2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.10.28 (Wed)

みんなでまもって騎士 姫のトキメキらぷそでぃ

さて今日は!
新しいお友だちを紹介したいと思います!
わしにしては珍しく!
完全新作ゲームであります!



2773.jpg
みんなでまもって騎士!!



もうね!
公式サイトを見た瞬間から
「このゲームを遊ばなければ生きている甲斐がない!」
っつうインスピレーションがビンビンしててさ!

FF2も10周くらいして一段落したんで
(1年に10周はしないと死んでしまう病気なので)
そろそろ買いどきかなーと思ってやってるんだけど,
これが面白いのなんのって。

消える…!
消えていく…!
わしの睡眠時間…!

これだよこれえええぇ
こういうゲーム待ってたのおぉ
電脳腹上死んんっほおほぉぉぉ!!
2774.jpg



いやほんとに!
「グラフィックの進化とかもういいから,ファミコン時代の
 あのソリッドでビビッドな面白さを現在の最新技術で
 極限まで進化させてくれねえかな!」
っつう飲み屋でくだ巻いてるおっさんゲーマーの
妄想を煮詰めて煮詰めて凝縮させた,まさに
「ぼくのかんがえたさいきょうの8ビットゲーム」であります!!



内容を紹介するぜ!
みんなでまもって騎士は
育成要素もあるアクションゲームだ!

ストーリーもあるんだけど,ゲームの登場人物自身が
「アクションゲームでそういうのいいからさっさと本編やろうぜ」
とバッサリ切り捨てているので(笑った)割愛だ!

ユーザーに余計な負担がかからないよう
徹底的にストレスレスな設計になっているのも
みんまもの特徴なんだ!




ルールは簡単,襲ってくる敵をひたすら
ボッコボコにして全滅させれば勝ち!

面白いのは敗北条件だ!
ユーザー扮するまもって騎士は何度
敵に倒されてもゲームオーバーにはならない。
(そのたびにお金は減るけど)

防衛の拠点である城を落とされても問題なし!
(レベルアップできなくなるけど)

ただし!
まもって騎士の主君たるローラ姫が
御不快遊ばすとアウト!
(なぜアウトなのかはゲーム本編を遊んでみよう)

国敗れて姫あり。
まもって騎士は護国の忠士にあらず,
姫への個人的忠誠で動く鎌倉武士の末裔でござる!

「敵を倒す」「姫も守る」
「両方」やらなくっちゃあならないってのが
「まもって騎士」のつらいところだな!



このゲームの何が楽しいってこの駆け引きだよ。
攻撃一辺倒でも防衛一辺倒でもダメ,
リスクとリターンを天秤にかけてどう動くかっていうね。

まもって騎士は姫の近くだと強くなる,
というか姫から距離が離れると弱くなるんだ。
そして姫様はただの足手まといじゃなくて,
体力を回復してくれたり魔法で攻撃してくれたりする
強力なパートナーでもある。
2777.jpg
だから危険を覚悟で姫を最前線に連れてくることも…
でもまもって騎士がやられてる間に姫様がボコられたら
困るしどうしようかなっていう悩ましさがまた楽しくて。
完璧な状況がなくていろいろ悩めるようになっているのが醍醐味なんだ。



そんな楽しさをさらに増幅させてくれるのが
個性あふれる6人のキャラクターたち。

脳筋前衛,最前線のスペシャリストであるファイター,
幅広いスタイルに対応できる万能選手のアマゾン,
紙装甲だが圧倒的な機動力と火力が魅力のニンジャ,
広範囲殲滅はお手の物,金欠に強い後衛職のメイジ,
強力なバフスキルで固めた「一日の長」,タフファイターのジイヤ,
そして味方の拠点防衛と敵の拠点潰しのプロであるアーチャー。

敵をボコボコにするだけのゲームでよくここまで
差別化ができるもんだと驚かされるよほんと!
しかもすごいのが死にキャラがいないことよ。



たとえばファイターで遊ぶと
「なんだこいつ強すぎて修正されるんじゃないか」
という感想を抱くにちがいない。

それじゃあ次はアマゾンだってなると
「ぽっちゃりぷにぷにアマゾン不沈艦すぎるよぉ!」
と驚かされ,さらにニンジャになれば
「もうニンジャで分身切りしてるだけでいいんじゃないかな」…。

みんな強くてみんないい!
それでいながらゲームの難易度,装備の強化具合,選択したスキル,
マップの編成,所持金などによって得手不得手がはっきり分かれてきて,
絶対的な強キャラ弱キャラが生まれないようになっているのだ。

敵が弱いイージー,ノーマルでは前衛キャラが無双できるけど,
ハード以降の高難易度ほど砲台の重要性が増してきて
後衛キャラが優位になってくるというこのバランス。

始めたばかりのころはアーチャーとか打たれ弱いし
ファイターよりも攻撃力ないし何のためにいるんだよとか思っちゃうでしょ。
最強防衛職ですから! 残念!



そう,このゲームはマップにバリケードや砲台を設置して
敵の攻撃を防いだり,攻撃することができるのだ!
2775.jpg
防衛ラインの構築に欠かせませんよこいつぁ!

このバリケードと砲台,敵の攻撃で壊されてもしまうのだが,
まもって騎士の攻撃を命中させると「修理」できる!
姫,城とは別にこれら防御装置もクリアに欠かせない,
まもって騎士が守らなければならない要素なのだ。
なにせ有料だし,守る手にも気合がこもろうというもの!



そんなわけで金の使いどころも悩ましい。
戦闘シーンでは自キャラのレベルアップと
砲台,バリケードの設置に使えるが,
無尽蔵ではない所持金をどう割り振っていくか。
しかもレベルアップは城まで戻らないとできないし,
敵にやられると所持金はごっそり減ってしまう!

レベルアップするのに城まで戻るのは面倒だし,かといって
敵にやられて消し飛ぶくらいならここに砲台建てちゃえ,
江戸っ子は宵越しの金は持たねえ,へっ!
てなもんよ!



そういう刹那的な生き方をしているとマップクリア後に困るのです。
実はクリア時点で所持していたお金は
国庫に編入されて街での育成シーンで使えるのだ!
姫や城を強化したり,お店の品揃えをよくしたりと
ここでもやっぱり欠かせないお金。

戦闘シーンで出費を抑えて町への投資に回すか,
あるいは金稼ぎは金稼ぎで別にやると割りきって
普段はひたすらレベラップしまくってオレTUEEEするか。
ユーザー自身の価値観が問われるわけだ!



街ではさらにキャラクターの育成要素もあるぞ。
戦闘中に拾ってきた素材で武器やスキルをレベルアップ!
その組み合わせ次第で同じキャラでもまったく別人のような
動きが可能になるのがなんとも楽しい!

しかし強力なスキルを積んでいくほど戦闘シーンで
レベルアップにかかる費用がかさんでしまう。
まるでメタルマックスの車載兵器のようなもどかしさ!
愛してる!!



そしてなんと!
マップが100面もあるのだ!
最初こそ2,3分で終わるようなマップだけど,
最後の方なんか20分30分かかるようなボリュームがあるんだよ!

しかも,イージー,ノーマル,ハード,ヘルと
難易度が上がるにつれて同じマップでも
まったく異なる様相を呈してきて,
要するに400面あるのと一緒だよこれ!

前半はひたすら敵をなぎ倒していく爽快感あふれる無双ゲー,
後半は砲台を駆使して敵の猛攻を凌ぐディフェンスゲー。
同じゲームなのに違う遊び方,そして変わらない面白さ!

もうさあ,敵に四方八方囲まれて
どっから手を付けていいんだこれ
バリケードが決壊しちまうよーあっあろ!
っつうときのテンションの上がりようったらないわ。
脳汁ドバーよドバー。
2778.jpg



でも,アクションが苦手という人も
難易度を下げれば十分クリアできるだろうし,
難易度が低いからといって楽しくないわけじゃないよ!
ひとつひとつのシステムが本当に丁寧に作ってあって,
どう遊んでも楽しめるようになってるんだ!
だから我々は安心して悩めるし選べるんだ!
どれもが正解なんだ,本当にすごいことだよこれは!


作り手の愛情をひしひしと感じるよ。
この人たち本当にゲームが好きなんだなあって。
この作り込みは愛情を通り越して狂気すら感じるが。

これだけでミッヂリと中身の詰まった宝石箱みたいな
ゲームが864円で買えちゃうんだもんなあ。
ここが一番驚いたよ。

これちゃんと商売になってるの?
10倍くらいとってもいいのよ。



見た目はオールドユーザーに向けたゲームに見えるかもしれない。
実際に彼らが喜ぶような仕掛けも多い。
しかし,これは昔を懐かしむためだけのゲームではない。

快適さ,面白さを追求していった結果がこの形なのだ。
決して大メーカーではないエンチャントが
ベストを尽くした結果がこのスタイルなのだ。
本作は練りに練られたアイディアを詰め込んだ最新のゲームなのだ。

ファミ魂を熱くたぎらせていたかつての少年少女たちのみならず,
ゲームを愛するすべての人たちにぜひとも遊んでもらいたい。
ゲームは今も希望にあふれている,そう確信できるだろうから。

テーマ : レビュー・感想 - ジャンル : ゲーム

22:22  |  みんなでまもって騎士  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

昔のゲームと今のゲーム

個人的な見解で計算であらわすと
昔のゲームは5+?=18のような穴埋め算
今のゲームは
10000×10000のようなとにかく数字がでかい計算

大味になって感じます(´・ω・`)

序盤の攻撃力10とかでMHP100の敵に10ダメージ
とか出せてる時期は楽しいのに
後半、攻撃力10000とかで荒い戦闘になって
「自由度高いよ!グラフィックすごいよ!」とかになると
序盤の楽しさがなくなってだれてしまいます

おじさんになってしまったのかな・・・・・(´・ω・`)
カント君 |  2015.10.29(木) 06:48 | URL |  【編集】

ちょwwww興奮しすぎwwwwwwwwwww
だいじょうぶか!鼻血吹いてしんでしまうで!!!!
べた褒めだなあw

すごい懐かしい感じのドットだねえ、確かにこれはわくわくするかも。
ちょっと色すごいけどwwwwwww
全然違うとは思うけど半熟英雄思い出したなあ、
あれも楽しんで作った感がにじみ出てたような気がするよ。

いやいや楽しげで何より、鼻血にお気をつけて!
ろく |  2015.10.29(木) 11:32 | URL |  【編集】

カント君さんこんばんは。
わしもHPとかダメージとかが9999を超えるとなんか違和感を覚えますわ。
もう身体にイメージが染みついちゃったんでしょうなあ。

数字が大きくなれば楽しくなるのか…。
その答えはクッキーババアが知っているのかもしれない。





ろくさんこんばんは。
わしゃあ酔ってなんかいないですよフラフラ。

10年に1本の傑作だったんでつい年甲斐もなく興奮してしまったよ。
探せばあるんだなあ,こういうゲームも。

しかしろくさん半熟英雄なんてよく知ってるなー。
やはりただものではなかった。
えか |  2015.10.31(土) 00:43 | URL |  【編集】

ボコスカウォーズとロードモナークを足して割ったような見た目だな。
ふぉにー |  2015.10.31(土) 12:19 | URL |  【編集】

ふぉにーさんこんばんは。
腰はどう?

そうそう,このゲームのスタッフはファミコンだけじゃなくてPCゲーにも思い入れがあるらしくて,マップをクリアするとPC88とかX68000とかのふるーいPCゲーっぽい勝利画面が出てくるんだよね。
ほんとおっさんホイホイやで。
えか |  2015.10.31(土) 19:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/932-dc0b0394

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |