすい。
魔神の塔は未転生だとPT前提として調整されてるだろうから仕方ないが。
ワイバーンキッドのファイアボールだけちょっと痛い,無対策で800くらい。



2692.jpg
中ボスのワイバーンもATKを半減させたタムランといった程度。
気のせいか子供の群れのほうが強敵だったような。
なんかスキル使ってくるのかな?
瞬殺してしまったんでよく分からない。
QMを避けるだけの簡単なお仕事だった。



2693.jpg
ラスボスのペルロック船長。
95%回避に300近いFLEEが必要になるが,怒りの~であれば
70そこそこでも回復剤連打でなんとか押しきれそう。

暴走船長(主演:スティーヴン・セガール)は
通常攻撃で1500くらいバシバシ当ててきて痛い。
霧があるソーサラーは与し易いが,HPが700kもあって
闇2なんで倒すのにかなり時間を食う。
途中で変なスキルも使ってたようだがなんだったんだろうか。

いずれも遠距離モブなので,暴走~はそれこそソーサラーやアコ系でもない限り
三次職転職直後くらいではかなり厳しい戦いになるかもしれないな。
パッシブ系なら330くらい回避があればなんとかなるか?



今回の報酬も複数段階で難易度に見合ったものとなっているようだ。
転生までは怒り,三次になったら暴走に挑戦といった感じかな。

なによりこのMDの目玉は報酬の装備品だよね。
装備品同士を合成して精錬値を上げていくというシステムも新しいが
(ROの精錬システム自体がこの方式のほうがよかった気もする,失敗なしで)
NPCが高値で買い取ってくれるという。

ふぉにーはインフレを懸念してたが,最終的な期待値はせいぜい
サラの記憶(1回200k-300kz)以下になってるんじゃないか
という気はしないでもない,難易度的にみても。

ただ,MDの宿命として,その気になれば1日に何回も回せるという点があるか。
「1日に1回しか入れないが,短時間でそこそこに稼げる」という
ログイン強制イベント的なボーナスコンテンツ的なコンセプトで調整する場合,
ライトユーザーを基準にするとヘビーユーザーが稼げすぎてしまい,
一方でヘビーユーザーを基準にするとライトユーザーにとってはまずいという。

これは特に「短時間でクリア可能」
「金銭的な旨味がクリア報酬に集中」
するようなMDに顕著で,今回の飛行船襲撃は
まさにこれにピッタンコ当てはまるわけだ。

おそらく運営にとっての管理のしやすさから
導入されたであろうMDも完全無欠ではない,
思ったより管理しすいわけではないのかもしれない。
一番の問題は鯖缶だが。



かつてこれらの格差問題を,運営は廃人を基準にして…
出る杭を打つ形で解決しようとした。
2013年の血の粛清がそうだ。

その試みは多数のユーザーの乖離という最悪の結果を伴って失敗し,
以降の運営はどちらかといえば緩和的な施策に力を入れているようだ。
廃人から特権を奪うより全体にバラマキしたほうがましということなのだろう。
だから,このMDが仮に稼げすぎたとしても,
そういう面からすればやむを得ないのかもしれない。



そうはいっても,あとから実装されるコンテンツほど稼げるという
縦方向への拡張主義に偏っていると,日々のプレイが陳腐化し,
「(あとから数倍になって取り戻せるなら)ゲームに繋がないのが最も効率的」
という本末転倒な状況にもなりかねないわけで,難しいところだな。

いやそこまで効率的に考えなくても…と思うかもしれないけど,
そういうユーザーがROを牽引してきたわけだしなー。
みんながそう考えたとしたら,バラマキするほど
人が減っていくということにもなりかねないわけだ。
客層の心理も考えてコンテンツを作らないといけない,
運営の中の人も大変だ。



そして最終日,MHのA1をクリアして
残りログイン時間17分という状況で我々はマラン島にいた。
2694.jpg
そう,やつらと決着をつけるために。



2695.jpg
地下排水路エキスパート!
先帝釣り騎士三平の無念を晴らす!!

いやーこれすんごい死闘だったわ。
平均レベル110のトリオ,当然アンフロなどという
気の効いたものは誰も持っていないゆえ,
ウォーマー内に陣取って正面からどつきあい。

殲滅が追いつかず,次々と海藻で埋めつくされるマップ。
抜け駆けに走って土左衛門と化すソーサラー。
前衛が戦っている間にこっそりと掃除をする聖職者。



2696.jpg
そしてボスのなんたる強さよ!
サンク,ウォーマー,SWをひたすら回し,
それでもそれらを貫通して飛んでくるスキル攻撃で
前衛は即死するのでお互いイグ葉で起こしあい,
ガス欠で悲鳴を上げる2人にSPを回しながら
1発5kにも満たないSFと身弾でボスの膨大なHPを削っていく。
迫る時間,溶けていく回復剤…。



23時57分11秒。
2697.jpg
ついに我々は勝利した。
圧勝という名の退屈に!

本当にギリギリの戦いだった。
いつ全滅してもおかしくない戦いだった。
なにより…楽しい戦いだった!
ああ~これだよこれ。
こういう戦いがしたくてROやってるんだよ。
付き合ってくれたリーフ嬢とふぉにーには感謝しているわ。

レベルや資産…強さを基準に考えれば
今のROは針の穴よりも狭き門かもしれないけど,
別の観点に立てばこの世界は無限の楽しさが広がっているし,
その扉は万人に開かれていると思うんだよね。

というところで今回は終わり。
ふぉにーはこれを参考にして,
楽しいソーサラーライフを送ってほしい。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

00:57  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

楽しさはプレイヤー次第なのがゲームのいいとこですよね

・・・・つい熱くなるとそれを忘れてしまうが怖い;
カント君 |  2015.09.15(火) 05:23 | URL |  【編集】

飛行船は思っていたより盛り上がりに欠けてたけど、ソロMDってのが今ひとつだったかな?
昨日の2倍期間終了前は駆け込み需要があった感じだったけど。

因みに強い方のトナカイは、HP減ると20K超えのダメ繰り出す攻撃してくる時があるから、三次職でも気が抜けない。
というか、影葱が一発で沈まされた時は目が点に。

排水はそっちが無茶振りしてきた時はどうしようかと思ったけど、どうにかなったなぁ。
タイトロープどころか所々ぶっちぎれていたものの、何とかなるもんだ。

あ、皿はセージ試験のアイテムが何か面倒臭そうなのでパスってこと^^
いやね、考えたら影葱盗作用にMS撃てるキャラ作った方がいいんじゃないか?、とか思ったりした訳。
両方作ればいいとか無しだからな?
ふぉにー |  2015.09.15(火) 20:15 | URL |  【編集】

カント君さんこんばんは。
そこまで熱くなれるというのも羨ましいですわ。
わしなんかもうR化以降は隠居状態ですもの。





ふぉにーさんこんばんは。
飛行船人気ないの?
魔神の塔よりはよほど戦いやすいくてわしは好きだけど。
みんなもう高レベルキャラしかいないからかな。

排水路は奇跡的なバランスだったなー。
4人以上いたら楽勝だったっぽいし,2人だったら全滅してただろう。

セージ転職は確かにアイテム集めが面倒だったな。
伊豆関係の品が多いから今ならレベル上げのときに集められそう。

結局ウィズにしたんだ。
わしはウィズ系も大好きだし応援してるよ。
えか |  2015.09.15(火) 23:15 | URL |  【編集】

おつさまでしたよ! またぜひ行きましょう。ヽ(。・ω・)ノ゛
ああいう奮闘を支援する側になるのがすんごい楽しかったです。出来てたかはどうかわからないけど!

なんか3次職になってからのROのバランスって、先に圧勝しなければ瞬殺される感じですよね。主に敵の数の暴力……。
圧勝するのもイヤ、敵にすぐやられるのもイヤ、でもその二択しかない、なんていう感じでバトルを楽しみづらい感があるかも。
Leaf |  2015.09.17(木) 00:21 | URL |  【編集】

Leafちゃんこんばんは。
打ち合わせなしのぶっつけ本番だったけど,なんか形になってったねえ。

たしかに,いまのROは敵も味方も攻撃力が上がりすぎてて,やられる前にやれっていうスタイルに拍車がかかってる感じあるな。
タフだけど攻撃力は低い特殊小型モブをみんなでボコボコにするのは参入ハードルも高くなくていいと思うんだけどなー。
テコ入れないかな沈没船。
えか |  2015.09.17(木) 23:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/919-bd03546a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |