2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.12.25 (Fri)

ノーガード運営

なんてことだ,ガンちゃんがお怒りだぞ。
LiveROと生放送で暴れてるのは自重しなさいよ。

ガンホーに電話番号なんて教えたくないんだよ!
という向きのユーザー(それも筆頭の)と認識されているであろう
わしから弁明しますと,わしは別にガンホーがキライなわけじゃないんよ。
むしろわしほどROとガンホーのことを好いているユーザーはそうはいないんじゃないか。



ではなぜ電話認証(個人情報)登録にかみついてるのかというと,
ひとつには面倒だからというのがあるんだけど,それ以外にもあって。

わしの一番の願いはROで遊ぶユーザーが増えて
コミュニティが多様性を取り戻すことなんだ。
未知の強豪と臨時広場で邂逅するのがわしの一番の楽しみなんでな。

だから,コミュニティの維持拡大の障害になるものは
なるべく取り除きたい
という思いがある。

誰でも臨時で行ける狩場を増やせとか公平圏を
拡大しろとかいってるのも全部その視点からだし,
こうやってチマチマ記事を書いているのも
初心者,復帰者が情報格差で挫折しないように,
との思いがあってやっていることなんだ。

ハイエンドの情報は検索すればまだしもそれなりに出てくるが,
ローエンドの情報を発信しているサイトは今やほとんどないからな。



で,復帰者が再びログインしようとしたときに,OTPが期限切れです,
IDロックが掛かったまんまです,電話番号登録してくださいと
たたみ込まれてどう思うかってことなんだよ。

そこまでごちゃごちゃいわれるならやらんでもいいや
ほかに娯楽はいくらでもあるし
ってならんか?
わしはそれを恐れている。

そも,ROユーザーだって人の子の親になっている者も少なくないだろう。
住所,氏名,電話番号を教えないといけない,いざとなれば住民票を出せといわれる,
そんなゲームを我が子がやりたいといったらどう考えるかってことなんだよ。

二の足を踏みはしないか?
わしはそれを恐れている。

ガンホーの信頼の問題ではないんよ。
ゲームにそこまでするか? っていう話。
ユーザーを排除する結果になりはしないか? っていう話なんよ。



ある意味でガンホーはとても誠実な企業だ。
ふつう,ゲームのアカウントにここまで強固なセキュリティは敷くまい。
ユーザーの思い出をとても大切にしてくれている。
斜陽のネットゲーム業界においてはむしろ非合理,
過剰ともいえるほどの情熱の注ぎ方ですらある。

それはROを強く強く愛してきたユーザーに報いることになっているだろう。
しかし一方で,気軽に遊ぼうというユーザーにとっては
その情熱はやや重いものとなっているのではないか。

運営の善意に異議を唱えるのは心苦しくもあるし,
わしでは預かり知らぬ時代の流れ,
要請というものもあるのかもしれないが。
たとえば休眠中のアカウントの9割がハッキングに遭っているとかさ。



ただ,もともと間口の広さがROの魅力ではなかったか。
キャラクターはかわいらしく,チャットは使いやすく,
登録は簡単,住所ナメック星も完全スルー,
枝テロして首都を陥落させてもお咎めなし,
数年前の装備がいつまでも現役だから復帰も容易で,
なんとなればソロでも最後までレベルが上げられて,
しかし極めようと思うと底知れぬほどに奥深い。

その良さを失ってしまうのはあまりにも惜しい。
これが一番正直な思いかな。



いまの運営チームはユーザー上がり(というか現役)のスタッフも多いようだし,
こういった思いは共有できているものと思っている。

社の方針となれば現場ではどうにもならないことが多いとは思うものの,
ユーザー目線の細かな調整ができる現行運営なればやってくれるのではないか…と
淡い期待を抱いてテスターの地位に甘んじているのだ。



ほんというとある程度の予測は立つけどなー。
この電話認証登録の一件も,リスト型アカウントハッキングの
流行もさることながら,前々からセキュリティ意識皆無の
サイバーノーガード戦法ユーザーがうじゃうじゃいてその対策に
ほとほと疲れて怒りが爆発したんだろうなっていうことは。

いままでのROは一部ユーザーが無茶やる→
ガンホーがキレて態度をめっちゃ硬化させる,
の繰り返しだったから。



我々スレたユーザーからすると信じられないかもしれないけど,
性善説に基づいて運営してるんだよガンホーって。

ログイン多すぎてサーバー落ちるから自重してくれって
烈に書き込んでユーザーにお願いするんだよ?
チート,DUPEもしないでくれってさ。
BOTも金蔓だから放置してたっていうよりは,本音は
ユーザーの良心で対処してほしかったんじゃないか。
課金アイテムにせよ,まさか良識ある大人が生活を持ち崩すほど
金をつぎ込んだりはしないだろうという常識的判断に基づいて…
というフォローはさすがに厳しいが。



何万というユーザーがいるゲームの運営にしては
あまりにものんきというか,信じられない純粋さだべ?
だからこそ自分の善意が裏切られたときは激おこするんだろうな。
そこがかわいいところなんだけど。
もうほんとかわいい。
わしはその魅力にやられちゃってるわけ。

だからガンちゃん,いつまでもへそ曲げてないで
そろそろ登録任意に戻してくれー。
わしもまた癌畜に戻りたいよー。

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

21:16  |  ブレイザブリク  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

電話認証の導入が無ければ、えかさんはB鯖に行くことは無かったかもしれない。
誰でも臨時という概念がB鯖に生まれなかったかもしれない。
近年の運営の最大の功労は、えかさんをB鯖に送り込めた事だと思います!

鯖は違いますが、情報発信応援しております。
シュセンド |  2015.12.25(金) 23:40 | URL |  【編集】

シュセンドさんこんばんは。
ははは,ずいぶん誉めてくれたもんですな。

ブレイザブリクはユーザーが主体的に文化を創ろうという気運がありますね。
特に臨時を守ろうという意識があるのが嬉しい限りですわ。
やっぱりMMOの楽しさは参加者の意識がかなりものをいいますなあ。

それじゃあ中級装備プレイもぼつぼつやりますかねえ。
まずはもうちょい金策かなあ。
えか |  2015.12.26(土) 21:53 | URL |  【編集】

中級装備プレイ!

ああ、良い記事だなあ。(´¬`)
自称無茶しないプレイヤーな自分からすると、
何でいきなりこうなるの?が多いんですが、でもやっぱり原因はユーザートリガーばかりですね。
なるほど!
やったもん勝ちとか言われても、そこまでしなくていいじゃないか、と理性でブレーキ掛けてましたからねえ・・・


電話認証は、え・・・そこまでやる?ってのが第一印象でした。
復帰者には、重いかも。

中級装備プレイ期待!
ミフィには要らない?!そんなことはないっすー。
ミフィーナ |  2015.12.27(日) 01:56 | URL |  【編集】

ミフィーナさんこんばんは。
わしのように昔からやっているユーザーだとこうして事情はなんとなく察することができるんですが,そうでない人の場合はいきなり運営の鉄槌が降ってきて撃沈という…。
やらかした人ととばっちりを食う人が別だっていうのがなんとも。

ただ,運営も多様なユーザーの意見の板挟みになってる感じはしますねー。
開発会社とも殴り合いしないといけないし,大変そうだなあと。

中級装備は…実際100M渡されて装備を選ぶとなるとけっこう悩みますなあ。
まずどの職がいいのやら。
えか |  2015.12.27(日) 20:17 | URL |  【編集】

まさにセキュリティ等の問題から復帰を見送った一人として久々にコメントします
いや、見るだけならずっと見てるんですがプレイしてないからなぁ^^;

ホントたまには戻りたいところはあるんですが、今じゃ色々厳しくてポッと1日2日遊ぶのには難儀してしまいますね
パス忘れたりOTPはケータイ変えた時に色々忘れたり・・・
どっちかといえばOTPの問題が大きいか
電話認証も微妙なとこだけど、最悪仕方ないかというところか

久々に影葱でメテオ落として遊びたいんですけどねー
そういえば、影葱は今何か新しい事出来るんですかね?
主流から外れたところで何かあれば見てみたいですねw
唯の人 |  2015.12.28(月) 11:46 | URL |  【編集】

唯の人さんこんばんは。
そうなんですよねー。
ゲームの中はどんどん気軽に遊べるようになっているのに,肝心のゲームの入り口がやたらと厳しいという。
なんかちぐはぐで笑えてきますわ。

影葱はDEX型の主流だけがやたらと強化され,ASS型は蚊帳の外という状況が続いています。
いつか陽の目をみる日がやってくるのか…。
えか |  2015.12.28(月) 21:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donkist.blog61.fc2.com/tb.php/954-80bdb016

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |